保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2014年42号

今週のジャンプ一コマレビュー 2014年42号 

・『ハイファイクラスタ』

hitokoma_2014_42_01.jpg

       iイ彡 _=三三三f           ヽ
        !イ 彡彡´_ -_=={    二三三ニニニニヽ
       fイ 彡彡ィ 彡イ/    ィ_‐- 、   ̄ ̄ ヽ     し  ま
       f彡イ彡彡ィ/     f _ ̄ ヾユ  fヱ‐ォ     て  る
       f/ミヽ======<|-'いシ lr=〈fラ/ !フ    い  で
       イイレ、´彡f        ヽ 二 _rソ  弋_ { .リ    な  成
       fノ /) 彡!               ィ     ノ ̄l      .い   長
       トヾ__ら 'イf     u    /_ヽ,,テtt,仏  !     :
       |l|ヽ ー  '/          rfイf〃イ川トリ /      .:
       r!lト、{'ー‐    ヽ      ´    ヾミ、  /       :
      / \ゞ    ヽ   ヽ               ヽ /
      ./    \    \   ヽ          /
   /〈     \                 ノ
-‐ ´ ヽ ヽ       \\     \        人


 『クロガネ』や『クロクロク』とおなじく、読切りのときと中身がほとんどかわっていない新連載第一話でした。舞台設定が才能ラベルというものをはることでさまざまな才能をダウンロードできる近未来だというのもおなじ。ストーリーがトラブルにまきこまれた主人公が佐々木小次郎の才能もちの男に助けられるというのもおなじ。戦闘シーンがしょぼいアクションで映えないのもおなじ。主人公がどうしようもないカスなのもおなじ……といおうとして読切りのレビューを読みなおしたら、連載化にあたってだいぶマシな性格へと改善されていたようです。わるい先輩とつるむようになったのはあんまり当人のせいではなくなっていました。あと読切りから変った点といえば絵。デジタルで描いているせいか、キャラの輪廓の線がえらくぶっとくなりました。こっちはあきらかに改悪ですね。
 ところでこの漫画、主人公の性格とか能力がひろく社会にゆきわたっている設定とか、『僕のヒーローアカデミア』とかぶるところがおおい。ああ、ジャンプ蠱毒。にたような漫画をおなじ時期に連載させて食いあわせ、生きのこったほうを優遇するという冷酷非情のやりかたです。前回のジャンプレビューにも書いたけれど『ジュウドウズ』と『火ノ丸相撲』との関係もそんな感じ。


・『ONE PIECE』

hitokoma_2014_42_02.jpg

 天竜人にうまれたのに父親が人間らしい生きかたをもとめて生得の権利を抛棄して一家四人で下の世界へおりたせいで母親は苦労したすえに病気で死んだので父親を殺してマリージョアへのぼったけれど天竜人への復権はかなわなかったから天竜人の牛耳る世界をぜんぶブッ壊します、というのがドフラミンゴの過去でした。うわしょっぱ。ドフラミンゴしょっぱ。 お前らの生きてきた人生とはレベルが違う? それはひょっとしてギャグで言っているのか?
 ドフラミンゴよりも不幸な生いたちのキャラはワンピ世界にはうんざりするくらいひしめいています。天竜人にうまれたのに下界でくらさざるを得なくなったという落差のはげしさ、天人五衰のくるしみをアピールしたいんでしょうか。当然のことながらちーとも共感できません。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2014_42_03.jpg

 ストーカー美作が今回ソーマのえらんだ食材をつきとめられたのは新聞部のショタ坊のパソコンを盗み見たからでした。なに? どうして美作の巨体が机のしたに体育ずわりでかくれているのにショタ坊は気づかなかったのかって? 笑止、ストーキング技術をきわめれば気配をたつことなど造作もないのだ!
 でも美作がやったことはまぎれもない犯罪なので警察にタレこまれたら一発でお縄になることはまちがいない。この勝負、ソーマが勝てば何の問題もなく、ソーマが負ければ通報したらいいだけのことです。美作は墓穴をほりました。

hitokoma_2014_42_04.jpg

「次から次へと色んな肉の部位が!?」
「おもむろに火入れを始めたぞ!?」


 あ、コレよくある誤用ですね。“おもむろに”というのは、突然にとか不意にとかいう意味ではなくむしろ逆で、ゆっくりにとかだんだんとかいう意味なのです。漢字をあてるとすると“徐に”となるので、おもむろに=徐々に、というふうにおぼえるとまちがえることはなくなるでしょう。


・『NARUTO』

hitokoma_2014_42_05.jpg

 めんどくせぇ。うちはマジめんどくせぇ。エドテン火影組が昇天するやいなやサスケが今の五影を処刑してすべてを破壊して革命するとかぬかしやがりました。これまでの里の闇もろとも全部リセットしてあたらしくやりなおすってことなのでしょう。でもハタから見たらただのテロリスト、第二のマダラです。結局のところ何がどうなってもうちはは反社会的破壊活動を志向するものらしい。卑劣様がうちはを里の中央から遠ざけてひとまとめに監視できるようにしたのはまったく正しかった、といいたいけれど、その結果うちははクーデターを画策したからなあ。
 俺が火影だったら、家康が本願寺にやったように、うちはをふたつに分派させておたがいが反目しあうようにしむけますね。これなら里に危険がおよぶことはなく、うちはは勝手に殺しあって勢力を弱めてゆく……うちに最も親しい者の死を経験して万華鏡写輪眼を開眼するやつがあらわれてマダラやサスケみたいになる可能性が高いか。めんどくせぇ。うちはマジめんどくせぇ。


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2014_42_06.jpg

 斉木のことが好きだと照橋さんが告白したところへ当の斉木がやってきました。どうする斉木!? しかしあたふたする照橋さんかわいいなオイ。

hitokoma_2014_42_07.jpg

 居眠りキムチったー!!
 なおこのネタ、この漫画ではまえに一回やっています。よっぽど麻生先生の記憶にのこったんでしょうな。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2014_42_08.jpg

 國崎チヒロ、わりとあっさり相撲部へ。存続すらあやぶまれる弱小部に畑違いの実力者が入部するというベタベタな展開です。しかしチヒロのばあい、最終目標が総合格闘技のチャンピオンであり、いまのレスリングは国体で全国優勝したので、あたらしい技術を身につけるために自分を負かした男のいる相撲部にはいるというのは流れとして無理のないものになっています。あと男が男を認めるというのが実にいい。

hitokoma_2014_42_09.jpg

 五番目の部員はショタ坊主でした。あきらかに相撲の経験ゼロで、格闘技をやったこともなさそうなキャラです。チヒロと正反対の、これからの努力で成長してゆくタイプですな。こういうキャラを主人公に据えると、よほど話をうまくもってゆかないと早期打切りをまぬかれないのが現状なので、こういうふうに途中参加にするのが無難です。

hitokoma_2014_42_10.jpg

 俺の妹がこんなにブラコンのわけがない。
 ところでゲスインによればユーマはむかし妹の気に入らないヤツをぶっとばしていたとのことです。単行本のおまけコーナーにユーマは意外と育ちがよくて習いごとはひととおりおさめたとあったので、たぶんユーマが不良の道をあゆむことになったのは妹のためにケンカするようになったのがきっかけなのでしょう。このシスコン兄貴め。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2014_42_11.jpg

 ハイレインの黒トリガーはトリオン体にしかききめがないのでオサムは民家をつっきって本部をめざします。たしかに効果的だけれど、地味ですね。こういう点では『BLEACH』と対極にある漫画です。
 もっとも屋内移動で万事解決ゴールインというわけにはもちろんゆかず、ハイレインとミラとのコンボ攻撃で外へと退避せざるを得なくなります。黒トリガーつかい二人にはさみうちにされるという最悪の状況で、オサムのまえにあらわれたボーダー隊員は。

hitokoma_2014_42_12.jpg

 三輪でした。ってオメーかよ。たしかにいろいろ伏線がはられていたのでいずれ顔を出すものとは思っていたけれど、このタイミングでとはこの海のリハクの目をもってしても読めなんだわい。
 しかしこの漫画は番狂わせとか一対一での大金星とかがまずありえないので、ハイレインを相手にベイルアウトの三輪秀次ひとりではあきらかに力不足です。まあ時間かせぎくらいには役に立つだろうから三輪の尊い犠牲とひきかえにオサムは本部へと到達できるのでしょう。

hitokoma_2014_42_13.jpg

 ぜんぜんちがったよ!
 オサムは千佳ちゃんのキューブを三輪に托し、みずからが楯となってハイレインを食いとめようとします。オサムの性格ならこうすることはわかりきっていたはずなのに、俺には完全に意想外の展開でした。サブキャラは主人公のために動くのが当然、という思いこみに知らず知らず支配されていたことを思い知らされました。俺はまだまだ修行がたりません。
 ともあれオサムの男気をまえにして三輪はこれまでのわだかまりを捨てて和解するにちないないッ!

hitokoma_2014_42_14.jpg

 (・3・)あるぇー?
 ここまできてなおデレないのかよ! ツンのままなのかよ! 絶対に意気に感ずるものだと思っていたのに。まあオサムはトリオン体だから蹴飛ばされたくらいではダメージをうけないし、結局のところ三輪はハイレインと戦うわけだから遠回しなデレだと言えなくもないけれど、ふたりの熱い友情を期待してページをめくったら理不尽バイオレンスだったのでたまげました。今回の『ワールドトリガー』はおどろくことが多くて読みごたえが抜群です。


・『BLEACH』

hitokoma_2014_42_15.jpg

 腹の底から「ザマミロ&スカッとサワヤカ」の笑いが出てしょうがねーぜッ!
 バンビちゃんをゾンビにして幼児退行させて暴力をふるったゴキブリが刺されました。イエー。ゴキブリはまえに心臓に達するまでの深傷を負ってもピンピンしていたけれど、たぶんこれで死んだことでしょう。この漫画のダメージの多寡はその場のノリに左右されるので。
 ちなみにゴキブリを刺したのはマユリさまにゾンビにされた拳西です。このあとデブオヤジ滅却師もタコ殴りにして圧倒していたし、もう拳西はゾンビのままでいいんじゃないかな。そしてマユリさまは主人公になればいいんじゃないかな。



火ノ丸相撲 1 (ジャンプコミックス)
火ノ丸相撲 1 (ジャンプコミックス)川田

集英社 2014-09-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ワールドトリガー 7 (ジャンプコミックス) 食戟のソーマ 9 (ジャンプコミックス) 食戟のソーマ ジャンパック 〜「秋の選抜」応援パック〜 (ジャンプコミックス) ワールドトリガー 8 (ジャンプコミックス) 斉木楠雄のサイ難 10 (ジャンプコミックス)




コメント

三輪が風刃もってきたとしたらハイレインに対してそこそこ相性はよさそうだけど

引用条件満たしていない無断転載のアフィカスくせになんでお前そんな偉そうなん?

なんだ?
モナリザのパチモン擁護君がほとぼりが冷めたと思ってまた恥を晒しに来たのか?

「マイスター」と「黒子のバスケ」 も蠱毒でしたね。少年スポーツ漫画の。

それを言うならフープメンだろ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2105-3f230422

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ