保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2014年40号

今週のジャンプ一コマレビュー 2014年40号 

・『NARUTO』

hitokoma_2014_40_01.jpg

 うそくせー。なーんかうそくせー。
 あまりにもあっさりとカグヤと黒ゼツとを封印できたものだから拍子抜けすることはなはだしい。これで終りだとはとても信ぜられません。次回いきなり六道仙人が豹変して敵対するか、それとも真打が宇宙にひかえているか、そのどちらかでしょう。でも『黒子のバスケ』も意外なくらいすんなり最終回をむかえたし、もしかしたら『NARUTO』もホントにこれで終りなのかもしれません。それならそれでいいか。いいかげん最終戦争篇がながすぎて、さっさとケリをつけろとずっと思っていたことですし。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2014_40_02.jpg

 ゲスインがまことにゲスくていい顔をしております。ただしその悪だくみはいっこうに功を奏しません。火ノ丸とチヒロとの勝負に審判として割ってはいったのに、ふたりからは眼中のそとにおかれます。
 いずれ仲間になるであろう悪役キャラのふるまいというのはこういうのがいい。腹の中では主人公へのいやがらせをいろいろ計画しているのにいろいろあって実行できず、そのうち主人公のことをみとめている自分に気がついて悪感情をすてるという展開です。そのあと主人公にこれまでいろいろよからぬことをたくらんでいたと告白してあやまったら申しぶんありません。

hitokoma_2014_40_03.jpg

「……これが相撲なら、あんた今死んだぜ」

 チヒロは背中が地面に一秒以上ついたら負けのレスリングルール、自分はサークルから出たり足の裏以外が地面についたりしたら負けの相撲ルールという、相手にはなはだ有利な条件で火ノ丸が勝負をいどみ、タックルを上からつぶしてのセリフです。うーむ、これもしかしてチヒロの動きをしばる火ノ丸の深謀遠慮ではないでしょうか。ここまでお膳立てをそろえられてなおレスリングルールの利点によりかかった戦いかたをしたら国崎チヒロの男がすたるでしょう。


・『ONE PIECE』

hitokoma_2014_40_04.jpg

「おれは“狙撃手”援護が花道!! 人知れず敵を撃ち抜き仲間を守る!!!」

 その言やよし。まこと狙撃手の鏡、手放しでほめたいところです。以前にシュガーの目のまえにあらわれて正々堂々と戦ってボロクズのようにやぶれたことを忘れられたらな! うえのウソップのセリフもシュガー戦でのミスを反省して言っているのならまだ救いはあるけれど、そんなそぶりはつゆ見られません。
 尾田先生は描きたいシーンを描くためにストーリーをかんがえる漫画家なのですが、その描きたいシーンとシーンとのあいだの整合性についてはあんまり思いをいたさないようです。だからキャラが不自然に低能になったり言動が矛盾したりするのです。
 ワンピの評価に「単行本で一気よみしたらおもしろい」というのをしばしば耳にするけれど、それホントかよと言いたい。全体を通して見たらかえって週間連載でおいかけているよりもアラが目だつのではないでしょうか。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2014_40_05.jpg

 A級二位、冬島隊の隊長さんが初お目見え。はじめて名前がでてきて一年たってようやくのご登場です。ずいぶん船酔いが長びいたものですな(ちがう)
 しかし二十九歳の特殊工作兵とは、ほかのボーダー隊員とは一線を劃しています。ボーダー隊員のほとんどが十代だからこういう年長者はめずらしい。あと肩書の特殊工作兵ははじめて聞く兵種で、今回はワープをつかってきました。いってみればバイキルトとかピオリムとかを専門で使用する兵種だろうから、アタマがよくないとつとまらんのでしょうな。

hitokoma_2014_40_06.jpg

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


 ボーダーのNo1とNo2のスナイパーが連携して負わせた傷があっさり修復されました。反則をとおりこしてズルの域に達しています。エネドラさんの「泥の王」も無体な能力だったけれどハイレインの「卵の冠」はそれに輪をかけてヒドイ。ふれたものをキューブ化する弾をべらぼうな数で撃ちだし、しかも自分の傷はそのキューブからトリオンをすいとって癒せるって、当人の肉体的疲労を別とすれば永遠に戦いつづけられます。唯一効果のありそうなのは頭か心臓をねらっての一撃必殺攻撃だけれど、弾幕をかいくぐっての相手の急所の狙いうちは当真や奈良坂にも無理だったし。これじゃあますます風刃(笑)の肩身がせまくなるじゃないですか!


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2014_40_07.jpg

 ひさしぶりの照橋さん回で斉木とのデートですわーい。ただし斉木のとなりの子どももついてきてのコブつきデートですが。照橋さんは外見こそいつもの女神フェイスであるものの、内面はあてがはずれたためにへこんでいます。逆にかんがえるんだ。いずれ斉木と結婚して子どもができたときの練習だとかんがえるんだ。
 俺は気にいったヒロインはたいてい嫁認定するのに、照橋さんにかぎってそんなことはないのは、やはり照橋さんが女神だからでしょうな。自分ひとりのものにしたいと思うよりも、この漫画の大多数のキャラとおなじように、照橋さんがのぞむことの手助けをしてさしあげたい。もちろんそれが斉木がらみのばあいはやっかみ半分で斉木もげろと言いますがね。

hitokoma_2014_40_08.jpg

 斉木のつれてきた子どもにせがまれて三人してヒーローショーをみていたら照橋さんが怪人につれさられました。その怪人は演技なのに照橋さんに手をだせず、観客は照橋さんのために暴動をおこしかけ、満を持して登場したヒーローはこれまた照橋さんのまえでカッコつけようとして怪人に対して本気で当てにきて、怪人は照橋さんの応援(もちろん幻聴)にはげまされてヒーローをかえりうちにしました。
 もしかしたら照橋さんの前世はスパルタのヘレネではないでしょうか。ゼウスの娘で、この女をめぐってトロイア戦争が勃発したという世界三大美女のひとりの。

hitokoma_2014_40_09.jpg

 結局は斉木がサイダーマン二号に扮して、というかムリヤリさせられて怪人をノックアウトしました。照橋さんがしあわせそうでなによりです。そして斉木もげろ。


・『黒子のバスケ』

hitokoma_2014_40_10.jpg

 最終回です。ずいぶんすっきりとした終りかたでした。あと一二話かけてエピローグをやるのかと思っていたのですが、それはジャンプNEXTでやるのでしょうか。もっとも『テニスの王子様』みたいに新シリーズをはじめるつもりなのかもしれませんが。
 総評にうつります。俺はスポーツ漫画が苦手なので『黒子のバスケ』もややもすれば読みとばしがちでした。しかしキセキの世代が活躍する話はちゃんと目をとおしていたはずです。この漫画の最大の長所はやはりキセキで、理不尽なまでに強いこれらの難敵にどうたちむかい、そして勝利するのかが見どころでした。
 そして最後に、藤巻先生おつかれさまでした。ジャンプNEXTでの仕事がいっぺんかぎりなのか長びくのかは存じませんが、ジャンプへの一刻もはやいお帰りを心よりお待ち申しあげます。


・『BLEACH』

hitokoma_2014_40_11.jpg

「隊長、副隊長が揃いも揃って死体とは、情け無くて笑えもしないネ」

 マユリさまの言うとおり。特にローズと拳西、おまえらもはや完璧にネタキャラだよ。もちろんとっくのむかしに100%のネタキャラだったけれど今回で120%のネタキャラになったよ。



火ノ丸相撲 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
火ノ丸相撲 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)川田

集英社 2014-09-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
食戟のソーマ 9 (ジャンプコミックスDIGITAL) 斉木楠雄のΨ難 10 (ジャンプコミックスDIGITAL) i・ショウジョ カラー版 2 (ジャンプコミックスDIGITAL) トリコ モノクロ版 31 (ジャンプコミックスDIGITAL) Wizard's Soul 2 ~恋の聖戦(ジハード)~ (コミックフラッパー)




コメント

「卵の冠」は何が一番卑怯って言えば
「言われてみれば出来てもおかしくない」と納得できるのが卑怯

トリオンをそのまま箱詰めして奪ってるんだから
(取り出して使えるなら)そりゃ誰だって使いますな……っていう


>唯一効果のありそうなのは頭か心臓をねらっての一撃必殺攻撃だけれど、弾幕をかいくぐっての相手の急所の狙いうちは当真や奈良坂にも無理だったし。これじゃあますます風刃(笑)の肩身がせまくなるじゃないですか!

だが、その「頭か心臓をねらっての一撃必殺攻撃」を最も狙いやすいトリガーが
何かと言えば「風刃」だという事実(初見かどうかで成功率に差があるけど)

でも相性でいうと、足元から刃発生させて、頭と心臓狙えるから、卵の冠に勝てる可能性高いのって風刃だよね

初登場時は一番のキチガイだったマユリ様が
今や一番の苦労人に

アフトクラトルの黒トリがチート級なのは角のせいだから…(震え声)

風刃は迅のサイドエフェクトと合わせたら無敵だから(震え声)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2097-af95f2ca

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ