保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2014年24号

今週のジャンプ一コマレビュー 2014年24号 

・『ONE PIECE』

hitokoma_2014_24_01.jpg

 ドフラミンゴが恐怖とカネとでもってルフィたちをドレスローザの国民たちに狩らせる展開になりました。ノリがおおむね『ARMS』のスナーク狩りです。しかしスナーク狩りの実行者ガウス・ゴール大佐と超人部隊レッドキャップスが藍空市民にとってはよそ者で正体不明だったのに対し、ドフラミンゴはドレスローザの国王です。そのうえ国民はドフラミンゴが自分にとってつごうの悪い者たちをオモチャにして使役したり、十年まえにリク王を暴走させたりと、いままでどれだけ悪行をかさねてきたかを知ったのに、それでもドフラミンゴの言いなり。ドフラミンゴファミリー二千人とたたかうよりはルフィたち十二人を相手にするほうがマシとか言っていますが、この漫画のザコがどれほど弱いか知らないのでしょうか。大衆ってのは尾田先生が思っているほど頭が悪くはありませんよ。
 『ぬらりひょんの孫』で人間たちがリクオら妖怪を狩るよう煽動されたときもアホらしく感じましたが、こちらはもっとアホらしい。登場人物があまりにも露骨に作者のつごうで動かされるのを見るとゲンナリします。


・『カミドリ』

hitokoma_2014_24_02.jpg

 『旋風の橘』に匹敵する剣道冒瀆漫画『クロガネ』の池沢春人先生がかえってきました。どんなものかと身がまえて読んでみたところ、これが実によかった。
 まず主人公が二枚目で露出度がたかくて不幸な過去がありそうで、腐女子人気をあてこんだキャラ設定だとまるわかりなのがよかった。つぎに根性悪の疫病神の存在が、モッピーで盛大にコケたのに未練がましくマスコットキャラ人気をあきらめていないのが透けて見えるのがよかった。さらに敵役が悪行らしい悪行はまったくやっていないのに宝も憑神もぬすまれたのが、作者の分身たる主人公サマに立ちはだかることへの当然のむくいだと言わんばかりだったのがよかった。そのうえ敵役は武士だから今回の不始末のせいでおそらくよくて切腹、わるくて打首になるだろうに、主人公は名誉の戦死をとげさせず、偽善きわまる不殺主義をアピールして手をよごさなかったのがヘドぶちまきたくなるくらいよかった。
 いやはや、池沢先生の計算と性格とがまことによくわかる漫画でした。でも全体としてソツなくまとまっているから、あるいは連載に昇格するかもしれません。うーむ。


・『トリコ』

hitokoma_2014_24_03.jpg

「ずっと……このメンバーで旅がしたくて……みんなで食事をするのが……夢でしたから……」

 ちなみにこのときのメンバーはトリコ、ココ、サニー、ゼブラの四天王、小松、あとテリー、キッス、クイン、ウォールペンギンらペットにくわえてタコです。オブサウルスは眼中にないんだな小松。あ、でも小松ってオブサウルスとあんまり接点ありませんでしたね。それじゃしかたがないか。


・『BLEACH』

hitokoma_2014_24_04.jpg

 剣八、まさかの連戦。いままでにないパターンで、なかなかいいんじゃないでしょうか。対グレミィ戦も、相手は完聖体にならず剣八も卍解をみせずに終り、この漫画にしては食い足りない感じがするものの、すっきりした終りかたでした。最近この漫画の評価が高いのは、俺が剣八びいきだからというだけではないでしょう。


・『i・ショウジョ』

hitokoma_2014_24_05.jpg

 我 欲する 汝の おっぱいを
 というわけで今回のシリーズの主人公とヒロインとが夜明けの炎刃王よろしく異世界へとやってきました。もはやなんでもありですな。


・『TOKYO WANDER BOYS』

hitokoma_2014_24_06.jpg

 ネタにもならない打切り漫画。これがすなおな感想です。
 主人公コンビはどちらも不快だけれど、『マイスター』のショタ坊の「ふざけるなァ!!」や「そんなサッカーやってて楽しい?」などといった記憶にのこるセリフはない。サッカーを題材にした漫画だけれど、『ライトウイング』のようにファンに愛されることもなければ強烈なインパクトもない。クソ漫画ではあるものの、『私立ポセイドン学園高等部』や『わっしょい! わじマニア』のごとき非しか打ちどころのないクソ漫画というほどのものでもない。数年ぶりの十週打切りだけれど、『チャゲチャ』の八週打切りの伝説にはおよばない。よくもわるくもないないづくし。半年でわすれられる漫画です。
 外交辞令100%でかえって失礼になるかもしれませんが、下山先生、伊達先生、おつかれさまでした。下山先生は脚本だけやって、もう漫画原作には手をださないほうがいいと思います。伊達先生は……『銀魂』のアシにもどる以上にマシな道が思いうかびません。


BLEACH―ブリーチ― 63 (ジャンプコミックス)
BLEACH―ブリーチ― 63 (ジャンプコミックス)久保 帯人

集英社 2014-05-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
NARUTO―ナルト― 69 (ジャンプコミックス) BLEACH―ブリーチ― 62 (ジャンプコミックス) 銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス) BLEACH―ブリーチ― 61 (ジャンプコミックス) 黒子のバスケ 27 (ジャンプコミックス)




コメント

しかし剣八がこの4人を斃してしまうと
剣八一人で星十字騎士団の1/3近くを撃破することになる訳で。

もう、剣八一人でいいんじゃないかな。

ワートリレビューを忘れてますぞ!

いやはや、カミドリには自分も得も言われぬ違和感を感じてましたが
こうも綺麗に言語化してくれるとは……すっきりしました

まとまりの良いご都合主義の塊とかスルッと読める分、実にタチ悪いですな

今回は時間がなかったのか
叩くだけ記事になってしまってて
ちょっと残念

ルフィの賞金が正規の懸賞金より安いってがセコイ

ちょ、ワートリ今回メチャクチャよかったのに‼︎レビュー書いてくださーい‼︎‼︎

カミドリに対する無理やりな褒めっぷりにワロタw

非しか打ちどころのないクソ漫画ワロタ

あれを載せた編集部は狂気の沙汰

>ルフィの賞金が正規の懸賞金より安いってがセコイ

懸賞金は生け捕りじゃないと三割減だそうなので、3億でも狩る側に一応メリットはある

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2027-e90bf672

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ