保険 アリコ Moon of Samurai 銀の匙 第48話 「秋の巻⑰」

銀の匙 第48話 「秋の巻⑰」 

 右の鐙から足がはずれた八軒は落馬しまいとして手綱につかまり、馬銜をひいたので麻呂馬が反発してスピードをあげてしまいます。そのまま障碍をジャンプした結果、八軒は。

Silver_Spoon_48_01

 右がわからだと落馬したように見えたのですが実際は麻呂馬の首根っこにかじりついてどうにか落馬はまぬがれました。しかしこらえきれずに麻呂馬がゴールしたのとほぼ同時に落馬してしまいます。ゴールラインを越えてから落ちていたのならセーフ、でなければ失権。審査の対象となった八軒は。

Silver_Spoon_48_02

 かろうじてゴールラインを越えていました。結果、現時点では三位。表彰台に上がれるところにこぎつけました。
 さて前回八軒が集中力をとぎれさす原因となった八軒兄がこの会場にやって来たのはジンギスカン屋のバイトで配達しに来たからでした。がんばった弟に対してかっこよかったぞと屈託なくほめます。そして麻呂馬の首根っこにかじりつく八軒の勇姿を写真にとっておいたのを母親に送ると言い出しました。

Silver_Spoon_48_03

 兄の携帯電話をへしおりました。八軒もたくましくなったものです、フィクションでしか許されない方面に。
 そして最後の出走者が競技をはじめました。スピードはあまり出ていないものの、最短距離で走ったためにタイムは八軒よりも上で、減点もなかったので三位となり、八軒はおしくも表彰台をのがしました。

Silver_Spoon_48_04

 自主的に馬術部にはいったのでもなければ積極的に大会にでたわけでもないのに地区大会で四位になったのは上出来だと思い、それでもくやしがる八軒でした。
 少年の成長と挫折とを描く、『銀の匙』はまことにていねいな漫画です。ほかのスポーツ漫画もむやみに主人公を急成長させず、この漫画みたいに失敗もちゃんと描き、そのうえでくやしさをバネに練習にはげむようにすれば共感もできるしリアリティもでるしで俺好みになるのですが、そういう地味な展開では残念ながら読者の支持はなかなか得られないのでしょう。だれもかれもが荒川先生になれるわけでもなし。



銀の匙 Silver Spoon 4 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 4 (少年サンデーコミックス)荒川 弘

小学館 2012-07-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
銀の匙 Silver Spoon 5 銀のスプーンつき特別版 (小学館プラス・アンコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス) ばらかもん(6) (ガンガンコミックスONLINE)




コメント

マガジンのベイビーステップは丁寧に書かれている方だと思うけれど。
派手な人気は無いけれど、テニヌとは対極の良いスポーツ漫画です。

今の少年誌でまともなスポーツ漫画書いて生き残るのは難しいですよ。
そういうのはもう青年誌の分野になってしまった感じですね。
年少読者の読解力や理解力が乏しくなったから、即物的な展開じゃないと受け入れられない。
最近じゃスポーツ物に限らず、将棋や囲碁みたいな卓上競技物でも、面白い作品は全部青年誌からしか出てこないし。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/1716-04ed1d4c

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ