保険 アリコ Moon of Samurai ハヤテのごとく! 第358話

ハヤテのごとく! 第358話 

 麗らかな笑顔も凍る第358話「ぶっちゃけ根はどSなのです。あと絶対マネしちゃダメ!!」

 ルカが自転車に乗れるようになりました。そりゃよござんしたね。これが前後編じゃなくて一話でおわっていたらもっとよかったけど。これからさきもこんなふうにムダな引きのばしがふえるんだろうな……(遠い目)

hayate_358_01

 ハヤテはルカに対して容赦がありません。もともとハヤテは好きでもないキャラにはけっこう冷淡な男ですが、これはちょっとちがうんじゃないかなと首をひねってしまいます。自分に教えを乞うキャラ(ただし女にかぎる)に対してはもっとやさしく手取り足取りラッキースケベをまじえながらも完璧執事らしくきっちりと結果を出すのがハヤテだと思っていたのですが。最近とみにダダ下がりのハヤテの好感度がまた下がってしまったぞう。

hayate_358_02

 ルカの手を自転車のハンドルに縄でしばりつけておいて急な坂道の頂上からつきおとしました。あーあハヤテ、ナギに愛想つかされて瀬川家に売りとばされて虎鉄に尻で奉仕する一生をおくるようにならねーかなー。わりとマジでそう思います。

hayate_358_03

 あとでしっかりフォローをいれているからオッケー、という流れになっているのですが、それでも自転車初心者を坂からつきおとす所業はスパルタの域を超えているので、容認しがたいものがあります。いい話にまとめず、ギャグでも理不尽でもいいからハヤテがルカへの虐待に対して何らかのペナルティを課せられていたら気分よく読みおえられたのですが。
 ああ、うん、ハヤテのルカへのトレーニングが虐待にしか見えなかったのが不快に感ずる理由だったんだ。いまの畑先生はキャラがやっていいことと悪いことのバランス感覚が狂っているような印象をうけます。

hayate_358_04

 特訓のあとにルカが汗みずくになって息を荒らげているサービスシーンを描かれても、許すつもりはないアル! ないないあるよ!



劇場版ハヤテのごとく!HEAVEN IS A PLACE ON EARTH +99〈初回限定版〉 [Blu-ray]
劇場版ハヤテのごとく!HEAVEN IS A PLACE ON EARTH +99〈初回限定版〉 [Blu-ray]小森秀人

ジェネオン・ユニバーサル 2012-02-29
売り上げランキング : 9326

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【Amazon.co.jp限定】劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神 Blu-ray「リア充ウハウハ!バージョン」(スチールブック付き)(完全限定生産版) ハヤテのごとく! DVD-SET 1 〈期間限定生産〉 ハヤテのごとく! DVD-SET 2 〈期間限定生産〉 ハヤテのごとく! DVD-SET 3 〈期間限定生産〉 灼眼のシャナIII-FINAL- 第III巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]




コメント

>それでも自転車初心者を坂からつきおとす所業
ほぼ初対面なのに、坂道を暴走する(ブレーキが壊れた?)自転車で、いきなりハヤテをぶちのめした娘さんもいたような。。。
(違ったかな?かなりうろ覚え。)

いざとなれば、きっとハヤテが先回りして助けてくれるから無問題。

別にそんなに気にしなくていいんじゃないの。厳しいのを選んだのはルカなんだし

「執事モノ」というジャンルは『ハヤテ』が元祖だったはずですが、世の執事モノにおいて、いつのまにか「執事=ドS」という基本形が確立されてしまい、ハヤテの性格までドSへと変わってしまいましたね。
元祖なのに追従してるのか…。

結構前からですが、明らかに畑先生の脳内でのハヤテのキャラがおかしくなってますね。
勝手に動いて暴走してるといったらいいのか。
さらっとセクハラ発言&言動も明らかに前のハヤテとは違う感じがします。

しかも、畑先生はそのハヤテを嫌いなんじゃないかと思える節が有りますね。
ハヤテに与える試練も、明らかに愛がなくて只のいじめといったらいいのか・・・。
まあハヤテはそれを鼻歌混じりでクリアしてしまうわけですが。

不幸キャラってのも、もう薄くなってきたしなあ。
新しい属性を付与しようとしてるのかな。

>ほぼ初対面なのに、坂道を暴走する(ブレーキが壊れた?)自転車で、いきなりハヤテをぶちのめした娘さんもいたような。。。 

最初(高校入学式の日)は無事助けてたよ。商店街の坂ではぶちのめされたけど。

 ドSな教え方をしたのは自転車についてだったから大惨事を起こさせないプライドと自信があったからだろうね。ただルカが運動神経が良くて根性もあり、プロとして努力する気概もあるとわかってただけなら、今回のような確実に嫌われるうえ、怪我のリスクがあることはやらずにとりあえず普通に教えただろう。それで間に合うかはともかく。
 ハヤテは自分の教え方は普通より絶対に効果あると経験上感じる下地はあった。それは自転車便での努力。恐らく自転車便で街中を自転車で限界まで疾く駆け抜けれるようにテクニックを磨いた経験があるのだろう。生活費に必要なお金が増え続けてたから死に物狂いで怪我スレスレの練習をする動機もあったかもしれない。
 それでも、女の子に今回のようなスパルタ教育をすることは話しが別だが、ルカが困ってたのは自業自得でもある。雪路の扱いを見ればわかるがハヤテは駄目な社会人には容赦ない。だから虐待じみた練習法を使えたのではないか。
 それとは別にルカが親の借金を返済しなければならないこともハヤテがこんな練習法を提案した理由かもしれない。ハヤテはある程度ルカを自分に重ね合わせてこれくらい苦労するのも借金返済のためならしょうがないと割り切っていたのだろう。

場違いなコメントですみません。
あと通常の文体では言いたい事を書けなかったので、このような形になりました。

ハヤテのキャラ崩壊してたけど今回のは割りと面白かった気がするわ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/1648-7c6089e1

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ