保険 アリコ Moon of Samurai STAR DRIVER 輝きのタクト 第14話 「アインゴットの眼」

STAR DRIVER 輝きのタクト 第14話 「アインゴットの眼」 

 年があけて、このアニメも二クール目に入りました。そしてお約束のOPさしかえ。

STARDRIVER_14_01

 この場面でワコがチラリズムをやらかしたかどうか、巻戻して確認作業にうつった人は手をあげて。はーい。

STARDRIVER_14_02

 サカナちゃんは今ごろどこでなにをしているのだろうか(遠い目)
 女たちの裸。このアニメは巨大ロボットものだというのにスタッフはロボットバトルには力をいれずこんなところでばかり冒険しています。それはさておき、バックの肌色ちがいキャラがうごいたのは、黒髪ロングのメガネとサカナちゃんとミズノの三人でした。これも黒髪ロングのメガネが最後の巫女であることの伏線なのでしょうか。

STARDRIVER_14_03

 タウバーンに似た青いサイバディがザメクなのでしょう。ちゃんとうごいているので、きたるべき戦いに期待がもてます。ところでタクト、親指の腹で鼻をぬぐうしぐさが死ぬほど似合っていないからやめろ。銀河美少年は銀河美少年らしく、星の王子さまっぽさをくずすべきじゃないんだ。

STARDRIVER_14_04

 ミズノがいつものようにバスの屋根のうえにすわって無賃乗車で帰るとちゅう、赤信号でバスが停まっているときにカラスをみつけたのでお近づきになろうと木にのぼったら、バスが靴をのせたまま走り去っていったので途方に暮れていると、たまたま足もとをタクトが通りがかったのでミズノは家まで背負われて行ったのでした。
 犬もあるけば棒にあたり、銀河美少年もあるけば女と出くわす。労せずしてハーレム要員がむこうからやって来るとはどういうことだぁっ! クソッ、なんて世界だ!

STARDRIVER_14_05

 白とエメラルドグリーンの縞パンというとどうしても初音ミクを思いだしますな。ところでこの場面はスタッフがOPでワコのパンチラを描けなかったことのうめあわせのつもりでやったのでしょうか。だとしたら遺憾の意を表せざるを得ません。ぱんつは窮極においてただの布きれであり、女の子がはいてはじめて真価を発揮するものなのですから!

STARDRIVER_14_06

「ガンガンいくしかないんじゃないですか?」
「ガンガン?」
「ガンガン!」
「ヤング、ガンガン……」

 南十字島の住人たちはそろいもそろってスクウェアエニックスのまわし者か
と思ってちゃちゃっと調べてみたら、このアニメのコミカライズがヤングガンガンで連載されてるんですね。最近ろくに漫画雑誌を読まなくなったのでそのあたりの事情にはとんと疎くなりました。むかしは本屋に日参して、漫画雑誌はたいていのものに目を通していたのですが。

STARDRIVER_14_07

いいか、みんな

        (゚д゚ )
        (| y |)


ワコはタクトに気があり、そして腐女子だ。

      愛  (゚д゚ )  腐
        \/| y |\/


つまりスガタもふくめた三人でいたせば
    すべてはまるくおさまるというわけだ。

        ( ゚д゚)  3P
        (\/\/


STARDRIVER_14_08

「綺羅星☆」

STARDRIVER_14_09

「綺羅星☆」


 ふたたび絵筆をとることでサカナちゃんが去った悲しみを癒し、ついにヘッドが綺羅星十字団に復帰しました。初登場のころは無気力無関心だったバニシングエージの若手三人にも気合が入ります。味方だろうが敵だろうが、やる気を出す連中を見るのは気分がいいものです。

STARDRIVER_14_10

 で、アインゴッド起動。巫女の居場所をさがしだせるという目をもってマリノが見たものは、ミズノのとなりに自分がいない過去の景色でした。マリノは実はミズノが母親に棄てられたさみしさを紛らわせるためにうみだされた影であり、ミズノがマリノを守ろうとするのはミズノの防衛本能によるものであるというベタベタな展開が待受けていることに俺は花京院の魂を賭けるぜ!
 ところでやっぱり黒髪ロングのメガネは最後の巫女なんですね。

STARDRIVER_14_11

 何回も前からもったいをつけて、エヴァ初号機よろしく暴走までして、アインゴッドがやったことといえばせいぜいタウバーンに馬のりになって何発かなぐりつけたことくらいでした。そのあとスガタの王の柱の力でパワーアップしたタウバーンに斬られて爆発四散しました。
 ザメクーっ! はやく来てくれーっ!!




コメント

青いダウバーンはタクトの親父が乗ると思ってたんだけど違うんかなぁ

今晩は。

相変わらず内輪ネタやらワコ妄想やら力の入れる方向性が今イチ疑問な本作ですが。

マリノがミズノの生み出したものでないとすれば、ミズノがマリノの生み出した物、といった展開ですね。

しかし、ロボット戦は相変わらず、
少し苦戦>新装備か王の柱で勝利
ですね。毎週有るのは良いのですが、もう少し「攻防」を見せて欲しいですね。

ザメクはラストに登場した巨大サイバディでしょう。
たぶんサビ始めでたたかってるのはヘッドが乗ってるんじゃないかと。

初登場時からは信じられないくらいミズノが可愛い

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/1392-4451ee4d

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ