保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2010年10号

今週のジャンプ一コマレビュー 2010年10号 

 今週号のジャンプの読み切りは斉藤修先生の『HACO-ハコ-』です。この人の漫画は読んだことがないので先入観なしに読んでみると画とかコマ割とかストーリー展開とか説明過剰なところとかが叶恭弘先生の作風を髣髴させたのでてっきり叶先生のアシスタントだと思いこんでいたのですが調べてみるとバレーボール使いの人のアシでした。
 その内容は、連載をあてこんでいるためか、説明不足というか謎が謎のまま未消化で終った部分が多かったことに不満がのこりました。それをのぞけば読後感は良好です。ヒロインがタフで前向きで、未知の世界にほうり出された身だというのに一ページで立ちなおって現状をよりよいものにしようと努力し、それにサブキャラも感化されて勇気をふりしぼるという流れは、いい意味で少年漫画らしかった。もちろん長所もあれば短所もあるわけで、はじめての週刊少年ジャンプ掲載ということで作者がはりきりすぎたせいかアイデアが詰めこみすぎ(不治の病の少女、文明崩壊後らしき未来、ナノマシン、樹人、暗号ワード、etc)で、かえって一つ一つの設定の印象が散漫になってしまっています。斉藤先生が力の抜きかたをおぼえないかぎり、よしんばこの漫画が連載されても『エム×ゼロ』コースをたどるのが関の山で、大ヒットは望めないでしょう。成長を期待します。

 『BLEACH』では一ミリも役に立たない仲間たちがつぎつぎとカトンボのように落されていきました。

hitokoma_2010_10_01

 うんうん、藍染は強いねー。

 『Beelzebub -ベるぜバブ-』では謎の青年が巨大ベル坊の踏みつけを片手でふせぎました。

hitokoma_2010_10_02

 はいはい、怪力ですねー。

 『ONE PIECE』では赤犬の一撃がエースの腹をつらぬきました。

hitokoma_2010_10_03

 ……嘘だろ……
 これですよこれ。衝撃のシーン(と、すくなくとも作者が思っている場面)で、わざわざキャラに驚きのセリフを語らせるなど読者からすれば興醒めのかぎりです。今回のワンピみたいにキャラは何も言わず、それでいて読者を嘆ぜしめてこそ傑作といえるのです。
 しかし本当にすごい。今までの流れからしてたぶん白ひげはワンピ世界で最初の死亡者となるだろうとは思っていたのですが、まさかエースまで命を落すことになろうとは。いや何だかんだいってワンピだから結局エースは死ななかった、なんてことになりそうな予感もしているのですが、今の尾田先生ならここで本当にエースを殺すかも知れないという気がするので断言もできず、俺が言えることはただ一つ、早く次のワンピが読みたいということだけです。

 『ぬらりひょんの孫』では最近とんと出番のなかった雪女と羽衣狐のどちらもが登場しました。

hitokoma_2010_10_04

hitokoma_2010_10_05

 盆と正月が一緒に来た気分だぜ!

hitokoma_2010_10_06

 おまけに土蜘蛛まで出てきて、盆と正月のうえに臨時休講が来た気分だぜ! 最後のが微妙にショボいのはひとえに雪女と羽衣狐の両者が比較を絶するほどに魅力的であることのあらわれです。土蜘蛛はいいキャラだったが、雪女と羽衣狐が久しぶりに登場する回に出てきたのがいけないのだよ!



ぬらりひょんの孫 9 (ジャンプコミックス)
ぬらりひょんの孫  9 (ジャンプコミックス)
集英社 2010-02-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
べるぜバブ  4 (ジャンプコミックス) ぬらりひょんの孫 8 (ジャンプコミックス) めだかボックス  3 (ジャンプコミックス) BLEACH 43 (ジャンプコミックス) SKET DANCE 12 (ジャンプコミックス)




コメント

私は今回のワンピは逆に不満でした。
白ヒゲが己の最後の戦いに臨んで、赤犬の言葉とは逆に「勝者」と成らんとしていたところを、エースが泥を塗った形になってるからです。
あんな安い挑発にのってオヤジの晩節を汚すような短慮を起こしたエース。
そのせいでルフィがピンチになったわけで、その尻拭いを自分でしたところで、それでエースが死ねば海軍の目的は達成。
白ヒゲも犬死にで「本当の敗者」となって、海軍にとっては文句なしの完全勝利。
エースは多くの仲間を道連れに海軍に勝利を齎しただけという展開になってしまうからです。
まさか、エースがこれで死ぬことは無いと思ってはいますが。

ワンピは回想でしか人が死なないから、

エース、白ひげ、あぼーん
 ↓
……という話だったとさ。回想終了!!
 ↓
第二部スタート

なんて線も……ないか。

いったい何のために海賊達は海軍本部へ乗り込んだのか
いったい何のために白ひげは独り残ったのか
いったい何のためにルフィは死にかけの体でやって来たのか

本当に何やってんだエース
来週はいかにも感動的な展開ってなるんだろうが
ドクター・ヒルルクの最期の1000分の1も感動を呼び起こさない事は確実だ

赤犬を道連れにできたとしても悪評を覆すには到らないので、可能ならばエースの寿命をルフィに分け与えるくらいのことをしてみせなければならないだろうな

無断転載乙

格が違う
こうだからジャンプは安心して読めるのです

>>これですよこれ。衝撃のシーン(と、すくなくとも作者が思っている場面)で、わざわざキャラに驚きのセリフを語らせるなど読者からすれば興醒めのかぎりです。今回のワンピみたいにキャラは何も言わず、それでいて読者を嘆ぜしめてこそ傑作といえるのです。

なにいってんだこいつ( ゚д゚)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/1174-9a3b61f6

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ