保険 アリコ Moon of Samurai 涼宮ハルヒの憂鬱 第24話 「涼宮ハルヒの溜息Ⅴ」

涼宮ハルヒの憂鬱 第24話 「涼宮ハルヒの溜息Ⅴ」 

 これにて溜息おしまい。原作の冒頭でキョンがハルヒに長門たちの正体を暴露してまったく信用されたかったシーンをアニメでは末尾に置いていました。最終回っぽい構成になっていたのでよかった。実際、第二期の新作は今回の分をあわせると十四回になるので事実上の最終回なのでしょう。あとは旧作の再放送。消失の可能性は九十九%ありません。かえすがえすもエンドレスエイトが憎らしい。

HaruhiS_24_01

 ハルヒは長門の相棒として黒猫を物色しましたが五秒と経たずに諦めて三毛猫で手を打って、魔法使いの飼い猫なのだからしゃべることにするとハルヒが決めたらしゃべるようになりました。しかしハルヒ本人はワルキューレの騎行を鼻歌にうたいながら帰って行ったので、人語を解する猫という超常現象に遭遇する機会を逃したのでした。

HaruhiS_24_02

「さあお嬢さんも私と一緒にキタキタ踊りを踊りましょう」

 中の人が緒方賢一だからってこんなことを言いはしない。

 この三毛猫の名前はシャミセンです。三味線づくりのためにハンターに狩られて皮を剥がれないように祈りましょう。なおシャミセンはオスとのこと。オスの三毛猫は珍しいとよく聞くけれど希少価値のおかげでフィクション世界ではやたらと氾濫しているような気がするのでなにやら損した気分になります。

HaruhiS_24_03

 未来人・宇宙人・超能力者の涼宮ハルヒを巡る見解の相違。ハルヒやキョンの与り知らないところではさまざまな勢力がしのぎを削っているそうな。今後の伏線であって第三期まで待たないと意味のない情報なので溜息の最終話にこんなことを語られても視聴者にとってはあんまりうれしくない。というわけでギャグやります。

HaruhiS_24_04

「彼女の役目はあなたを籠絡することです。
 そして僕の役目もまたあなたを籠絡することです」

「俺はノンケだ」

HaruhiS_24_05

「思い出した。私の役目もあなたを籠絡すること。宇宙人うそつかない」
「ハルヒの観察じゃなかったのか」
「あれはうそ」
「さっきと言ってることが違うぞ」


HaruhiS_24_06

 映画の製作も大詰めを迎え、ハルヒの周りでは超常現象が面白おかしく花開いて作品の演出に彩りを添えました。トンデモ映画のトンデモ度が強くなっただけともいう。なお映画のラストは古泉イツキがおのれの潜在能力を覚醒させて悪い魔法使いのユキを宇宙の彼方に吹っ飛ばして決着を見たとのこと。男のイヤボーンは楽しくない。
 撮るだけのものは撮ったけれどデータを編集する仕事が残っています。白羽の矢が立ったのはキョンでした。技術ゼロの素人に一晩で編集しろといつものハルヒの無茶振りが来ましたが。

HaruhiS_24_07

「私も手伝うから」

 それが目的か。
キョンと学校で寝泊まりしたいがためだったのか。きっとこのときのSOS団の部室は朝倉涼子のときの三万倍くらいガードの堅い閉鎖空間になっているに違いない。そして長門が突入しようと一晩中がんばって無駄に終ると。
 ともあれキョンとハルヒは一つ屋根の下で一晩を過ごしたのでした。作中で二人の間に何もなかったのはキングクリムゾンによるスタンド攻撃で時間がフッ飛ばされたからだと思っておきましょう。
 さて結局ハルヒは何もせずキョンは映像を切り貼りしただけで夜が明けて、目を覚してみたらそれなりのCGムービーやらビジュアルエフェクトやらが仕上がっていました。

HaruhiS_24_08

(俺ではない。俺以外の誰かがやったのだ。
 本命、長門。対抗、古泉。無印、朝比奈さん。大穴、まだ登場していない誰か。そんなとこだろう)


 好きな男が有能であってほしいとハルヒが願った結果であるという考えが頭に浮ばないキョンは無意識レベルのツンデレです。
 ラスト、キョンとハルヒがデートして終りました。

HaruhiS_24_09

 長門たちが常人ではないとキョンが事実を告げたらハルヒは馬鹿にされたと憤慨して店を出て行って、それでも入り口でキョンを待って、振り向きかけてあわてて顔を前に向け直すのでした。このツンデレめ。

 というわけでハルヒのレビューもここでひとまずおしまい。雑誌やら何やらで消失をやるようにほのめかしていたのが実を結ぶのははてさて何年後のことになるのやら。映画という可能性もあるか。
 結局のところ俺にとって第二期の見所は笹の葉を除けば今回のハルヒの寝顔くらいしかなかった。

HaruhiS_24_10

 眠っていれば文句なしの美少女で通る涼宮ハルヒでした。言動の痛さが限度を超えさえしなければ起きていた方が魅力的なのですが第二期のハルヒはエンドレス気味に八月をくり返したり映画製作で朝比奈さんを筆頭に周りに迷惑をかけまくったりしていたので見ていて辛かった。エンドレスエイトを抜きにしても第二期はハルヒの痛さがMAXだったので三年前ほどの人気は得られなかったことでしょう。エンドレスエイトと溜息をどちらも短く済ませて消失とあと短編のいくつかをやっていたらよかったのに。京アニが汚名を返上するのはいつの日のことか。



TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新キャラクターソング Vol.1
TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新キャラクターソング Vol.1涼宮ハルヒ(平野綾)

ランティス 2009-09-30
売り上げランキング : 526

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新キャラクターソング Vol.3 TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新キャラクターソング Vol.2 TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新キャラクターソング Vol.05 TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新キャラクターソング Vol.04 涼宮ハルヒの憂鬱-Super Remix-Full-Mix




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/1080-fc7cce49

涼宮ハルヒの憂鬱 第24話「涼宮ハルヒの溜息V」

なんで、シャミセン!? かわいい・・・(o゚Д゚o) 長門にしがみついてるのが、かわいいw 今回も撮影は快調♪ ハルヒ、キョンに映画...

  • [2009/09/16 00:47]
  • URL |
  • 空色きゃんでぃ |
  • TOP ▲

涼宮ハルヒの憂鬱 第24話 涼宮ハルヒの溜息?

 新作はこれで最後なのでしょうか。あとは旧作の再放送で終わり? 撮影中ハルヒが終始ご機嫌だったのが印象的でした。

「涼宮ハルヒの憂鬱」レビュー2

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):キョン(杉田智和)、涼宮ハルヒ(平野綾)、長門有希(茅原実里)、朝比奈みくる(後藤邑子)、古泉一樹(小野大輔)、朝倉涼子(桑谷夏子)、谷口(白石稔)、...

  • [2009/09/17 06:40]
  • URL |
  • アニメレビュー トラックバックセンター |
  • TOP ▲

涼宮ハルヒの憂鬱 第24話 「涼宮ハルヒの溜息 V」

黒猫でなく、三毛猫を捕まえる涼宮ハルヒ。魔法使いには、黒猫だけど宇宙人には、三毛猫といったところでしょうか。

アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』考――涼宮ハルヒの席替え

後に広く知られることとなる「ただの人間には興味ありません」発言を行った時、彼女の座席は、教室の中央に位置していた。 それから一ヶ月ほどしてからだろうか、席替えが行われ、涼宮ハルヒは、窓際の一番後ろに座ることになる。これは、ただそれだけのこと、くじ引きに...

  • [2017/10/12 22:50]
  • URL |
  • 徳丸無明のブログ |
  • TOP ▲
少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ