保険 アリコ Moon of Samurai 2018年09月09日

今週のジャンプ一コマレビュー 2018年40号 

・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2018_40_01.jpg

 人気投票結果発表!
 刃皇は絶対的強者の刃皇にふさわしく圧巻圧倒圧勝の第一位。第二位の刃皇は刃皇らしく自分の人気の高さを歯牙にもかけません。刃皇はトップスリーに食いこんで恍惚とした顔で神に感謝します。第四位の刃皇は刃皇におよばず子どもみたいにくやしがります。刃皇は第五位という自分の順位に納得しました。
 第六位の刃皇が第七位の刃皇と第八位の刃皇で第九位の刃皇は第十位の刃皇に刃皇を刃皇へ刃皇か刃皇や刃皇も刃刃刃刃刃皇皇皇皇皇おおおおおががが。

hitokoma_2018_40_02.jpg

 こっちがホンモノの人気投票結果です。さっきのはひろいもののコラ画像。しかしボーボボのパロディをやっても違和感がないのだから刃皇は藝達者の千両役者やでぇ。
 一位が主人公の火ノ丸なのはみんな想像できたことでしょう。二位に刃皇がつけてきたのは意外なようで妥当な結果です。事実上第二部からの新キャラなのにものごっついキャラ立ってるからなあ。個人的には天王寺がランクインしたのがめでたい。

hitokoma_2018_40_03.jpg

 全体の結果はこちら。桐仁や沙田よりも金森主将のほうが人気がたかいあたりにこの漫画の読者層がうかがえる気がします。
 しかし久世、おまえ十三位かよ……第一部のラスボスだったのに……『Dr.STONE』で現ラスボスなのに人気投票十二位の獅子王司とどっこいどっこいのだらしなさだぞ。

hitokoma_2018_40_04.jpg

 潮火ノ丸! きさま! 『キン肉マン』を読んでいるなッ!
 まえに火ノ丸は大典太から漫画を借りて、そのときは読んでいず、
「マジで3巻まで読んだら止まらねえから! で16巻まで読む頃にはオレに感謝すっからマジ読め!!」
と言われたのが『キン肉マン』なのでしょう。『キン肉マン』は二巻までのギャグ路線は正直なところいま読むとツライものがあるので、三巻までと大典太が念をおしているのはいい判断です。
 そして十六巻といえば、あの有名なシーンが収録されているのです。そう、あの!

hitokoma_2018_40_05.jpg

 将軍様のパイプ椅子乱打攻撃が!
 これがきさまが地に墜ち……手に入れた力だと……?byミラージュマン


・『呪術廻戦』

hitokoma_2018_40_06.jpg

     /\___/ヽ   ヽ
    /    ::::::::::::::::\ つ
   . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.    |    ::<      .::|あぁ
    \  /( [三] )ヽ ::/ああ
    /`ー‐--‐‐―´\ぁあ



・『血液ヌル』

hitokoma_2018_40_07.jpg

 金未来杯第二段。主人公はごく普通の男子高校生だけれど貧血ぎみで脱力系で忍者の末裔で宇宙生物に寄生されて血を武器にして宇宙人と戦うよ! 普通とはいったい……
 とにかく主人公にこれでもかとばかりに要素をつけくわえてしまったために、かえってひとつひとつの要素の印象が散漫になっています。新人が読切りのチャンスに全力投球するのはいいにしても、力を入れる方向がちょっと見当違いだったといわざるをえません。タダでさえ多すぎる情報をさらに足すとは愚の骨頂。足せばいいというものじゃない。宝石だって磨いて初めて価値が出る。大切なのは削ることです。


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2018_40_08.jpg

 復ッ活ッフエゴレオン復活ッずっと待ちのぞまれてきたヒーローが紅蓮の獅子王団の壊滅の危機に颯爽登場! おまけに四大精霊サラマンダーも追加だ! やっぱりレオなんていらんかったんや!(ぉ
 つーわけでフエさんが実においしい場面でパワーアップまではたして再登場しました。俺としてもフエさんがこの漫画でいちばん好きなキャラクターなのでこの展開は大満足。たとえ読者の予想は裏切らなくても期待は裏切らないのがこの漫画のいいところです。
 ところでユリウスの死で空席になった魔法帝の座につくのは現状フエゴレオンが最適任でしょう。金色のヴァンジャンスはあんなことになったし、単純な実力でいえばヤミさんやアネゴレオンも有望株だけれど、あのふたり全体のとりまとめ役をつとめるにはちょっと自由すぎます。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2018_40_09.jpg

 海の家で一日百万、三日で三百万の売上を十人ひと組のチームで達成することが合格ラインの試験が遠月の生徒に課せられました。なーに890万の借金もちの海の家を三日で再建することになったハヤテにくらべればへーきへーき。


・『紅葉の棋節』

hitokoma_2018_40_10.jpg

 おわりました。ラストは定番の数年後オチ。
 この漫画、絵もキャラクターも演出もストーリーもイマイチで、そもそも題材である将棋がぜんぜんおもしろそうに見えず、個人的に好みだった師匠ヒロインも出番がすくなかったので、紅葉の季節まで連載が持ちこたえられずに短期打切りをくらったのもむべなるかなと思わざるをえませんでした。
 だいたい主人公がツラそーにツラそーに将棋をさすのが最大のマイナスポイント。そのくせそのツラさをのりこえての達成感が描かれるわけでもないから読んでいるこちらまでつらくなってしまいました。
 主人公がウジウジくんで鬱ストーリーの代表格ともいうべきエヴァだって、第一話でシンジが逃げずに戦うことを決意したり初号機が暴走してサキエルを完膚無きまでボコボコにしたりポジトロンライフルでラミエルを撃ちぬいたりと、胸のすくようなシーンが数多くあり、おかげで視聴者としてもそれまでたまりにたまったフラストレーションが一気に解消されてつづきをみる気になるのです。でもこの漫画にはそういうところはまるでナシ。これでは読む気もおきません。
 里庄先生おつかれさまでした。つぎの連載は読者が読んで楽しくなるような作品を描いたらどうかと愚考します。




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ