保険 アリコ Moon of Samurai 2017年03月19日

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話 「生け贄」 

g-tekketsu_47_01.jpg

 今回のよかったところ:クーデリアがかわいかったこと。これにつきます。特に三日月からアトラと子づくりしたことを聞かされてビックリしているところが最高にかわいかった。このあとクーデリアがアトラに嫉妬することなく三人なかよく抱きあうところがいかにも三人らしい。正直なところマクギリスもラスタル陣営も鉄華団でさえも全滅してかまわないからクーデリアとアトラだけは生きのびて希望がもてるようなエンディングをむかえてほしい。

g-tekketsu_47_02.jpg

 今回の悲しかったところ:マクギリスとイズナリオとの関係が公表されたこと。きっとイエロージャーナリズムに「マクギリスのギャラルホルンでの地位は、その尻穴にそそがれたものだった!」とか書きたてられてるんですよ! カミンスキィ大佐が聞いたら心の底から同情するでしょうよ!

g-tekketsu_47_03.jpg

 今回の口惜しい意外だったところ:ノブリスがクーデリアに親切だったこと。ノブリスはいまや御尋ね者となった鉄華団と手を切るようにクーデリアにすすめました。そうすれば融資も再開するそうです。あんな脂ぎったヒヒジジイだからあるいはクーデリアにゲヘヘなことを要求するのではないかとワクワクハラハラしながら見ていたのが残念な結果杞憂におわりました。危機一髪で三日月にたすけられるのでいいからクーデリアが下着姿にひんむかれるところとか見たかったよかったよかった。

g-tekketsu_47_04.jpg

 今回の残念だったところその一:マクギリスの無能さがとどまるところを知らないこと。「バエルをもつ私にさからうか」って、まだバエルの威光を信じられるところに同情の念すらわいてくるレベルです。このセリフはさすがにハッタリのつもりだったかもしれないけれど、それならそれで別のいいかたがあるでしょう。

g-tekketsu_47_05.jpg

 今回の残念だったところその二:オルガが情けなくなったこと。「鉄華団は裏切らない」とか「筋をとおす」とか、これまでさんざんカッコいいことを言っておきながら同盟相手のマクギリスの立場が絶望的になると見るや手のひらを返し、仲間うちで相談したあげくにラスタルと秘密回線を通じてマクギリスとバエルをひきわたすとか言いだしました。情けねー。そりゃラスタルにも「もうすこし骨のあるやつらかと思っていたが」とか言われちゃいますよ。
 まあ命乞いといってもジャスレイみたいに自分のことだけを考えるのではなく、むしろ逆で自分の誇りや命を投げだしてでも仲間を助けたいと思ってのことなので、最悪にカッコわるいわけではありません。しかしそれならそれで最初から徹底的に泥臭くやってほしかった。調子のいいときにはスカしたセリフをはいて、調子がわるくなったら強い相手にヘイコラするというのは、やっぱり見ていて気分のいいものではありません。これは監督や脚本家がものがたり全体の確乎たるビジョンを持っていなかったせいでオルガがワリを食って場当り的にそれっぽいセリフを吐くようなキャラになってしまったのでしょう。
 ああそれと、
オルガ「もうダメだ……」
鉄華団「しっかりしろオルガ。信じてるぜ」
オルガ「わかったよ! もう迷わねえ!」

というのをいったいなんべんくりかえせば気がすむのでしょうか。

g-tekketsu_47_06.jpg

 今回の残念だったところその三:ラスタルまで無能になったこと。せっかくオルガがマクギリスをひきわたすと言ってきたのに、生贄が必要だとかギャラルホルンの権威がどうのとかいってつっぱねました。渡りに船の提案をしりぞけて窮鼠猫を噛む危険をみずからまねくという愚策中の愚策です。
 俺が考えていたのはむしろラスタルのほうからオルガに裏切りをもちかけないかということでした。それでオルガが首をタテにふって万事うまくゆけばそれでよし。オルガが言うことをきかないか、あるいは鉄華団の造反がうまくゆかないかしたら、そのばあいはオルガとの密約(あるいはニセ情報)をマクギリス陣営にリークすればいいのです。こうすればおたがい疑心暗鬼になるし同士討に発展する可能性もあります。そして頃合いをみはからってアリアンロッド艦隊を火星に投入し、鉄華団を相手にせずにマクギリス陣営だけ攻撃すれば最小限の犠牲で勝利を得られるでしょう。ギャラルホルンの権威? そんなもんお得意の自作自演と情報操作でどうにでもなります。マクギリスと鉄華団の危険性と、戦後秩序の恢復の手間ヒマとを天秤にかけたら、前者を重視しなければならないことくらい子どもでもわかると思うのですがね。
 ラスタルがながいことイオクをそばにおいていたのでバカの菌がうつったのか、話のつごうで突発的にアタマが悪くなったのか。たぶん後者でしょう。

g-tekketsu_47_07.jpg

 今回の意味不明だったところ:マクギリスがこの期におよんでなお余裕綽々の態度をくずさなかったこと。なに? バエル柄の上着を着たから身も心もアグニカ・カイエルになったので今度こそギャラルホルンがひれ伏すにちがいないとでも思ってるの?




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ