保険 アリコ Moon of Samurai 2014年06月

月別アーカイブ

 2014年06月 

ハヤテのごとく! 第455話 

 乙女心は時に予想のナナメ上を行く。第455話「ラブストーリーはわりと突然に」

hayate_455_01.jpg

                    , ,i!.   ,;
                   ,nソ!ッ」`!ゝ、!;/'!
         ,.. -‐---、....,..;=ヽ.<| |f .|、|_'!ヾ<.ト;_
        .,r=‐‐‐-、   / f.iイ'! : : .' ´,^) .l と;`!
     ,/'~      ヽ.  { f |! `!    j、.ヾ ノ }!. |
    ノ.|         '! .{ i' y='==_:、,ノヽ,、ソノ.)_!
   ./ ゝ       !ノ. | .ノ   `ヽ,_, ク<ニ!,
   /   ヽ.      〈,>'<リ    〆f_/'T    s!
  ノ    ヽ、     `y'    O/  ノ!    .q
  /.      ゝ   r-イ     /' / .}    |
┌‐────┐、   ∫     ノ./'、  |    .|
│   士月  .|, .ゝ       //´  ヽ .}    |
├───‐─┴────────────────────

│ この漫画で俺がいちばん苦手なキャラ来ちゃったよ……!

└──────────────────────────


hayate_455_02.jpg

       -=llllllll|||||||||||lll;;;;,,,,
        ニニ|||lll||||!''ニ,_'''llll|!;
          ̄||δ'   lii!i`γ'
          |l;=,     , 」
           / 、  ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;`;;;_;;_,/
│   士月  .| ̄:::::::::::::::::―:::-;;;-
├───‐─┴────────────────────────

│ しかし考えてみれば不良在庫キャラの棚卸しもたまには必要だし、
│ いまさら新キャラがふえるよりはマシか……

└─────────────────────────────‐


hayate_455_03.jpg

             _,、-m‐'iiii'-、、,、
          _ ,、-'iiilll||||||!!゙-゙-ミ7!ソ      _ , 、..-..‐::ー、
        `'ニ=-'iiiilll|||ζ _,、- ' ,.!゙-,:::'::'::゙:::´::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::ヽ
         `二'=彡.'゙ヾ!  '~lll ゙ 、 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;::::::::::|
           `´'ヾ,'、'9l.  ,_  -;゙ ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;::::::::::::::!
             ヾ''ヽ. '-ミエエ!ーi;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;;;;;;:::::::::::::::/
             _,.' .、_  、_ ノ _,,,_ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::, ゙
    ,、-=,;;;;; - 、_,イ;;;\ `' -、_l、,;;';;゙;;;;;;;;;ヾ;;:::::::;;;;;;;;::::::::::, '
  _,ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;ヽ.   i,iiヾ.、:::::::::::::;;;;:::::::;;;;;:::::::::, ゙
_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::゙、::::::::゙' -、/ヽ、_.!||||i゙;::ヽ:::::::::::;:::::::::::::::: , ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;;:::',:::::::::::<゛:::::::::\`||i、i-<::::::::::::;::::::::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::!:::::::::::::゙'..、:::::::::゙.,|||||',::::゙;::::::::::,:::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::/:::::::::::::::::::::゙..、::::::::!|||i::::/:::::::::::;::, ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;:::::::::::::::::::::::::゙::、:::゙!||!:,'::::::::::::::i゙
┌‐────┐;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙::、!i/:::::::::::::::!
│   士月  .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::゙':::::::::::::::::i
├───‐─┴────────────────────────

│ ま!
│ このキャラは今回かぎりのゲスト出演だろうから
│ 心ひろやかにもなれるさ!

└─────────────────────────────‐


hayate_455_04.jpg

                   __
              _,、;;-;;;'':!!!!!!!!'';;-、、_,,,
            -=ニ;;;;;!!!|||||||ゞ,、_、-、ミ!!iiL
           -=ニ;;;;;:::!!||||!<`   `'-'iノ
             -=ニ,、;;:,-、ii/  `''-、_ , _!
             `ヽ;;;;! !゙  u ニ'ニ`<イ
               _i_,ゝ;;  u     . )i
             、'゙(~'、  !.  、──-/ u
          _,、-;;;゙/;;;;i  '、     ̄ ̄/
     _、-::''゙::::::::;;;/;;;;;;;i   ヽ, `'',,- -' u
   ,、;;';゙;;;;::゙::、::::::::::::::/::_:::_ i、.  /ニ::i.´!\   u
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i::::::::::::::~,、-::'::|ヽ,/i|||||i !:::i丶
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i:::::::::: <:::::::::::::i  ゙i||i゙ `|、::ゞ:゙:、
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::!::::::::::::ヽ;::::::::::!.  ||||| i:::゙::、::::::ヽ,
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::::::'、::::::::! i|||||! i::::゚:/:::::::::i::゙i
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::゙、::::::! i|||||||.!::::/:::::::::::!::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::!:::::::::::::::::::::::゙.、:::i.i||||||/:::/::::::::::::i:::::|
┌‐────┐:::::::::::::::::::::::::゙'、゙!||||'::::/::;;;;;;::::::!::::::!
│   士月  .|:::::::::::::::::::::::::::::::゙'.i|';/::::::::::::`7:::::::!
├───‐─┴────────────────────────

│ え!?
│ いやいやいや、ちょっとまってよ、
│ この流れってもしかして……

└─────────────────────────────‐


hayate_455_05.jpg

                    , ,i!.   ,;
                   ,nソ!ッ」`!ゝ、!;/'!
         ,.. -‐---、....,..;=ヽ.<| |f .|、|_'!ヾ<.ト;_
        .,r=‐‐‐-、   / f.iイ'! : : .' ´,^) .l と;`!
     ,/'~      ヽ.  { f |! `!    j、.ヾ ノ }!. |
    ノ.|         '! .{ i' y='==_:、,ノヽ,、ソノ.)_!
   ./ ゝ       !ノ. | .ノ   `ヽ,_, ク<ニ!,
   /   ヽ.      〈,>'<リ    〆f_/'T    s!
  ノ    ヽ、     `y'    O/  ノ!    .q
  /.      ゝ   r-イ     /' / .}    |
┌‐────┐、   ∫     ノ./'、  |    .|
│   士月  .|, .ゝ       //´  ヽ .}    |
├───‐─┴────────────────────

│ 次回につづくのかよこの話……!

└──────────────────────────



ハヤテのごとく! 41 (少年サンデーコミックス)
ハヤテのごとく! 41 (少年サンデーコミックス)畑 健二郎

小学館 2014-06-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
神のみぞ知るセカイ 26 (少年サンデーコミックス) ハヤテのごとく! 40 (少年サンデーコミックス) UQ HOLDER!(3) (少年マガジンコミックス) ハヤテのごとく! 39 (少年サンデーコミックス) セキレイ(16) (ヤングガンガンコミックス)




今週のジャンプ一コマレビュー 2014年30号 

・『暗殺教室』

hitokoma_2014_30_01.jpg

 タ、タラシにっ! いまジャンプでいちばん女装のにあう男の娘の渚きゅんが女タラシにっ!
 本篇に関してはケチをつける要素が見あたりません。自分の力を過信して調子にのったE組の生徒たちが保育施設を経営する老人にケガをさせてしまったため、退院の日までE組全員が連帯責任でタダ働きをすることになり、これまでにつちかってきた実力を発揮するというものでした。起承転結はしっかりしているし、小ネタもいろいろはさまれているしで、うまい。ほんとうにうまい。
 だからこそおしまれます、殺せんせーが来年の三月に地球を爆破するのでそれまでに殺せんせーを暗殺しなければならない、という設定が。この大目的からはずれたE組の活躍すべてが茶番に見えてしまいます。
 この漫画のことはキライではぜんぜんないし、ほめるところは山ほどあるし、単行本の売行きが好調なのも当然だと思っているのですが、ものがたりの根幹そのものが問題だと思えてしまうので、最近レビューしづらくなりました。


・『卓上のアゲハ』

hitokoma_2014_30_02.jpg

 そういえば岩代先生の『PSYЯEN –サイレン-』の主人公の名前アゲハっていいましたね。これが第一印象でした。
 中身は卓球漫画。出てきた技は前陣速攻とかカット戦法とかゼロバウンドとか、『P2! -let's Play Pingpong!-』を彷彿とさせるものでした。パクリとまでは言わないけれど、亜流とか二番煎じとかいう感じが否めません。しかしこうしてみると、『P2!』が卓球漫画としてしっかりしていたんですね。俺にとってはアキラたんに萌えるのが主の漫画でしたが。とにかくこの漫画がもし連載になっても、このままでは『P2!』を超えられんでしょう。『ぷーやん』は超えられると思いますが
 さて卓球漫画としては未だしの感があるものの、そのかわりといってはなんですがキャラはよかった。主人公は気持いいまでの卓球バカで、思春期まっさかりの劣情をおさえようとしておさえきれずに鼻の穴からふきださせるタイプです。敵役も不自然な暴言や悪行はやらないので悪い印象はあまりありません。
 そしてヒロイン。学校一のアイドルで、当人もそのことを十分に自覚してブリっ子し、ひょんなことから主人公にこだわるようになった結果しだいにひかれてゆく、というキャラです。悪くはありません。しかし残念ながらすべてにおいて照橋さんの下位互換なのですよ。

hitokoma_2014_30_03.jpg

 でもジャージ姿はよかった。この漫画の作者、卓球漫画よりもラブコメのほうがむいているのではないでしょうか。


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2014_30_04.jpg

 斉木の兄、空助が両親と再会しました。やっぱり父親のほうはこんなあつかいです。世界のすべてが斉木パパをいじるために動いているように見える……

hitokoma_2014_30_05.jpg

 人並はずれた天才児として生れたのに、ふたつ年下の弟は文字どおり人間を超越した超能力者だったため、嫉妬やら劣等感やら嫌悪やらをいだくようになり、しだいに斉木兄弟の仲はわるくなっていったのでした。
 しかし斉木よ、悪感情を腹のそこにおさめて表にださないだけマシだよ。感情は当人にもどうしようもない部分があるし。


・『黒子のバスケ』

hitokoma_2014_30_06.jpg

 名門のあととり息子として生れた赤司は厳格な父親によって英才教育がほどこされ、大人でも音をあげるほどの量をすべてこなしてゆくうちに、自分とはちがうもうひとりの自分がいるような感覚をおぼえるようになりました。まるで森鷗外ですな。
 鷗外は津和野藩の藩医のあとつぎとして生れました。そのあとすぐの明治維新と廃藩置県とをきっかけに父とともに上京し、満十三歳で東京医学校(いまの東大医学部)にすすみました。実年齢だと規則でハネられるのでふたつサバをよんでの入学です。もちろん東大最年少入学のレコードで、このさきずっとやぶられることはないでしょう。そののちもエリートコースをあゆみ、最終的には軍医総監という日本でいちばんエライ医者になりました。おまけに家庭人としても模範的でした。鷗外の親族による思い出の記はたくさんありますが、これがすべて鷗外のことを手放しでほめております。公人としても私人としても完璧だったんですな。
 その鷗外は自分のことを「役者が舞台で役をつとめている」ようなものだと感じていたらしい。「妄想」という小篇にこんなくだりがあります。

 生れてから今日まで、自分は何をしてゐるか。始終何物かに策うたれ駆られてゐるやうに学問といふことに齷齪してゐる。これは自分に或る働きが出来るやうに、自分を為上げるのだと思つてゐる。其目的は幾分か達せられるかも知れない。併し自分のしてゐる事は、役者が舞台へ出て或る役を勤めてゐるに過ぎないやうに感ぜられる。その勤めてゐる役の背後に、別に何物かが存在してゐなくてはならないやうに感ぜられる。策うたれ駆られてばかりゐる為めに、その何物かが醒覚する暇がないやうに感ぜられる。勉強する子供から、勉強する学校生徒、勉強する官吏、勉強する留学生といふのが、皆その役である。赤く黒く塗られてゐる顔をいつか洗つて、一寸舞台から降りて、静かに自分といふものを考へて見たい、背後の何物かの面目を覗いて見たいと思ひ思ひしながら、舞台監督の鞭を背中に受けて、役から役を勤め続けてゐる。此役が即ち生だとは考へられない。背後にある或る物が真の生ではあるまいかと思はれる。併しその或る物は目を醒まさう醒まさうと思ひながら、又してはうとうとして眠つてしまふ。此頃折々切実に感ずる故郷の恋しさなんぞも、浮草が波に揺られて遠い処へ行つて浮いてゐるのに、どうかするとその揺れるのが根に響くやうな感じであるが、これは舞台でしてゐる役の感じではない。併しそんな感じは、一寸頭を挙げるかと思ふと、直ぐに引つ込んでしまふ。

 まわりの期待に完璧にこたえられる人は、「背後にある或る物」を感じつづける人生をおくるものなのかもしれません。
 なお鷗外がまわりの期待とはかかわりなく趣味ではじめたのが文学で、これがまた一流のなかの一流でした。赤司にとってのバスケみたいなものです。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2014_30_07.jpg

 ないわー。これはないわー。これまでコワモテのわりに好感度のあがるようなことをしてきた美作が、いまになってタクミの弟のことを侮辱したうえに調理器具にガムをはきすてました。相手をおこらせることで本気をださせようという魂胆なのかもしれませんが、そのために相手の肉親をあしざまに言うというのはないわー。クズの所業だわー。

hitokoma_2014_30_08.jpg

 ウーブをおこらせることで本気をださせようと、ウーブの両親をあしざまに言う悟空。クズロットの伝説がまた一ページ。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2014_30_09.jpg

 ガチムチ萌えのショタコン……なんという冥府魔道をゆく女……! 冒頭で顔が見きれて登場したユーマ妹も読切りではゲスインだったし、なぜこの漫画は女キャラだけニッチ方向でせめるのか。いや題材が相撲なのもニッチか。

hitokoma_2014_30_10.jpg

 ライバルキャラとかかませ犬とかのオーラは白かったのに主人公のは禍々しいまでにドス黒いものでした。もちろん性格の反映とかではぜんぜんなくて、一度は天下をとりながらもそののち辛酸をなめた努力と執念とのあらわれです。
 ちなみに俺がオーラ描写で印象にのこったのは『黒子のバスケ』の緑間です。バスケ選手の力量をオーラというかたちで見ることのできるアレックスがかませ犬のオーラをなかなかのものだと評したあと、つぎのページの緑間の天井にまでたちのぼる圧倒的なオーラの量にゲラゲラ笑ってしまいました。うん、キセキとその他大勢とではこれくらいの差はあるよねって感じでした。
 ……このオーラ描写がきっかけで、この漫画が相撲漫画からヌモウ漫画になることはありませんよね……?


・『BLEACH』

hitokoma_2014_30_11.jpg

 おまえはなにをやっているんだ一護。剣八のピンチをすくいにカッコよくあらわれたと思ったら、実力をだすそぶりをまったくみせずにアバズレ四人娘をひとりもたおせず、それどころか度しがたいまでの利敵行為をやってしまいました。おまけに剣八そのほかをほったらかしにしてユーハバッハめざして霊王宮へとんぼ返り。おまえホントに主人公かよ。

hitokoma_2014_30_12.jpg

 一護をたすけにヤムチャのむれがやってきました。ただひとりマシな白哉もエスノトとの一戦でだいぶ格をさげたしなあ。ええい、京楽と浮竹はまだか。



黒子のバスケ 27 (ジャンプコミックス)
黒子のバスケ 27 (ジャンプコミックス)藤巻 忠俊

集英社 2014-05-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
黒子のバスケ 26 (ジャンプコミックス) 黒子のバスケ -Replace V- ふぞろいのエースたち (JUMP j BOOKS) 黒子のバスケ 25 (ジャンプコミックス) 黒子のバスケ 24 (ジャンプコミックス) 黒子のバスケ 23 (ジャンプコミックス)




ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第10話 「皇帝(エンペラー)と吊られた男(ハングドマン)その1」 

JOJO_the_Third_10_01.jpg

「インドという国はカレーばかり食べていて、病気にすぐにでもかかりそうなイメージがある」

 ジョセフじいさまのけっこうひどい偏見。
 ちなみに原作だとこんなです。

JOJO_the_Third_10_02.jpg

「インドという国はこじきとか泥棒ばかりいてカレーばかり食べていて、熱病かなんかにすぐにでもかかりそうなイメージがある」

 ジョセフじいさまのメチャクチャひどい偏見。
 そんなこんなで一行はカルカッタへ上陸します。

JOJO_the_Third_10_03.jpg

「ねェ……チップくれよチップ」
「荷物はこぶよ」
「イレズミほらない? きれいね」
「毒けしいらない? おなかこわさないよ」
「ホテル紹介するよ」


 ジョセフの言ったことは偏見でもなんでもないまっとうな認識でした。このシーンをみたとき、荒木先生ヒデェなと思いつつも笑ったものです。なおアニメではこじきとかバクシーシとかハシシ・マリワナとかいったことばがけずられていました。ここらへんが言葉狩り推進者のカンにさわるのですな。

JOJO_the_Third_10_04.jpg

「うえぇ~~~! 牛のウンコをふんずけちまったチクショー」
「ぼくはもうサイフをすられてしまった」


 ニセモノだけではなく本物もまたサイフをすられる花京院。イエローテンパランスのスタンド使い、ここだけはちゃんと役作りしていたようです。ほかのところ全部ダメでしたけどね!

JOJO_the_Third_10_05.jpg

「ね。いい国でしょう。これだからいいんですよ、これが!」

JOJO_the_Third_10_06.jpg

「なかなか気にいった。いい所だぜ」
「マジか承太郎! マジに言ってんの? おまえ」


 アヴドゥルのインド好きは当人の性格からしてふしぎではないけれど承太郎がそれに同調したのは意外千万でした。おまえウットーしい女は大キライなくせに、ウットーしいこじきはキライじゃないのかよと言いたい。ジョセフの疑問に心から同意します。

JOJO_the_Third_10_07.jpg

「ポルナレフ。註文はどうするんじゃ」

JOJO_the_Third_10_08.jpg

「まかせる。とびっきりのをたのむぜ、フランス人の俺の口にあうゴージャスな料理をよ」

JOJO_the_Third_10_09.jpg

「まぁなんでもいいってことですよ、かれの口にあうってことは」

 花京院のポルナレフに対するあつかいがひどい。でも花京院って一行のなかでポルナレフだけ見くだしている部分がありますよね。承太郎そのほかに対しては敬意をいだきこそすれナメたところはまったく見られないのに。これもポルナレフの気がおけない性格のおかげ、なのか?

JOJO_the_Third_10_10.jpg

 ストーリーにはぜんぜん関係ないのにやたらインパクトがあってわすれられないシーンが『ジョジョの奇妙な冒険』には山ほどあります。このインドでのポルナレフのトイレシーンなどはその最たるもので、ポルナレフがトイレからとびだすときのヘンなポーズとか、便器のなかからブタが顔を出すところとか、とにかく強烈。あと、このシーンのおかげでトイレでの災難がポルナレフのイメージだと読者に印象づけられました。
 そしてギャグシーンから一転、第三部でもかつてないほどのシリアスムードへと急転直下で移行します。

JOJO_the_Third_10_11.jpg

 鏡のなかだけに見えるスタンドッ! 状況が把握できるまで何度も鏡と背後とをくりかえし見かえすあいだに敵が容赦なくせまりくるところがホラー映画めいていて実に緊迫感がありました。こういうシーンは漫画のように絵が静止しているよりもアニメのように動きがあるほうが映えます。

JOJO_the_Third_10_12.jpg

「いまのがッ! 今のがスタンドだとしたなら……
 ついに! やつがきたゼッ! 承太郎! おまえがきいた、鏡をつかうという「スタンド使い」が来たッ!
 おれの妹を殺したドブ野郎~~~ッ。
 妹の命を、魂を、尊厳を! すべてをふみにじったドクサレ野郎~~~ッ。
 ついに。ついに会えるぜ!」


JOJO_the_Third_10_13.jpg

 両手とも右手の男の挑発にまんまとひっかかり、承太郎たちとは別行動で仇をさがしだそうとポルナレフははやります。アヴドゥルに頭をひやすよう言われても聞く耳もちません。結局ひとりでとびだしてゆきました。

JOJO_the_Third_10_14.jpg

 一方ホル・ホースは恋愛サギやってました。ズルくてセコいやつなのに、なぜかあまりにくめません。でも相手の娘、貴族とかいっているけれど実はアレでソレなんですよね。たぶんふたりとも、おたがいのことを知らされていなかったんでしょうな。

JOJO_the_Third_10_15.jpg

 ホル・ホースのエンペラー、J・ガイルのハングドマン、ふたりのスタンドのデモンストレーションです。あわれコブラはまっぷたつにされたうえに膾にきりきざまれました。
 ところで俺、はじめてホル・ホースのスタンドを見たとき、はっきり言ってガッカリしました。だってスタンドの名前、エンペラーですよ。皇帝ですよ。チビっ子の心の琴線にビンビンふれる仰々しい肩書ですよ。そのスタンドの能力が拳銃じゃあ、落胆するなってほうがムリです。そのころの少年ジャンプじゃあ(今もそうですけど)拳銃なんてものはザコかかませ犬がつかって主人公にまったくきかないというショボい武器だったのです。

JOJO_the_Third_10_16.jpg

 ポルナレフが承太郎たちと袂をわかってからJ・ガイルらを見つけるまでのオリジナルシーンがこれまたよかった。ポルナレフの孤独さがよくでていたし、雨をふらせることでJ・ガイルがポルナレフの妹の仇であることが一目でわかったし、おまけにこのあとの水たまりの伏線にもなっていました。ほんのみじかいシーンのなかで、これだけつめこめるものなんですね。
 さてポルナレフはようやく妹の仇にめぐりあえたと思ったのもつかのま、J・ガイルはいつのまにか姿をけし、まずはホル・ホースと戦うことになりました。

JOJO_the_Third_10_17.jpg

「「銃は剣よりも強し」ンッン~名言だなこれは」

 知るか。自分でこしらえた格言を名言あつかいしたければ勝手にしろ。そもそも「銃は剣よりも弱し」だ、少年バトル漫画の世界では。

JOJO_the_Third_10_18.jpg

 雰囲気は西部劇の『ぬきな! どっちが素早いか試してみようぜ』というやつなのに、ふたりのやりとりがどこかのん気なのがいい。ホル・ホースのスタンドにはガッカリしたけれど、当人のキャラクターは気にいったので、できれば一行の仲間になってポルナレフと凸凹コンビ……もとい凹凹コンビを結成してほしかった。

JOJO_the_Third_10_19.jpg

「おれの「スタンド」は拳銃(ハジキ)だ。拳銃に剣では勝てねえ」
「なに? おハジキだあ~~?
 ワッハハハハハハハハハハハ――ッ」

「イヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ」
「「ワーッハハハハハハハハハハハハハギャハハ」」


JOJO_the_Third_10_20.jpg

「「てめ――っブッ殺すっ」」

 おいおい、ホルホルくんだけじゃなくてポルポルくんもおこるのか。おこりどころがよくわかりません。でもポルナレフのノリのよさをかんがえればいっしょにおこるのが自然なような気がするのがふしぎです。

JOJO_the_Third_10_21.jpg

 ユーモラスなやりとりからの一瞬の抜撃ち。ポルナレフはチャリオッツに甲冑をぬぎすてさせて弾丸をたたきおとそうとするものの、弾丸もまたスタンドであったためチャリオッツの刃をよけてポルナレフにせまります。絵もいいし声もいいし演出もよかった。何か毎回いってるなコレ。

JOJO_the_Third_10_22.jpg

 ケンカわかれするときにはポルナレフに暴言をはかれたというのにアヴドゥルがホル・ホースの弾丸からポルナレフをかばい、そのためにJ・ガイルのスタンドによってうしろから刺され、もどってきた弾丸をよけられずに額にくらいました。

JOJO_the_Third_10_23.jpg

 あーん! アブ様が死んだ! くすん……ブ男薄命だ……
 まあジャッジメント篇のことを知っているからこんなことを言えるんですけどね。

JOJO_the_Third_10_24.jpg

 ラストのポルナレフの作画と声、実に気合が入っていました。原作未読だったらポルナレフに心から共感できたでしょうに。ああ、ジョジョのアニメをみるときは原作の記憶を全部けしてからみれたらいいのに。



ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.1 (第1話絵コンテ集、ラジオCD付)(初回生産限定版) [Blu-ray]
ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.1 (第1話絵コンテ集、ラジオCD付)(初回生産限定版) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2014-07-30
売り上げランキング : 94

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.2 (イベント応募券、サウンドトラック付)(初回生産限定版) [Blu-ray] ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.3 (承太郎&スタープラチナ3Dマウスパッド付)(初回生産限定版) [Blu-ray] ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.4 (肉の芽型イヤフォン付)(初回生産限定版) [Blu-ray] ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.5 (オリジナルデザインTシャツ付)(初回生産限定版) [Blu-ray] ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.6 (アニメ原画集付)(初回生産限定版) [Blu-ray]




今週のお笑い半島 20140615~20140621 

   サッカーW杯、日韓両国は互いを応援せず…韓国人の38%「日本の対戦国を応援」、日本人の40%「韓国の対戦国を応援」 [06/15]

 そもそも日本人が韓国を応援しなければならない理由がありません。韓国人が日本を応援しなければならない理由がないのとおなじように。十二年まえのワールドカップで日本のマスコミが韓国を応援するよう連呼していたほうが異常なのです。それにくらべたらいまの日本と韓国とはだいぶつりあいのとれた関係だといえましょう。


   人面獣心の親戚・隣人たち…家長の死亡で障害者家族の性・財産をことごとく『蹂躙』(春川) [06/16]

 この記事の見出しをよんだとき、胸糞がわるくなりました。そしてつぎに、これはたぶん韓国人のやったことだろうなと思いました。そのあと、もしかしたら日本人がやったことかも知れないと思いなおしました。一億三千万人もいればいろんな人がいるだろうし、俺の想像を絶するような没義道漢もいないとはかぎらないと暗い気持になりました。
 そして記事をよんでみたら、韓国人のやったことでした。


   「米韓同盟をやめろ」と中国から脅され、フィンランドになりたいと言い出した韓国…板挟みに耐えかね「中立化」探る [06/19]

 アホくさい。フィンランドがまがりなりにも中立化に成功したのはロシヤがヨーロッパへ侵攻する道のわきっぱらを国土としているからです。だからロシヤはフィンランドのことを棚上げしてもそれほど問題はありませんでした。それにくらべて朝鮮半島は日本列島と支那大陸とのちょうどまんなかに位置しています。もし韓国が中立化を宣言したとしても、いざ米支が戦争するとなれば確実に両国軍は朝鮮半島を最初の戦場にするでしょう。大国の意志のまえには小国の中立宣言など魔よけのフダほどの価値もないことくらい、両大戦におけるベルギーの歴史をちょっとでも知っていたらわかりそうなことなのに。
 結局、韓国が朝鮮半島を国土とする以上、アメリカと支那とのどちらかにつくしか生きのこる道はありません。韓国が中立化を宣言するのは、日本が中立化を宣言する以上に自分の首をしめる行為です。


   「東海を死守しよう」…韓国、日・朝の前で独島訓練 [06/21]

 絵にかいたようなチンピラ国家の所業です。




銀の匙 第106話 「四季の巻⑨」 

 この漫画にはめずらしく、ホントめずらしく、カスが出てきました。もしかしたらはじめてのことかもしれません。

Silver_Spoon_106_01.jpg

 団体戦での相手校の選手の沙流川という男がゆさぶりという名目でアキちゃんにちょっかいをかけてきました。オラてめーそんなにちかよるな。あと八軒もっとしっかりガードしろ。いやむしろ攻勢に出ろ。こいつは俺の女だ、くらいのことは言ってのけろ。だれも文句は言わんから。

Silver_Spoon_106_02.jpg

 カ、カスいッ! ひとの趣味にケチをつけるだけでも顰蹙ものなのに、ひとのものを破壊したうえにそれがただしいことだと思いこんでやがります。現実にいそうな方向性のカスです。こんなやつとはおなじへやの空気もすいたくないなあ。

Silver_Spoon_106_03.jpg

 沙流川にいやがらせをうけていると八軒から電話で連絡をうけた西川はダチのために一肌ぬぐことにしました。西川一は男でござる。
 というわけでカスに対する制裁開始。

Silver_Spoon_106_04.jpg

 アキちゃんは大学入学がきまったらとある男のものになるときまっていて、その男は某社の副社長である。……うん、ウソはついていません、ウソは。しかし事情をしらない者がきいたらヤバい雰囲気を感じずにはいられない説明です。

Silver_Spoon_106_05.jpg

 そしておいうち、副社長の父親の写真をみせつけました。これもウソではありません。しかし自分がコナをかけた相手の婚約者の父がこんな顔をしていたら、そりゃもう目のまえがまっ暗になる気分でしょう。コワモテもたまには役にたちます。

Silver_Spoon_106_06.jpg

 さらにダメ押し、自身の中学時代の黒歴史のかずかずを八軒にほりおこされて精神状態はボロボロになり、競技ではミスを連発しました。自業自得だザマをみろ。
 なお八軒が沙流川の黒歴史をしりえたのは西川のおかげです。ということは西川は沙流川の弱みをにぎりながらもいままで報復しなかったんですな。大川先輩へのネチネチしたいやがらせの連続とはおおちがいです。なぜこれほど差があるのか、たぶん大川先輩はダメ人間だからまだマシだけれど沙流川みたいなカスとはそれ以上かかわりあいになるのがイヤだったのでしょう。沙流川がカスなのがわかっていて、なくしてもいいようなDVDやセーブデータをわたしたものとも考えられます。
 いやしかしいい気分です。カスが出てきてもほんの数ページできっちり制裁されたので不快な気持がのこりません。こういうのは先のばしにされると読む気がだんだん失せてくるものです。あと沙流川の高校の選手たちがわざわざあやまりにきたというのもいい。作劇の密度が高い。ひきのばしがひどくて話がうすっぺらな某長期連載の作者に爪のアカを煎じて飲ませたい。



銀の匙 Silver Spoon 11 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 11 (少年サンデーコミックス)荒川 弘

小学館 2014-03-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
銀の匙 Silver Spoon 10 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 8 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 6 (少年サンデーコミックス)




ハヤテのごとく! 第454話 

 “主のため”が、執事の務め。第454話「弟の事」

hayate_454_01.jpg

 !?
 ちょっとまった。いやいや、ちょっとまった。ハヤテにアーたん、ふたりとも何フツーに話をしているんだ。せっかくアーたんが幼体から成体へともどったのだからつもる話もつのる想いもあってしかるべきなのに何フツーに話をしているんだ。おまえらのおたがいに対する気持はそんなものだったのか……?
 いや冷静になれ俺。もしかしたらアーたんはバッテリーぎれでふたたび幼体になっているのかもしれん。いまのアーたんの顔をもういっぺん確認しよう。

hayate_454_02.jpg

 だ、ダメだ……いくら見ても六歳児なのか十六歳バージョンなのかの区別がつかぬ……!
 このままだとどれだけ首をひねっても問題は解決しないから、アーたんが成体にもどってから今回にいたるまでのサンデーを読みかえそう。
 というわけで先週号のサンデーでみつけた一コマがこちら。

hayate_454_03.jpg

 ほかのキャラとくらべるとアーたんだけ背たけも頭身もひくいので幼体であることがわかります。描写はされていないけれど第451話から第452話までのあいだにふたたびちいさくなったのでしょう。
 しかしこのたびのことで戦慄すべきことが判明しました。十年ちかく連載されている漫画で、ものがたりのカギとなる重要なキャラが、六歳のときと十六歳のときとの姿があるのに、その描きわけができていないということです。
 もともと畑先生は絵がうまいほうではないけれど、それでもむかしはここまでひどくはなかった。ヘタはヘタなりにまじめに描いていました。それがだんだん漫画への情熱がうすれ、手をぬくようになり、いまではとうとうこのザマです。むかしはよかった、と年寄めいたくりごとを口にださざるを得ません。
 今回の話の中身? ハヤテのこの十年のこともよく知らないくせにイクサがえらそうなことを言うのが気に食いませんでした、まる。




今週のジャンプ一コマレビュー 2014年29号 

・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2014_29_01.jpg

 麻生先生、連載二周年達成おめでとうございます。けっこうながいこと連載している気がしていたのに、まだ二年だったんですね。しかし二年という歳月をながいと感じなくなったのは俺がトシをとった証拠ですな。
 ところでうえのカラーの見開きって、伝説のクソゲーにしてバグゲー「摩訶摩訶」の戦闘シーンのパロディでしょうか。

hitokoma_2014_29_02.jpg

 斉木ママの家へ里帰りしたときに名前が出てきた斉木の兄の空助が二周年記念巻頭カラー回という実においしいタイミングで初登場しました。斉木の頭の超能力制御装置をつくったということなので若いながらも天才的な科学者なのでしょう。あの好人物だけれど平凡な両親からなぜこんな息子たちがうまれたのか。
 ところで空助があの子煩悩な両親と別居しているのは、すんでいるところが日本と時差があるようなので、ハーバードだかMITだかに飛び級で学んでいるからかと思われます。弟の楠雄にニガテ意識をもたれている理由はわかりませんが、性格がわるいとかいうような読者を不快にさせるものではあってほしくない。そういう漫画ではありませんから。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2014_29_03.jpg

 スッポンの着ぐるみを着ているのはわかるのに、それでも秘書子の股に目がいってしまうのは、男のかなしきサガです。


・『トリコ』

hitokoma_2014_29_04.jpg

 ゼブラのセリフやフルコースのメニューでいくたびか言及されてきたダルマ仙人が出てきました。カッパのメス風呂をのぞいたせいで重態になったそうです。そのまま天にめされていいよ。ブランチそいつにトドメさしていいよ。
 ところで風呂でおもいだしたのですが、湯(ゆ)ということばは、日本語では温水とか熱水とか風呂とか温泉とかいろいろな意味があるのに対し、シナ語では湯(タン)はただスープをさすのみです。だから支那人が日本へ観光にやってきて旅館の風呂場の「男湯」「女湯」と書かれたのれんを見るときまっておどろくそうな。そりゃおどろくでしょう。あちらの感覚では「男汁」「女汁」なのですから。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2014_29_05.jpg

 石上高校のチャラい一年生の沙田は去年の中学横綱、火ノ丸の年代では現時点で最強の男でした。主人公のすぐそばの学校にこれだけの強キャラを配するとは、ハードルをあげたものです。でもそれが正解。ジャンプで早期打切りをまぬかれるためにもペース配分など棚上げして目先に刺激的なエサをぶらさげて読者を食いつかせねばなりません。
 それより石上高校の相撲部員たちがよかった。主将は火ノ丸を見なおしてダチ校をライバルあつかいし、沙田のことも一年生エースとして期待しています。沙田は沙田で実力のおとる主将に対して軽口はたたくもののそれなりに慕っているようです。これこれ、こういうのがいいんです。スポーツ漫画で相手校の選手がイヤなヤツである必要なんてありません。

hitokoma_2014_29_06.jpg

 きたないユーマが改心しました。火ノ丸や石上高校の主将や沙田が本気で日本一をめざしているのを見て自分のちっぽけさを痛感し、どしゃぶりの公園で火ノ丸に足腰がたたなくなるまでなげとばされ、翌日に相撲部の部室をひとりで掃除したうえ今までずっとバカにしてきた部長に頭をさげて相撲部にいれてくれるようたのみました。
 予想どおりの展開だとはいえます。しかしユーマが改心するまでの描写は納得できるものだし、これまでのふるまいに対する最低限のケジメもつけたし、なによりユーマの相撲部いりを許可したのが部長だというのがいい。読んでいて気分がいい。読者の期待どおりの展開です。
 エンターテイメントは読み手の予想を裏切り、期待は裏切らないというのが理想でしょう。しかしどちらを優先すべきかえらべといわれたらもちろん後者です。予想は裏切らず期待も裏切らないというのはつまり王道なのですから。あと原作者が読者の予想を裏切ることしか頭にない『ステルス交境曲』の現状をみれば、読者の期待にこたえることがどれだけ重要なのか、おわかりだと思います。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2014_29_07.jpg

 アフトクラトルのじいさまの黒トリガーは、のばした円の軌道上を刃がはしる能力でした。これでは正面に楯をかまえてもうしろからスパッとやられます。なんという初見殺し。おちついた筋肉でも戦闘不能においこまれるわけです。しかしその敗北のおかげで遊真は相手の能力の見当をつけることができました。『ワールドトリガー』はまちがいなくいまのジャンプでいちばん情報の価値というものが重視されている漫画です。

hitokoma_2014_29_08.jpg

 アフトクラトルは三門市のみならず近隣の衛星すべてに捕虜をえるための精鋭を派遣していました。本国のまもりは完全にカラッポ。危ない橋どころのさわぎではありません。なぜこんなハイリスクハイリターンのバクチをうったのか、葦原先生の手のひらのうえでおどらされているのを承知のうえで気になります。でもこういうの、チビっ子にわかるおもしろさなのかな。それともこういうふうに考えるのは子どもをバカにしたことなのかな。


・『ニセコイ』

hitokoma_2014_29_09.jpg

 アンタにゃムリだ、あきらめろ。
 ゴメンよ小野寺さん、でもホントにそう思ったんだからしかたがない。


・『BLEACH』

hitokoma_2014_29_10.jpg

 おまえはなにを言っているんだ。
 殺しあいのさなかに新技を敵にはなっておいて、むこうが相殺しようとしたらよけろって、おまえはなにを言っているんだ。だったらハナからやるな。
 剣八にかわって一護が戦うようになってからとたんにつまらなくなり、しかも相手のスベタどもがそろいもそろってカスばかりのため、とてもレビューする気がおきません。今回みたいにつまらないとかいうレベルを超越したツッコミどころがなければ。


・『ILLEGAL RARE』

hitokoma_2014_29_11.jpg

 おおお、ウィッグをはずしたマーダック市長、美人さんです。羽衣狐の再来! とまでは言えませんが。しかし漫画キャラって髪型がちがうだけでずいぶん印象がかわりますな。



斉木楠雄のサイ難 8 (ジャンプコミックス)
斉木楠雄のサイ難 8 (ジャンプコミックス)麻生 周一

集英社 2014-04-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
斉木楠雄のサイ難 9 (ジャンプコミックス) 斉木楠雄のサイ難 7 (ジャンプコミックス) 斉木楠雄のサイ難 6 (ジャンプコミックス) 斉木楠雄のサイ難 5 (ジャンプコミックス) 暗殺教室 9 (ジャンプコミックス)




ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第09話 「黄の節制(イエローテンパランス)」 

 みんな大好き花京院のレロレロがあるよ!

JOJO_the_Third_09_01.jpg

 前回までの『ジョジョの奇妙な冒険』ッ!
 われわれの中に裏切者がいる、花京院に気をつけろ、DIOの手下だ、という声をジョセフはスタンド能力でききとりました。ってこの声だれのやねん。DIOの考えをよむことが可能だ、とジョセフがいうからにはDIOの声であるはずなのですが、“われわれ”なんて言ってますし。なお花京院が裏切者だということばの真意はこのあとでわかります。

JOJO_the_Third_09_02.jpg

「アイスクリームちょーだい」
「らっしゃっい。
 おじょうちゃん。アイスクリームもいいが、こいつもうまいよン。
 ひんやり冷えたヤシの実の果汁だ。どうだい?」

「飲んでみるか。3つくれ」


 オー! ノーッ! ヤシの実の果汁のセールストークがばっさりカットされてるじゃねーかッ! 香港じゃあ必要係数コンマ以下のファーストフード紹介がオリジナルで挿入されてたってのによォ――ッ! たぶんイエローテンパランス戦をキリよく一話でおさめるために脚本家が泣く泣くカットしたんでしょうな。俺もちょっと泣きたい。
 そしてここから花京院の奇行がはじまります。

JOJO_the_Third_09_03.jpg

 ヤシの実の代金をはらうために出したサイフをスリにすられ、ハイエロファントグリーンですっころばせたところまではまだ常識的でしたが。

JOJO_the_Third_09_04.jpg

「てめー、おれのサイフを盗めると思ったのかッ。
 このビチグソがァ~~~~~~~っ!」


JOJO_the_Third_09_05.jpg

「ヘドぶち吐きなッ!」

JOJO_the_Third_09_06.jpg

「この、こえだめで生まれたゴキブリのチンボコ野郎のくせに」

JOJO_the_Third_09_07.jpg

「おれのサイフを!
 そのシリの穴フイた指でぎろうなんてよぉ~~~~~~~っ!!」


JOJO_the_Third_09_08.jpg

「こいつはメチャゆるさんよなああああ」

 ひ、ひどい。ひどすぎる。ひどすぎて大笑いだ! クールな二枚目の花京院とはとても思えぬ兇悪な顔、下品なセリフ、豪快な技。荒木先生としては信頼できる仲間キャラの言動を急変させることで読者におそろしさと不気味さとをいだかせようと考えてがんばったのでしょう。がんばりすぎてシリアスな笑いになってしまいました。
 ところで俺むかし、このシーンでスリが『Kanon』の月宮あゆで花京院がたいやき屋のおやじという設定で、バックブリーカーをきめられたスリが血をはきながら「うぐぅうぐぅうぐぅ」と悲鳴をあげるジョジョコラを見たことがあります。五臓六腑がひきしぼられるほどに笑いました。

JOJO_the_Third_09_09.jpg

 花京院の奇行その二。わざわざ承太郎をイラつかせるようなセリフをはき、樹液にたかっていたカブトムシをペロリ。あやしいってレベルじゃねーぞ! あきらかに花京院じゃねー、というか常人じゃねー! 人間なのかどーかすらあやしいよ!

JOJO_the_Third_09_10.jpg

 花京院の奇行その三。ケーブルカーのりばにて、承太郎にはふにあいきわまりないソフトクリームのサクランボを諒解なしにつまみ、あまつさえ承太郎をつきとばしました。あやしさ大爆発。わざと承太郎にうたがわれるようなことをくりかえしております。

JOJO_the_Third_09_11.jpg

「レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ、レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ」

 全国一億三千万のジョジョファンおまちかねのレロレロです。作画もスゴイが声優もスゴイ。ためしに俺もレロレロやってみたけれど、とても花京院のようには舌がまわりませんでした。

JOJO_the_Third_09_12.jpg

 花京院が何かにとりつかれているとにらんだ承太郎はとりあえずブン殴ってケーブルカーにほうりこんだら花京院の顔に規制がはいりました。いいかげんなれっこになってきましたな。

JOJO_the_Third_09_13.jpg

(これは!? 花京院じゃあねえ! ………!?)

 見りゃわかるよ! つーか気づくのおそいよ!

JOJO_the_Third_09_14.jpg

 花京院の身長が自分の195cmよりも高くなっていることにまだ気づかなかった承太郎。うーむ、いつもの承太郎に似ぬうっかりぶりです。いつもは人並はずれた洞察力を発揮してまわりをおどろかせてばかりいるのに。相手を花京院だと思いこんでいたせいで目がくもったのでしょうか。ああ見えて承太郎は情のふかい男ですから。
 さてニセ花京院の正体は、一般人に見えもするしさわれもするスライムのごときスタンドの使い手でした。自在にかたちをかえられるスタンドなので変装にはもってこいです。やりようによったら承太郎を暗殺することも不可能ではなかったろうに、使い手が相手をナメきった性格だったために結果はまっこう勝負になりました。アホですな、自称ハンサム顔ヤロー。しかし天狗になるだけの能力はあります。

JOJO_the_Third_09_15.jpg

 じわじわ食うスタンド、食えば食うほど大きくなる。速攻はムリだけれどいったん食らいついたら絶対にとれないという、理不尽なほどにスペックの高いスタンドです。スタープラチナの拳さえ完全に防禦してしまえますし。
 さて家出少女はパニックになりつつもホテルにいるジョセフに電話をかけてありのまま見たことをつたえました。花京院の顔がバガッとわれたとか花京院が花京院ではなかったとか、スタンドのことを知らない一般人の見たままの説明なので意味不明です。そこへ本物の花京院がジョセフたちの部屋へやってきました。

JOJO_the_Third_09_16.jpg

「ぼくがどうかしたんですか?」
「ん!?
 おまえ、いままでどこに……」

「? ジョジョにおいていかれたので、プールサイドで日光浴を」
「学生服のままで?」
「それが?」
「だいじょうぶ。こいつは本物だ」


 日光浴のときも学生服のままだという理由で本物の花京院だと判断されました。
 ちなみにこのやりとりはアニメオリジナルです。本物の花京院が何をしていたのかという説明にもなるし、ガクセーはガクセーらしくという花京院のキャラクターにもあっているし、なにより笑えてナイスです。おのれ、これじゃあ「つまらんオリジナルをいれるくらいならヤシの実の果汁のセールストークをけずるんじゃねーよ!」とは言えねーじゃねーか! 祝ってやる!

JOJO_the_Third_09_17.jpg

 形勢不利と見た承太郎はケーブルカーから脱出しました。対する相手はイエローテンパランスに弱点はないと豪語し、おまえを追わなくてもいいとヨユーぶっこきます。しかし言うだけあって、承太郎が右の小指にくっついた切れっぱしを焼こうとしたらまわりにとびちるし凍らせようとしたらとがって食いこむしで、およそ有効な策がみつかりません。リアルタイムでジャンプを読んでいたとき、「ホントどうするんだよコレ」って思いましたね。

JOJO_the_Third_09_18.jpg

 イエローテンパランスを凍らせるためのアイスクリームを手に入れるためにのりこんだケーブルカーにはスタンド使いがさきにのりこんでいました。いやおまえさっき追わなくてもいいって言ったばかりだろ。食言すんな。あと中年女にばけてセルフ乳もみすんな。やるならもっと若くて美人の女にばけてからやれ(ぉ
 承太郎はスタンド使いが正体をあらわすやいなや先手必勝で攻撃をしかけるものの、やはり有効打はあたえられません。しかしスタープラチナのスピードさえもしのぎきるとはおそるべし。思うにイエローテンパランスの能力は、第五部にでてきたノトーリアス・B.I.G.のマイナーバージョンみたいなものでしょう。攻撃してくるものには自動追尾し、直接攻撃で敵を喰らう。テンパランスがノトーリアス・B.I.G.よりもおとっているのは攻撃力で、まさっているのは使い手が死ななくてもスタンドが発動できることです。テンパランスべんりすぎ。

JOJO_the_Third_09_19.jpg

「弱点はねーといっとるだろーが、人の話きいてんのかァ。
 この田ゴ作がァ――」


 あるぇー? 田ゴ作ってはっきり言っちゃってるよ。第六話ではチンピラにさしかえられていたのに。放送自粛擁護の基準がわかりません。

JOJO_the_Third_09_20.jpg

 イエローテンパランスに全身にまとわりつかれて絶体絶命の窮地におちいった承太郎、しかしジョースター家に代々つたわる早乙女流奥義敵前大逆走トンズラでもって大逆転をやってのけました。ケーブルカーからとびおりて水のなかへ逃げ、息をすうためにスタンドのガードをひらいたところへ195cmのガタイでのヒジをくらわせました。スタープラチナではなく生身でやったところを見ると、よほど腹にすえかねていたのでしょう。当人も言っているように承太郎はけっこう根にもつタイプです。
 しかしこのシーンをはじめてみたときには感心しましたね。いま見ても感心します。スタンドが無敵ならスタンド使いをたおせばいいという発想がうまくはまり、しかもダークブルームーン戦やストレングス戦のときみたいな御都合主義じみたところがまったくなく、さらに大ピンチからの逆転なのでカタルシスもおおきい。文句のつけようがありません。能力バトルの教科書につかえます。
 ところで話はかわりますが、『ONE PIECE』で覇気の概念がでてきたときに残念がった人々は、たぶんテンパランス戦みたいなバトルを期待できなくなったことをなげいたものと思われます。悪魔の実の能力、特に自然系の無敵にも思える能力をいかにしてルフィたちが攻略するかを楽しみにしていたのに、覇気のせいでゴリ押し勝利での決着が目に見えるようになり、オーマイゴッドな気分というわけです。はじめのころは悪魔の実の能力の弱点をうまくついて戦っていたんですけどね。砂には水、電気にはゴムというふうに。
 え? ゴムは絶縁破壊で焼ききれる? いいんですよ、あのゴムは現実のゴムではなくて漫画ゴムなのですから。現実のダイヤが硬度は十だけれど靱性はよわいのでハンマーでぶったたくと案外もろく砕けるけれど漫画ダイヤはかけ値なしで世界でいちばん硬いのとおなじことです。

JOJO_the_Third_09_21.jpg

 このあと敵のスタンド使いが降参したあと見苦しくも承太郎をふいうちしてかえりうちにあうのですが、オマケみたいなものなのでくわしくは書きません。ポルナレフの仇の両手とも右手の男J・ガイルのことを語らせるのが主な目的でしたし、この二戦目。

JOJO_the_Third_09_22.jpg

 でもやられっぷりが最高にスカッとするのはベネ(良し)

JOJO_the_Third_09_23.jpg

「レロレロレロレロレロレロレロレロ。
 レロレロレロレロレロレロレロレロレロ。
 レロレロレロレロ」




B005U8S84W一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダストクルセイダース~BLACK SIDE~ E賞 トト神ノート 全2種
バンプレスト

by G-Tools




今週のお笑い半島 20140608~20140614 

   韓国報道「アジア人先発の祭りだ!MLBで計37勝 田中9勝、韓国の柳7勝、ダル6勝、台湾のチェン6勝、岩隈4勝、黒田4勝etc」 [06/09]

 こんなときだけアジアでくくるな、日本をふくめるなと言いたい。そもそも柳の七勝といったらじゅうぶんにりっぱで、みみっちくアジア選手という枠でまぜこぜにしなくても何の問題もない数字でしょうに。


   「遠洋漁業大国」のメンツ丸つぶれ [06/11]

>韓国と共に違法操業国に指定される見通しの国はスリランカ、トーゴ、ガーナ、フィジーなどで、いずれも開発途上国だ。これらの国々と同じ扱いを受けてしまえば、世界5大遠洋漁業国としてのプライドにも大きく傷が付く。
 こんなふうにナチュラルに差別発言をしてしまえるのが韓国のおそろしいところです。あまりにおそろしいのでお近づきになりたくない。できれば朝鮮半島をひっかついでベテルギウスあたりに移住してほしい。


   多くの日本人 韓国のことは「よくわからん」と突き放す傾向 [06/12]

 めでたい話です。外国人は外国人であり、歴史も文化もちがえば、ものの考えかたもちがいます。なまはんかな知識でおたがい仲よくなれると思いこんで大ケガするよりは、はじめから距離をたもったほうがりこうです。ましてや支那人や朝鮮人のように日本人への悪意でこりかたまったような人々のことは理解不能だと念頭においておいたほうがいい。


   日本 韓国から嫌われることはそこまで深刻な問題ではない [06/13]

 そのとおり。もし日本と韓国との関係が修復不可能にまでおちいったら、日本にはトクもあればソンもあるでしょう。韓国もまた同様です。しかし日本がわのソンにくらべたら韓国がわのソンはお話にならないほどに巨大です。国防的にも経済的にも、国がたちゆかなくなるレベルです。そういう事実をもうちょっと日本人はひろく知るべし。


   中韓大ショック!日本が“好影響ランク”で圧勝 反日運動が裏目か [06/14]

 いやいや、「よい影響をあたえている」ランキングで日本が五位なのは確実に支那と韓国との運動によるものです。むかしなどは日本が不動の一位だったのに、ここ数年の連中のディスカウントジャパンによって、だいぶわが国の評判がさがりました。あの両国のやることにブレーキをかけねば、そのうち日本の評判は支那や韓国のレベルにまでおちこむことでしょう。




銀の匙 第105話 「四季の巻⑧」 

Silver_Spoon_105_01.jpg

 零細企業「銀の匙」のたったひとつの資産がすくすくと肥っているようです。八軒によれば食えるのは秋か冬とのこと。その時期にはもうこの漫画も大詰をむかえていることでしょう。はやく見たいような、できれば見たくないような。
 それはさておき、豚のベーコンをつかったピザについて、その具は旬のものをえらぼうということでジャガイモとチーズにきまりました。ジャーマンピザです。うん、たしかにドイツ人といったらジャガイモばかり食ってるイメージがあります(ジャーマンピザがホントにドイツ由来なのかどうかは存じませんが)。
 ちなみにドイツでジャガイモの栽培を奨励したのは、かのナポレオンも尊敬したフリードリヒ大王です。悪魔の食いものとよばれて民衆にきらわれたジャガイモを毎日食ってみせたり、領内をめぐってキャンペーンをはったりしたそうです。サツマイモの栽培を奨励した徳川吉宗とか、牛肉や牛乳をすすんでめしあがった明治天皇を連想しますな。

Silver_Spoon_105_02.jpg

 そんなジャガイモも日本人の手にかかればこれこのとおり擬人化されました。ホンマ日本人は業のふかい連中やでぇ。
 さてジャガイモは西川の家のを買うことにきまりました。のこったのはチーズです。で、チーズといえばこの人たち。

Silver_Spoon_105_03.jpg

 一年たって、おたがいさらに遠慮がなくなったように見うけられます。あと五年くらいたったら夫婦になって吉野が大仏先生を尻にしいている光景が目にうかぶようです……あーあ、大仏先生のチーズ置場にかびるんるんが突発的に大繁殖しねーかなー。

Silver_Spoon_105_04.jpg

 もう六月ということでインターハイの時期です。このチビ、もう二年生なんですね。八軒を中心に見ていたので、そういえば下級生も進級するんだよなと何か意表をつかれた気分です。あたりまえのことなのに。
 ちなみにこいつは一年まえとかわらずチビのままだしピュアなままです。八軒なんかエゾノーでの一年でだいぶスレたというのに。学校モノでは、後輩というキャラクターは進級しても年下属性からぬけだすことはないんですね。

Silver_Spoon_105_05.jpg

 もし決勝にすすんだばあい、勝負の明暗は八軒に托されることになりました。勝てるかどうかよりも三年生の副部長が出ることの意義のほうが重要だと判断したのでしょう。大仏先生もたまにはまともに先生やります。



銀の匙 Silver Spoon 11 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 11 (少年サンデーコミックス)荒川 弘

小学館 2014-03-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
銀の匙 Silver Spoon 10 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 8 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 6 (少年サンデーコミックス)




ハヤテのごとく! 第453話 

 その日見た海の勇者を僕達はまだよく知らない。第453話「兄の事」

hayate_453_01.jpg

        / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
      / ―   ― \
     /   (●)  (●)  \ フーン
     |     (__人__)      |
     \   mj |⌒´     /
        〈__ノ
       ノ   ノ


hayate_453_02.jpg

.  / ̄ヽ
  | あ |
. 、| あ |)\
  | そ |  ヽ  /|
  | う .|   .l/ |
  | : /      |
  `∨,、 ∧  ,、/___
  ∧/-∨ ∨-ヽ  /
 l´l|  ≡ / ≡ |、/
 ヽ゛     〉   |'ノ
>`ll   _    /
`\.|\ `'´ /
,---|  `ー-'|_
 ̄  ``- -‐'-'ヽ
_        〉、
  ``丶、__/  ``丶、._
     ●


hayate_453_03.jpg

        \そりゃよかったね♪そりゃよかったね♪/
    l一一一
   ..│   │       ノl_N
   E=三三三コ      ナ. n l       n
  __ノ◎◎ │     _ノ◎.◎│      ノ‐一ζ     λ..λ
 ノ      │   .ノ~     .│   _./◎◎^l    〝レレv.vl
.入      │   入    .. │ γ      │   r-◎◎.│
  `ゝ一く^  l.   ^ゝ一く^  ヽ 入     ..│ .(      l
..._ノ/      ^~゜§^ノ       \_ゝーイ  L_入.  ッイ ヽ_
ζレ       T^~ 7//tt-----シ-ζレ     、_ζノ     __ζ
 .│       〉  ////l│││./p (      │ .│     │
  \     ./  ///./│l.l.l..l..l ノ  入     /  入     ../
   〈   シゝ゛=ー ^-^----^く ^^へ-〈  /-^ト--l...ッY  ....xイ=-ゝ
   と_/>..ノゝ    ..と__/> /    と__/..-イ    と___.ゝ-イ 





今週のジャンプ一コマレビュー 2014年28号 

・『ワールドトリガー』

hitokoma_2014_28_01.jpg

 人気投票結果発表! 栄えある第一位は、なんと三雲修ッッ!
 これは意外でした。たしかに応援したくなるキャラではあるものの、人気投票ではスカッとしてシンプルな魅力のあるキャラがつよいだろうから、いいとこ三位だなと思っていました。

hitokoma_2014_28_02.jpg

 複数票を無効にしての集計だと遊真に逆転されますが、その差はわずか二十八票なので事実上の同着と見ていいでしょう。オサムのがんばりが作中のキャラだけでなく読者にも広汎にみとめられているのがわかってちょっと感動。
 ほかのキャラにも目をむけてみると、複数票ありでつよいのは小南先輩と風間さん。熱心なファンがおおいのでしょう。逆に複数票なしで目立つのがレプリカの八位です。なんでやねん。うーむ、この人気投票は好きなキャラを三人までえらべる形式だったので、
「一位はオサムで二位は小南先輩だろ。三人目? 特にいないんだけどな。めんどくせえ、レプリカでいーや」
という人が意外とおおかったのでしょうか。

hitokoma_2014_28_03.jpg

 千葉県のYさんに投票したの誰だ。

hitokoma_2014_28_04.jpg

 ラストが熱い! ボーダー最強クラスのふたりvs黒トリガーとオマケ! ……エネドラさんにザコよばわりされたりレイジさんのフックを顔面にくらったりと、角つきのうえ新型トリガーももっているくせに今のところいいとこなしですオマケ。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2014_28_05.jpg

 ドネルケバブ! ジョジョ第三部でなぜか敵のスタンド使いが商売していたドネルケバブ!

hitokoma_2014_28_06.jpg

 ジョジョはもちろんそうですが、すぐれたフィクションにでてくる食いものはたいていうまそうに見えるものです(ジブリアニメとかが特に顕著)。
 もっとも刃牙みたいに出てくる食いものが例外なくうまそうなのに漫画の中身はアレなのもありますが。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2014_28_07.jpg

 前回の不満点のフォローがはいりました。さんざん火ノ丸のことをチビだチビだと言っていたのに、いざ組みあってみるとちゃんと評価する出稽古先の主将(でも火ノ丸がチビなのは否定しない)。

hitokoma_2014_28_08.jpg

 そして、「負けたら相撲をやめる」というセリフが相撲や対手をナメて言ったわけではないと言う火ノ丸。
 取組のさなかや勝敗が決したあとにペラペラしゃべるのはどうかと思うし、あとであれこれ言うのなら最初から不言実行すればいいとも思ったけれど、俺が読んでいて引っかかる部分については川田先生がちゃんと自覚したうえで描いていることがわかったのはよかった。連載がつづけば漫画の見せかたもうまくなってゆくでしょうから、そのときは不必要なおしゃべりもなくなるだろうと期待します。あ、取組そのものは火ノ丸が重量級の相手をまっ向勝負でぶん投げて最高にスカッとしました。アクションはやはり文句なし。
 さて今週で三話ぶんがおわりました。そろそろ連載まえの描きためがつきるころです。週間連載というハードワークのなかで魅力的なキャラをポンポンうみだせるかどうかに、この漫画の未来がかかっています。というわけで次回は読切りのゲスインだしてくださいゲスイン。


・『式神トワイライトデイズ』

hitokoma_2014_28_09.jpg

 なんという昭和ッッ!
 三年間ジャンプに連載されていたのにアニメ化されなかった不遇の漫画『PSYЯEN -サイレン-』の岩代俊明先生の読切りです。読後感は、うえにもかいたように昭和でした。わざとやろうとしてもちょっとムリなくらいに時代おくれのダサい漫画です。それはたしかに岩代先生の持味でありオリジナリティではあるものの、ファンをふやせるような武器でないのがサミシイ。
 この漫画が連載に昇格したところで、よくてドベ常連、わるくて二十週打切りかと思われます。ああ、岩代先生の漫画、キライじゃないんだけどな。
 ……
 「キライじゃないけどスキでもねーよ」って人がおおいのがいちばんの問題なんでしょうね。悲しいけれど、メジャー人気とは絶望的なまでに縁のない漫画家です。


・『HUNTER×HUNTER』

hitokoma_2014_28_10.jpg

 ジンvsパリストン! 作中屈指の実力者同士の激突!
 って感じで冨樫先生は描いていらっしゃるのでしょうか。俺はぜんぜんもりあがれません。ジンについてはもったいぶりがひどすぎて、このさきどれだけスゴ味をみせつけられたとしても、白けた印象はぬぐえないでしょう。パリストンのほうは、ヘラヘラしてヨユーぶっこいて本気をださない頭脳派キャラって俺キライなんです。もっと必死になれよと言いたい。怒りでも憎しみでもなんでもいいから感情を顔に出せよと言いたい。
 こんなやつらの対決よりもレオリオのなにげない日常のほうが読みたいくらいです。好感度のひくいキャラが目だつと、読む気がなくなります。



ワールドトリガー 6 (ジャンプコミックス)
ワールドトリガー 6 (ジャンプコミックス)葦原 大介

集英社 2014-06-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ワールドトリガー 5 (ジャンプコミックス) ワールドトリガー 4 (ジャンプコミックス) ワールドトリガー 3 (ジャンプコミックス) ワールドトリガー 2 (ジャンプコミックス) SOUL CATCHER(S) 5 (ジャンプコミックス)




ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第08話 「悪魔(デビル)」 

 今回はポルポル回でした。ポルナレフはすぐれたスタンド使いではあるものの性格的にうかつなところがあるうえにシルバーチャリオッツがあんまり強力なスタンドではないせいでピンチを演出しやすいためか花京院やアヴドゥルよりもバトルが多く出番的に優遇されている感じがあります。あと第三部キャラでは貴重なコメディリリーフでもあるので荒木先生としてもあつかいやすいのでしょう。

JOJO_the_Third_08_01.jpg

 ポルナレフ、自分の荷物をゴミとまちがえられるのこと。シンガポールではゴミをすてると罰金を科せられるという豆知識を荒木先生が描きたかったがゆえのシーンでしょう。こういうときに起用されるのがポルナレフなのでした。よかったね、キャラが立って。
 さて一行は家出少女がシンガポールについてもまだくっついてくることについて鳩首し、とりあえずカネがなさそうなのでホテル代のめんどうをみてやることにしました。

JOJO_the_Third_08_02.jpg

「ポルナレフ、彼女のプライドを傷つけんようつれて来てくれ」
「あいよ」


JOJO_the_Third_08_03.jpg

「おい! 貧乏なんだろ? めぐんでやるからついて来な!」

JOJO_the_Third_08_04.jpg

「……」

 おじいちゃん人選まちがってるよ。そりゃ家出少女もあきれます。
 ポルナレフは陽気でまえむきで友情にあつい男だけれど他人の気持を忖度しない性格なのです(悪気があってのことではないけれど)。恋人とながつづきするタイプではありません。承太郎とはちがう理由で家庭生活をダメにするタイプです。幸か不幸か、結婚はしなかったようですが。

JOJO_the_Third_08_05.jpg

 アニメオリジナルのチェックインシーン。いかにも海外旅行をしているという感じがしてグッドだし、また男連中のなかでポルナレフだけがひとりべやだったわけも説明されていてナイスでした。

JOJO_the_Third_08_06.jpg

 ポルナレフ、香港をでてからロクなめにあわなかったから安全なへやでシャワーでもあびたいと言っていたのに、へやではDIOの刺客がまちかまえていました。

JOJO_the_Third_08_07.jpg

「なぜおれが冷蔵庫の中にいることがわかった?」

JOJO_the_Third_08_08.jpg

「てめー頭脳がまぬけか? 冷蔵庫の中身を全部外に出して……
 かたづけてねーぜ!」


 頭脳がマヌケ。マヌケでじゅうぶん意味が通ずるのにわざわざ頭脳をつけたすのが荒木節です。
 で、バトル開始。

JOJO_the_Third_08_09.jpg

 呪いのデーボがスタンドを見せるやいなや、すかさずポルナレフはチャリオッツで攻撃をしかけてデーボの顔を血みどろにします。はやくも勝負はついたか、と思われたところ。

JOJO_the_Third_08_10.jpg

 わざとみつかってわざとやられた、と謎のことばをのこしてデーボはベランダから転落し、どうやったかは知りませんが姿をかくしてポルナレフの隙をつき、左のくるぶしの肉をそぎおとしました。あきらかに重傷なのにポルナレフはデーボ戦のあと後遺症もなしにピンピンうごきまわります。おいおい。ジョジョのダメージ描写のテキトーさはなれているけれど、さすがにどうかと思うこともたまにはあります。

JOJO_the_Third_08_11.jpg

「ジョースターさんかッ! スタンド使いがおれの部屋に潜んでいた!
 ん? おまえアヴドゥルか? とにかく聞いてくれ!
 不可解なヤツなんだ……強いのか弱いのか……ぶ……不気味だったッ! 逃げられた……くそ、なんてこった」


 電話にでた相手をジョセフだと思いこんでいたのに実はアヴドゥルだったということをポルナレフがさとるセリフは原作にはありません。これはポルナレフが話しかけているのはジョセフのはずなのに電話に出ているのはアヴドゥルという原作の矛盾を解消するためのアニメオリジナルです。なお、なぜ原作で矛盾が発生したのかというと、ちょうどポルナレフが電話をかけたところで一話ぶん終り、次週の話を荒木先生が描いたときに前回のポルナレフのセリフをうっかり忘れてしまったからかと思われます。週間連載って自分の描いた漫画をじっくりよみかえすヒマもないほどにいそがしいものなんですね。

JOJO_the_Third_08_12.jpg

「ああ、なんてこった……
 傷をしばったのは、はいて洗ってないパンツのほうだった……
 チクショー」


 うん、これこれ。ポルナレフはこういう災難がにあうキャラクターです。

JOJO_the_Third_08_13.jpg

 アヴドゥルがデーボの能力についてかたります。知っているのか雷電? あえて相手を挑発して痛めつけさせ、その恨みのパワーでスタンドをあやつるとのことです。ショボっ。スタンドをあやつるのにわざわざ恨みのパワーをもちいなければならないなんてショボっ。
 しかしこれで呪いのデーボがポルナレフをおそったわけがわかりました。承太郎やアヴドゥルが相手では一撃で再起不能にされかねないし、ジョセフや花京院だと冷蔵庫の中身をこれみよがしに外にだしているのを逆にあやしまれて慎重になられるおそれがあるため、バレバレの策にハマってくれるうえに最初は相手をナメて致命傷をおわせないであろうポルナレフが消去法でえらばれたのです。要するにポルナレフが一行のなかでいちばん与しやすいと判断されたわけで、ポルナレフはDIOたちからナメられていることをもうちょっと深刻にうけとめたほうがいい。

JOJO_the_Third_08_14.jpg

 ここからしばらくは『チャイルドプレイ』や『エクソシスト』のノリで話が進行します。へやのカギをとるためにベッドのしたへもぐりこんだところを敵につかれ、コードで手足をしばられたうえにシャンプーで目つぶしをくらってしまいました。

JOJO_the_Third_08_15.jpg

 さらにベッドの足をノコギリで切られつつあるところ、へやをおとずれたボーイが顔を切られて絶命します。原作では異様にえげつないシーンでした。ジョジョは荒木先生がホラーずきのせいでグロいシーンも怖いシーンもてんこもりで、かえってなれてしまう部分もあるのですが、それでも忘れられない場面もあるわけなのです。今回ばかりはアニメの規制に感謝しました。

JOJO_the_Third_08_16.jpg

 デーボのスタンドの正体が人形だと知ったポルナレフはチャリオッツをだして攻撃しようとするものの、相手はベッドのうえにとびあがってポルナレフの死角にまわり、チャリオッツの足をきりさきます。チャリオッツって自前の視覚がないんですね。でも近距離パワー型のスタンドは行動範囲の関係から使い手の視界のもとで戦うのがあたりまえなので視覚がなくても本来なら問題はないのです。どちらかというとスタープラチナの目のよさのほうがズルいと言えます。

JOJO_the_Third_08_17.jpg

 意外とすばしこいうえに間断なく攻撃をしかけてくる相手にポルナレフは苦戦します。いやしかしアニメの動きがいい。呪いのデーボ戦はどちらかというとどうでもいいバトルなのに、ぜんぜん手をぬいていません。声優の演技もすばらしいし、ほめるところばかりです。

JOJO_the_Third_08_18.jpg

 チャリオッツがやみくもに攻撃しても相手にはあたらず、鏡をわって破片をあたりにちらばらせるにとどまりました。いっぽう相手はジュースやら酒やらをあたりにブチまけ、漏電したドライヤーでポルナレフを感電死させることをもくろみます。原作にはない、ひわいなポーズが見どころです(?)

JOJO_the_Third_08_19.jpg

「うらみはらさでおくべきか」

 あ、浦見魔太郎のきめゼリフだ。
 藤子不二雄Ⓐといえば『オバケのQ太郎』や『忍者ハットリくん』といった子どもむけのあかるい漫画を描くイメージがつよいけれど、ホラーものがすきなためか『笑ゥせぇるすまん』や『ブラック商会変奇郎』みたいなブラックな漫画も数多く手がけています。そのなかでもとびきりの怪作にして傑作であるのが『魔太郎がくる!!』です。
 この漫画、毎回毎回アクのつよすぎるクズが出てきては主人公の浦見魔太郎を(こいつがまたいじめられる要素を最高純度で凝縮して手足をはやしたようなキャラ)通報したら即逮捕が確実なくらいに手ひどくいじめ、それに対して魔太郎は「うらみ念法」という超能力をつかい、これまた痛快とか爽快とかいうのをブッちぎりに超越したレベルの復讐をやらかすという、二十一世紀の少年誌にはとても掲載できないようなブラック作品です。もちろん、そのやりすぎなところがおもしろいのですが。
 ちなみに『魔太郎がくる!!』の「ヤドカリ一家」という話を荒木先生は『魔少年ビーティー』の最終話でだいぶパク……ゲフンゲフン! オマージュしています。もっとも一家のっとり話には元祖とよべるものがあるそうですが。

JOJO_the_Third_08_20.jpg

 そして逆転! ポルナレフが鏡をわったのはベッドのしたからでもまわりを見わたせるようにするためだったッ! うん、やっぱり前回のストレングス戦みたいなのよりも、こういうふうに機転をきかせての逆転に説得力があるバトルのほうが、見ていて納得できるし気分もいい。

JOJO_the_Third_08_21.jpg

 まともに戦えばチャリオッツの敵ではなく、あっさりスタンドを切りきざまれてデーボは死にました。
 しかしさっきも言ったけれど、エボニーデビルはホントにショボいスタンドです。さきに攻撃されなければ発動できないうえにスタンド自体の力はよわいときています。長所といえば遠隔操作が可能なことくらいですが、あらゆる面でハイエロファントグリーンにおとると断ぜざるをえません。スペックのひくさでいえば第三部のスタンドのなかでも一二をあらそいます。なぜこんなやつをエンヤ婆は刺客として承太郎一向にさしむけたのか……スタンド攻撃に無力な一般人を暗殺するくらいしか使い道のないスタンドだと思いますよ、このエボニーデビルは。
 さて戦い終って屍体がふたつのこり、ポルナレフは刑務所にしょっぴかれます。そこで訊問する男は、意外や意外。

JOJO_the_Third_08_22.jpg

 ぶ、ブルりん!? 第二部のアニメでは尺のつごうでカットされて杉田をなげかせたブルりんじゃねーかっ! 五十年の時をこえ、アメリカからシンガポールへ国籍をうつし、警察官に職をかえてまでアニメに出ようとするブルりんの行動ッ! ぼくは敬意を表するッ!
 でもジョセフがスピードワゴン財団を通じて手をうったおかげでポルナレフはおっつけ釈放されるようです。あきらめろブルりん、泣く子と金持には勝てぬ。
 で、その金持はDIOの考えをよむためにテレビをつかって念聴をはじめます。

JOJO_the_Third_08_23.jpg

 ああっ、ネコドラくんがオリジナルのキャラに変更されているッ! 版権の問題なのかッ! 『ゴッドファーザー』のヴィト・コルレオーネはそのまんまなのにッ!

JOJO_the_Third_08_24.jpg

「ジョセフ・ジョースター! きさま! 見ているなッ!」



ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.1 (第1話絵コンテ集、ラジオCD付)(初回生産限定版) [Blu-ray]
ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.1 (第1話絵コンテ集、ラジオCD付)(初回生産限定版) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2014-07-30
売り上げランキング : 88

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.2 (オリジナルサウンドトラック付)(初回生産限定版) [Blu-ray] ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.3 (承太郎&スタープラチナ3Dマウスパッド付)(初回生産限定版) [Blu-ray] ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.4 (肉の芽型イヤフォン付)(初回生産限定版) [Blu-ray] ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.6 (アニメ原画集付)(初回生産限定版) [Blu-ray] ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.5 (オリジナルデザインTシャツ付)(初回生産限定版) [Blu-ray]




今週のお笑い半島 20140601~20140607 

   前のめりの北 「誠意示せば何人か帰す」 [06/01]

 極東三馬鹿国家が日本に対して要求する誠意とは、ヤクザの言う誠意とおなじことです。つまりはカネ。そういうあたりまえのことを念頭においたうえで政府は北朝鮮との交渉にあたってもらいたい。


   日本の支援実施を憂慮 韓国、日朝合意めぐり [06/02]

>高官は「北東アジアで最も孤立している国同士の合意」で、過度に影響を気に掛ける必要はないと主張。拉致被害者が生きて日本に送還されなければ解決は難しいとも予想した。
 北東アジア? 日本および極東三馬鹿国家のことですね。またえらく限定的な地域をもちだしたものです。なお日本が孤立しているというのは韓国がナントカのひとつおぼえで言うことばなので気にする必要はありません。北朝鮮が孤立しているというのは真実であるとしても、そのことに関しては韓国や支那もえらそうなことは言えないでしょう。


   休暇中だった本来の船長 過失致死罪で起訴=韓国船沈没 [06/03]

 あいかわらずムチャクチャやるものです。船長や船員が過失致死で罪にとわれるのならわかります。しかし休暇中の人にまで責任ありとするのは理不尽でしょう。国民のガス抜き、スケープゴートとしてえらばれたとしか思えません。まことにご愁傷さまです、こんな国にうまれて。


   日韓関係「悪い」日本87%…過去最悪 [06/06]

>日本では「韓国を信頼できない」が過去最悪の73%(昨年55%)に急増し、韓国では「日本を信頼できない」が83%(同80%)に上った。
 日本人は韓国を信頼できず、韓国人は日本を信頼できない。けっこうなことです。すくなくとも、韓国人が日本に対して強烈な負の感情をいだき、日本人は韓国のことをろくに知らずにむこうの言うことをいちいちごもっともと頭をさげるような、そんな不健全な関係よりはずっといい。




ハヤテのごとく! 第452話 

 絶対に負けられない戦いが、ここにもある。第452話「ハーゲンはストロベリーのやつが好き」

hayate_452_01.jpg

 ハルさんとカユラとが風呂にはいってました。今回のみどころ、以上。あとはナギたちが変則しりとりをしておわりました。
 か、書くことがねぇ……
 ハヤテの兄のイクサがでてきたときには、これでものがたりもすこしはすすむかと甘い期待をしたものですが、ごらんのとおりの牛の歩みです。このぶんだと、これから十年たっても最終回をむかえそうにありません。俺もそろそろこの漫画のレビューのやめどきをかんがえねばならぬ時期にさしかかっているようです。




今週のジャンプ一コマレビュー 2014年27号 

・『トリコ』

hitokoma_2014_27_01.jpg

 ずっとむかしに名前だけでてきたグルメ貴族の正体がこのたびあきらかになりました。かれらはアカシア・一龍・次郎がたばになってもかなわないと言われたほどの強さをもつブルーニトロでした。なるほど、西洋で貴族のことをブルーブラッドとよぶことからつけられた名前ですな。おかげでトリコのフルコースのオードブルのBBコーンの格がはねあがりました。こんな連中がおやつとして食っていたのですから。
 でもグルメ界でも上位存在とおぼしきブルーニトロが、たとえおやつとはいえ捕獲レベル35ごときショボい食材を口にしますかね。グルメ界には八王に匹敵する強さのデビル大蛇がいるらしいから、BBコーンもグルメ界では捕獲レベルがたかくなるんでしょうか。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2014_27_02.jpg

 第二話はスポーツもののテンプレどまんなかのストーリーで、主人公が他校にでむいてあれやこれやする話でした。新人にしては漫画力がず抜けて高いため話がテンプレでもぜんぜん気になりません。でも出稽古さきの相撲部の主将のキャラはちょっと気になりました。火ノ丸のことを下に見たりチビよばわりしたりと、こんなところはテンプレにせんでいいんですよと言いたい。敵役とはいえ、もうちょっと人間味のある性格にしてほしかった。
 あ、でも「すっ……相撲部がモテようとか思ってんじゃねぇ!!」というセリフには人間味を感じました。うん、相撲部じゃあ柔道部以上にモテないだろうね。

hitokoma_2014_27_03.jpg

 えー、負けたら相撲をやめる? やめてくれ。相撲ではなく、そんなことを言うのを。おまえの相撲にかける思いはその程度のものなのかと問いつめたい。相手のみならず相撲そのものをもバカにしているように感じられます。こんなの、読者が期待する火ノ丸のキャラではありません。
 この漫画の最大の長所は主人公潮火ノ丸の好漢ぶりにあると俺は思っているし、ネットの評判をみると俺とおなじ思いの人も多いので、そういう読者の期待を自覚したうえで川田先生には漫画を描いていただきたい。あと火ノ丸のほかのキャラも痛快な相撲バカばかりにして、カスとかクズとか嫌味なヤツとかは極力ださないでほしい。俺、『ワールドトリガー』は最初のころ旧三バカとかチンピラとかが悪目立ちしていただけでイヤになって敬遠していましたし。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2014_27_04.jpg

 アニメ化決定記念センターカラー!
 この漫画はいずれアニメ化するであろうと思っていたので、このたびの知らせにおどろくことはそれほどありませんでしたが、ことのはこびがここまではやいとはさすがに意想外でした。『暗殺教室』や『食戟のソーマ』をおしのけてのスピードです。しかしこれが読者人気とか編集部の期待とかの反映だとは残念ながら思えないんですよね。
 おそらく編集部としては、ポテンシャルはたかいけれど地味で爆発力のとぼしい『ワールドトリガー』を、原作のストックもろくにたまっていない現状であえてアニメ化することで人気をブーストしようという腹づもりがあるのではないでしょうか。『暗殺教室』や『食戟のソーマ』のほうは時期看板候補なのでことをいそぐ必要がないのです。
 悲観的なことを書きましたが、ジャンプ漫画がアニメになるのはひとつの到達点であり、いちファンとしてはよろこばしいことです。アニメが成功し、漫画のほうも人気爆発することをのぞみます。『黒子のバスケ』みたいなのが理想ですね。もちろん脅迫騒動はノーサンキューですが。

hitokoma_2014_27_05.jpg

 アフトクラトル遠征隊の爺さんもまた黒トリガーつかいでした。しかも国宝のひとつという貴重品です。そんな秘蔵の兵器の使い手が遠征隊にくわわっているって不自然じゃないか、と思ったらつぎのコマでレプリカもおなじことを考えていました。ソツがない話はこびです。

hitokoma_2014_27_06.jpg

 け、拳西ったー!
 筋肉キャラの味方が拳で戦っていたので拳西みたいだと思っていたら、やられかたまで拳西でした。悲しいけど、パワータイプがかませ犬になるのはバトル漫画の黄金パターンなのよね。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2014_27_07.jpg

 田所ちゃん負けました。前回のスタンドバトル描写では互角の戦いにみえたものの、結局は地力の差が出たようです。しかしそれは現時点でのことであって、将来的にはまたべつの話です。

hitokoma_2014_27_08.jpg

 実は田所ちゃんのラーメンを食って総帥のふんどしがはだけていた!
 しかし男の下着を脱がすのが潜在能力のアピール描写なのだからスゴイ。


・『HUNTER×HUNTER』

hitokoma_2014_27_09.jpg

 テ、テラデインさん!? ヒソカに殺されたのに休載期間がながかったせいで冨樫先生がうっかりわすれて再登場させたか!? いやメガネはかけているし老けてはいないしで別人なのははっきりしているけれど、ひと目みた瞬間そっくりだと感じたのもまた事実です。正直ちょっとビビりました。
 本篇についてはイマイチという感じです。暗黒大陸のヤバさについての説明は、俺あんまり暗黒大陸に興味をもっていないので、わりとどうでもよかった。十二支んとビヨンドについても、俺どっちもスキでないので、これまたどうでもよかった。
 俺としてはグルメ界もどきの新ステージで大風呂敷をひろげられるよりも、クラピカとかクロロとかの伏線をちゃんと消化してくれるほうがのぞましかった。そもそも冨樫先生はこの漫画の終着点をどこらへんにさだめているのでしょうか。ご自分の寿命がつきるトコ?(失礼)


・『ニセコイ』

hitokoma_2014_27_10.jpg

 ケバい。
 ラブコメものの漫画やアニメでたまにある、女の子の化粧&着飾りイベントだと、作中ではキレイになったようにあつかわれるものの、読者視点ではどういうわけかたいていケバく見えるものです。残念ながら鶫のドレス姿もまた御多分にもれませんでした。マリーがやったのでなくてよかったよかった。



トリコ 30 (ジャンプコミックス)
トリコ 30 (ジャンプコミックス)島袋 光年

集英社 2014-06-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
トリコ 29.5 公式ファンブック (ジャンプコミックス) ONE PIECE 74 (ジャンプコミックス) べるぜバブ 27 (ジャンプコミックス) 七つの大罪(9) (少年マガジンコミックス) トリコ 29 (ジャンプコミックス)




ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第07話 「力(ストレングス)」 

 『ジョジョの奇妙な冒険』が漫画史上にのこる名作であることは論をまちません。しかし何十年も連載している息のながいシリーズであり、なかには案外つまらない話やバトルがあることもまた事実です(とはいえそこらの駄作にくらべれば段ちがいのできばえですが)。
 たとえば前回の対ダークブルームーン戦。バトルそのものはよかったのだけれど、決着に釈然としないものがのこりました。主人公の一発逆転の手段がスターフィンガーという、それまで作中に登場しなかった新技であったため、どことなく御都合主義の後出しジャンケンという印象が否めません。
 そして今回のバトルの決着もまた納得しかねました。あれだけ優勢にことをはこんでいた敵が一発で戦意喪失して敗北するというのは何だかなぁという気分です。荒木先生がまだご自分の創造したスタンドバトルという方法になれていないから、ということでしょうか。はやいとこ対ハングドマン戦みたいな神がかったバトルをアニメで見たい。

JOJO_the_Third_07_01.jpg

 ニセ船長に船を爆破された承太郎たちは水夫たちとともに海を漂流していたところ、運よく貨物船に出くわしました。はじめに承太郎がいぶかったように、船には人っ子ひとりいません。そんななか、家出少女がオランウータンを見つけました。

JOJO_the_Third_07_02.jpg

 なんてつぶらな瞳なんだ……! 原作での不気味さとふてぶてしさとがブチこわしってレベルではありません。なにをかんがえてこんなキャラデザにしたんでしょうか。ちなみに中の人はベテランの山口勝平氏です。なんという声優のムダづかい。だがそれがいい。

JOJO_the_Third_07_03.jpg

 今回はホラーもののノリでストーリーが進行します。だれもいない貨物船、乗っていたのは一匹のサルだけ。そしてクレーンがひとりでにうごいてひとりの水夫をグロさ満点のやりかたで刺し殺しました。しかしモブが悲惨な目にあうのは荒木作品では通常運行のことです。うーむ、ひとがゴミのようだ。

JOJO_the_Third_07_04.jpg

「おいッ! 機械類にはいっさいさわるなッ! 動いたり電気を流すものはいっさいさわるんじゃあないッ!
 命がおしかったらわしの命令に従ってもらおうッ!
 全員いいというまで下の船室内にて動くなッ!」


 ジョセフの指示に水夫たちは不満を見せずにしたがいます。おお、聞きわけがいい。原作だとジョセフに対して悪態をつきまくっていたのに。どうやらアニメでは原作よりもスピードワゴン財団による人選はしっかりしているようです。もっともジョセフの指示にしたがったところで水夫たちは皆殺しにされるんですけどね! しかしだからといってかれらが独自の判断で行動していたとしても全滅をまぬがれえなかったことは確実です。どっちに転んでもダメな事ってあるもんだな……byジャイロ
 さて夕暮どきになり、敵のスタンド使いをさがすためにハイエロファントグリーンで船のすみずみまでしらべた花京院が結果報告します。

JOJO_the_Third_07_05.jpg

「考えられぬ……スミズミまで「法皇の緑」をはわせてみたが、人の気配はどこにもない……
 パイプの中にもあらゆるスキ間にもどこにもない」


JOJO_the_Third_07_06.jpg

「パイプのなかやスキ間に人間がひそんでいると思ってんのか?」

 俺の疑問を勝手に承太郎にかたらせてみました。すみずみまでしらべるのはいいけれどムダな努力はやめておいたほうがいいよ花京院。……いや、サンタナとか、宇宙のハテを知らねーようにそんなうわさ知らねーヤツみたいに、パイプのなかやスキ間にひそめる能力の持主がいるから完全に徒労だとはきめつけられんか。まったくジョジョキャラはヘンなヤツだらけだぜ! フゥハハハーハァー

JOJO_the_Third_07_07.jpg

 水夫たち、全滅ッ! ジョジョ世界のモブの命はワラ半紙よりも軽いッ!

JOJO_the_Third_07_08.jpg

 名作ホラー映画『サイコ』のノリで家出少女に危機がせまります。しかしションベンくせえガキとか承太郎に言われているわりには発育のいいカラダをしとりますな。もっとも荒木絵なのでいっこうに萌えませんが。

JOJO_the_Third_07_09.jpg

 ヒロイン(?)のピンチに颯爽とあらわれるのが主人公のつとめ、ということで承太郎がやってきて色ボケオランウータンの頭を錠前でカチ割ります。なお承太郎が女の子のシャワーをあびているところにやってきたというのにラッキースケベの印象がこれっぽっちもないのは、これまた荒木絵のせいです。
 それはさておき、承太郎はひとりでに飛んできたプロペラに肩をやられ、またプロペラにはじきとばされました。さらに窓ガラスがかってに割れて飛んできたり、オランウータンが船の壁にめりこんで消えていったりと、スタンドが見えないのに奇妙なスタンド攻撃をうけつづけます。
 とここでネタばらし。

JOJO_the_Third_07_10.jpg

 じつはスタンドは最初から見えていて、承太郎たちの乗っている貨物船そのものが巨大なスタンドでした。あまりにも巨大なエネルギーゆえに、スタンド使いではない水夫や女の子にも見えもしさわれもするスタンドなのです。うーむ、スタンドは一般人にはみえないというルールをはやくもやぶってきました。荒木先生はこの手の設定ちゃぶ台がえしを平気でやらかします。それなのに読者が腹をたてないのは、見せかたがうまいからでしょうな。
 なおスタンド使いは、もはや説明の必要はないかと思われますがオランウータンです。こんなエテ公をDIOやエンヤ婆はどうやって手なずけたのか。たぶん問答無用でボコボコにして上下関係をキッチリわきまえさせたうえでいろいろしこんだものと思われます。このオランウータンは不自然なくらい知能が高いので人間のだす命令の内容もわかったのでしょう。

JOJO_the_Third_07_11.jpg

 承太郎一行をスタンドで拘束したエテ公、コミカルな音楽をバックに家出少女にちょっかいをかけようとしたところ、承太郎に学ランのボタンをなげつけられて挑発されます。来いよベネット、銃なんか捨ててかかってこい!

JOJO_the_Third_07_12.jpg

 オランウータンは承太郎の挑発にあっさりのせられて生身でおそいかかり、スタープラチナのはじきとばしたボタンを額にくらって戦意喪失、腹をみせてゆるしをこいますがききいれられずにオラオララッシュでふっとばされました。承太郎の罵詈雑言やら理不尽な逆転やらのせいで、ちょっとカワイソーな気がしないでもなかったけれど、思いかえしてみたらコイツ水夫を皆殺しにしていたんですよね。承太郎の言うように、すでに動物としてのルールの領域をはみ出したわけで、成敗されてもしかたありませんな。
 さて本体がやぶれたのでスタンドである船のほうも無事ではすまず、承太郎たちはふたたびボートにのって漂流するはめになりました。

JOJO_the_Third_07_13.jpg

「ガムかむかい?」



テレビアニメーション ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース スタンドアップガイド (集英社マンガ総集編シリーズ)
テレビアニメーション  ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース スタンドアップガイド (集英社マンガ総集編シリーズ)荒木 飛呂彦

集英社 2014-04-19
売り上げランキング : 21721

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.1 (第1話絵コンテ集、ラジオCD付)(初回生産限定版) [Blu-ray] STAND PROUD (TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」オープニングテーマ) ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.2 (オリジナルサウンドトラック付)(初回生産限定版) [Blu-ray] ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.3 (承太郎&スタープラチナ3Dマウスパッド付)(初回生産限定版) [Blu-ray] ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース O.S.T[Departure]




今週のお笑い半島 20140525~20140531 

   中韓「より緊密に」…中国外相、日本対抗狙う? [05/27]

>韓国は、日本の集団的自衛権行使に警戒感が強く、首相の靖国神社参拝など歴史認識問題をめぐっても日本に反発する。中国は、こうした韓国を習主席の訪韓を機に一層取り込む構えとみられる。
 日本の集団的自衛権や歴史問題に関して極東三馬鹿国家が言うことはすべておなじなので、かえって韓国が支那がわだとはっきりしたほうが日本としてもやりやすくなります。


   中国・王毅外相、「南北の平和統一を望む」「中国は南北関係改善を断固支持し、このために建設的役割を果たしたい」 [05/28]

 支那が南北朝鮮の統一をのぞむ、ねえ。そんなもん北が主導の統一にきまっているでしょう。韓国もアメリカもみとめるはずがありません。それでも支那が南北統一をあとおしするというのなら軍事行動をとらざるをえず、しかし今のところ支那にはそんな力も意慾もないときています。結局、この支那の外相のセリフはなんの価値もない、ただのおしゃべりです。真に受けたらアホを見ます。


   <2014済州フォーラム>「先進国の幻想捨てれば先進国になれる」 [05/29]

 この記事のいうことに半分だけ同意します。韓国人が先進国をめざすのをやめればほんとうの先進国になれる、という結論にはいささか首をかしげるものの、むやみやたらと先進国をめざすのはたしかにやめたほうがいい。でないと、たとえば毎年十月になるたびにノーベル病を発症するような恥さらしは永遠におわらないでしょう。


   カネに身動き取れない金正恩… 「5兆~20兆の対日請求権資金を考慮」(1) [05/30]
   カネに身動き取れない金正恩… 「5兆~20兆の対日請求権資金を考慮」(2) [05/30]

>世界北韓研究センターの安燦一(アン・チャンイル)所長は「高層アパートなど建設に力を入れている金正恩が、50億~200億ドルに達すると予想される対日請求権資金(植民支配賠償金)の確保を念頭に置いている可能性がある」と話した。1965の韓日請求権協定は5億ドルだった。
 そのカネは五十年まえにぜんぶ韓国にわたしています。そのとき日本は北朝鮮に別個にわたそうとしましたが、韓国が「ウリナラこそが朝鮮半島のただひとつの合法政権ニダ! 北に賠償金をわたすというのならウリがやるからこっちによこすニダ!」といったのです。だから北がいまさらカネをよこせというのなら、それは韓国がしはらうのがスジとうものです。


   トムソン・ロイター「ノーベル賞に近い韓国人科学者16人」 [05/31]

 時季はずれのノーベル病。だからこんなの気にしないほうがいいのに。




銀の匙 第104話 「四季の巻⑦」 

 衝撃の展開!

Silver_Spoon_104_01.jpg

 ラストで春をむかえてしまいました。劇中ほんの数ページで一年がたち、次回から八軒たちは三年生に。巻き展開ってレベルではありません。二年目だから一年目ほどにはじっくり描かないだろうとはうすうす察していましたが、まさかここまで駆足でやるとは思いもよりませんでした。最終回がちかいのでしょうか。
 で、さかのぼって本篇。

Silver_Spoon_104_02.jpg

 御影豚、さかさによんだらブタの御影。
 もちろんアキちゃんはブタではないけれど、荒川先生は「やせてたらちゃんと食べてないみたいでかわいそう!」という考えの持主なので、荒川キャラは男も女もたいてい肉づきがしっかりしています。ハヤテキャラは荒川ワールドへいって腹いっぱい食って肉つけてこい。

Silver_Spoon_104_03.jpg

 ほっかいどーはでっかいどー。
 八軒たちが放牧豚生産の研究のための見学にむかったさきはアホみたいに敷地面積のひろい牧場でした。たまたまバイトにきていた稲田先輩に案内されて豚の飼育状況について見てまわります。豚はのびのびストレスなしにそだち、少人数で世話できるので人件費もおさえられるというシステムですが、ひろい土地があってはじめてできることであり、附加価値をたかめるためにエサをおおくあたえたり自社の加工場でソーセージやベーコンをつくって売ったりして、そうおいそれとはマネできないものでした。いまのところカネなしノウハウなし信用なしの三無主義の会社「銀の匙」には縁のない話です。
 農業であろうとなんであろうと、やはり商売は資本の大きさがモノをいうのか……

Silver_Spoon_104_04.jpg

 来年には豚を初出荷できそうな見通しなので、何してくうかと大川先輩にきかれて八軒は、またピザをやりたいと言いました。かつてエゾノー生に人気を博し、八軒が自信をもつきっかけになったものです。赤字が心配な大川先輩に対し、ちゃんと金はとるしばんえい競馬場の敷地内をかりて販売するつもりだしと、八軒はいろいろ考えているもようです。
 そしてエゾノー祭やらなんやらの一年のイベントを走馬灯のように手ばやくすませて冒頭の子ブタ誕生シーンとなりました。さあ、ないないづくしの会社「銀の匙」はちゃんと利益をあげられるか。



銀の匙 Silver Spoon 11 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 11 (少年サンデーコミックス)荒川 弘

小学館 2014-03-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
銀の匙 Silver Spoon 10 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 8 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 6 (少年サンデーコミックス)




ハヤテのごとく! 第451話 

 執事、期待されてます。第451話「カレー大好き」

hayate_451_01.jpg

 カレーが劇的にうまくなるという伝説の調味料の正体はボ○カレーでした。ああそう。
 この手のしょーもないオチは、この漫画にはよくあることであり脱力ギャグといえなくもないので、そんなに気にいらないということもありません。しかしこの手のしょーもないオチをむかえるまでに何話もかけるのはかんべんしてほしい。ああ、海の家対決の勝敗が決するのは何週後のことになるのか。



ハヤテのごとく! 40 (少年サンデーコミックス)
ハヤテのごとく! 40 (少年サンデーコミックス)畑 健二郎

小学館 2014-03-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ハヤテのごとく! 39 (少年サンデーコミックス) ハヤテのごとく! 38 (少年サンデーコミックス) 神のみぞ知るセカイ 25 (少年サンデーコミックス) ハヤテのごとく! 39 キャラ入りスケルトントランプ付き初回限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ) ハヤテのごとく! 37 (少年サンデーコミックス)




今週のジャンプ一コマレビュー 2014年26号 

・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2014_26_01.jpg

 まちにまった新連載です。一年ばかりまえに掲載された読切りをよんで絶賛し、連載に昇格するのをずっとまちのぞんでいたのが、このたびようやく実現しました。いまここに祝杯をあげます。
 さて記念すべき第一話のストーリーは読切りからいくつかの要素をけずって読みやすいものになっていました。主人公のほか、このさきメインを張りそうなキャラは相撲部の先輩と不良の親玉だけしか出てこず。主人公が中学時代の実績ゼロの理由とか、ヒロインの登場とかは二話以降にもちこしでしょう。
 そしてキャラクターはというと、主人公の潮火ノ丸があいかわらず最高にカッコいい男でした。相撲が大好きで、まわりからバカにされてもまったく心ゆらがず、仲間を侮辱されたら絶対にゆるさず、そのことで自分が損をしようと一向に気にしない。いまのジャンプでもっとも好感のもてる主人公です。この快男児が出てくるだけで俺はこの漫画を支持しつづけますね。小池一夫先生がいうように、漫画はキャラクターが第一ですなあ。
 あと相撲部の先輩の小関が読切りよりもいいヤツになっていました。臆病者で相撲部員としては弱いけれど火ノ丸に負けず劣らずの相撲バカで、はじめてできた部員のために身を挺してかばうようなところがあります。ヤンキーのボスは読切りからたいしてかわらず。たぶん相撲部にはいるのでしょうが、そのときにはこれまでやってきた不良行為のケジメをちゃんととってもらいたい。できれば『アイシールド21』のハアハア三兄弟くらいには。
 ストーリーは王道、キャラは最高、絵はうまいし漫画はよみやすい。これはもう絶賛の嵐にちがいないと期待してネットの評判をみてまわしました。そこで目についたものをいくつか列挙します。

「面白いけど長つづきするかどうか」
「ジャンプのメインの読者層にうけるのかよコレ」
「さすがに相撲はマイナーだろ」
「相撲をやめてヌモウにしなければジャンプではやってゆけんよ」


 お、おのれらー! 俺が心の底にしまいこんだ不安をそんなにつつみかくさず言うのはやめろっ! 打切りのおそれがあるのならなおのこと人気が出るようアンケートをおくったりネットで記事を書いたりしてサポートするのがスジであろうに! たとえ世評がどうであろうと俺はこの漫画を支持しつづけるぜ! ただし、つまらなくならないかぎり。
 あと、おまけ。

hitokoma_2014_26_02.jpg

 きたないユーマ。

hitokoma_2014_26_03.jpg

 きれいなユーマ。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2014_26_04.jpg

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれは料理漫画を読んでいたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらいつのまにかスタンドバトルがはじまっていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    パロディだとかオマージュだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


 で、このスタンドバトルをどう感じたかというと、賛否の割合が二対八くらいでした。もちろん否が八。賛の二は絵がうまいことだけです。
 なお念のために言っておくと、ジョジョパロそのものが気にくわないってわけではありません。『太臓もて王サーガ』のジョジョネタは毎回たのしんでいましたし、ほかの漫画やアニメなどでジョジョネタが出てきても不愉快になることはめったにありません。
 このたびの『食戟のソーマ』のスタンドバトルのなにが気にいらなかったのかというと、田所ちゃんと黒木場の一対一の勝負という、チャチャをいれるべきではない場面でパロディをやってしまったところです。こういうのは時と場合をえらんでほしかった。特にジョジョはいまアニメが評判になっているので、ジョジョ人気におんぶに抱っこで読者にさもしくアピールしようとしているのではないのかと、くだらぬ邪推までしてしまいます。田所ちゃんが強い味で黒木場に勝負をしかけてきた展開が意外でよかったからこそ、なおのこと残念でした。

hitokoma_2014_26_05.jpg

 ところでスケ番姿の田所ちゃん、よく出てきますね。よほど読者人気がたかいのでしょう。はい、ひとごとのように言ったけれど俺も大好きです。


・『NARUTO』

hitokoma_2014_26_06.jpg

「お前とオレがやられたら終わりなんだぞ。
 機を待て」


 サクラとカカシ先生のことは眼中になし! まったくサスケはなんてひど……くはありませんな、妥当な判断です。サクラはおとり役すらつとめられず、写輪眼ぬきのカカシ先生になにができるとも思えません。そもそもこのふたり、なんで最終決戦にまででばってるわけ?


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2014_26_07.jpg

 戦闘不能となったランバネインがミラの黒トリガーで回収されました。少数で敵のテリトリーに侵攻するばあい、被害を最小限におさえられる用意をするのが基本です。
 たとえば海賊として有名なヴァイキングは防禦を重視した戦術をこのみました。小高い丘のうえにのぼって地の利をしめ、密集隊形をくんで楯を一列にならべ(これをシールドウォールといいます)、なるたけ犠牲者のでないように戦ったのです。ヴァイキングは吃水のあさい船で川をさかのぼり、すばやい掠奪を常としていたため、戦いとなったら自分たちよりも数の多い敵を相手にするケースがおおかったので、いきおい防禦的な戦術をえらぶようになりました。『ヴィンランド・サガ』に描かれる、いかにもって感じのヴァイキング像は、残念ながら歴史的事実とはだいぶちがうのです。
 ところでミラまで黒トリガーもちとなると、このたびの遠征でアフトクラトルが投入した黒トリガーは最低みっつということになります。ヴィザ翁の余裕綽綽っぷりをみるに、かれもまた黒トリガーもちの可能性がたかい。よっつとなるとアフトクラトルの所有する黒トリガーの三分の一ちかくになり、本国の守りはいいのかよって気分になります。遠征に投入する黒トリガーは多くてもひとりまでってレプリカは言っていたのに。
 ここで考えられるケースはふたつ。

・複数の黒トリガーを投入してもかまわなかった
・複数の黒トリガーを投入せざるをえなかった


 前者のばあい、アフトクラトルが近隣の国と同盟をむすぶか、あるいはのきなみ弱体化させるかして守りをかためる必要がなかったものと考えられます。後者のばあい、逆にまわりの国からの圧力がつよまって国家存亡の危機となり、たとえバクチであっても大量のトリオン器官を手に入れなければならなかったというものでしょう。さて、このふたつのどちらなのか。もしあたっているとすれば、ランバネインらにせっぱつまった感じがないので、おそらく前者かと思われます。そのへんの事情は遊真らが近界へ遠征したときに語られるのでしょう。
 それはけっこうさきのことになるでしょうが、もちろん描かれるまで打切られはしません。アニメ化が決定しましたからね! これからしばらくは掲載順の高低に一喜一憂しなくてすむので安心して読んでいられます。


・『BLEACH』

hitokoma_2014_26_08.jpg

 チェンジおねがいします。
 剣八をたすけにきたのが一護かあ。もちろん主人公としてはまっとうな活躍のしかたではあるものの、一護ほどピンチのときにあらわれて読者に期待と安心とを感じさせない主人公もそうそういないでしょう。尸魂界でルキアをたすけにやってきたときにはすなおにカッコイイと思えたのに。なにがわるいのか……豆腐メンタルがわるい。あいつぐパワーアップイベントのおかげで戦闘力だけはどんどんあがるのに、心の強さはまるでかわらず、いやむしろ弱くなっているフシがあります。
 だから一護にはこれから全勝をとおしていただきたい。もし負けたら、いつものように心を折られてヘタレまっしぐら、おまけに強くなるための修行が描かれるでしょうから、たとえ血湧き肉躍りポイントがゼロのワンパン勝利でも、さっさと話がすすむだけマシなのです。



ワールドトリガー 5 (ジャンプコミックス)
ワールドトリガー 5 (ジャンプコミックス)葦原 大介

集英社 2014-04-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ワールドトリガー 4 (ジャンプコミックス) ワールドトリガー 3 (ジャンプコミックス) ワールドトリガー 2 (ジャンプコミックス) ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックス) ワールドトリガー 6 (ジャンプコミックス)




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ