保険 アリコ Moon of Samurai 2013年06月18日

今週のジャンプ一コマレビュー 2013年29号 

・『トリコ』

hitokoma_2013_29_01.jpg

 連載五周年記念巻頭カラー。
 この漫画がはじまって、もう五年ですか。ジャンプのほかの長期連載漫画にくらべれば密度がこくて展開がスピーディな印象のある『トリコ』ですが、それでももうちょっとで『北斗の拳』よりもながく連載している計算になります。昨今の漫画はいろいろな面で肥大しつつあるのですが、これが恐竜的進化に見えるのは俺だけでしょうか。

hitokoma_2013_29_02.jpg

 カ、カッコわるっ! スタージュンさまが炎の包丁でナイフとフォークを蒸発させられたトリコはタバコに指パッチンで火をつけて余裕こくフリをしました。いや、おなじ火をつけるにしてもレベルがちがいすぎるよ。これはどちらかというとバキシリーズあたりのザコが強キャラにやられる前フリだよ。


・『ONE PIECE』

hitokoma_2013_29_03.jpg

 うん、『ガリヴァー旅行記』です。どこからどう見ても『ガリヴァー旅行記』です。これはきっとガリヴァーがリリパット国の宮殿の火事を小便で消したようにロビンが小人の国の危機をおしっこで救うというフラグにちがいない。ちがいないったらちがいないんです。ガリヴァーが日本をおとずれたように麦わら海賊団がワノ国をおとずれるのはほぼ決定事項ですし。

hitokoma_2013_29_04.jpg

 ついたウソすべてを信じられてしまうような相手はウソップにとって天敵といえるでしょう。ウソをみんなホントにかえなければならないのですから。そして今のウソップにはウソをホントにかえる“力”があるッ! ウソップが小人たちのためにあらわれた伝説のヒーローとなることは必定ッ! 今回くらいはルフィもウソップに出番をゆずってサポートにまわってほしい。シリーズのボスに勝つのはかならずルフィ、というのはもうあきあきです。


・『暗殺教室』

hitokoma_2013_29_05.jpg

 シロの口車にまんまとのせられた寺坂はいいようにつかわれたあげく、プールを爆破してE組の生徒たちを濁流でおしながすという外道作戦の引金をひくハメになりました。暗殺の作戦を立てるのは人まかせにせず、ちゃんと自分で頭をしぼりましょうというお説教が次回か次々回あたりにあるのでしょう。
 ところで十中八九、というか十中十、生徒はひとりも死なないのでしょうが、むしろそのあとのことが気になります。生徒たちの命を危険にさらしたシロを殺せんせーが見のがすとは思えません。ド怒りの激情のおもむくままに殺してくれたらおもしろくなるのですが……この漫画、起承転までは文句なしなのに結だけ残念きわまるケースが多いので、過剰な期待はやめておきます。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2013_29_06.jpg

 え? 六枚目のコイン? 審査員が偶数だったら引分けにおわるばあいもあるだろ……と思ったら五百円玉でした。ヒナコさんマジでフリーダム。惚れます。四宮の地位にも力量にも興味ないのですがヒナコさんにスキンシップできるポジションだけはうらやましゅうございます。

hitokoma_2013_29_07.jpg

 戦い終って壁ドン。このたびの非公式の食戟でソーマはサポートにまわったのだから田所ちゃんが勝てなくても特に傷つく必要はありません。前回のレビューで指摘されたように、あの結末が落しどころとしては一番だったのでしょう。それなのにソーマはこのリアクションです。しかしこれだけ勝利にがっつく主人公というのは、見ていて応援したくなりますね。勝っても負けてもスカしているよりはずっと好感が持てます。


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2013_29_08.jpg

 この醜い女ども(心のことです)のまんなかって、アニメ版『惡の華』のヒロインがモデルですかね。

hitokoma_2013_29_09.jpg

 この推測があたっているかはともかく、どっちもブスですね。あ、心の話です。


・『BLEACH』

hitokoma_2013_29_10.jpg

 テンパリスト一護。こいつがなにか動揺してさけぶとき、いつもこういう顔していますよね。ワンパターンというか、成長しないというか。
 なお斬月のオッサンいわく、自分は斬月ではないとのことです。あんたは市丸ギンか。「すんません。あれ、嘘、言いました」ってか。そのわりには白一護はアンタのことを斬月ってよんでましたよね。一護の内なるユーハバッハと白一護とは本来二人でひとつとか言って合体してましたよね。それなのに白一護はすっかりだまされていたと。オッサン演技派ですね。今度は白一護が「すんません。あれ、嘘、言いました」とか言いだすんでしょうか。

hitokoma_2013_29_11.jpg

 これまで一護はオッサンがおさえきれなかった力で戦ってきたそうです。うわあ、これまでの一護の戦いのすべてが茶番に思えてきたぞう。藍染のピエロっぷりが倍率ドンでひどくなったぞう。
 しかしお手軽なパワーアップですね。最近のジャンプはやはり努力よりも才能と血統が重視されるわけですか。それでもユーハバッハ、霊王と、ふたつの戦いがひかえているのですから、たぶん一護のパワーアップイベントはこのあとすくなくとも二回はあるのでしょう。もう一護は出て来なくていいよ。剣八っつあんが並みいる敵をばったばったと斬りふせてTHE ENDでいいよ。


・『無刀ブラック』

hitokoma_2013_29_12.jpg

 関節をッ!
 関節をはずして腕をのばすッ! その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!

 リーチをのばすために関節をはずすというのは別にいいのですが、槍の柄にじゅうぶんあまりがあるのだから、もっと端っこつかみましょうよ。関節をはずすよりも虎眼流の握りのほうがよっぽど理にかなっていますよ。あと奥義なのにそんなに連発したら大事な大事な流派を侮辱することになりますよ。ジョナサンのズームパンチなんて一発技ですよ。
 ところで主人公が槍使いを殺すと宣言しましたが、当然のことながらほんとうに殺しはしないのでしょう。ナントカ流免許皆伝のだれそれ(名前おぼえてない)を殺しました、これからはただのだれそれとして生きなさい、とか言うのでしょう。もしホントに殺したら俺はこの漫画の第一巻を十冊買います。買った単行本を写真にとってアップします。そのあとすぐに単行本を全部古本屋に持って行きます。


・『ニセコイ』

hitokoma_2013_29_13.jpg

 カス寺さんが今回もかわらずカス寺さんでした。
いや、ホントのところはわかりますよ。カス寺さん、もとい妹寺さんがペンダントの持主が楽であることをみとめたら一切の誤解がとけてしまうから、よんどころなく妹寺さんが気狂いの役をおしつけられているということはわかりますよ。いちばん悪いのが古味先生の作劇能力のひくさにあることは重々承知していますよ。それでもカス寺さんに悪感情をいだくのはやめられません。居眠りキムチ事件をなかなか忘れられないように。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2013_29_14.jpg

ボーダー
 |
 ├―ネイバーは絶対ゆるさないぞ主義(城戸さん派)
 |
 ├―街の平和が一番だよね主義(忍田さん派)
 |
 └―ネイバーにもいいヤツいるからなかよくしようせ主義(玉狛支部)

 トシをくったせいか、複数の派閥がそれぞれの思惑にそって行動し、その影響を良きにつけ悪しきにつけ主人公たちがこうむるという展開が好きです。好きなのですけれど、ジャンプの主要購読者層がどう感じるかはまた別問題でして。来週号はセンターカラーというから、アンケート結果はそれなりに良好だと思っていいんですよね。そう思いたい。



食戟のソーマ 2 (ジャンプコミックス)
食戟のソーマ 2 (ジャンプコミックス)附田 祐斗 佐伯 俊 森崎 友紀

集英社 2013-06-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
食戟のソーマ 1 (ジャンプコミックス) ニセコイ 7 (ジャンプコミックス) めだかボックス 21 (ジャンプコミックス) BLEACH―ブリーチ― 59 (ジャンプコミックス) ニセコイ ウラバナ 1 (JUMP j BOOKS)




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ