保険 アリコ Moon of Samurai 2013年02月

今週のジャンプ一コマレビュー 2013年13号 

・『ONE PIECE』

hitokoma_2013_13_01.jpg

 ドフラミンゴはどこかの国の王サマでした。すごいといえばすごいのですが、王サマであると知れた時点で退位しているので、漫画の描写的な意味でのすごみはまったく感じません。最近のワンピの悪癖のひとつ「口で全部説明しようとする」の亜流っぽい。
 まえにどこかで見たドフラミンゴの子ども姿がルンペンまる出しだったので、おそらく貧乏国の王子としてうまれたドフラミンゴは(非合法的な手段で)国を富ませ、部下の信頼を勝ちとり、国民からも支持されるようになったのでしょう。小物臭のするチンピラのくせに。


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2013_13_02.jpg

 斉木の物質テレポート(というかアポーツ)は、ひきよせようとするものと等価値のものとを交換する能力です。はじめて見たときは使い勝手のメチャわるい力だと思ったものですが、なるほどクーリングオフにはうってつけの能力です。今回のために麻生先生が考えだしたのではと思うほどのハマリぐあい。ドラえもんのひみつ道具もそうですが、特別な力のあっとおどろく利用法を見せられると感心します。


・『トリコ』

hitokoma_2013_13_03.jpg

 ライブベアラー、無惨!
 ニトロの一撃で胴がまっぷたつにされました。のりとテープでくっつきましたが。なおユダはライブベアラーまっぷたつのまえにニトロにぶんなぐられて首の骨が折れて瞳孔がひらきました。世界に五人しかいないスーパーコックの肩書が泣きます。
 というかニトロ、料理人を捕獲するのが任務のハズなのに手加減ゼロで殺しまくっています。美食會の作戦参謀はいったいなにを考えてニトロを投入したのやら。


・『BLEACH』

hitokoma_2013_13_04.jpg

 剣八、ついに刀の声を聞く!
 熱いじゃねえか
と不覚にも思いました。剣八はこれまでのまま卍解をつかわず素の力だけで戦ってくれたのでもよかったのですが、バトル漫画のキャラに定番のパワーアップはやっぱり燃えるので、こうなったらこうなったですなおに今後の展開を期待します。
 ……せったく剣八が習得した卍解をメダリオンであっさりうばわれるようなおバカなことにはなりませんよね?

hitokoma_2013_13_05.jpg

 二枚屋王悦の試験に恋次が合格しました。

hitokoma_2013_13_06.jpg

 そして一護は不合格でした。
 見える……見えるぞ……! このあと恋次がパワーアップして滅却師集団の幹部を圧倒していい気になって、敵方のナンバーツーあたりにボロ負けして、あわや落命かと思われた瞬間、例によって理不尽な強化ずみの一護がつごうよくあらわれてアメリカンコミック・ヒーローのようにジャジャーンと登場して「まってました!」と恋次を間接的にコケにする展開が俺にも見えるぞッ!




今週のお笑い半島 20130217~20130223 

   朝鮮学校生、ミサイル礼賛 120人訪朝し忠誠 「正恩元帥様いらしてこそ」 [02/18]

 うん、補助金をうちきって正解でしたね。本音を言えば国外追放、祖国への強制送還がベストだと思うのですが、それはまあつぎの機会ということで。


   朝鮮学校に横田さん著書支給へ 補助金未執行分で [02/19]

>川崎市の阿部孝夫市長は19日の定例記者会見で、市内の朝鮮学校2校に対する今年度分の補助金のうち未執行の計約300万円で、北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(行方不明時13歳)の父滋さん(80)と母早紀江さん(77)=同市川崎区=の著書などを購入し、現物支給することを明らかにした。北朝鮮の核実験を受けての措置という。
 実に有意義な金のつかいかたです。現金をわたすと何につかわれるか知れたものではないこともふくめて、まことにけっこうな話です。


   韓国の李大統領が退任演説、「わが国は世界の中心になった」 [02/20]

 世界の中心だとウソをさけんだ馬鹿者。


   韓国「非常に遺憾」 政務官派遣に対し [02/22]

 え? 遺憾の意? それだけ?


   「竹島の日」に韓国激怒 政府は警告、市民は断髪で抗議=中国報道 [02/22]
   ソウル駐韓日本大使館前で50代男性が自殺図る~「竹島の日」に抗議(写真) [02/22]

>チョン某氏(55)が大使館前を徘徊し準備してきたカッターナイフで自害を試みた。チョン氏は腕と腹に自傷を負い近隣の病院に移送された。
 散髪やカッターでちょいと自傷しただけで抗議? 安い抗議もあったものです。
 ところで話はかわりますが、俺の好きなエッセイストに辰野隆という人物がいます。本業はフランス文学者で、五十年ほどまえに物故したのですが当時は日本でいちばん人気のある教授だったそうです。
 で、そのひとのエッセイの一節をしもに引用します。

 由来、僕は欧米人の決闘と聞くと、フンと鼻であしらいたくなる。決闘で死ぬのは必ず小説や芝居に限るので、実際問題としては、彼等の決闘は断じて死闘ではなく、一寸血の出るまま事なのである。軽ければかすり疵、重くとも全治一週間か十日ぐらいで、肉体も名誉も至極お手軽に贖い得る遊戯なのだ。剣を把って闘うと云えば如何にも勇ましそうだが、竹光よりもへなへなのなまくらで、それも一定の線上に立ったままで、活人形の出来損ないのような勝負をするものだから、凡そ間の抜けたものである。短銃の撃ち合いにしたところで、百に一発も急所には当らない。それに比べると、日本流の喧嘩の殴り合いの方が遙かに死亡率は高かろう。それでも、決闘者同士は一巡闘えば握手なり、抱擁なりして、互に英雄気取りで別れるのだからいい気なものだ。加之、愈々決闘するまでには、介添人を選んだり、武器を極めたり、場所を定めたり、医者を頼んだりするので一日や二日は過ぎてしまう。そこでいざ決闘という時には、当事者の敵意は頗る希薄になって、お互に軽い怪我ぐらいですませ度い心持でいっぱいなのだから、思い切って闘える筈がない。惜しい命を全うするために、決闘に依って和睦する、というのは、どう考えても日本的ではない。

 さて黄泉の辰野先生、韓国流の抗議を見たら何とおっしゃるか。




銀の匙 特別番外編 後編 

 特別番外編の後編です。メインキャラ三人はみんな逃げてきた人たちで、加害者はそれぞれ地主と薩長と日本人。明治時代の悪役テンプレですね。『鋼の錬金術師』のイシュヴァールみたいなフィクションの存在ならまだしも、現実にあったことをこうも善悪二極化でわりきられるのは、ちと苦手です。全二話で起承転結やるにはものごとを単純化する必要があったのでしょうがね。

Silver_Spoon_ex_02_01.jpg

 地味な女の子がメガネをはずすと美少女に、の逆パターン。やられました。完全に意表をつかれたよチクショウ。
 よし八軒、父親のつぎの誕生日にメガネをプレゼントするんだ。あの処刑人みたいな顔のオヤジがお目々ぱっちりキューティーパパにはやがわりし、緊張気味の家庭環境も一発で緩和されるぞ。





今週のジャンプ一コマレビュー 2013年12号 

・『トリコ』

hitokoma_2013_12_01.jpg

 セツ婆、美食會の精鋭を瞬殺す! ただしイメージです。

 最近の駄作にありがちな不殺の精神の発露によるものかと身がまえたけれど、たぶんトリコの“食わないやつは殺さない”主義とおなじものなのでしょう。最近ぜんぜんお目にかからない主義なのでうっかりわすれてました。

hitokoma_2013_12_02.jpg

 そんなセツ婆が相手をするのは、食わないやつでも平気で殺す千代婆でした。作中屈指の実力者同士の勝負です。しかしバーサンがこんなに強い漫画もそうはないでしょう。……あ、そういえば『ハヤテのごとく!』がありましたね。一子相伝の暗殺拳の伝承者、マリアさんじゅうななさい。

hitokoma_2013_12_03.jpg

 ここでニトロ登場! 美食會も切札を切ってきました。しかしニトロ以上に気になるのは、右端のふりむきポーズの裸でムキムキマッチョでなにか生えてるキャラです。
 なんなんでしょう、こいつの妙な存在感は。


・『暗殺教室』

hitokoma_2013_12_04.jpg

「E組が……殺したかった!!」


 殺せんせーの自称弟・イトナとその保護者との連係プレイに追いつめられる殺せんせーを見ながらの渚きゅんの心の声です。E組としては当然の感想です。これが陳腐な御涙頂戴漫画のように殺せんせーのことを心配したり、あまつさえ殺せんせーをかばってイトナたちの前に立ちはだかったりしていたら『暗殺教室』という作品は全部ぶちこわしになっていました。いろいろものたりないところはあるけれど、絶対にゆずってはならない線はゆずらない漫画です。


・『BLEACH』

hitokoma_2013_12_05.jpg

 おどろきの白さ!




トリコ 23 (ジャンプコミックス)
トリコ 23 (ジャンプコミックス)島袋 光年

集英社 2013-02-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
トリコ 22 (ジャンプコミックス) めだかボックス 19 (ジャンプコミックス) 銀魂―ぎんたま― 48 (ジャンプコミックス) グルメ学園トリコ 3 (ジャンプコミックス) トリコ 21 (ジャンプコミックス)




今週のお笑い半島 20130210~20130216 

   「核実験」の公算大、米専門家 北朝鮮で揺れ [02/12]

>「命令が出れば即座に米国と韓国のかいらい軍を壊滅させ、朝鮮の歴史的統一を成し遂げるため、強力な全面行動を実行し、準備に総力を挙げる」と宣言していた。
 なるほど、命令が出るのは永遠の十年後のことですね。さすが同族、南も北も言ってることはそっくりです。


   「旧正月は韓国のもの!」 英サッカーチームの中国向け挨拶に韓国人が反応、ネットで論争に―中国報道 [02/12]

 朝鮮人に生れなくつて、まあ善かつたと思つた。


   “江南スタイル”は韓国文化の新たな象徴、中国文化の象徴は「古臭い」―韓国報道 [02/14]

>「江南スタイル」はもはや韓国文化の象徴の一つとなっている。しかし中国文化の象徴は「孔子」や「磁器」などにとどまっており、古臭い。中国は伝統を基盤に現代的な文化の象徴を作り上げる必要があるだろう。
 古くさいのではない。歴史がある、というのです。ポッと出のデブのケツふりダンスなぞ、支那の孔子や磁器などと比較することすらおこがましい。馬鹿も休み休み言え。韓国人はいいかげん自分たちの辞書に「失礼」の単語をもうけるべきです。


   竹島上陸「日本右傾化にブレーキかけるため」 韓国の李大統領 [02/15]

 ああそうですか。たぶんほとんどの日本人は信じない言いわけですね。もっともそれが本心だとしたらブレーキをかけるつもりでアクセルをふんだわけだからご自身の無能と判断ミスとを公言しているだけになるんですけどね。




銀の匙 特別番外編 前編 

 今回は特別番外編。小学生のころの八軒が夏休みの宿題に自分の家のルーツをしらべてこいと言われ、母親にきかれたら屯田兵だと答えられました。

Silver_Spoon_ex_01_01.jpg

 うーむ、八軒の顔は母親似かと思っていましたが、どうやらご先祖さまの血もいくらかあらわれているようです。で、そのご先祖さまは雪山で遭難してクマに出くわし、あぶないところをアイヌと日本人の狩人たちにたすけられました。

Silver_Spoon_ex_01_02.jpg

 迷子になったところを巨馬にのった女にたすけられるのは八軒家の男の宿命のようです。なんてイヤな宿命なんだ。
 で、その女のひとの顔なのですが……

Silver_Spoon_ex_01_03.jpg

 八軒パパのあの人相の悪さはご先祖さまゆずりだったんですね、わかります。しかし、よくよく見るとハガレンのイズミ先生が悪人ヅラになったような感じです。もっともイズミ先生もどちらかといえばもとから悪人ヅラなわけでして……おや誰か来たようだ。

Silver_Spoon_ex_01_04.jpg

 はじまりの舞台が北海道で、主人公が脱獄囚で、時代設定が明治……うーむ、安彦良和氏の『王道の狗』を思い出すぜ。しかし安彦氏の年代のクリエイターって多かれ少なかれ左がかっているものですね。明治のころの大アジア主義など夢想家の寝言にしか俺には聞えません。



銀の匙 Silver Spoon 6 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 6 (少年サンデーコミックス)荒川 弘

小学館 2013-01-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
銀の匙 Silver Spoon 5 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 4 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)




ハヤテのごとく! 第395話 

 いきなり“休日”になられても困る。第395話「ヒマじゃねーよ。やる事はなんかこう色々あるんだよ、猫の世話とか」

 ホッペちゃん。
 フルーツの森のホッペちゃんは恥ずかしがり屋。
 恥ずかしい事があるとすぐに真っ赤になっちゃいます。
 ホッペちゃん、ホッペちゃん、僕ホッペちゃんの事がだーいすき♥
 え……?
 いやだリスさん、恥ずかしい……

 ホッペちゃんはすぐに真っ赤々。
 僕もホッペちゃんの事だいすきだよ!
 え? え?
 僕もホッペちゃんだーいすき!!
 ホッペちゃんは森の人気者。みんなホッペちゃんのことがだーいすき。
 だからホッペちゃんはいつも真っ赤々。

hayate_395_01.jpg

 これはそんなホッペちゃんが、宇宙の覇者となるまでの物語である。

 もういいよ。もうこれでいいよ。
ようやくナギとルカとの同人誌対決第二弾がはじまるかと思っていたのに実際にはマリアさんが一日ヒマしてたという心の底からどうでもいいと思える話をやられたのではもはや本編よりも劇中劇のほうが気になるレベルに達してしまったよ。サンデー編集部はさっさと『ハヤテのごとく!』を打切って『宇宙の覇者ホッペちゃん』を連載にすべきだよ。




今週のジャンプ一コマレビュー 2013年11号 

・『ワールドトリガー』

hitokoma_2013_11_00.jpg

 新連載第二弾は『賢い犬リリエンタール』の葦原大介先生の新作でした。世界観は以前の読切り『トリガーキーパー』や『実力派エリート迅』と共通しているようです。
 で、感想なのですが終盤にさしかかるまでずっとイヤな気分がつづきました。不良どもの言動が実に不愉快。こんなのカネ出してまで読みたくねぇよって感じでした。葦原作品のおおきな魅力であるところの“さりげなく善良なモブキャラたち”がいなかったのもマイナスポイントでした。葦原先生は今回きびしめの世界を描くおつもりだそうですが、それで不愉快な描写がおおくなり、結果としてご自身の長所をスポイルするような漫画になるのだとしたら、よせばいいのにと言いたくなります。

hitokoma_2013_11_01.jpg

 でもメガネくんが凡百の漫画にありがちのヒーローにあこがれる語部的キャラではなくボーダーだったのには意表をつかれました。これだけでこの漫画のイヤなところの半分くらいには目をつぶれます。考えてみれば『テニスの王子様』も、礼儀知らずの主人公とか不愉快なばかりのモブキャラとか平気で暴力をふるうスポーツプレイヤーとか、俺の大キライな要素がてんこもりなのに、それらをすべて棚上げして楽しめるのは、短所をはるかに上まわる長所があるからでした。
 光るものがひとつあるだけで作品全体の評価もずいぶんかわるものです。


・『暗殺教室』

hitokoma_2013_11_02.jpg

 殺せんせー、逆上する。
 飄々とした性格のキャラが感情をむきだしにするところを見るとスカッとします。これまで殺せんせーは余裕を見せて舐めプレイの連続で、たまにピンチになっても「これって御都合主義じゃね?」と首をひねりたくなるような展開でたすかるケースが多いように思えたので、今回はナイスでした。殺せんせーの過去の秘密についても語られそうな雰囲気なので次回がたのしみです。
 さすがに今回ばかりは「導入部はおもしろいけど後から見ると竜頭蛇尾」にはならないでしょう。なってたまるか。


・『ONE PIECE』

hitokoma_2013_11_03.jpg

 ……まるで覇王色の覇気のバーゲンセールだな……

hitokoma_2013_11_04.jpg

 青キジ再登場! 赤犬にやぶれたと以前に語られましたが、強者の風格はまったくおとろえていません。ちゃんと強者としての描写を積みかさねた結果です。
 一方、強者の風格があんまり感じられないのがドフラミンゴです。数百万人にひとりというレアな覇気の持主ということですが、覇王色の覇気そのものがモブキャラにしか効目がないので、あんまり強さもありがたみも感じません。今回のドフラの大あばれもザコを相手の弱い者イジメなので、むしろ小物っぷりが強くなりました。
 そしてスモーカー大佐……もうキミはルフィのライバルにはもどれないよ。いくらなんでも負けすぎだよ。パンクハザードではローにもシーザーにもヴェルゴにも負けて今回ドフラにも負けて、もうヤムチャかクロコダインのポジションにおさまるしかないよ。


・『トリコ』

hitokoma_2013_11_05.jpg

 なつかしのベイがキモさMAXでかえってきました。かえってこなくてもいいのに。

hitokoma_2013_11_06.jpg

 ベイにつづいて美食會のなつかしの面々も再登場。グルメ細胞に適合して強くなっての襲来なのでしょう。これで以前のようにGTロボを操縦していたほうが強かったというのでは台なしですが、だとしたらそれはそれでベイやセドルっぽくておいしいとも言えます(ぉ

hitokoma_2013_11_07.jpg

「さぁて……一瞬で終わらせようかの」

 うえのセツ婆のセリフを見て某藍染サマを思いだしたひとは手を上げてください。はーい。


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2013_11_08.jpg

 第三次世界大戦をひきおこさないため斉木にバレンタインのチョコを贈るのをあきらめる照橋さんマジ聖女。



賢い犬リリエンタール 1 (ジャンプコミックス)
賢い犬リリエンタール  1 (ジャンプコミックス)葦原 大介

集英社 2010-02-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
賢い犬リリエンタール 2 (ジャンプコミックス) 賢い犬リリエンタール 3 (ジャンプコミックス) 賢い犬リリエンタール 4 (ジャンプコミックス) 詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックス) 詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 2 (ジャンプコミックス)




今週のお笑い半島 20130203~20130209 

   韓国、日本海と表記された外国地図を一掃…「東海」に統一 [02/04]

>韓国国土海洋省は4日、公共機関による日本海(韓国名・東海)の表記の間違いをなくすため、同省が制作した地図「V WORLD」を各機関に無料で情報提供することを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。
 たかだか海の名前についてここまで偏執狂的な執念を燃やせる国民性にはいっそ感心します。いやもちろんマネするつもりは毛頭ございませんが。しかし韓国の国土海洋省ご謹製の地図なんて韓国人でもつかわないんじゃないでしょうか。あまりにも信頼性がひくすぎるので。


   「領土対策室」即時撤回を=韓国政府が抗議の論評 [02/05]

 寝言は寝てから言ってください。


   韓国の中小輸出企業の93%が円安ウォン高により損失 [02/06]

 損失? ただ単に、ここ数年の異常な円高のおかげで韓国の輸出がはかどっていたのが、もとにもどるだけのことです。もっともこのたびの円安ウォン高は自称先進国の韓国が“自称”の枕ことばを返上する絶好の機会なので、ぜひとも日本のたすけをかりずに自力救済するべきでしょう。ここで助け船をだしては韓国のためにはならないので、日本は日本のことだけをかんがえて進まなくてはなりません。


   ちょっと前までの韓国ってどんなイメージだった? 「隣の国というくらい」「まったく興味がなかった」 [02/08]

>1位:隣の国というくらい 175 (17.5%)
>2位:キムチっていうイメージくらい 132 (13.2%)
>3位:まったく興味がなかった 96 (9.6%)
>4位:韓国という国は知ってたけどただそれだけ 95 (9.5%)
>5位:物をパクってる(まねている)というイメージ 89 (8.9%)
>6位:昔から、今のお前らより遥かに詳しく知ってた* 51 (5.1%)
>7位:ここ数年でパッと出てきたイメージ 38 (3.8%)
>8位:反日* 35 (3.5%)
>9位:存在が曖昧だった 32 (3.2%)
>10位:場所がわからなかった 31 (3.1%)
>11位:小さい頃は名前すらあまり聞かなかった 27 (2.7%)
>12位:中国の存在が大きすぎて台湾、香港、韓国がごちゃごちゃになってた 25 (2.5%)

 だいたいそんな感じでしょうね。もっとも「ちょっと前」ではなく「現時点で」でも、うえのようなアンケート結果がえられるのではないでしょうか。




今週のお笑い半島 20130127~20130202 

   「円安非難は偽善」米経済学者が韓国批判 [01/28]

>「実質実効為替レートで見ると、ウォンは2007年8月以降、19%も下落しており、世界でも最も攻撃的な通貨戦争の戦士だった」とし、韓国が日本の円安政策を非難するのは「偽善」だと批判した。
 韓国には韓国の言いぶんがあるのかも知れませんが、世のなかにはいろんな意見があるということです。というより、まだ日本は実質的になにもしていないのに現時点で制作批判するのは、だいぶ当を失していると言わざるを得ません。文句を言うのはせめて半年後くらいからにしていただきたい。


   朝鮮学校生徒ら120人訪朝 今年も金正恩氏礼賛歌劇に参加へ 校長には勲章、各校が忠誠文 [01/29]

 在日朝鮮人が訪朝するのはいっこうにかまいませんが、欲を言えばそのまま地上の楽園にとどまって二度と日本の土を踏まないでもらいたい。


   「日本人だけ減少、円安ショックだ」訪韓する日本人観光客が大震災以来の低水準 [01/31]

 韓国へ旅行に出かける日本人が激減した理由? そりゃ円安が影響していることは否定しませんが、いちばんの原因はやはり前大統領の天皇陛下侮辱発言に代表される韓国の連綿不断の反日活動がようやく多数の日本人の認識するところになったからでしょう。韓国以外の海外旅行者数がへったわけではないのですから。

   「ロシア技術の羅老(ナロ)号で無駄な10年。国産ロケットの独自開発を続けてたら今ごろ成功してた」 [02/01]

 せっかくロケットの打ちあげに成功したのに、さっそくロシアに対して恩を仇で返す発言をはじめやがりました。地道な積みかさねをきらって目先の結果のみを追う国民性なのだから、国産ロケットの独自開発をつづけていたら十年が百年たっても成功はおぼつかなかったことでしょう。


   韓国のカーオブザイヤーは日本車 [02/02]

>自尊心を傷つける「平手打ち」のようなニュースが韓国自動車業界を見舞った。「韓国カー・オブ・ザ・イヤー」にセダンCamryが選ばれたのだ。
 安い自尊心ですね。「韓国カー・オブ・ザ・イヤー」なんぞにえらばれたところで、聞いたこともないような賞なので、大半の日本人はよろこびもしません。




ハヤテのごとく! 第394話 

 お嬢さまの漫画力を鍛える16ページ!! 第394話「西沢歩 白熱教室」

hayate_394_01.jpg

 いかなる手段も、結果さえよければ必ず正当化される byマキアヴェッリ

 今回の内容は「ナギがやる気を出しました」というだけのものでしたが、同人誌対決でナギに勝たせてルカにハヤテをあきらめさせるため、プロの漫画家を助っ人に呼んでしまうという、なりふりかまわぬ西沢さんのダークなまでの本気っぷりがよかった。この漫画のキャラはどうも、ここぞというときにブレーキをふんでしまうケースが多いので、このたびの西沢さんみたいにアクセルをふんでくれると応援したくなります。
 もっとも今回いちばん応援したいのはゆくえをくらました足橋先生をさがさなければならない編集者ですけど。がんばれ、原稿をおとさせるな。



ハヤテのごとく! 35 アニメ原案コンテ集付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
ハヤテのごとく! 35 アニメ原案コンテ集付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)畑 健二郎

小学館 2013-01-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
絶対可憐チルドレン 33 (少年サンデーコミックス) ハヤテのごとく! 34 日めくりカレンダー付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ) ハヤテのごとく! 36 (少年サンデーコミックス) ハヤテのごとく! 33 (少年サンデーコミックス) 生徒会の一存 8 (ドラゴンコミックスエイジ)




ハヤテのごとく! 第393話 

 ありがたいけど迷惑な第393話。「オカンの攻撃のタイミングは絶妙」

hayate_393_01.jpg

 不退転の決意でもってルカとの同人誌対決にいどもうとするナギでしたが、自分の根本的な実力不足をあらためて思いしり、ちょっとばかりイエスタデイワンスモアの気分にひたるのでした。覆水盆に返らず、後悔先に立たず。それでもナギはめずらしくゲームそのほかに逃避することなく原稿にとりくみます。

hayate_393_02.jpg

 そこへあらわれたのはナギのオカン、マリアさんじゅうななさい。せっかくやる気を出したナギのところへやってきてアイスを食べるかきいてきたり、ナギのそばでアイロンがけをはじめたりします。サブタイトルどおり、ありがたいけど迷惑な、絶妙のタイミングの攻撃です。これだからおばはんは。

hayate_393_03.jpg

 ヒナギクもナギにアイスを食べるかきいていますがおばはんではないのでなんの問題もございません。

 ところでナギはいったいどこで漫画を描いているのでしょうか。居間?

hayate_393_04.jpg

 ハルさんから手渡されたルカの失敗原稿の絵は以前よりも格段にレベルアップしていました。もともと才能があったのにくわえて血ヘドはくまで努力した結果がこれだとのことです。
 血ヘド吐くまで、というのは比喩表現でなくてホントに吐血していました。そのわりに漫画を描くのに努力していたというよりはハヤテへの恋にうつつをぬかしていたというほうが適切だと思えるのは、まあ畑先生の描きかたに問題があるのでしょう。

hayate_393_05.jpg

 弱気になったナギのところへ西沢さんがやってきて山ごもりをしようと言いだしました。なるほどナギが漫画の練習をしているうちに里心がつき、自分をおしとどめるために眉を片方だけ剃りおとし、そのあとで自分の顔を見て「バカの顔だっ!!」と呵呵大笑するのですね、わかります。梶原一騎のリバイバルブーム来ないかなー。



ハヤテのごとく! 35 アニメ原案コンテ集付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
ハヤテのごとく! 35 アニメ原案コンテ集付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)畑 健二郎

小学館 2013-01-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
絶対可憐チルドレン 33 (少年サンデーコミックス) ハヤテのごとく! 34 日めくりカレンダー付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ) とある魔術の禁書目録(11) (ガンガンコミックス) ハヤテのごとく! 33 (少年サンデーコミックス) 生徒会の一存 8 (ドラゴンコミックスエイジ)




今週のジャンプ一コマレビュー 2013年10号 

・『恋するエジソン』

hitokoma_2013_10_01.jpg

 渡邊築先生の去年の読切りが連載に昇格してジャンプにかえってきました。それはいいのですが、俺この漫画の読切り版の内容をまったくおぼえていません。渡邉先生の前連載『メルヘン王子グリム』についてもおなじです。たぶんこのたびの新連載もすぐに読まなくなるのでしょう。
 今回のギャグでは第一ページの「エジソンのネジが頭のなかにはいっているのでヒロインに発明の才能がある」という設定が『HUNGRY JOKER』とシンクロニシティをおこしているのだけが笑えました。
 あ、そういえばハンジョーも読まなくなってるな俺。


・『NARUTO』

hitokoma_2013_10_02.jpg

 物故した歴代火影が穢土転生でそろい踏み。壮観です。ナルトたちの戦いのレベルはすでに怪獣大決戦の域に到達しているけれど、それでも火影たちの貫禄はおちていません。四人がこのまま最終決戦に参加しておおいに活躍するのを見てみたいような、『機動戦士Zガンダム』のアムロのポジションで我慢してほしいような。
 しかしこの四人のとなりに綱手がいるところを想像するとものすごく場ちがいな感じがしてなりません。あれでも火影で、三忍のひとりなのに、どうしてあんなにダメなんでしょう。


・『ONE PIECE』

hitokoma_2013_10_03.jpg

 ドフラミンゴの格が順調に下落中です。登場以来ずっと安っぽいチンピラみたいだったのがパンクハザード編で株価を急上昇させ、そしてまたチンピラに逆もどりしようとしています。格の乱高下がはげしい。
 七武海といっても四皇を単独で敵にまわすのは分がわるいという意見もあるでしょうが、ゲッコーモリアなんてカイドウにやぶれても復讐する気マンマンでしたし。そういえばモリアさん、今ごろどこで何やってるんでしょう。これでドフラが七武海をやめてフリーになったあと、モリアさんがドフラにリベンジマッチをしかけるとなったら燃えるのですが。


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2013_10_04.jpg

 はなやみっ……! CV:緒方恵美

 主人公が女体化しましたが、俺はレイ派ではなくアスカ派なので新しい性癖に目ざめることはありませんでした。というより今回は斉木楠子よりも松崎先生のほうがステキです。まさに聖者。照橋さんの聖女ぶりとは別ベクトルの聖者です。この漫画の登場人物、ホント善人が多い。


・『BLEACH』

hitokoma_2013_10_05.jpg

 少年のころの剣八は当時の卯ノ花さんよりも強かった! おそらく何年もあたためてきたであろう卯ノ花さんの強キャラ設定をなんのためらいもなく剣八っつぁんの踏台にしてしまえる久保先生の気前のよさに乾杯。
 ところでこの流れだと剣八は卍解を習得せずにおわりそうですが、相手が卍解をうばう能力者なので、それはそれでいいのかもしれません。それよりも剣八に斬術をまなばせるって話はどうなったんでしょ。卯ノ花さんに勝って自分の本来の力をとりもどしたあとみっちりやるのでしょうか。


・『トリコ』

hitokoma_2013_10_06.jpg

 あいかわらずあやしすぎる光才老。そしてかれのうしろをつける栗坊。光才老があまりにあやしいものだから一周まわって裏切者の可能性が激減しました。むしろ栗坊のほうがうさんくささをかもしだしているように思えてしまいます。美食會に内通しているのは光才老か、栗坊か、はたまた第三者か。

hitokoma_2013_10_07.jpg

 マスクをくだかれ血ヘドをはいてゾクゾクするスタージュンさま。しかし今のところはトリコに一方的にボコられてやっただけです。それでゾクゾクするって、もしかしてスタージュンさまマゾですか?


・『烈!!! 伊達先パイ』


hitokoma_2013_10_08.jpg

 おわりました。一話目からただよう打切り臭をついに払拭することができませんでした。不愉快なところがなくて安心して読める漫画だったので残念です。妥当な結果であることはわかるのですが残念です。
 ともあれ近藤先生おつかれさまでした。次回作に期待します。



トリコ 23 (ジャンプコミックス)
トリコ 23 (ジャンプコミックス)島袋 光年

集英社 2013-02-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ONE PIECE 69 (ジャンプコミックス)
めだかボックス 19 (ジャンプコミックス)
BLEACH 58 (BLEACH―ブリーチ―)
暗殺教室 3 (ジャンプコミックス)
SKET DANCE 29 (ジャンプコミックス)




今週のジャンプ一コマレビュー 2013年09号 

・『トリコ』

hitokoma_2013_09_01.jpg

「? 何じゃ? ……」

 それはこっちのセリフだよセツ婆!
 しかしザウスシェフ、これまでさんざん大物風を吹かせておいてホントにこれで死んでたらコルド大王にまさるともおとらぬ見かけ倒しキャラです。それはそれでおいしいのですが実際には焼死体と見えたものはニセモノで、本物はどこかで暗躍中ということなのでしょう。それがトリコたちのサポートになることなのか、はたまた美食會に寝返っての破壊工作なのかはまだわかりません。

hitokoma_2013_09_02.jpg

 どさくさまぎれに寝取り発言をかますサニー。こりゃ三十万本の触覚をつかって小松に触手プレイする同人誌が出るでぇ。


・『ONE PIECE』

hitokoma_2013_09_03.jpg

 四皇全員ぶっとばし宣言。最初がシャンクスでなければいいと言っていますが、いずれたおすつもりなのです。特に気負うでもなく底抜けにデカいことを言ってのけるのはルフィの器の大きさの表れであり長所のひとつです。あとはもうちょっと頭がよければいいのに


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2013_09_04.jpg

 このコピペを思い出しました。
 作中ずっと性格のわるさを描写された猫が最後のほうで斉木家にあらわれ、すわ鬱陶しいけれどどこか憎めない的マスコットキャラのポジションにおさまるのかと身がまえたのですが、オチで溜飲がさがりました。


・『黒子のバスケ』

hitokoma_2013_09_05.jpg

「これはオレ達の戦い(ドラマ)だ。
 筋書きはオレ達が決める」


 こいつはくせえッー! バスケのコートを演劇の舞台と勘違いしてるにおいがプンプンするぜッ――ッ!!


hitokoma_2013_09_06.jpg

 と思ったらチームのみんなにつっこまれました。しかたがないよね、ホントにくさいんだもん! しかし火神じゃないけど黒子テメーが言うな。ここぞというときにはかならずクサイこと言うくせに。はずかしいセリフ禁止。


・『暗殺教室』

hitokoma_2013_09_07.jpg

 /  /  \  /  \  \    < 
   /    /`  ヘ   ∧ ,' ハ.   .< 
  ./    /i ム/∧.',    ',/   i    .< けけけけしからん!
  /     /.l/    ',.ト     i  ,'l   < 
 ,'     ,'      iノ ',    l / l   .< タッチパネルで
 i    /\ \ili/ . ∧.   l/ !   < 『どきどき魔女神判!』もどきを
     ,'/¨\ } i /‐、V   i ,'   .< プレイしようというのだな!
    ハ O ) ソ O ソV  l/    .< 
 .  V `ニフ l.i l トヽ-"  ',   l     < これは先生が没収する!
 l.  V  U  r l 、 `¨ u i.  l      < はやくよこしなさい!
 l.  ,'iヽ   ,.、_ヽ_,.'"_,.、  /l. .l\   < 
 .! ,' l ', |>、_  ̄ _,ノ!  ,' l. !  \  < 
 .l i ', i l:::::::: ̄:::::::l   i /l l.    _∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
  i l  ヘ  l:::::::::::::::::::l   / l !   _/,.-‐ヽ
  ',.l   ',  L_:::::::__」 / ./ l .l f´,.-〈    \
  ',!   ',└     ‐" ./  .! i  X  \    ヽ
      ハ.        / ./lノ /  \  ヽ   l
       ',        /'"  /¨\  ヽ    ,.-/
       \    /    ヽ   ヽ   ,.-' ./
         `¨´      ',ヽ   , "   /



・『ニセコイ』

hitokoma_2013_09_08.jpg

 小野寺さん堂々の一位おめでとう。二位のキャラは……えーと、ほら、見てくれだけはいいし、出番も多いから自然と票があつまったのでしょう。この漫画、一年以上も連載しているわりに話をまわすのはホンの数人のキャラですから。ストーリーなんてあってないような漫画なんだし、もうちょっとサブキャラにスポットライトがあたってもいいと思うんですよ。
 ……いや別にマリーをサブキャラとみとめての発言ではアリマセンヨ?


・『クロガネ』

hitokoma_2013_09_09.jpg

「仕組みは『面切り落とし面』に似ている。
 ――が……
 “面切り落とし面”が振り下ろす時に相手の竹刀を払うのに対し、現身はそのはるか前……振りかぶる時に既に竹刀を退けている……!!」


 人それをすりあげ面という。

 剣道では基本に属する技を、相手が面を打ってきたときにしかつかえない技を、しかも作中最強クラスとはいえ高校生に見切られるような技を、死んでからも百五十年以上ずっと手をくわえつづけた幽霊女……無駄な努力、ごくろうさま。『HUNTER×HUNTER』の無限四刀流のひとのほうがずっと有意義な時間をすごしていたように思えます。
 なお前回に予想したとおり『クロガネ』は今週号のジャンプをもって打切られました。言いたいことは前回のレビューで言っておいたので特につけくわえることはありません。




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ