保険 アリコ Moon of Samurai 2011年08月06日

ぬらりひょんの孫~千年魔京~ 第05話 「今へと繋ぐ」 

 過去編の後編。羽衣狐とぬらりひょんの四百年にわたる因縁の発端が描かれました。全体のクオリティはそれほどひくいわけではなかったけれど、バトルのテンポがはやすぎてタメが足りませんでした。これを見ると過去編は三話ほしかったといううらみがのこります。原作だと百ページちかくありますし。でも第二期が二クールしかないから尺の計算で切りつめなくてはならないわけであり、結論として第一期が一クールで第二期が三クールだったらちょうどよかったということなのです。

anime_nura_2nd_05_01

 髪長姫はまともな顔見せすらできずに羽衣狐に肝を吸われてお亡くなりになりました。未来予知姫も羽衣狐の手にかかったのですけれど、珱姫と苔姫とは総大将が間にあったので命拾いしました。この作品ではロリ入っていると生きのびられる確率が50%くらい増加します。狂骨の娘も死ななかったし。

anime_nura_2nd_05_02

 時の流れは残酷であることを身をもっておしえてくれる連中。総大将も狒々も四百年前は水もしたたるいい男だったのです。一ツ目は外見ではなく内面が老いさらばえました。昔はこんなにカッコよかったのに……

anime_nura_2nd_05_03

 全体的に尺の足りないなか、あえて挿入したオリジナル部分は苔姫と一ツ目の初顔合せでした。スタッフはわかっていらっしゃる。

anime_nura_2nd_05_04

 総大将は珱姫にいいとこ見せようと羽衣狐にまっこうからぶつかっていってコテンパンにのされ、死にかけになってようやく鏡花水月を発動させました。そうか、原作でリクオが人前で妖怪の姿をあらわしたのはカナちゃんにいいとこ見せようとしたからなのか……んなわけあるか!

anime_nura_2nd_05_05

 天才陰陽師・花開院秀元の力をかりて総大将は羽衣狐をまっこう幹竹割に。こうして総大将は魑魅魍魎の主となったのですが、羽衣狐に肝(というか心臓)を食われて寿命がちぢまり、さらに死にぎわの羽衣狐に種なしの呪いをかけられます。でも相手が人間だとノーカンというザルな呪いだったおかげで鯉伴やリクオがうまれましたとさ。




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ