保険 アリコ Moon of Samurai シグルイ

シグルイ 第45景「赤縄」 

 牛鬼モード開眼中の牛股師範。おかげで仇討ち場はそれこそ斗貴子さんが感極まって虎眼流に弟子入りを申し込みそうなくらいの勢いで臓物(ハラワタ)がブチ撒かれ放題。カラーで描かれていたら三日はトマトと肉料理が喉を通らなかったことでしょう。
 フィジカル面では実害の無かったギャラリーも精神的には大ダメージを追っています。盲目の賎機検校でさえ恐怖にプルプル震え、女性のいくはたまらずその場で嘔吐。ライバルの藤木に辛勝した伊良子はヘタレなので冷や汗を流しながら推移を見守っています。掛川藩の宿将・孕石家老はさすがに取り乱したりはしませんが青二才のドラ息子は覚悟完了を済ませていないのでいくと同様に胃のものを戻しながら父親に訊ねます。齡十三にして下女三人を孕ませた色男が台無し。

sigurui_45_01

 分類学の始祖リンネだって牛股師範をホモサピエンスの範疇に属するものと分類するには躊躇するものと思われます。純粋な感情論から言えば全力で願い下げですけど。
 そして話は唐突に回想シーンへと突入します。慶長の春、三河ではまだ前髪を残したあどけない少年剣士が桜の木の下で少女と逢引していました。

sigurui_45_02

 この桜はきっと、その木の下で告白とかすると恋が実る的な伝説があるというタイプの木なのでしょう。もちろん何からもインスパイアされていない、オリジナリティーあふれる設定です。
 ちなみに少年剣士の正体はご想像の通り、幼い頃の牛股師範です。対する少女は、お互い口にこそ出さないものの将来を誓い合った間柄でした。

sigurui_45_03

 権三郎くん、美少年ではないものの険のない穏やかな顔立ちをしています。あの狂気を秘めた極大インパクトの笑顔は後天的に得たもののようです。一方、ふくという名の少女は原作小説での牛股師範の細君なのでしょう。コミックしか目を通していない読者の疑問の一つに「なぜ虎眼先生は牛股師範を跡目にしなかったのか?」というものがありましたが、実をいうと彼は妻帯者だったのです。年齢もすでに三十代半ばですし、釣り合いが取れなかったせいで後進の藤木たちにお鉢が回ってきたというのが小説版の設定でした。
 ともあれ権三郎がふくにしばらくの別れを告げたのは、その超人的な怪力のせいで地元の道場の師範代を半殺しにしてしまったのが遠因でした。門弟たちからハブられてしまった権三郎を哀れんだ師匠は、無双として名高い道場に紹介状を書いてやったのです。それはもちろん御存知の虎眼流でした。
 虎眼先生はまだ掛川藩の剣術指南役に奉職していない時期らしく、当時の道場は尾州に居を構えていました。そこで牛を出迎えたのは虎でした。

sigurui_45_04

 実際のところ、危険度は猛獣の方が高いわけですが。
 そして虎眼先生は伊良子の時と同様に何の説明も与えず問答無用で涎小豆の儀式を決行します。権三郎もまた強者の卵、虎眼先生の色んな意味での偉大さを肌身に感じ、師匠の命じることなら何でもこなす忠弟になりました。
 そして来月への伏線もさりげなく貼られます。

sigurui_45_05

 後に牛股師範が独自に開眼することになる秘剣「飛燕切返し」の基礎となるべき修練を三日三晩、不眠不休で延々と行うのでした。
 しかし何かを得るためには何かを失わなくてはならないのがシグルイ世界です。虎眼先生は権三郎が“赤い縄”に繋がれたままでいる限り、彼を山中の稽古に連れて行くことはないと宣言するのでした。
 赤い縄とは、俗に言う運命の赤い糸のことです。

sigurui_45_06

 俺が知る限り、赤縄が登場する最も古い古典は唐代に著されたという『続玄怪録』の「定婚店」です。内容といえばリンク先で確認できるように男の身勝手極まるエゴイズムも男尊女卑の総本山とも言うべき支那では問題なく許容されるというものです(をい)
 赤縄の出典の方では釈然としないわだかまりを残しつつもとにかくハッピーエンドを迎えるのですが牛股師範は違います。供の者に任せるような怯懦は見せず、自分の手で確実に恋人を……むーざんむーざん。
 そして牛股師範は自分を戒めるため、素手でbullからoxへと変貌するのでした。日本語だとどっちも牛なのですが、細かい違いを知りたい方は英和辞典を引いてください。不精な方のために婉曲に説明すると、牛股師範は散サマになりました。

sigurui_45_07

 今川監督でさえ牛に蹴られて三途の川を横断させられてしまうくらいの原作クラッシュぶりです。お美事! お美事にござりまする!


   おまけ

sigurui_45_09

sigurui_45_08




シグルイ 藤木源之助 (1/10スケールPVC塗装済み完成品)
シグルイ 藤木源之助 (1/10スケールPVC塗装済み完成品)
FOX出版 2007-08-25
売り上げランキング : 1542

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
FineScenery 涼宮ハルヒの憂鬱  涼宮ハルヒ バニーver. (1/8スケールPVC塗装済み完成品) 涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈みくる バニーガール ver. (1/10スケールPVC塗装済み完成品) リボルテック・セイバーオルタ ちょこッとSister ちょこ くろねこにゃんVer. (1/8スケールPVC塗装済み完成品) ゼノサーガ EP3 1/8スケール彩色済PVCフィギュア KOS-MOS Ver.4




シグルイ 第44景「牛鬼」 

 失うことから全ては始まる。
 全年齢にては大業ならず
(だからR-15指定)
 アニメ化はシグルイなり。


 というわけでマッドハウスの手でシグルイが映像化されるそうです。デスノを見る限り、作画の出来にバラツキが散見する他は概ねクオリティは高いのですが臓物とか刀傷の断面とかの無残描写をきっちりやってくれるかどうか心配です。

 さて本編は表紙の“宿敵・藤木を倒した伊良子の胸に去来せしは……!?”というアオリ文から始まります。伊良子は藤木の左腕からの出血音が停止したことを確認し、こみあげる喜悦を悟られないように手で顔を覆いました。

sigurui_44_01

 いや伊良子。
 それ隠せてないから。
 つーか手遅れだから。
 ミエミエ・デ・モロバレーヌとでも改名した方がしっくり来そうなくらい嬉しそうな顔してるから。

 これで周囲に本心がバレていないと信じているのなら伊良子はまさに濃尾無双を超えて天下無双の域に達しています。いろんな意味で。
 しかしそれでも伊良子は演技を続けます。左手と長髪で表情を隠しつつ、虎眼先生の乱心と藤木の仇討ち願いのせいで二人を斬らなくてはならない境遇に陥った自分と運命を呪います。自分をギリシア悲劇の主人公か何かと勘違いしているっぽいですがこれくらい露骨にクサイ方が効果的なのかも知れません。
 そして伊良子は倒れている藤木に近づき、その喉に刃を突き立てようとします。相手の生死がはっきり確認できない上はとりあえずトドメを刺しておく。これも武芸者のたしなみですが、ところがどっこい伊良子には障害が一つ残っていました。

sigurui_44_02

 たまに本性を表して牛にメタモルフォオゼしてしまう虎眼流師範・牛股権左衛門の御出座なり。月夜の晩に肩を叩かれて振り返った先にこの顔が浮かんでいたら確実に腰を抜かしますね。というか色んな穴から色んな液体を噴出してしまいそうです。
 弟弟子が勝利と左腕を失ったせいで人事不省に陥っていそうな牛股師範ですが、それでも“かじき”の二刀流を手放さないのはさすがです。

sigurui_44_03

 牛股師範を愛称で呼ぶ孕石備前守。虎眼先生の子に等しく、藤木の兄も同然の関係として牛股師範の助太刀を認めます。虎眼流との付き合いも長いのでしょうが、藤木の敗北にも心を翻したりはしません。ファンとはありがたいものです。
 そして放心している牛股師範を他所に、賎機検校は金で雇った虚無僧姿の手練を繰り出します。その数十一名! 対する虎眼流は藤木が負けることなど最初から念頭に無かったものだから、牛股師範を除けば老人と若造がそれぞれ一人というだけの貧相極まる布陣です。

sigurui_44_04

 うっかりすると茂助の勇姿に惚れてしまいそうになりますが大坪のこれまでの無様のおかげで相殺されています。めでたしめでたし。
 ともあれ十一人の手練は虚ろな目をした牛股師範に詰め寄り、必殺の一撃を繰り出します。しかし彼らは掛川で扶持を得ながら虎眼流の真髄を知らなかった。特に虎眼流に籍を置いた期間はもっとも長かったと思われる漢については全くの情報不足だった。

sigurui_44_05

 まさに無我の境地を通り越した天衣無縫の極みです。ラケットでテニスボールを真っ二つに出来る御時世ですから木剣で胴体を輪切りにしてもちっとも不自然ではありません。ンなわけあるか。怪力ってレベルじゃねーぞ!
 ちなみに吹っ飛ばされた上半身は四方に舞い、その手に握った槍が観衆の胴を貫いたり検分席の屋根を突き破ったりします。虎眼流は観戦するだけで命懸け。伊達にして帰してもらえるだけ道場破りの方が危険度は低いわけです。カナーリの牢獄よりも恐ろしい犯罪者を飼っているのが虎眼流。江戸時代に生まれ変わっても掛川でだけは宿を取らないようにご用心ください。
 今回、そんなこんなで双竜の激突がただの前座に過ぎなかったことが証明されました。安心して柄杓の水を飲んでいた伊良子も絶句してしまいます。その後の牛股師範の紹介文ですが、とうとう人間じゃなくて妖怪扱い。

 この物(←“者”じゃないところがポイント)
 ちから強くして執念ぶかく
 勢い大磐石を覆すがごとし
 往来の人を採食し
 牛馬六畜を爪裂く
 牛鬼といふもの
 名よりも見るはおそろし


sigurui_44_06

 先生! 俺にとって牛鬼は刀子先輩だけでおなかいっぱいです!!



シグルイ 8 (8)
シグルイ 8 (8)南條 範夫 山口 貴由

秋田書店 2007-03-20
売り上げランキング : 130

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シグルイ 7 (7) シグルイ 6 (6) 覚悟のススメ 1 (1) シグルイ 5 (5) シグルイ 4 (4)




シグルイ 第43景「腕」 

 藤木源之助と伊良子清玄、両者の秘奥はともに相手を仕留めるには到らずに馳せ違う!

sigurui_43_01

 こんな緊迫した場面でも伊良子はフンチラのサービスに余念がありません。誰にとってのサービスかは解りませんし解りたくもありませんが、ともあれ伊良子が色んなモノを放擲して身体を張っていることは確かです。もう少し自分を大事にした方がいいと思いますけど(←売れなくなって脱いだ元アイドルを見るような生暖かい目つきで)
 二人の交錯ですが、伊達に次号まで引っ張ってはいません。ついに一方が倒れ、決着が訪れたかに見えた! 地に伏したのは伊良子清玄!
 仇討ちを遠巻きに眺めていた野次馬どもは一斉に歓声を上げます。ついに刺激的な見世物が終幕を迎えたと合点したのでしょう。対して三重は伊良子の敗北に、とうとう気を失ってしまいます。
 彼女を抱え起こした大坪はここで斜め上のセリフを吐きます。

sigurui_43_02

 うわぁ……。

 かつてこれほどまでに「うわぁ……」な発言があったでしょうか? 思いっきり空気が読めていません。しかも何なんだその目元とデコのテカり具合は。冷静に考えると釣りにしか思えなくなってくるのですが、余りにも良質な餌なので前後の見境を忘れて食いついてしまいました。なんて逸材なんでしょうかこの大坪は。
 しかし明らかに藤木の勝利は疑いない状況だというのに、牛股師範は茫然自失。「がま剣法」の屈木頑之助もまた首を振り、戦況が見た目どおりではないことを読者に印象付けていきます。
 伊良子の体勢を見れば彼の劣勢は明らかだというのに。

sigurui_43_03

 さすがは伊良子、乳首券の発行によるエロを一手に担当しています。一体どれほどの需要があるのかは知りませんが、とりあえず供給側の堅い意志だけは伝わってくるサービスカットです。
 が、伊良子と同様に藤木もまた体力の限界を迎えていました。実時間としては何分と経っていないのでしょうがこれは真剣勝負。お互いに刃物を向け合っての殺し合いにおいては、精神と体力の磨り減り具合が生半可なものではないのです。そのため、藤木は逆流れを防いだ左手の握力を失い、小刀を取り落とします。しかし藤木が本当に失っていたのは、握力だけではありませんでした。左腕の感覚ごと、さらには左腕ごと断ち切られていたのでした。

sigurui_43_04

 第四十三話にしてようやく第一話に繋がりました。そう、藤木が左腕を喪失するのはすでに決定されていたのです。それが伊良子との決闘によるものだということも予想はついていました。しかし今この瞬間に訪れるものとまでは……。終始藤木ペースで戦闘が進んでいたのが原因でしょう。
 恐るべし無明逆流れ。防御した小刀ごと藤木の左腕を切断していた。虎眼先生を屠ったのはフロックではなかった。牛股師範との特訓で開眼した“簾牙”も、伊良子の魔剣の前では付け焼刃に過ぎなかった。
 ここに来て血闘の流れは完全に変わった。全ては収束に向けて走り出す。かつて虎眼流門下の双竜と並び称せられた剣士二人は互いに呼ばわり合う。

sigurui_43_05

「藤木……」
「伊良子ォ」


 もはや共に余裕は無い。策も打算も秘義も無く、あるのはただ身体に習い覚えた一振りのみ!
 しかし、習い覚えた一撃は主人を裏切った。

sigurui_43_06

 小豆一粒、米一粒のみを両断する精妙無比の虎眼流。しかし左腕を失い、バランス感覚が狂ってしまった今の藤木に昔日の芸当は不可能だった。転倒しながらもなおも立ち上がろうとする藤木だったが、地中から群がり出る腕に前身を拘束される幻覚とともに意識を失った。我知らず左腕の止血を行いながら。

 最後のページを見終わってようやく溜息を吐く。毎月毎月やってることですが今月も同じことでした。決着が判りきっている話にここまで我を忘れられるのはやはり賛嘆の念しか思い浮かびません。が、伊良子の左足はまだ傷を負ってはいませんし跛足になってもいません。なおかつ牛股師範もピンピンしています。
 というわけで来月は牛股師範のジェノサイドモード発動。伊良子を仕留めるには到りませんが血の雨が降ることは確定しました。単純な意味で言えば連載史上最大の無残が待ち構えています。ギャース。



シグルイ 8 (8)
シグルイ 8 (8)南條 範夫 山口 貴由

秋田書店 2007-03-20
売り上げランキング : 732

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
シグルイ 7 (7)
ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 1 (1)
バガボンド 25 (25)
スティール・ボール・ラン 11 (11)
覚悟のススメ 1 (1)




シグルイ 第42景「双眸」 

 この一刀にて魔を断たん!!
 流れ星を受け切った藤木の小刀一閃!! 復讐鬼の執念ここに潰えしか――!?

 前者は扉絵の、後者は最初のページのアオリ文です。ここで魔だの鬼だのと呼ばれているのはもちろん伊良子なわけなのですが、藤木たち虎眼流陣営の方がよっぽど人としての道を踏み外している気がするのはなぜ? まぁ伊良子もたいがい人外やってるわけですが、ヘタレなおかげでシグルイ世界では珍しく人間臭いキャラとして認知されています。
 さて前回のラストで動脈を切り裂かれたかと思われたヘタレ伊良子ですが、ヘタレ精神を試合前に発揮していたおかげで命拾いしました。事前に衣服の内に鎖帷子を編みこんでいたために浅手で済んだのです。前回のラストで大流血している点についてはスルーかい。

sigurui_42_01

 動脈バラリズン!
 伊良子清玄が斬られた!
 そう見えたのはいずれもチャンピオンREDの読者のみで(ry
「“晦まし”だと。山口先生め(ry
 そう(ry

 それはさておき。検分役の孕石備前守は伊良子の武装を当然の事として士道不覚悟を適用しようとはしません。仇討ちもまた煎じ詰めれば殺し合いに過ぎず、自らの命を拾うための努力は卑怯でもなんでもないのでしょう。変に奇麗事を言い出さないのがポイント高し。
 もっともそれはそれとして孕石備前守は藤木びいきなので彼へのフォローも忘れません。

sigurui_42_02

「当道者の刃ごときを恐れるようでは当家武芸師範役は務まらぬとの腹積もりじゃ」

 何か知らんが雪千代君の表情がやたらと胡乱げです。
(えー? そんなものー? つっか“当道者の刃ごとき”ってヒデェんじゃないですか親父殿。つっか隣に控えている当道者のボス賎機検校に睨まれても俺は知りませんよー)
とか心の中で思っている顔です。実際、あなたの藤木びいきはよく解っていますから虎眼先生さえへつらいの笑みを浮かべた大物に対しては歯に衣着せておきましょうよ。
 視点を仇討ちに戻します。藤木は左腕の手首を伊良子に握られた膠着状態を打破するため、伊良子の膝の裏を踵落としで急襲。一方、伊良子は柄頭にまで埋まった刀身を振りぬき、藤木の喉元を襲います。しかしとっさに仰け反ったおかげで皮一枚を斬られただけで済みました。これで再び二人の距離は開き、またも仕切り直しになりました。
 そして伊良子はついに本領発揮。それは凡そ一切の流派に、聞いたことも見たこともない奇怪な構えであった。その刹那、藤木の脳裏には無明逆流れの犠牲者である涼之介と虎眼先生の顔が蘇る!

sigurui_42_03

sigurui_42_04

 同じく無明逆流れの犠牲者の宗像進八郎も丸子彦兵衛も山崎ちゅぱ右衛門も思い出されないのが寂しい。だいたい藤木は涼之介とは内弟子連中の中では時間的に一番つきあいが浅いはずなのに……三重がいなかったら藤木もちゅっぱちゅぱぱぱして可能性が浮上してきました。ホント虎子の間は地獄だぜ! フゥハハハーハァー
 しかし虎眼流もまた無明逆流れ対策は万全。第37景で編み出した下段封じの秘策を使用します。

sigurui_42_05

 いつの間にか簾牙なんて名前が付いていました。やっぱり命名者は牛股師範ですか? もうちょっと別な方向に努力を傾けた方がいいと思います。
 そしてついに二つの秘太刀は交錯する!!

sigurui_42_06

 藤木が伊良子の間合いに入った瞬間、横薙ぎと下段の閃きは同時に放たれる!
 神速の二撃はともに敵手を惨殺するにたる速度を秘めていたが、藤木は小刀で、伊良子は状態を傾がせることでやりすごす!
 両者はついに奥の手を出しつくし、なお相手を殺しきるには到らなかった!
 この勝負の決着やいかに!? 待て次号!



シグルイ 7 (7)
シグルイ 7 (7)南條 範夫 山口 貴由

秋田書店 2006-10-20
売り上げランキング : 2767

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シグルイ 6 (6) シグルイ 5 (5) シグルイ 4 (4) シグルイ 3 (3) シグルイ 2 (2)




シグルイ 第41景「分身」 

 門外不出の“秘めおきし魔剣”が白日の下に晒された
 伊良子の仕置きの際にも牛股師範を除いては門弟たちにさえ見せなかった秘剣・流れ星。それを伊良子は衆目に見せ付け、かなり地味な形で虎眼流に復讐を果たしました。つーか本当に地味です。伊良子よ、そんなだから君はいつまでたってもヘタレキャラとして認識され続けているんだ。そんな君が大好きだ(を
 収まらないのは牛股師範です。彼は必死に殺人衝動を抑えるのでした。伊良子に対して? ノンノン。

sigurui_41_01

 ロックオンするターゲットの数が桁外れです。さすがはシグルイ世界で虎眼先生に次ぐ死狂ひ。ここでただちに行動に移らないのは単純に掛川藩の検分役の目を憚っているからでしょう。きっとこの仇討ちが終われば一人一人確実に闇から闇へと葬っていくに違いありません。虎眼流に不利益をもたらす者どもに裁きの一撃を。
 後々の暗殺計画を練り上げている(かも知れない)牛股師範ですが、流れ星と対峙している藤木はそれどころではありません。藤木は伊良子の流れ星に虎眼先生を幻視するのでした。

sigurui_41_02

 チャンピオンRED本誌で虎眼先生のご尊顔を拝するのは四ヶ月ぶりなのですがあまり久しぶりという印象はありません。コミックスを何度も読み返しているし、何より虎眼先生ご本人のインパクトが異常に強すぎてどれだけの時間が経過しようが脳裏に焼き付けられた鮮明さがちっとも薄れてくれないからでしょう。たぶん虎眼先生の存在そのものを忘れる日なんて棺桶に両足を突っ込んだ状況になってようやく訪れるものと思われます。いやもしかしたら脳裏に焼き付けられているどころか魂魄に刻み付けられている可能性も否定し切れません。
 山口貴由先生も恐るべきキャラクターを生み出したものだと戦慄を覚えつつレビューに戻ります。藤木びいきの孕石備前守は愛息の雪千代君と一緒に脂汗を流しつつ戦況を見守ります。反面、伊良子の庇護者の賎機検校は恍惚とした表情を浮かべるのですがアンタ眼が見えないはずだろ。実況役の友六は以前に藤木に斬られたし。残りの四感がここにきて急激に鋭敏になったか?
 あ、三重ですがその瞳に力が戻りました。

sigurui_41_03

 伊良子が窮地を脱したら途端に元気になる婚約者。藤木の女運の無さには心からの同情を禁じえません。原作を読むと同情ポイントが五割増。あのラストはいくらなんでも無残の極みでしょう。実際問題、シグルイではどういう決着を付けるつもりなのでしょうか。このペースで十一番勝負を全部消化するというのならあと四十年くらい掛かりそうですけど。
 ともあれ藤木のピンチに変わりはありません。自らも流れ星を会得している身とはいえ、その脅威と現実に相対した経験はないのです。しかし、夢の中ならあったのです。
 その度に斬られて。

sigurui_41_04

 斬られて。

sigurui_41_05

 斬られて。

sigurui_41_06

 斬られまくるのですが、とにかく経験値だけは累積しています。毎夜毎夜自分が惨殺される夢を見たら精神が歪みそうなものですが元からイカれているので問題なし。それどころかマイナスにマイナスを掛ける理屈だからかえって正常に戻りそうなものなのに死狂っているままなのは病根が膏肓に入ってしまっているのでしょう
 そして藤木はすっかり虎丸ポジションが板についてしまって哀愁を漂わせている牛股師範も見知らぬ構えを取ります。藤木は虎眼先生さえも夢想だにしなかったであろう流れ星破りを開眼した!

sigurui_41_07

 ありえない。絶対にありえない。パーフェクトにありえない。
 しかし俺の脳内エンドルフィンは大爆発。本気で燃え死ねます。シグルイの魅力、ここに極まれり!

 藤木は刀の茎(なかご)、刀身の柄に覆われている部分を装甲として流れ星を防ぎ切りました。超高速の一閃に柄頭を合わせるのは飛来する弾丸を弾丸で打ち落とすに等しき無謀だそうですが、飛来する弾丸を鍔元で防御する無謀なら藤木はかつて経験しています。人生、何が幸いするか解ったもんじゃない。

sigurui_41_08

 伊良子の剣を捕らえたまま藤木は柄を捻り、伊良子の手首をオシャカにします。そしてガラ空きになった伊良子の胴に左手の脇差が閃く!
 藤木の技量はまさしく圧倒的です。ヘタレの伊良子は始終押されっぱなしでしたが、今度ばかりは動脈に斬り付けられたので(当たっていれば)致命傷でしょう。もはや第三者の介在でもなければ逆転は不可能に近いというのに、山口先生は何を考えて描いているのか……
 女房を質に入れてでも読まなきゃならない漫画がリアルタイムに連載されているというのは全く幸福なことです。



シグルイ 7 (7)
シグルイ 7 (7)南條 範夫 山口 貴由

秋田書店 2006-10-20
売り上げランキング : 2767

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シグルイ 6 (6) シグルイ 5 (5) シグルイ 4 (4) シグルイ 3 (3) シグルイ 2 (2)




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ