保険 アリコ Moon of Samurai ダーリン・イン・ザ・フランキス

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第18話 「桜の花が咲く頃に」 

 三話つづけてロボットが出てこないアニメをロボットアニメとよんでいいのだろうか……つーかこのままのペースだと二クール中フランクスが活躍しない話のほうが多くなりそうです。第七話のモラトリアム回とか第十三話のヒロとゼロツーの過去話とかならしかたがないにしても、こう何度も何度も人間ドラマだけをやられると、さすがに愚痴のひとつもこぼしたくなります。俺はロボットアニメを観るつもりでこのアニメを観ているのに。

darli-fra_18_01.jpg

 ゆうべはおたのしみでしたね。というわけでアバンは朝チュンではじまりました。なお今回の幸せそうなシーンはすべてそのあとの悲惨な場面への前フリです。

darli-fra_18_02.jpg

 イチゴはハチからミストルティンが近いうちに抛棄されるので出てゆけるよう準備しておくようにと通達されました。大人はこれまでずっと自分らのことをほうっておいたこと、そのくせ監視はつづけていたことをイチゴは心の底で不服に考えます。十三部隊の大人への盲信もだいぶうすれてきました。
 いっぽうゴローは体に不調があらわれ、ヒロによればミクもこのまえ熱を出していたとのことです。ミストルティンでの生活のみならず、十三部隊の面々のタイムリミットそのものが近い。『火ノ丸相撲』じゃないけれど、このアニメもハッピーエンドが見えないんだよな……

darli-fra_18_03.jpg

 ミストルティンを出てゆくまえの思い出づくりとして結婚式をあげることになりました。そのカップルはミツルとココロです。第一話の時点ではまさかこのふたりがここまでやることになるとはだれも予想できなかっただろうし、ふたりがくっついてからもヒロとゼロツーをさしおいて初夜→結婚式のコンボをきめようとは、まさしく想定の範囲外の事態です。

darli-fra_18_04.jpg

「フトシくん、わたし……あのね……」
「俺、この役やる! なんていわれようとやるから!
 俺、俺が一番ちかくで、ココロちゃんとミツルを祝福するんだ!」

「ありがとう、フトシくん……」


 自発的に牧師役をかってでたフトシ、男です。
 そんなこんなで十三部隊はさっそく式の準備にとりかかりました。

darli-fra_18_05.jpg

 ゼロツーの描いた絵をもとにドレスがつくられることになりました。素材はカーテン。こういうの『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラもやってましたね。もっともむこうは旧知のレット・バトラーに金を借りにゆくのに着かざる必要があり、それなのにドレスを新調するよゆうすらなかったためという打算まみれの窮余の策でしたが。
 いっぽうミツルはお手製の結婚指輪を自作していました。

darli-fra_18_06.jpg

 やることのないゾロメは中庭でリフティングし、野外式場の準備をするヒロとフトシをまきこんで仲よくボールのやりとりをし、ミクに怒られました。第二話のころとはえらいちがいです。ゾロメがヒロにボールをぶつけたシーンにはえらい腹が立ったし、スカした感じのミツルも不愉快だったけれど、みんなかわればかわるものです。

darli-fra_18_07.jpg

 ……おや!?
 イクノの ようすが……!


darli-fra_18_08.jpg

 おめでとう! レズは
 ガチレズに しんかした!

 ちなみになんやかんやで百合の花がさくことはありませんでした。

darli-fra_18_09.jpg

 みんなで記念写真。ここでもヒロの腕にだきつくゼロツーかわいい、のだけれど夜にひとりで絵を描いていたら叫竜の叫びを耳にして、かつてのパートナーのむれに全身をつかまれて闇の底へとひきずりこまれそうになり、巨大な手につぶされたかと思いきや、ヒロの呼びかけで我をとりもどしました。これまでヒロ以外のパートナーを使いつぶしてきたことへの自責の念が見せた幻影なのか、それともほかの原因によるものなのかはいまのところ不明です。

darli-fra_18_10.jpg

 桜吹雪の舞いちる道をふたりで歩むヒロとゼロツー。第一話の冒頭にもおなじシーンがあるので重要な場面なのだろうかと前から考えていたらぜんぜんそんなことはなかったので肩すかしをくらった気分だけれどゼロツーがかわいいからなにもかもどうでもいいぜ!

darli-fra_18_11.jpg

 結婚式当日、新郎新婦は腕をとりあい、みんなの祝福をうけながらバージンロードをすすみ、結婚指輪を交換し、誓いのキスをしようとしたところで……

darli-fra_18_12.jpg

 しっとマスクの団体さんが登場しました(ぉ
 このあとミツルとココロは裏の林に逃げようとするもののナインズにじゃまされ、ゼロツーが身を挺してナインズに突進したけれど多勢に無勢でとりおさえられ、結局ミツルとココロはひきはなされて“再教育”をうけました。
 十三部隊は補給船にのって収容施設トリノスへとはこばれ、そこでミツルとココロと再会します。

darli-fra_18_13.jpg

「ごめん、俺が結婚式をやろうなんて言ったから……」
「結婚式?」
「ケッコン……? ってなに?」
「おいおい、盛大にやっただろ」
「死がふたりを分つまでって……」
「指輪だって交換したじゃないか」


darli-fra_18_14.jpg

「これは……いつのまにか指にあっただけで。
 そもそも彼女は? 新しい仲間ですか?」

「え? 新しくきたのはあなたのほうじゃ」
「ねえ、ふたりともどうしたの? 変だよ!?」


darli-fra_18_15.jpg

「記憶を操作されてる……
 あのときと、おなじだよ」


 ゴメン、大人どもの理不尽なしうちにいきどおるよりも雑な仕事ぶりにあきれはてる気持のほうが強くてどうしようもありません。記憶を操作したのなら、これまで仲間だった十三部隊にもどすなよ。もどすならもどすで、十三部隊にも記憶処理をほどこせよ。つーか指環くらいとりあげとけ。このあとふたりが記憶をとりもどすきっかけになる可能性百二十%じゃないか。あとココロの妊娠(勝手に決定事項)もみぬけてなさそうだし。
 いやちょっとまて、この限定的な記憶操作はもしかして七賢人の指示によるものではなくフランクス博士の掣肘があってのことではないのか。ストレス下におけるこどもらの行動データの結果に気をよくした博士は、あえて中途半端な処置をほどこすことでヒロらに強烈なストレスと大人らへの不信感をあたえ、そこからどのように行動するのかを興味深く観察しているのではないか……?

darli-fra_18_16.jpg

 ところで俺がこれまで見たなかでいちばんガバガバな記憶操作は『TIGER & BUNNY』のマーベリックがやったことで、主人公の虎徹に冤罪をかぶせるために虎徹とかかわりのある人々の記憶をいじったのだけれど、改竄対象に人員もれが多すぎたために悪だくみが水泡に帰したという流れです。つーか虎徹のもと上司のベンさんはおろか虎徹の家族にすら手をまわさなかったのはアホとかそういうレベルではありません。
 このアニメの七賢人もマーベリックと同レベルのアホでないことを祈ります。



TIGER & BUNNY DVD-BOX (期間限定生産: 2014年10月31日まで)
TIGER & BUNNY DVD-BOX (期間限定生産: 2014年10月31日まで)
バンダイビジュアル 2014-01-29
売り上げランキング : 11352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- (初回限定版) [DVD] 劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning- (初回限定版) [DVD] TIGER&BUNNY THE COMIC 6 (ヤングジャンプコミックス) TIGER&BUNNY THE COMIC 7 (ヤングジャンプコミックス) TIGER&BUNNY THE COMIC 5 (ヤングジャンプコミックス) TIGER&BUNNY 公式ガイドブック  HERO gossips 桂正和×TIGER&BUNNY 2 原画&ラフ画集成 (愛蔵版コミックス) 「桂正和×TIGER&BUNNY 原画&ラフ画集成」 (愛蔵版コミックス) 劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning- (初回限定版) [Blu-ray] 劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- (初回限定版) [Blu-ray]




ダーリン・イン・ザ・フランキス 第17話 「楽園」 

 このたびの冒頭ポエムはイクノが担当しました。ただし話のメインはココロでサブはミツル。イクノの出番はだいぶひかえめで、イチゴやゴローよりはマシというレベルでした。

darli-fra_17_01.jpg

 ゼロツーはイクノとミクにてつだってもらってツノの手入れをし、花のカチューシャで頭をかざります。これ全部ヒロにかわいいっていってもらいたいがためなんですぜ。まったくヒロとゼロツーには幸せになってもらいたいものです。
 しかしそういうささやかな願いを破摧するためにやってきたかのような連中がミストルティンの人間関係をひっかきまわすのが今回の主題なのでした。

darli-fra_17_02.jpg

 招かれざる客、ナインズ。ただしこのたびの来訪は七賢人に言われてのことであり、十三部隊は見捨てられたわけではないと知ってミクやゾロメは安堵のあまり涙ぐみます。ナインズは表向きこそ友好的であるものの、ミストルティンの食糧には手をつけず、いい知らせをもってきてくれた礼だといってゾロメが手作りのパンをさしだすのにもやんわりと、しかしはっきりと拒絶しました。ナインズが内心ではヒロらのことを見くだしもし不潔だとも思っている証左です。
 しかし見ようによっては内心の不満をおし殺しながらむやみに波風をたてまいとつとめているわけでもあります。ナインズのみならず七賢人や都市の大人たちもまた、十三部隊みたいな子どもたちとのあいだには絶望的な断絶が横たわっており、腹の底ではあきらかに目下の者とみなしているけれど、だからといって視聴者に嫌われるためだけにイヤミな言動をくりかえすような無意味な安っぽい描写をしないのが、このアニメのいいところであり世界観にリアリティを添えているものです。

darli-fra_17_03.jpg

「いつまで人間ごっこをつづけるんだい? かれらとおなじにはなれないのに。
 かれらはユニークだけど、どうしようもなく不完全だ。僕らや君とは決定的にちがうんだよ、イオタ」

「ゼロツー」
「? なに?」
「ボクの名前。ゼロツーだから」
「パパからもらった親衛隊のコードネームをすてるのかい」
「これは、ダーリンがつけてくれた、たいせつな名前なんだ」


 ナインアルファが十三部隊に対しては猫をかぶりながらもゼロツーのまえでは十三部隊を軽んじていることをかくそうともしないのは、ナインズにはナインズなりに仲間意識があるからでしょう。もっともゼロツーにそういう気持はなく、イオタとよばれるのも嫌がってヒロがかつてつけてくれたゼロツーのよび名をもちいるようにいいます。ゼロツーにとっての仲間はすでにナインズではなく十三部隊の面々なのでしょう。
 そして夜半、ヒロとゼロツーのイチャイチャタイム開始。

darli-fra_17_04.jpg

「ゼロツー、それってさ」
「ああ、うん。ミクに」
「へえ……」
「あんま見ないでよ」
「にあってる」
「……やっぱり、もっと見ていいよ」


 まったくイチャイチャしおってからに!

darli-fra_17_05.jpg

 ゲゲェーッ! ヒロにツノがはえとるーっ!? こんなのをイチゴが知ったらまた半狂乱になってゼロツーとの仲が険悪になるのではなかろうか……イチゴはヒロについてはすでにあきらめ&見守りモードにはいっているとはいえ、こういう異形の変化を現実に見せつけられたら、さすがに平生ではいられないはずです。
 しかしヒロのほうは平生そのものでした。

darli-fra_17_06.jpg

「ボクと乗ったせいだよね。それとも、ちいさいころにボクの血をとりこんだから?
 ボクが、ダーリンの運命をゆがめちゃったんだよね。
 ダーリン……」

「俺は、うれしいんだ。君とおなじになれたみたいで」
「うん」


 異常だよ、いやマジで。俺が自分の体にああいう異変が起ったら絶対に気色悪いと感ずるだろうし、そのことを前向きに考えられるようになるにはかなりの時間を要するはずです。それをあっさり受けいれるヒロは異常といわざるを得ません。しかしヒロの心が並ではないからこそゼロツーのたったひとつの救いになり得たのです。そして逆にイチゴではヒロの異常性を受けとめきれなかったかもしれないと思うようになりました。ヒロとゼロツーはまさに比翼の鳥であり、おたがいのかけた部分をおぎなうのは相手のほかのだれにも不可能なのです。

darli-fra_17_07.jpg

 とマジメなことを書いたのがアホらしくなるようなイチャコラタイム再始動。おまえら一生そうやってろ! そして一秒でもいいから長生きしてくれ。
 そしてミツルとココロのほうもまたイチャコラタイムが発動しました。

darli-fra_17_08.jpg

 ヒロとゼロツーのばあいよりもずっと生々しいけどな! ミツルがデレたのをきっかけにココロは自制心は堰をきったようにふっとんでミツルのからだをまさぐったり服をぬがせようとしたりして一目散に子づくりに邁進しようとします。ココロ、目がこわいよ。捕食者の目だよ。ミツルはすっかりおびえちゃってるし。このあとミツルはココロを拒絶してゾロメにみつかって、ヒロとパンツ一丁で水浴びをして恋愛に関してひとくさり解説され、すっきりした顔でミストルティンにもどったら家族会議がひらかれていました(ちがう)

darli-fra_17_09.jpg

 ミツルがココロとくっついた件については約一名をのぞいて歓迎ムードでした。その約一名も「で、でも、ふたりが幸せなら、俺は、俺は……!」と根はいいヤツであることをはからずも白状します。ココロだけでなくミツルのこともふくめているのが好印象。これでフトシがおしつけがましい性格でなく、あとやせていたらいまごろはココロのハートを射とめていたかも知れないのに、男は顔と中身が重要ですな。
 そこへナインズがあらわれてココロがおとした出産の手引をアルファがとりだし、重苦しい雰囲気が到来します。

darli-fra_17_10.jpg

 アルファは出産の手引をつかって大魔神みたいに表情をかえて(古いなしかし)ココロを詰問し、ココロは腹をくくってみんなのまえで赤ちゃんを作りたいと宣言しました。ココロはココロで並じゃないなあ。そしてココロは生殖行動が禁止されていることだとアルファに知らされてもなお己をひっこめはせず、人間は動物とおなじようにむかしからずっと子どもをつくってきたこと、そのために生きものは男と女にわかれていること、自分が死ぬまえにこれまで生きたあかしをのこせるかもしれないことなどを力説します。しかしココロの熱辯にアルファが冷水をあびせかけました。

darli-fra_17_11.jpg

「気持悪い。きみ、気持悪いよ」

         し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
  進 妊    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   生 え
  化 娠    L_ /                /        ヽ  殖  |
  前 が    / '                '           i  !? マ
  ま 許    /                 /           く    ジ
  で さ    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,
  だ れ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  よ る   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね の   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
   l は  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /|   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /


darli-fra_17_12.jpg

 殴ったァ――ッ! イクノ容赦せん! たとえ子づくりが解禁されてもイチゴとの未来を生みだすことのできない身としてはイライラをアルファにぶつけるしかないイクノさんでした。あとイクノに対して口で煽りはするものの、権力をつかっての報復とかはしないあたり、アルファはアルファなりに紳士だと思います。陰険なだけかもしれんが。
 ところでアルファは感情のことをバカにしているけれど、すくなくともナインズのなかではアルファがいちばん感情的に見えます。アルファが十三部隊にいちいち干渉するのは、恥も外聞もなく感情をあらわにする十三部隊に対して嫉妬と嫌悪がないまぜになってのことなのかもしれません。

darli-fra_17_13.jpg

 やっとこさ登場のナナとハチ。しかしダリフラ世界では大人がたよりにならないのが基本的常識で、このふたりもいままでとおなじようにぜんぜんココロの味方になってくれません。ハチは我関せずというポーズをとりつづけ、ナナはヒステリー一歩手前。あとココロの抗議が引金になって過去の思い出がフラッシュバックしました。前回のフランクス博士のセリフにもあったけれどナナはやはり以前は子どもで、しかもフランクスのパイロットでもあったようです。

darli-fra_17_14.jpg

 今回は視聴者からのヘイト獲得に余念のないアルファがまた不吉なことをいいだしました。「新しいナナと交換してもらいなよ」と。なに? 次回のナナは「私はたぶん、ふたり目だと思うから」とでも言いだすの?
 で、そんな不幸街道一直線っぽいナナとは対照的にハチは任務のことしか頭にないし、フランクス博士はおもしろいデータがとれたと自分のことしか考えていません。もう何べん言ったか忘れたけど、このアニメにはホントまともな大人がひとりもいねーな!

darli-fra_17_15.jpg

 七賢人のうちのふたりは虚乳の姫……ゲフンゲフン! 叫竜の姫のもとをおとずれ、降伏をうながしたものの相手に交渉する気はまるでなく、おかげであっさり殺されました。ザマミロというのがすなおな感想なのだけれど、あまりにもすんなりゆきすぎたし、死骸のマスクのしたはがらんどうだったので、ほんとうの意味で死んだのではないのでしょう。空中要塞の最深部あたりに巨大なコンピュータがしつらえられ、そこに七賢人の人格をふくめたデータベースが構築され、物理的な肉体がほろんでもすぐにべつの肉体に記憶をダウンロードして復活可能、とSFものではありがちのパターンでしょうか。
 ところで叫竜の姫の名前は001とエンディングで表記されていました。単純に考えるとゼロツーの姉にあたるわけです。発育は妹のほうがいいね(ぉ
 さてミストルティンにカメラをうつすと、例の広間にはミツルとココロ以外の十三部隊のメンバーがあつまっていました。

darli-fra_17_16.jpg

「だれだって、いえないことのひとつやふたつあるわ」

 いやあレズの人がいうとことばの重みがちがいますな(ぉ

darli-fra_17_17.jpg

「うらやましいな……」
「え? うらやましいって、なにが?」
「のこすってやつ。ボクにはその機能がないからね」
「ゼロツー……」
「ステキだよ。キミたちはステキだ」


 ゼロツーが子どもを産めない体と知って「やったねヒロ、中○しし放題だ!」と考えたヤツは首をくくって死ねばいいと思います。なので今からホームセンターで縄買ってきます ノシ

darli-fra_17_18.jpg

「やさしくしなくていいから……もう放っておいて……」
「いやです! ひとりできめないでください。僕を、もっとたよってください!
 僕は、あなたを、幸せにしたいんだ!」

「ねえミツルくん、命をつくるって悪いこと? わたしたち、未来のことを考えちゃいけないの?」


darli-fra_17_19.jpg

 ミツルが男をみせました。はじめのころのスカしたイヤミ野郎だったのに、自分からココロの唇をふさぐようになるとは、かわればかわるものです。

 矢吹先生がアップをはじめました。
 いやさ、まえに書いた第七話のレビュー
「病院の廃屋……ツンデレのミツル……母子手帳をだきしめるココロちゃん……これらからみちびきだされる結論はNTR展開!? 純粋で子どもっぽい好奇心からココロちゃんはミツルを相手に子づくりをためす。フトシは死ぬ。
と冗談で書いたのが部分的にとはいえ的中してしまうとは、吾輩の節穴な目をもってしても見ぬけなかったわい。
 ところで生物界において大多数の生きものはメスと交尾したあとのオスは用済みとなって死ぬんですよね。そういう摂理においても、フィクションにおけるお約束においても、ミツルはそう遠くない未来に死ぬ可能性が高くなってしまいました。逆にココロは、イヤないいかたをすれば腹のなかの赤ん坊が人質になって、最終回まで生きのびる確率が大です。
 ただしこのばあい『伝説巨人イデオン』のカララを思い出してはいけません。



ダーリン・イン・ザ・フランキス 2 (ジャンプコミックス)
ダーリン・イン・ザ・フランキス 2 (ジャンプコミックス)矢吹 健太朗 Code:000

集英社 2018-05-02
売り上げランキング : 407

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ダーリン・イン・ザ・フランキス 1 (ジャンプコミックス) ぼくたちは勉強ができない 6 (ジャンプコミックス) 食戟のソーマ 29 (ジャンプコミックス) モネさんのマジメすぎるつき合い方 3 (ジャンプコミックス) なんでここに先生が!?(4) (ヤンマガKCスペシャル) セキレイ(19) 彼女のいない365日のこと (ヤングガンガンコミックス) ゆらぎ荘の幽奈さん 10 (ジャンプコミックス) サタノファニ(5) (ヤンマガKCスペシャル) ソードアート・オンライン プログレッシブ7 (電撃コミックスNEXT) ふたりぼっち戦争 3 (ジャンプコミックス)




ダーリン・イン・ザ・フランキス 第16話 「ぼくたちの日々」 

 それは、魔物の姫の恋の話。ある日彼女は人間の王子様とであい、かれとむすばれることをねがいます。
「ヒトとして生きたい。あのヒトと結ばれたいの」
すると魔女は言いました。
「いいとも。お前の翼とひきかえだ。
しかし、覚えておいで。どんなに姿を偽っても、
魔物のお前はいずれ、王子の命を食ってしまうだろう」
背中の大きな翼をもぎとると、今まで感じたことの無い、
恐ろしいほどの痛みが姫を襲います。
二度と空をとぶことの出来ない姿。
それでも姫は嬉しくて、涙ながらに笑いました。
「ニンゲン! ニンゲン! わたしはあの人と同じになれた!」


 アバンはヒロによる絵本の説明と一部朗読でした。

darli-fra_16_02.jpg

 あと屋根裏部屋でヒロにもらった手鏡をみながらツノのお手入れをしたり笑ったりするゼロツーがかわいい。精神的にみちたりているおかげでしょう。

darli-fra_16_01.jpg

 OPは歌詞が二番のものにさしかえられ、映像は完全新規となりました。前期にくらべてヒロとゼロツーのイチャイチャぶりが八割増。ゼロツーが泡となって消えたり桜の花びらとなって散ったりするのは人魚姫の最期の隠喩なのでしょう。そして最後にヒロもまた泡となって消えるのは、あるいはゼロツーをおって叫竜になるという展開の示唆かもしれません。

darli-fra_16_03.jpg

 本篇はまず例の変態マスクどものゼーレ会議みたいな意味深かつ意味不明な話しあいではじまり、つづいてフトシのナレーションとなりました。それによるとさきの戦いで十三都市は壊滅し、それなのにヒロらは待機状態のままミストルティンでの生活をすでに一ヶ月もつづけているそうです。都市の壊滅によりミストルティンの生活環境は悪化し、水も電気もこれまでのように使いほうだいとはゆかず、掃除洗濯炊事にゴミ捨てと暮しに関するこまごまとした雑務はすべて子どもたちが担当するようになりました。食糧の補給があるだけまだマシなのかもしれません。

darli-fra_16_04.jpg

 そんななかでのかすかな救いといえば部隊内の人間関係の改善です。ヒロとのミツルとの仲はそれなりによい方向へむかっているようだし、なによりゼロツーがすっかりおちついて、これまでとは別人のようにまるくなりました。クソまずそうな配給食にも文句をたれず、気持だけのハチミツで満足し、自分らできめた家事の予定をきっちり遵守し、まわりからも気分よくうけいれられています。

darli-fra_16_05.jpg

 ところで十三部隊の窮乏生活はフランクス博士の計画によるもののようです。ナナは博士に対して抗議するものの、おまえもかつては通った道だろうと言われ、そのあと頭痛を感じたようなしぐさをしました。ナナもまた不便な生活を強いられるようなテストをくぐりぬけて今の立場になり、それまでの記憶は封印されているようです。え? もしかしてヒロたちが早死にせず、ナナやハチの歳くらいまでは生存できる可能性がでてきた?
 いっぽうミストルティンではゴローが宙ぶらりん状態の現状に不安を感じているのに対し、ヒロが動じていないことを意外に思うのでした。これまでヒロがフランクスに乗ることに固執していたのは自分の確たる居場所がほしかったからで、いまはもうゼロツーのとなりというヒロ以外のだれもいられない定位置を得ている以上、ヒロを不安にさせるものはなにもないのです。愛は救い。

darli-fra_16_06.jpg

 ミツルはココロにたのんで髪を切ってもらいました。散髪中にかたるのはヒロとのこと。要するに女子高生が失恋をきっかけに髪を切るようなものでしょう。乙女かミツル!
 ともあれミツルの髪はだいぶ切られてさっぱりし、ココロのやさしさのおかげもあって内心のモヤモヤもずいぶん晴れたように見えます。

darli-fra_16_07.jpg

 メタボ死すべし、慈悲はない byアニメスタッフ
 ミツルにやさしいとほめられたのが心の琴線にふれたのか、ココロのほうからキスをしました。まあ、その、なんだ、だれかが幸せになるにはだれかが不幸になる必要があるケースもあるよね!

darli-fra_16_08.jpg

 さてミツルとココロの恋の花がようやく芽吹こうとしているいっぽう、ヒロとゼロツーのほうは今やまさに盛りとなろうとしています。ヒロはゼロツーとの距離をつめたり、手をにぎろうとしてはたせなかったりと、ちょっとなさけない。もっと強引にゆけよ! ゼロツーが拒絶するはずないんだからさ! つーかヒロとゼロツーとの仲が完全に彼氏彼女のものになったのはいいのだけれど、もうすこし露骨にラブラブやってもバチはあたらないというか、そういう展開を期待していたのに。
 『ウィッチクラフトワークス』という漫画で、ヒロイン(誤記にあらず)の多華宮くんとヒーロー(誤記にあらず)の火々里さんとの過去があきらかになり、それはヒロとゼロツーとのばあいとちがわないくらいに深く深くふたりがむすびついたものだったのに、それがわかってからもふたりの関係がたいして変らなかったのにはひどい肩すかしをくらった感じがしたのだけれど、そのときとにたような気分です。

darli-fra_16_09.jpg

 そして女子連による水浴び。見ていて実に癒されます。いやエロいからってわけじゃなくてね、エロいからってわけじゃなくてね、不吉な伏線など介在する余地もない空間であることに安心して観ていられる、の、で……

darli-fra_16_10.jpg

    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

 ミクに白髪が……老化現象の兆候が……
 ややこしい人間関係の輪にはいらず、異常性癖の持主でもなく、これまで不幸の無風状態にあったミクにまでアニメスタッフの魔の手がのびてきやがった……これまでミクがメインの話はなかったのだけれど、もしそのときがきたらその回がミク死亡回になるかもしれないという不安がおしよせてきて、もうどうしたらいいんだ……

darli-fra_16_11.jpg

 飲み水の補給地はどんどんへってゆき、上からの指示はなしのつぶて、これから食糧まで供給されなくなったらどうなるか。際限なくおちこみそうな十三部隊をすくったのは、自分たちでつくればいいというゼロツーの提案でした。それから図書館の本を参考にしながら火をおこしたりパンを焼いたりサラダをつくったり魚をつったりしての見よう見まね自活生活です。ちなみにヒロはボウズ。
 ところでパンを焼くには当然のことながら小麦粉が必要で、まさか一から小麦をひいてこしらえたわけではないだろうから、ミストルティンへの支給物資のひとつとして用意されていたことになります。この自発的な生活事情改善はやはりフランクス博士がもくろんだことなのでしょう。
 とここまで書いて、実はくだんの小麦粉は大人が調理するためのストックがのこっていたのを発見しただけなのかもしれないと気がついて、ちょっと残念。
 ともあれはじめてにしては料理は上出来で、ちゃんと食えるものができました。ああよかった、この世界の子どもたちは完全な人口食品しか体がうけつけず、自然の食材でつくった料理は口にするはしからはき出してしまうとか、そういう設定でなくてホントよかった。

darli-fra_16_12.jpg

 メタボ死すべし、慈悲はない byアニメスタッフ(今回二度目)
 まえにココロにふられた(つーか最初から恋愛感情をもたれていなかったのだけれど)と思ったらこのたびは拒食症です。もちろんストレスで胃がうけつけないとか、そういうなまやさしい話ではなくて健康や寿命に直結するものなのでしょう。しかしタイムリミットがちかづいているのはフトシだけではなく、薬にたよるようになったミツルも、熱がでるようになったゴローやイクノも、そして髪に白いものがまじるようになったミクもまた、前途は暗い。

darli-fra_16_13.jpg

「もし、かりに俺たちがパパから捨てられたのがほんとうだったとしても、俺さ、思ったんだ。みんなといっしょにいるから不安じゃないっていうか、みんなといっしょならなんとかなるんじゃないかって。
 実際、今日みんなでごはんをつくって、すごく楽しかった。ごはんをつくることも、生活のためにみんなで話しあうことも、そういう時間って、これまであまりなかったから」

「楽しくなかったとはいってねーよ。ただ俺は……」
「俺ら、ずっと戦うことしかしてこなかったもんな……」
「お……俺も楽しかったよ。ぜんぶ食べれなかったけど」
「またつくればいいんですよ」
「うん、ミツルのいうとおりだと思う。みんなでごはんをつくったり、風呂にはいったり、かたりあったり……そういうことがいまは楽しくて、たいせつで……
 ここが俺たちの居場所何じゃないかって、そう思うんだ」

「居場所……」
「フランクスに乗ることだけが俺たちの居場所じゃないよ、きっと」


 もうすっかりヒロが十三部隊の精神的支柱です。さすがヒーロー。そしてイチゴは恋愛沙汰をふっきったのならもうちょっとリーダー業がんばれ。

darli-fra_16_14.jpg

 最後はヒロとゼロツーのイチャコラと、謎の龍と女がでてきて次回へつづく。最後のキャラは001? ゼロツーの双子の姉?

darli-fra_16_15.jpg

 新規EDの絵は最初のものとおなじくゼロツーらが女子高生という設定っぽいものでした。これが本篇終了後のみんなが現代に生れ変ったものだというのならいいなあ。このさきどうあがいても不幸な展開をむかえるばかりだろうから、せめてそれくらいの希望はのこされていてもいいじゃないか。

darli-fra_16_16.jpg

 だとしてもイクノは来世でもブレねーなオイ!



ダーリン・イン・ザ・フランキス ゼロツー フルカラーパスケース
ダーリン・イン・ザ・フランキス ゼロツー フルカラーパスケース
コスパ 2018-04-11
売り上げランキング : 42557

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ダーリン・イン・ザ・フランキス ゼロツー フルカラーマグカップ 【Amazon.co.jp限定】ダーリン・イン・ザ・フランキス 2(1~4巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」&全巻連動購入特典:「描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray] ダーリン・イン・ザ・フランキス エンディング集 vol.1 【Amazon.co.jp限定】ダーリン・イン・ザ・フランキス 1(メーカー特典:「線画A3ポスター」「田中将賀描きおろし複製色紙」付)(1~4巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」&全巻連動購入特典:「描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】ダーリン・イン・ザ・フランキス 3(1~4巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」&全巻連動購入特典:「描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】ダーリン・イン・ザ・フランキス 4(1~4巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」&全巻連動購入特典:「描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray] ダーリン・イン・ザ・フランキス 1 (ジャンプコミックス) ダーリン・イン・ザ・フランキス Tシャツ ブラック XLサイズ




ダーリン・イン・ザ・フランキス 第15話 「比翼の鳥」 

 なんというか、第六話の焼きなおしみたいな話の構造でした。

darli-fra_15_01.jpg

 十三都市の目的地であり、このアニメのターニングポイントになるであろう場所グランクレバスに十三部隊一行はやってきました。このたびの作戦目標はそこの制圧で、すでにほかの部隊が戦闘中だけれど、圧倒的な数の叫竜にふせがれてにっちもさっちもゆかないのが現状です。そしてそこにはスタンピートモードのストレリチアと、量産型ストレリチアとおぼしきフランクス数機が戦列にくわわっていました。
 なおグランクレバスの制圧は七賢人の悲願で、フリングホルニとやらの建造も順調だそうで、連中の期待がマスクごしからもつたわってきます。こいつらがウキウキしていると腹たつなあ。なおフリングホルニというのは北欧神話の太陽神バルドルの持船であり葬送の船でもあります。そしてバルドルを殺したのはヘズルという暗黒神の投げた宿木すなわちミストルティン。まえに『金枝篇』がでてきたこともあり、七賢人の真の目的は王殺しあるいは神殺しでしょうか。
 さてゼロツーはいつものように先陣を切り、それとしらずにかつて共闘した二十六部隊のフランクスを救うことになります。

darli-fra_15_02.jpg

 これはこれはなつかしの090さんでは……ってちょっとオイ。

darli-fra_15_03.jpg

 ヒロ以外のゼロツーのパートナーみたいに肉体そのものが老けたわけではないけれど髪が灰色になっています。ダリフラ世界の子どもたちが大人になれないというのはやっぱり極端に寿命がみじかくて、ある程度まで成長したらあっというまに老化して死んでしまうのでしょうか。うーむ、このあとミツルあたりが自分の頭に白髪がどんどんふえていって恐慌をきたし、ココロにだきしめられてココロのおっぱい略してココロっぱいに顔をうずめ、命を次代につなげるための子づくりワッショイという展開がみえてきたぞう。

darli-fra_15_04.jpg

 ストレリチアもどきの量産型はナインズ専用機、その名も九式。フランクス博士ももうちょっとネーミングをひねってやれよ。
 いっぽう十三部隊にも出番がまわってきて、ヒロをのぞくみんなは笑って出撃します。このときの「ヒロ、僕のごはん食べないでよね」というフトシのセリフにスゲーなごみました。むかしはココロのことしか頭にないやつだったのに、ちゃんと他人の気づかいができるような成長を遂げていたのかと感慨しきり。

darli-fra_15_05.jpg

 再攻撃の一番槍はナインズでした。これまでさんざんもったいぶってきただけあってフランクスの一機一機が好調時のストレリチアに匹敵するほどの戦闘力を発揮します。そして戦闘中コクピットのナインズの男連中には擬似的なツノがはえていました。たぶんゼロツーへの生体実験からえられた成果を注入投与されて生きのびた被験体がナインズなのでしょう。
 ところでナインズの男どもはコクピットではケツをつきだすほうでした。道理でアイツらみんなホモくさかったわけだ(ぉ
 このあとナインズほどハデではないものの十三部隊もそれなりに活躍し、いよいよ敵の真打ちが登場します。

darli-fra_15_06.jpg

 その名は超レイマン級。第六話のグーテンベルク級がかわいくみえるほどの巨体の持主で、そのサイズは移動都市すらも凌駕し、090のふるさとである二十六都市はなすすべもなく崩潰させられました。

darli-fra_15_07.jpg

 090と二十六部隊は七賢人のひとりの命令で超レイマン級の足止めのためにN2地雷をかかえて特攻自爆しました。再登場時が白髪で、母都市が目のまえで壊滅し、最期は身を挺しての時間かせぎと、悲惨のカタマリだった090。しかしこの世界全体から見れば無駄死にでも使い捨てでもなくそれなりに意味のある死にざまだっただけマシなのだろうと推測されます。ダリフラ世界マジでディストピア。

darli-fra_15_08.jpg

 十三部隊の命を盾にしての活躍も完全な成功とはゆかず、超レイマン級が十三都市に頭突きをかまし、その口から無数の小型叫竜がはきだされてゆきます。
 今回はひさしぶりの戦闘回なので、十三都市の表面が破壊されてコナゴナになったり、超レイマン級の口から叫竜がワラワラとでてきたりするシーンがこの上なく気合がはいっております。ともあれゼロツーは叫竜のむれを倒すべく、十三部隊は十三都市を救うべく都市内へと突入しました。

darli-fra_15_09.jpg

 ゼロツーがナインズのもとへともどり、予備のフランクスがなくパートナーもいないいま、ヒロにできることは指をくわえてゼロツーの孤独な戦いを見つづけることだけ? そんなヘタレにロボットバトルアニメの主人公はつとまりません。練習機にのりこんで戦場をかけぬけゼロツーのもとへとむかいました。いやはや、ヒロがどんどんむこうみずで痛快な行動力を発揮するようになっています。そのきっかけはゼロツーとの再会と、そして恋ゆえか。あと練習機のコクピットにはケツの切身が鎮座していることはこのさい忘れておきましょう。

darli-fra_15_10.jpg

「いつからだろう、いろんなことを知りたいと思わなくなったのは。
 あのときはただ外の世界が知りたかった。ガーデンの中から出てみたかった。
 ずっと孤独だった。だれも横にいてくれない不安感、でもあのときの君をみたとき、世界と戦っている仲間がいることが、なによりもうれしかったんだ。
 君じゃなきゃ……君が、君がいなければ、ダメなんだ!」


 子どものころのヒロにとってはイチゴもミツルも横にいなかったわけか……世界に対する不信感をもつのがガーデンではヒロひとりだったからというのはわかるけれどホントにイチゴは悲惨だなぁ。完全にヒロの眼中にないもん。

darli-fra_15_11.jpg

 で、その悲惨なイチゴはヒロをゼロツーにあわせまいとがんばるものの、聖人ゴローにさとされて我を折り、デルフィニウムのコクピットでヒロと意識がつながり、ヒロの頭のなかにはゼロツーのことしかなくて自分のわってはいる隙間などひとかけらもないことを思いしらされたのでした。コレいったい何度目の屍体蹴り?

darli-fra_15_12.jpg

 で、フランクスを駆ってのキャットファイト。巨大ロボットが拳で相手をなぐるのはしばしば見るけれど平手打ちってのははじめてかもしれません。あとヘルメットがはずれて髪の部分がむきだしになったデルフィニウム、なんだか茹でダコ頭にのっけてるみたい。

darli-fra_15_13.jpg

 叫竜のコアのなかから人型の金属塊がでてきたり、七賢人の判断で都市が自爆させられたりと、どんどん不穏な雰囲気になってゆくにもかかわらず、ここからはヒロとゼロツーのバカップルモードです(ぉ

darli-fra_15_14.jpg

 ゼロツーは自分の血をなめることでヒロとの記憶を断片的ながらも維持してきました。その延長線上で絵本もページをやぶってはくってゆき、最後のページの最後のことば、かつてヒロが口にしたことば、ダーリンということばを心の奥底にきざみつけたのでした。

darli-fra_15_15.jpg

「こんなにも傷ついてまで、たったひとり、この世界にあらがっていたんだ」

darli-fra_15_16.jpg

「ダーリン……」
「やっとあえた!」


darli-fra_15_17.jpg

「み、みるな! ボクがこわくないの。ボクは、キミのことを利用したんだよ」
「そんなことはもう、いいんだ」
「だって、だってボクは! ダーリンのことエサだって!」


darli-fra_15_18.jpg

「俺だってバケモノだっていった! だから、いっしょだ!」
「そうだ、ボクはバケモノだ! だから!」


darli-fra_15_19.jpg

「そうじゃない! ちゃんと話すんだ。俺たちは考えなきゃいけない。きっと行くところはあるよ。これからはじめるんだ!
 この世界はきっと俺たちが思うより、ずっとずっと大きい!
 あのときはかなわなかったけど、今度こそ、ふたりで外の世界を見よう!
 ゼロツー……」


darli-fra_15_20.jpg

「俺たちはふたりでひとりだ」

darli-fra_15_21.jpg

叫竜その一「あのーもういいかげんビーム撃っていい?」
叫竜その二「撃ったところで相手は無傷なんだろーけどさー」
叫竜その三「つーか俺たち、まるきりラブコメ漫画でヒロインにコナかけるチンピラの役まわりだよな」

darli-fra_15_22.jpg

叫竜一二三「もうどうにでもなれビーム」


darli-fra_15_23.jpg

 で、どうにでもなれビームをくらったストレリチアは空中でいかにもトリガーって感じの光をはなって人型に変形しました。パーフェクトモードっぽくカラーリングがかわったけれど、赤だとなんかダサい。
 そしてヒロとゼロツーはまわりのことなど気にもかけずにバカップルモード継続。

darli-fra_15_24.jpg

「ゼロツー!」
「ダーリン!」
「ゼロツー……」
「ダーリン。ダーリン! ダーリン! ダーリーン!
 ダーリン、ボクはキミとであえてよかった。大好きだ!」

「あはっ、あははっ! ゼロツー! 俺もだよ! 君が大好きだ!」


 愛の力は無限大です。すくなくともこのアニメでは。いまのヒロとゼロツーなら星いっこくらい破壊できるんじゃないかな。このあとストレリチアはザコ叫竜をなぎたおし、ナインズの協力もあってグランクレバスの制圧に成功します。そのあとはそのあとで恥ずかしいポエムをふたりして朗読。末永く爆発しろ! そしてもう離れるなよ

darli-fra_15_25.jpg

 Cパート。無敵状態のストレリチアは意外にも超レイマン級をうちもらし、コアの複合体がむきだしになっていました。このままだとあたり一帯がふきとぶのでナインズは撤退しようとするところ、ヒロとゼロツーは戦意旺盛でコアの破壊にむかおうとしたけれど、そこへグランクレバスから巨大な手がのびてきて超レイマン級をこともなげにおしつぶしました。謎が謎をよび、次回へつづく。

 ひとことでいえばもの足りない、食い足りない感じでした。今回いちばん期待していたのがヒロとゼロツーの和解でありバカップルモードだったので、その点に関しては満足しています。覚醒ストレリチアがあっさり劣勢を挽回したのは、まあそういうアニメだということは第一話の時点でだいたい察していたので不満はありません。
 残念だったのはヒロをのぞく十三部隊の面々、とくにイチゴが妙にものわかりがよすぎたところです。前回ゼロツーにあれだけのことをされたのにヒロがゼロツーにあいにゆくのを邪魔しなかったのは寛大すぎると思うし、イチゴのほうははじめのうちこそ初志貫徹しようとしたのに生き仏ゴローにいさめられてあっさりあきらめたのは拍子抜けしました。全世界の視聴者からの憎悪を一身にあつめるほどにイヤな女を演じたというのに、今回いきなりヒロへの執着心がうすれたようにみえるのは不自然なまでにものわかりがよすぎて、そこのところが不満です。
 ともあれゼロツー、次回はヒロとイチャイチャするなといわないけれど、そのまえに十三部隊のみんなに頭をさげてあやまろうな。



【Amazon.co.jp限定】ダーリン・イン・ザ・フランキス 1(メーカー特典:「線画A3ポスター」「田中将賀描きおろし複製色紙」付)(1~4巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」&全巻連動購入特典:「描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】ダーリン・イン・ザ・フランキス 1(メーカー特典:「線画A3ポスター」「田中将賀描きおろし複製色紙」付)(1~4巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」&全巻連動購入特典:「描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス 2018-04-25
売り上げランキング : 19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【Amazon.co.jp限定】ダーリン・イン・ザ・フランキス 2(1~4巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」&全巻連動購入特典:「描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】ダーリン・イン・ザ・フランキス 3(1~4巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」&全巻連動購入特典:「描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】ダーリン・イン・ザ・フランキス 4(1~4巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」&全巻連動購入特典:「描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】ダーリン・イン・ザ・フランキス 5(5~8巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」&全巻連動購入特典:「描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】ダーリン・イン・ザ・フランキス 6(5~8巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」&全巻連動購入特典:「描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】ダーリン・イン・ザ・フランキス 7(5~8巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」&全巻連動購入特典:「描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】ダーリン・イン・ザ・フランキス 8(5~8巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」&全巻連動購入特典:「描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray] ダーリン・イン・ザ・フランキス エンディング集 vol.1 【Amazon.co.jp限定】ヴァイオレット・エヴァーガーデン 1 (第1巻のみ特典:L版ブロマイド + 全巻購入特典:「LPサイズディスク収納ケース」引換シリアルコード付) [ VIOLET EVERGARDEN ] [Blu-ray] ダーリン・イン・ザ・フランキス 2 (ジャンプコミックス)




ダーリン・イン・ザ・フランキス 第14話 「罪と告白」 

 観ているこちらが口から砂糖を吐きそうなダダ甘ラブラブ展開を期待していたのにフタをあけてみたら昼ドラもまっさおのドロドロな人間関係が描かれたでござるの巻。ゼロツーはまだ幸せになれないのかよ……!

darli-fra_14_01.jpg

 前回のラストシーンからアバンがはじまり、さあこれからヒロとゼロツーとのあいだのとまった時間がうごきだすぞと思っていたら、案に相違してイチゴがわってはいってゼロツーをコクピットからたたきだしました。イチゴはこのあとも大活躍します、昼ドラ的な意味で。

darli-fra_14_02.jpg

 ゼロツーに首をしめられた件でヒロは病室に救急搬送されます。ナナとハチのセリフによればこれ以上ゼロツーと乗るのは無理とのこと。で、そのゼロツーは熱にうかされたような顔でふらつきながらもヒロと話をすればどうにかなるとか細い希望にすがりながらヒロのもとへゆこうとし、またもやイチゴに妨碍されました。そこでイチゴはナナとハチから盗聞きした話、このままだとヒロは竜化して人間ではなくなってしまうことを十三部隊のメンバーのまえで曝露し、ゼロツーの他人とうちとけようとしない態度もてつだって、ゼロツーと十三部隊との関係は決定的に破綻しました。しかしこのあとヒロには絶対にあわせないとイチゴにいわれてゼロツーがひきさがったのは、やっぱり内心では自分が悪いと自覚していたのでしょう。

darli-fra_14_03.jpg

 ヒーローは死なない。
 というわけでヒロは当然のことながら生きていました。おとなしくしていればすぐに戻れるとフトシは言うけれど、それが事実なのか、それともナナやハチのつくり話なのかはまだわかりません。
 そしてイチゴが十三部隊全員を代表してゼロツーからヒロを守ると宣言しました。ここでヒロがゼロツーを擁護しなかったのは、そりゃイチゴらの気持を尊重したからでもあるのだろうけれど、視聴者としては煮えきらない感じをうけてしまいます。前回を観たせいもあり、ヒロには何があってもゼロツーのことを救ってくれるヒーローであってほしい。

darli-fra_14_04.jpg

 みんなが病室からたちさるときにヒロはミツルをよびとめてミツルがかつてエリクシル注射をうけるまえに約束したことを話題にします。それをきいたミツルは内心はどうあれヒロに対してクールな態度をくずしません。しかし憎まれ口をたたきつつもヒロのことを心配するあたり、ヒロが約束を思い出したことは決して無駄ではなかったようです。
 このあとミツルがココロと廊下で顔をでくわして「あれ、何かいいことでもあったの?」ときかれるような展開でもあったらよかったのだけれど脚本家もフトシへの屍体蹴りを自重したか

darli-fra_14_05.jpg

 ゼロツーと逃避行してつれもどされた日からヒロの適正値はさがりつづけ、とうとうフランクスに乗れないまでになってしまいました。その原因はゼロツーの血をなめたことだとヒロは見当をつけます。うーむ、このアニメの謎ってわざわざひっぱるまでもないものもけっこうありますね。

darli-fra_14_06.jpg

 つぎの作戦はこれまでで最大の規模になると通達され、それでもイチゴは十三部隊を代表してゼロツーといっしょに戦うことを拒否し、それがうけいれられないばあいは出撃そのものに参加しないと宣言しました。子どもたちが戦闘をボイコットするなんてダリフラ世界からすれば驚天動地の叛逆じゃないかな。これだけでもゼロツーはだいぶこたえるのに、大人たちのほうからもゼロツーはナインズに帰還することを命令されます。そしてゼロツーのみならずヒロのほうにも見はりがつき、ゼロツーは孤独にさいなまれながら爪をかむことしかできません。ゼロツーには同情するけれどだいたい自業自得だからなあ。イチゴを責める気にはなれません。

darli-fra_14_07.jpg

 イチゴがヒロの病室をたずねてきて、ふたりきりのイチャコラシーン……と思っているのはたぶんイチゴひとりです。リンゴをむくのがぶきっちょで皮を果肉ごと落してしまうシーンは今回唯一の癒しであり萌えポイント。そしてお約束のナイフで指切りイベントでイチゴはヒロに絆創膏をはってもらって御満悦です。でもさイチゴ、ヒロはかつて赤鬼の姿のゼロツーが青い血を流したのにためらいなく傷口をなめたんだよ。
 今回のイチゴは過去最高にイヤな女ポジションなのに、どうしても責める気になれない理由のひとつは、結局ヒロの心はゼロツーが独占していてイチゴのはいる隙間がひとかけらもないことを痛切なまでに理解しているからです。ヒロに絆創膏をはってもらうくらいで喜んでいる時点でイチゴはキツイ言いかたをしたらピエロなんですよね。俺なんぞに哀れをもよおされてもイチゴはうれしくもなんともないだろうし、むしろ侮辱されたと感じて腹を立てるかも知れないけれど、それでも同情せざるをえません。

darli-fra_14_08.jpg

 ゼロツーはイチゴらに拒絶されたことが予想以上にこたえていて、それを自分が人間ではないからだと考え、人間になるために叫竜を殺しつづけなければならないと心をあらたにするのだけれど、そのためにゼロツーはなによりも大切なヒロを殺しかけたわけで、堂堂めぐりのはてにゼロツーは自重も自責もかなぐりすててヒロに会いにゆきました。
 ところでゼロツーが叫竜を殺せば人間にちかづけるというのは十中八九APEのジジイのガセネタなのだろうけれど、実際にゼロツーは赤鬼から人間の姿になりかわっているわけで、それはおそらく叫竜を殺すのではなくパートナーのステイメンの命をすいとることで(あと自分の体の黄血球をステイメンにおしつけて相手の血を自分にとりこむのもあるか?)ゼロツーの叫竜の血がうすまっているのかもしれません。そしてゼロツーは内心そのことに気がついているのでは。
 閑話休題。イチゴはやっぱりゼロツーがヒロにあうことを拒否したけれど、ゼロツーの必死さに同情したゴローの提案で、十三部隊のみんなといっしょならゼロツーがヒロとあうことをみとめたけれど、ここでヒロが最悪のタイミングで往年の行動力を発揮してゼロツーにあいにいったため病室はもぬけのからで、ヒロといれちがいになったゼロツーは心のバランスが完全に崩潰しました。
 そしてヒロはゼロツーが十三部隊のみんなに暴力をふるうところを目撃します。

darli-fra_14_09.jpg

「これでわかった? もう二度とボクの邪魔をしない……」
「ゼロツー!」


darli-fra_14_10.jpg

「ダーリン……」
「なにをやってるんだ……」
「やっとあえた……ダーリン……ボク、ダーリンと話したいことがあるんだ……」


darli-fra_14_11.jpg

「イチゴ! だいじょうぶ、イチゴ!? イチゴ!」
「ヒロ……逃げて……!」


darli-fra_14_12.jpg

「なんでこんなことを!」
「なんで……?
 ダーリン、いってたよね。なんでも話してほしいって。だけどこいつらがずっと邪魔をしてたんだ。だから……」

「そんな……」
「いっぱい、いっぱい話をしよ? きっと、いまからでもとりもどす……」


darli-fra_14_13.jpg

「ゼロツー!
 いまのきみはバケモノだ。人間じゃない」


                、_ヽ、、_,,y
               -‐ヾ;;;;;ヾツ;;;;;彡_,
              ヽ彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''<,_        _______
             `゙シ;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;ッ;;;;;ヾ;;;;;;;;ラ.      /
              彡;;;;;;リッヾ`ソリiiヾ、;;;;;彡     |
             ノミ;;;;/´-゙'。、ノ ノ-。、iヾミ、     i  ないない
              リi;;;ミ. `ー '  _`ー' iミ、,   ー='、
              ノ彡ヽ    -' u .!`       |  それはない
            __ノ''゙゙´\J ,-‐、・ ./\__      |
            `ヽ、 0 ./`ヽ、 ̄_/!`!) `ヽ-,   \_
         _,ィ-‐=´ ヽ. 〈  ヽ  ̄ / _/  /´`'ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ----──--     /  \‐-、 ,r‐''´./ /     \
  --──ー--/`i─--   ̄ ̄ヽヽ ヽ  ノ ヽ       \
  /ヽ__   / ./!    /ヽ   ヽ\ / /´      fi   i
 ./!ヽ!__ / ! |   .// /      V  '        |i!  l
-チ/ fヽ二=/ / i ̄ // /-、     |         ..::!'   `ヽ
.┼=| i-- (( ⌒! /´、 ( ./ ̄::....  /        ..::::::/ /   ヽ
 .!  ヽ )  〈 '' !,ヽ、!  |/     ヽ ......    ::::::::ノ::/
 .ヽ、  (  /   ij ヽ  i'  ....:::::::::::ヽ:::::::::::..........::::::ィ'/:..
二二=====── |  〈..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::ノ\::::....
  )vナ ( ヽ、_ノ`'ヲ‐'' ) ::::::::::::::::_,,,./:::''     / ヽ`''':::::..
  ヽ〈 〉:::::     /、  |:::,,::--‐'´ i /      ノ  /´ヽ::::::


 ヒロはそんなこと言わない。というよりも言ってほしくなかった。たしかにゼロツーが人間になりたいと切望するあまり、赤鬼の姿だったころよりも心が人間らしくなくなったことは否定できない事実であり、ゼロツーの外見ではなく内面が好きになったヒロとしては自分勝手な理窟で仲間に暴力をふるうゼロツーをゆるしがたい気持になるのもわからなくはないけれど、ゼロツーにとってバケモノよばわりされるのは最大のタブーであり、それをヒロの口からきかされることがゼロツーにはいちばんつらいことだということは、ゼロツーの過去を垣間見たヒロにだけは理解してほしかったことであり、要するにゼロツーを叱るのはいいにしてももうちょっとことばをえらんでもらいたかった。

darli-fra_14_14.jpg

 すべてに絶望したゼロツーは命令どおりにナインズに帰還するためミストルティンをあとにします。ヒロから贈られた手鏡をのこし、最後にヒロと顔をあわせながらも一顧だにせず去ってゆきました。
 ヒロはゼロツーをおいかけようとしてイチゴにうしろからだきとめられます。

darli-fra_14_15.jpg

 ところでどうでもいいことだけれど上の画像ってケンタウロスに見えません?

darli-fra_14_16.jpg

 イチゴの決死でけなげで強引なキス。それとは対照的にヒロがぜんぜん心をうごかしていないようなのがイチゴの不憫さをきわただせています。

darli-fra_14_17.jpg

 いっぽうゼロツーにはフランクス博士によってよりどりみどりの逆ハーレムが用意されていました(ぉ
 そのメンツが十三部隊とかとくらべると老けた印象があるのは、あえてそういうえらびかたをしたのかもしれません。どうもダリフラ世界の子どもは寿命そのものがみじかそうなので、こいつらはのこり時間がみじかいからゼロツーの供物になっても惜しくはないと判断されたのでしょうか。だとしたらフランクス博士はやはりマッドサイエンティストです。

darli-fra_14_18.jpg

「あたし、模擬戦でのヒロとのキス、後悔してない。あたしはずっと、ヒロといっしょにいたい! 今度は絶対、ヒロと乗れるようになるから!
 あたし、ヒロのためならなんだってできる。ほんとだよ。だって、あたし、ずっとヒロが、ヒロがあたしのすべてだった!
 あたし、ちいさいころからずっと、ずっとずっと、ヒロだけを見てきた。あたし、……ヒロが好きなの!」


 というわけで背後でゴローが聞いていることにも気づかすにイチゴはヒロに告白しました。
 ところで今回のイチゴの一連の行動をみて、こないだ『コードギアス』を見返したことも手つだって本放映中のスザクのことを思い出しました。スザクは主人公ルルーシュの親友でありながらおたがいそれと知らずに敵味方にわかれて戦うことになり、しかも身体能力もパイロットとしての伎倆もピカ一のためにルルーシュのまえに何度も何度もたちふさがっては邪魔をしつづけ、おまけにうがった見かたをすれば自分の手をよごさない偽善者とうけとれなくもない言動のため、一部の視聴者からは徹底的にきらわれ、ついにはウザクなどという蔑称をたてまつられるにいたったわけなのだけれど、スザクにはスザクの過去があり動機があり正義があるので、いちがいにスザクを悪くいう意見には左袒できません。どうやら今回のイチゴは各所で不評のようだけれど、それはスザクがきらわれるのと相通ずるものがあるのではないかと思います。
 ところでギアスは展開の振り幅が極端でインパクトがありすぎるシーンも多いせいでシリアスをつきぬけて一種のギャグになってしまうパターンもあり、観ているほうも「ウザクひでぇ! ひでぇウザクだ!」とネタにしたりキャハキャハ笑い飛ばしたりすることも可能だったけれど、ダリフラのほうはストーリーが深刻なうえに淡泊だから、どうもそういう楽しみかたがむつかしい。
 まあ俺がイチゴの肩ももちたがるのはこれまでさんざん書いたようにイチゴが約束された敗北の青であるという同情心に由来するところが大きいわけで、これで万が一最終回にゼロツーが死んでイチゴがぬけぬけとヒロをゲットしていたら扇なみにキライになることは確実だけどな!

darli-fra_14_19.jpg

 で、ヒロはイチゴにキスされてものごっつい迷惑そうな顔になり、イチゴの体当たりの告白をうけても上の空でゼロツーの輸送機を目で追うばかりでした。いやさ、こんなヒロを見たうえでなおイチゴを嫌いになるなんて俺にゃ無理です。



ダーリン・イン・ザ・フランキス 2 (ジャンプコミックス)
ダーリン・イン・ザ・フランキス 2 (ジャンプコミックス)矢吹 健太朗 Code:000

集英社 2018-05-02
売り上げランキング : 291

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
化物語(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン) ぼくたちは勉強ができない 6 (ジャンプコミックス) ダーリン・イン・ザ・フランキス 1 (ジャンプコミックス) なんでここに先生が!?(4) (ヤンマガKCスペシャル) 源君物語(13): ヤングジャンプコミックス 食戟のソーマ 29 (ジャンプコミックス) ゆらぎ荘の幽奈さん 12巻 アニメBD同梱版: 週刊少年ジャンプ サタノファニ(5) (ヤンマガKCスペシャル) 五等分の花嫁(4): 週刊少年マガジン デスラバ(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン)




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ