保険 アリコ Moon of Samurai キン肉マン

キン肉マン 第259話 キッドとの結晶技!!の巻 

 白と黒とが融合してただひとりのキン肉マンゼブラとなり、このうえない勝利フラグをたてたはずなのにマリキータマンには通用せずに瀕死のダメージをくらったゼブラには、しかしまだ最後の引出しがのこっていました。

muscle_259_01.jpg

 ゼブラメダルをにぎりしめ、シマ馬キッドの幻と融合。そのメダルはもともとゼブラチームの面々のためのものであったことにはツッコむまい。とにかくゼブラはキッドの力をえてボロボロの体に鞭打ちながらたちあがります。

muscle_259_02.jpg

 対するマリキータマンはローキック連打。地味といえば地味です。しかしこれはゼブラを恐るべき好敵手とみとめてのことであり、実際このあとゼブラがくらったダメージがひびいてきます。
 それはさておきゼブラはマリキータマンの右脚をつかんでひきたおし、相手に隙をつくってから最後の賭けに打って出ます。さあここでサブタイトルのキッドとの結晶技が出されるのだな!

muscle_259_03.jpg

 真かよ! 一発逆転の必殺技であるべきなのに真のままなのかよ! 聖闘士に同じ技は二度も通じぬと一輝兄さんも言ってたのにさ! 案の定ゼブラは蓄積されたダメージのせいでマリキータマンにクラッチをほどかれ、ただのインフェルノにされたところをまえとおなじく急上昇で回避され、おまけにカレクックを絶命させた天道羽根抜刀をくらって深傷を負います。

muscle_259_04.jpg

「命運を分けたのは、わずかとも思える心のあり方の差。
 だが、そのわずかな差が後に途方もない差と化すことを、我らオメガの民は知っている。だからこそ!
 お前はたいした男だった! だから最後まで気を抜かずにやる。
 オレの持てる最大の技術、アリステラとの闘いでしか出したことのないこの技で……
 勝負を決めてやる!
 それがオレと互角以上に闘った二人目の男……お前に対する最大限の敬意と思うがいい――っ」


 必殺! まんぐり返しドライバー! おお、エロいエロい。
 しかしゼブラとていまや自分の弱さをみとめて白と黒とが和解し、シマ馬キッドとも融合し、友情パワーが発動するフラグをふたつも立てた身、ここから華麗にはずかしいポーズから脱出するはずだ!

muscle_259_05.jpg

 と思ったけどそんなことはなかったぜ! 友情パワーフラグの二本立てとはなんだったのか。ボワァがなかったのがまずかったのか。しかしマリキータマン強い。まだ奥の手をかくしもっていたとは脅威のひとことです。これなら完璧超人始祖が相手でもいい勝負をするのではないでしょうか。
 ところでこれはさすがにゼブラの負けで勝負はきまっただろうし、そうあってほしい。そのばあいアリステラの一勝をのぞけば六鎗客は全敗だろうというありきたりの予想がくつがえされて楽しいし、またゼブラ対マリキータ戦がそろそろグダグダ感がただよってきたのでさっぱり終ってほしいという気持もあるからです。友情パワーフラグを立てておいて発動できずにダウン、を二回やられるとさすがに萎えます。キツイいいかたをすれば迷走中のこの勝負、ゆで先生もゼブラ対マリキータ戦をどう描くか悩み中なのでしょうか。



キン肉マン 64 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 64 (ジャンプコミックス)ゆでたまご

集英社 2018-09-04
売り上げランキング : 615

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス) ドラゴンボール超 7 (ジャンプコミックス) キン肉マン 62 (ジャンプコミックス) ONE PIECE 90 (ジャンプコミックス) キン肉マン 61 (ジャンプコミックス) キン肉マン 60 (ジャンプコミックス) THE超人様 1 (ジャンプコミックス) キン肉マン 59 (ジャンプコミックス) るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 1 (ジャンプコミックス) プラチナエンド 9 (ジャンプコミックス)




キン肉マン 第258話 白と黒のデルモンテ会談!!の巻 

 マリキータマンに白より弱いと断定されてしまった黒ゼブラはそれをみとめず、また白ゼブラの幻影があらわれても両手をふってその存在をかきけし、ほとんどヤケになってマリキータマンにかかってゆくものの、あっさりひねられてふたたびダウンしました。そこへふたたびあらわれたのが幻影の白ゼブラです。

muscle_258_01.jpg

 キン肉マンゼブラ、いやパワフルマンはかつて超人協会に裏口ではいるため親友のシマ馬キッドを惨殺しました。そのことの罪の意識にたえかねてパワフルマンの人格は白ゼブラと黒ゼブラに分裂し、ふだんは主人格の白ゼブラが表に出て活動し、つごうの悪いことや汚れ仕事をこなすときは黒ゼブラが担当してきたのです。黒ゼブラはパワフルマンが精神の均衡をたもつために必要な悲しきスケープゴートでした。

muscle_258_02.jpg

 それはそれとして人格がふたつに分裂するときの擬音がシュール。シュワー、シュワーッ。

muscle_258_03.jpg

(シマ馬キッドを殺したのはお前ではない。このオレだ!)
(!)
(長い間罪を被せてすまなかった……)
(認めるのか……?)
(ああ。そうしないと……オレはシマ馬キッドのみならず、お前まで殺してしまうことになる。
 これ以上、大事な友を失うわけにはいかぬ)

(友……)


 精神的に成長する必要があったのは黒ゼブラではなく、白ゼブラでした。フツーに感動的な話なのだけれど白ゼブラと黒ゼブラが二重人格だというのが唐突なアトヅケ設定なのでいまいち話に没入しきれないことだけがうらみです。

muscle_258_04.jpg

 なつかしのゼブラメダルやシマ馬キッドの幻影もあらわれ、かたくなだった黒ゼブラの心のおりは洗いながされ、ついにふたつの人格がひとつにもどるときがやってきました。

muscle_258_05.jpg

 白ゼブラになるのかよ! スクリーントーンがはげてゆくのがシュールだな! これがホントの一皮むけるってやつか、ってやかましいわ!
 白と黒とが融合するという展開はだれもが思いつくパターンだし、俺もそんな感じになるのだろうと予想していたけれど、それは白と黒とが共存しているとひとめでわかるようなデザインになるものと思いこんでいたので、見た目が白ゼブラにもどったというのは、なんか黒ゼブラがないがしろにされたようで、意外でした。やっぱり白ゼブラが主人格なんですね。
 さあここから真ゼブラの奇蹟の逆転劇が……

muscle_258_06.jpg

 はじまりませんでした。ローリングソバットを一発おみまいしただけでまたもやマリキータマンの技をくらってリングにたたきつけられるというていたらく。もうちょっとがんばれよ! 神コロ様だってセル初期型には終始優勢だったし17号とも互角の戦いを演じていたってのにさ!
 しかしこれは真ゼブラが弱いというよりもマリキータマンが強いとみるべきでしょう。二戦目だというのにまだまだ新しい技をだしてくるのですから。どれだけ引出しが多いのやら。ゼブラと本格的に闘うまえに豪語した、
「たとえ六鎗客の半分が失われても、残り半分のオレたち3人でオメガの悲願は達成する。
 アリステラ、パイレートマン、オレの3人なら……それができる!」

というのは決して過信でもなければうぬぼれでもなかったわけです。これはのこり二試合のキン肉マンもフェニックスも苦戦は必至です。

muscle_258_07.jpg

「……」

muscle_258_08.jpg

「ダメじゃノック!」

muscle_258_09.jpg

「ハ……ハイ!」
「いやノック、ゴングはまだ鳴らすな!」
「ヘッ? ……」


muscle_258_07.jpg

「……」

muscle_258_08.jpg

「ダメじゃノック!」

muscle_258_09.jpg

「ハ……ハイ!」
「いやノック、ゴングはまだ鳴らすな!」
「ヘッ? ……」


muscle_258_07.jpg

「……」

muscle_258_08.jpg

「ダメじゃノック!」

muscle_258_09.jpg

「ハ……ハイ!」
「いやノック、ゴングはまだ鳴らすな!」
「ヘッ? ……」


 無限ループって怖くね?




キン肉マン 第257話 反撃の完全変態!!の巻 

 | ', i l  /  l   イ,、-‐ーー‐--、::::,、-‐ー-、l !::i;::::::::::';::::::::::::::::::l l:::::::::` ‐、
 | ', l イ//  l/ r'/ /-''"´ ̄ ̄ヽ `,-''"´``‐、 ヽl';::::::::::';ヽ/:::::ノ ノ::::::::::::';::::\
 |  ',!     l/ /::::/::::::/::::::::::l l:l      lヽ、二ニニニニニニ、-'´:';:::::::::::::';:::::::
ヽ!          /、:/:::::;イ::_,、-'´ノ:l し u    l:!';:l ';::::/:l', ';::::::l';::::::';:::::::::::::';::::::
   ___l___   /、`二//-‐''"´::l|::l       l! ';!u ';/:::l ', ';::::::l ';:::::i::::::l:::::::';:::::
   ノ l Jヽ   レ/::/ /:イ:\/l:l l::l   u   !. l / ';:::l ', ';:::::l. ';::::l::::::l::::::::i::::
    ノヌ     レ  /:l l:::::lヽ|l l:l し      !/  ';:l,、-‐、::::l ';::::l:::::l:::::::::l:::
    / ヽ、_      /::l l:::::l  l\l      ヽ-'  / ';!-ー 、';::ト、';::::l:::::l:::::::::l::
   ム ヒ       /::::l/l::::lニ‐-、``        / /;;;;;;;;;;;;;ヽ!   i::::l::::l:::::::::::l:
   月 ヒ      /i::/  l::l;;;;;ヽ \             i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l::l::::l:::::::::::::
   ノ l ヽヽノ    /:::l/:l /;;l:!;;;;;;;;;',               ';;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    l:l:::l:::::::::::::
      ̄ ̄    /::::;ィ::l. l;;;;!;;;;;;;;;;;l            `‐--‐'´.....:::::::::!l:イ:::::::::::::
   __|_ ヽヽ   /イ//l::l ヽ、;;;;;;;ノ....      し   :::::::::::::::::::::ヽ /!リ l::::::::::::::
    | ー      /::::l';!::::::::::::::::::::  u               ', i ノ l:::::::::::::::
    | ヽー     /イ';::l          ’         し u.  i l  l:::::::::::::::
     |       /';:';:!,.イ   し    入               l l U l::::::::;':::::
     |      /,、-'´/ し      /  ヽ、   u    し ,' ,'  l::::/:;':::::::
     |        /l し     _,.ノ     `フ"       ,' ,'  ,ィ::/:;'::::::::
     |       /::::::ヽ       ヽ    /     し ,' ,' / l::/:;'::::::::::
     |      /::::::::::::`‐、 し      ',  /    u   ,、-'´  l,、-''"´ ̄
     |      ``‐-、._::::::::::` ‐ 、     ',/       , -'´`'´ ,-'´
     |      _,、-‐'"´';:::::::::イ:l';:::` ‐ 、._____,、-‐'"´  u /     し
   | | | |    \ l::/ l::::::/リ ';:::::lリ:::::l';:::l l:l:::::l\  u /
   | | | |      \/  l:::/ ノ  ';::/ ';::::l l::l リ l::l l::/ヽ /   し
   .・. ・ ・. ・     ヽ \ リ    レ  ヽ! り  レノ  `y


 サブタイトルに敬意を表して有名な変態AAをはっておきました。なお完全変態の実態がいかなるものかは読みすすめてゆけばわかります。

muscle_257_01.jpg

「フン、並の超人ならこの一撃であの世行き。さすがはオメガ・ケンタウリの六鎗客。
 しかしコイツはオレも想定済み……なぜならこれはまだ本物の“地獄”のほんの……
 序章に過ぎんのだからな――っ!」


 真インフェルノでマリキータマンを即死させられなかったゼブラのセリフです。虐殺王の逆鱗にふれても俺は知らんぞ。
 さて黒ゼブラはノリノリでマリキータマンに鉄柱パイルドライバーをくらわせたりハイキックをおみまいしたり連続パンチをあびせたりします。しかしマリキータマンの戦意をくじくまでにはいたりません。

muscle_257_02.jpg

「オレたちがくぐってきた地獄に比べれば……この程度の修羅場など……いくらでも……耐えられる」

 マリキータマンのいう地獄がオメガの民の現状なのか、それともご先祖さまの苦難の歴史なのかはわかりません。しかし後者だとすれば同情に値します。完璧超人始祖に総出でかかってこられるなんて地獄以外の何者でもないよ!

muscle_257_03.jpg

      Y^´       ∨// /,∠ ,. ' /l/// /, ' , '/ ! | l }´     〈
       〉    変  〈/ , ' // ̄`>< /// /// _,.=‐'"´l l〈  変  /
        〈    態.   ∨, '/l   ,.'-‐、`//`7/  /''"´__ | ハ l丿  態   {
     人)   ! !   (/!  ヽ〈_ ・.ノ〃  〃 /  '/⌒ヾ.! ,' !く   ! !  (_
 ト、__/   ヽ、_,.イ    /l l |:::::::```/:::::/...´..   //´。ヽ }! ,'  !! )     /
ト'    亦   ,イ⌒ヽ/   !l l ! l し   J ::::::::::::::::::::``‐-</ /  ,'、`Y´Τ`Y
l      夂   (ハ ヽ l i   ! l ', !   , -―-、_   ′::::::::::::: //! Λ ヽ、ヽl
ヽ          〉,\ ! i   ',.l `、'、/_,. ―- 、_``ヽ、  ι  〃,'/! ヽ、\ ヽ、
 !     能   // ,' lヽ! ii  ',l  ∨\'⌒ヽー-、 `ヽ、!   / ハ ノヽ._人_从_,. \
 !    心   { / ,' ' ,! ll  l`、 { ヽ' \     ヽ  '  '´   Λ ',}      ( \
.丿         ∨ // ,',! l l  l ヽ`、 \  \   ∨   し /! ∨  変   ,ゝ、
∧     / /   ヾノ //l l l  l、_ヽ\ \   ヽ , '   ,.イ |ノ    態   (ヽ
/ノ__  ゚ ゚  (⌒`〃'j l  l   l `ヽ `ヽ、.ヽ _,.}'′ ,.イl {   ヽ   ! !   ,ゝ\
/ /`Y⌒ヽ/⌒ 〃 ノ l   l   l   } ヽ、._ } ノ,.イ l  ! !    )_


 全身ラバーマンっぽい姿に変身したマリキータマンはたしかに変態風味。目もとの黒い斑点がサングラスっぽくみえるのがチャームポイントです。
 ともあれマリキータマンはサナギ状態のために防禦力がアップして黒ゼブラの打撃をなんなくはじきかえし、相手の両腕をかんぬきにきめてから攻撃にうつります。

muscle_257_04.jpg

 背中から血まみれの頭部がニョッキリでてくるところが妙にシュールです。このあとマリキータマンは脱皮し、ぬけがらの胴をしめ、黒ゼブラもろともブンなげました。

muscle_257_05.jpg

 ところで完全変態とは、広辞苑の説明によれば“昆虫がその発生過程において、卵・幼虫・蛹(さなぎ)の3段階を経過すること”とあります。しかしマリキータマンは卵にも幼虫にもならず、サナギ状態から変化してももとどおりの姿なので、これはただの脱皮です。だからこのたびのマリキータマンの一連の形状変化を動物学的意味での変態と解釈することは不可能であり、サナギ状態のマリキータマンが俗語的意味での完全な変態であるとみなすほかありません。変態! 変態!

muscle_257_06.jpg

 つづいてマリキータマンは半透明のうしろ羽根でゼブラをラッピングし、もろともに飛んでゼブラの脳天を鉄柱にたたきつけました。ラッピングだ制服、それ不利ってことない? ぷんっ!

muscle_257_07.jpg

「オレがお前を黒に染めたのは、お前の全てが見たいからだと最初に言った。それも決して嘘ではない。
 だが真の理由はそうではない。より勝利を確実なものにするには、怒りや憎しみをパワーに闘う黒のゼブラに染めたほうが手っ取り早いと見たからだ。
 そしてその読みは見事に当たった。
 黒のゼブラよ……やはりお前は白より弱い!」


 白ゼブラの復活フラグですね、わかります。
 ところでマリキータマンが白ゼブラより黒ゼブラのほうが弱いと確信していたのは対カレクック戦を経験したせいでしょうか。カレクックもまた怒りと憎しみで戦い、結果マリキータマンに圧倒されたわけだから、おなじ戦いかたの黒ゼブラをくみしやすしと考えたのは妥当な判断です。
 しかしここで気になるのは、六鎗客の真の狙いは区々たる勝利ではなくマグネット・パワーの奪還と友情パワーの解明であるはずなのに、マリキータマンはなぜ白ゼブラからひきだせるかもしれない友情パワーに目もくれず、ゼブラに勝つことを優先しているかということです。
「親友のシマウマを私利私欲で殺すようなカスに友情パワーがつかえるワケねーだろ」
という判断でしょうか。うーむ、言いかえせない(ぉ



キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)ゆでたまご

集英社 2018-06-04
売り上げランキング : 9862

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キン肉マン 64 (ジャンプコミックス) キン肉マン 62 (ジャンプコミックス) キン肉マン 61 (ジャンプコミックス) THE超人様 1 (ジャンプコミックス) ドラゴンボール超 6 (ジャンプコミックス) キン肉マン 60 (ジャンプコミックス) キャプテン翼 ライジングサン 9 (ジャンプコミックス) キン肉マン 59 (ジャンプコミックス) ONE PIECE 89 (ジャンプコミックス) ジョジョリオン 18 (ジャンプコミックス)




キン肉マン 第256話 黒のゼブラの実力!!の巻 

「畏れ入るぜ、たいした特技だ」
「何かおかしいか?」
「いや、感心しているのだ。さすがにそこまで見せられては仕方あるまい。
 答えてやる」


muscle_256_01.jpg

「ああ、それは紛れもなくオレが若かりし頃に苦楽を共にし、そして自らの手で惨殺した愛馬シマ馬キッド。
 オレの心には今でもずっとソイツが棲んでいる。それは否定しない。オレに大事なことを教えてくれた唯一無二の親友だ」
「自らの手で殺しておいて親友とは、ずいぶん都合のいい親友だな?」
「なんとでも言え。
 それはオレが一生背負うべき業だ」


muscle_256_02.jpg

「だが、その業ゆえにオレは新たな一歩を踏み出せた。全てはキッドのおかげだ。それを生涯忘れることはない。
 どうだ、これだけ聞けば満足か? 平気で人の心を覗く破廉恥なヤツめ」


 キッドが親友であることをみとめ、それを自分の手で殺したことに目をそむけず、といって無意味にしめっぽくなることも後ろ向きになることもなく、キッドへの感謝とともに前へとすすんでゆく。みごとな答です。期待どおり、いや期待以上。ジャンプ連載時はよくも悪くも単純な善悪二元論的世界観だったこのマンガが、よくここまで変化したものです。
 ところでキッドが唯一無二の親友って、やっぱりゼブラにとって王位争奪戦のときのチームメイトはカネで買った仲間たちだったんですね。もちろん当時のゼブラの人格を考えれば当然のことであり、べつに悪いと思ってもいないけれど、このぶんだとゼブラが友情パワーを使えるとしたらキッドに関することのみのことでしょう。悪魔将軍が完璧超人始祖にかかわることにのみ友情パワーが使えたように。
 さてオメガ・ケンタウリの破廉恥マンことマリキータマンはシマ馬キッドのことが原因で黒のゼブラを封印しているのかとたずね、ゼブラはいまの白い状態がベストだから黒になる必要はないとこたえました。

muscle_256_03.jpg

 しかしマリキータマンは黒のゼブラの闘いぶりを見てみたいといい、胸のシマ馬がこんどは全身の縞模様に変化しました。そしてコキネリツイスターをしかけ、両者のからだは密着し、マリキータマンの黒い縞はゼブラの白い部分を侵蝕してゆきます。黒い斑点だったりロールシャッハテストができたり対戦相手にスクリーントーンをはれたり、汎用性が高すぎるぞマリキータマンの斑点。

muscle_256_04.jpg

 マリキータマンの縞模様がゼブラの全身を黒く染め、ひさかたぶりの黒ゼブラのおでましです。ところでマリキータマンのこの技がゼブラ以外を相手にしていたら何か意味あったのかなと考えてみて、技の名前がロールシャッハ・インフリューエンスだから、ゼブラのときとおなじように相手の深層心理を強制的にひきだすのだろうなという結論にいたりました。

muscle_256_05.jpg

「フゥ~~ッ、久しぶりの娑婆だぜ。お前か、このオレを呼び覚ましたのは?」
「ああそうだ。お前のその姿がぜひ見たかっ……「フン」た」


 て。て! このシリアスな状況でシュールギャグみたいなことやらかすなマリキータマン。あとゼブラ、おまえいつから二重人格キャラになった。

muscle_256_06.jpg

 真・マッスル・インフェルノ! ついさきほどマリキータマンに攻略された無印バージョンとちがって相手をしっかりホールドするためにマリキータマンは羽根をひろげられずまともに頭を壁に衝突させられました。

muscle_256_07.jpg

「そうだ……コイツだ……コイツが見たかった」
「ほう」


 あんまりきいてねーな真インフェルノ! しょせんはターボメンもたおせなかった弱小技だな! これはきっと次回マリキータマンが優勢で、そのあとゼブラが白と黒とのシンメトリカルドッキングゼブラとなって真の奥の手をつかって勝利をおさめるのだろうな! インフェルノはポイーで。



ジャンプ50周年 アニバーサリーフィギュア~キン肉スグル~(プライズ)

B075XPQW5H

関連商品
ジャンプ50周年 アニバーサリーフィギュア~両津勘吉~(プライズ)
ジャンプ50周年 アニバーサリーフィギュア ~うずまきナルト~ バンプレスト プライズ
ジャンプ50周年 アニバーサリーフィギュア 孫悟空
ジャンプ50周年 アニバーサリーフィギュア ~ ダイ ~ ダイの大冒険
NARUTOナルト 疾風伝. Grandista Shinobi Relations UCHIHA SASUKE うちはサスケ 約27cm!!
ドラゴンボール超 Grandista Resolution of Soldiers SON GOKOU#3 孫悟空 身勝手の極意 通常カラー単品 28㎝!
ジャンプ50周年 アニバーサリーフィギュア 坂田銀時
ドラゴンボールZ MATCH MAKERS FULL POWER FREEZA 全1種
ドラゴンボールZ BANPRESTO WORLD FIGURE COLOSSEUM 造形天下一武道会 其之五 通常カラー単品
ドラゴンボールZ MATCH MAKERS SUPER SAIYAN SON GOKOU 全1種
by G-Tools



キン肉マン 第255話 三大奥義、陥落!!の巻 

 ゼブラは三大奥義のひとつマッスル・インフェルノをやぶられたものの精神的ダメージはさして負わなかったらしくマリキータマンのスープレックスから脱出して後頭部への延髄ラリアットをくらわしたのちにSTFにつなげました。

muscle_255_01.jpg

 なおゼブラは旧インフェルノがダメ技なのをわかったうえでお試し感覚で出したとのことです。マリポーサがリベンジャーとはまったく別物の新技をあみだしたのとはちがって新インフェルノ、真インフェルノとよぶにふさわしいアップデートバージョンが念頭にあるのかも知れません。

muscle_255_02.jpg

 マリキータマン、アリステラへの思いを熱く語る。かつてマリキータマンが八角形リングで無敵をほこっていたところアリステラに屈服させられ、その強さやカリスマに心酔したようです。それはマリキータマンのみならずオメガの民もみなおなじことで、オメガを救うためにだれもがアリステラのプランを信じてディクシアや六鎗客は地球にやってきたといいます。オメガ・ケンタウリはこれまで想像していた以上に危機的状況にあるようです。

muscle_255_03.jpg

「先の王位争奪戦、カネで仲間を買ったお前などとは一緒にするな――――っ!」

 戦争だろうが……それを口にしたら……戦争だろうがっ……!
 ゼブラは人生で思い出したくない過去第二位をほじくりだされて激昂し、マリキータマンにハイキックをかまします。それをふせがれ、背後にまわって投げようとしたら逆襲をくらいました。

muscle_255_04.jpg

「お前のかつての異名は“天使と悪魔が棲む超人”お前の中には白のゼブラと黒のゼブラ……ふたつの顔があると聞いている!
 だが今日のお前は白のゼブラ一色、時々毒舌を吐いても黒に染まる気配は一向に見せない。
 己の心にセーブをかけているようにも見える。なぜだ?」


 だってパルテノンがいなくて怨念と憎悪のパワーをあびられないから……
 冗談はさておき、強敵との真剣勝負のさなか真の実力を使わないというのは対ガンマン戦のバッファローマンを彷彿とさせるけれど、あっちみたいにカッコイイものじゃないからなあ、黒ゼブラの残虐ファイトは。
 ところでもしゼブラが心のカセから解放されたら当然のことながらマリキータマンは黒ゼブラの残虐ファイトを相手にするわけで、前回のカレクックといい今回といい、マリキータマンはよくよく残虐ファイターと縁があるようです。
 ともあれ黒ゼブラを封印する理由を黙秘するゼブラに対し、マリキータマンは例のロールシャッハテストをおこないます。

muscle_255_05.jpg

 ゼブラの人生で思い出したくない過去ぶっちぎりの一位!
 かつてゼブラは愛馬キッドを殺すことでカネのためならなんでもするという鉄の精神を手にいれたといっていました。いってみれば黒ゼブラはキッドの死とひきかえに生れたようなもので、悔恨と懺悔の思いから白ゼブラ一辺倒で戦っているものと思われます。
 しかし今回のゼブラみたいに過去のやらかしをいちいちほじくりだされるとしたら王位争奪戦で数えきれないほどのセコさ極まる小細工をくりかえしてきたフェニックスはいったいどうすればいいんだ!



キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)ゆでたまご

集英社 2018-06-04
売り上げランキング : 6355

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キン肉マン 62 (ジャンプコミックス) キン肉マン 61 (ジャンプコミックス) キン肉マン 64 (ジャンプコミックス) THE超人様 1 (ジャンプコミックス) ドラゴンボール超 6 (ジャンプコミックス) キャプテン翼 ライジングサン 9 (ジャンプコミックス) キン肉マン 60 (ジャンプコミックス) キン肉マン 59 (ジャンプコミックス) ONE PIECE 89 (ジャンプコミックス) 刃牙道 22 (少年チャンピオン・コミックス)




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ