保険 アリコ Moon of Samurai 漫画キャラの容姿今昔

漫画キャラの容姿今昔(番外編その3) 

『MMRマガジンミステリー調査班』キバヤシ

kawarisugi_bangai3_01



kawarisugi_bangai3_02

「俺の顔がこんなに変わったのはグレイと300人委員会とレジデントオブサンに整形手術されたせいで、しかもそのことはノストラダムスによって予言されていたんだよ!」
「な、なんだってー!!」



『コータローまかりとおる!』新堂功太郎

kawarisugi_bangai3_03



kawarisugi_bangai3_04

 四半世紀近く連載されていた漫画で、しかも作者にとって最初の連載作品なのではこれくらいは変わろうというもの。しかし作者が病気治療から復活したとして、完結までに何十年かかるのでしょう。



『今日から俺は!!』三橋貴志&伊藤真司

kawarisugi_bangai3_05



kawarisugi_bangai3_06

 なぜ不良をやっているのか解らないくらい善人の伊藤と、なぜ不良に収まっているのか解らないくらい悪党の三橋。顔の変化よりも髪の増毛の方に眼が行ってしまいます。



『わたるがぴゅん!』与那覇わたる

kawarisugi_bangai3_07



kawarisugi_bangai3_08

 二十年間にも及ぶ長期連載でありながら、作中時間は一季節しか経過しなかった漫画。作者は故ちばあきおのアシスタントを勤めていたので初期にその影響が窺えます。



『ディスコミュニケーション』戸川安里香

kawarisugi_bangai3_09



kawarisugi_bangai3_10

 眼が大きくなってちょっと幼くなりました。可愛くはなっているので、こういう変化なら大歓迎。



『彼岸島』宮本明

kawarisugi_bangai3_11



kawarisugi_bangai3_12

 師匠との八ヶ月の修行で顔つきは精悍になりましたが、常時ハァハァする性癖は据え置き。ちなみにこの漫画で一番変わったのは島の面積です。少なくとも県レベルの広さに拡大し、人口もかなり増加しました。凄ぇ!



『ベルセルク』ガッツ

kawarisugi_bangai3_13



kawarisugi_bangai3_14

 顔は老けたものの、仲間がいるおかげで内面は丸くなりました。しかしこの漫画も終わりが見えない漫画です。



『覇-LORD-』燎宇と愉快な仲間たち

kawarisugi_bangai3_15



kawarisugi_bangai3_16

 何が起こったのは知りませんが、生原稿を洗濯機に掛けてコナゴナになったのを天日で干してジグソーパズル風味につなぎ合わせて復元したような絵になってしまいました。別人が描いているようにしか思えまセーン!(白々しいイントネーションで)



  【関連記事】

漫画キャラの容姿今昔(週刊少年ジャンプ編)
漫画キャラの容姿今昔(ジャンプ以外の週刊少年誌編)
漫画キャラの容姿今昔(月刊少年誌・児童誌編)
漫画キャラの容姿今昔(青年誌編)
漫画キャラの容姿今昔(少女漫画誌&その他編)
漫画キャラの容姿今昔(番外編その1)
漫画キャラの容姿今昔(番外編その2)




漫画キャラの容姿今昔(番外編その2) 

『オバケのQ太郎』Q太郎

kawarisugi_bangai2_01



kawarisugi_bangai2_02

「あのネQ太郎はネ♪(オバケのQ太郎はね♪)
 頭に毛が三本しかないんだよ♪(ないんだよ♪)」
 嘘だっ!!



『鉄人28号』鉄人28号

kawarisugi_bangai2_03



kawarisugi_bangai2_04

 そこはかとなく異人さんっぽかった初期版鉄人。大東亜戦争における人型決戦兵器として開発されたので、連合国に対抗するためにメリケンでエゲレスな顔つきにしたのでしょうか。気分は別人28号。


『空手バカ一代』大山倍達

kawarisugi_bangai2_05



kawarisugi_bangai2_06

 不世出の空手家・大山倍達の半生を描いたノンフィクション漫画(でも八割以上は梶原一騎の創作)。いやー、まるで描き手が変わったかのような変貌ぶりですね←棒読み



『らき☆すた』泉こなた

kawarisugi_bangai2_07



kawarisugi_bangai2_08

 こなたも最初期は真っ当に美少女やってたんだってヴぁ!



『BAMBOO BLADE』千葉紀梨乃

kawarisugi_bangai2_09



kawarisugi_bangai2_10

 バンブレにはアニメから入った口なので、原作の第一話でダン君がデフォルメ体型でなかったことにいたく衝撃を受けたものです。でもこの漫画で男キャラを紹介するのも虚しいのでキリノにしました。初期は猫口ではなかったけど、どっちにしろキリノかわいいよキリノ。



『HIGH SCORE』藤原愛実

kawarisugi_bangai2_11



kawarisugi_bangai2_12

 いつまでも変わらない君のままでいてほしかった。作者は中学生でデビューした人なので絵柄が変わるのは当然のことですが。



『龍狼伝』天地志狼

kawarisugi_bangai2_13



kawarisugi_bangai2_14

 三国志の顛末を知る少年が207年の荊州の新野にタイムスリップして歴史を変えていくというIF物語……だったはずが次第にバトル漫画へと変貌していきました。それも『鉄拳チンミ』テイストじゃなくて『ドラゴンボール』風味。主人公も仙道を会得していく反動か、どんどん顔が濃くなっていきました。いつになったら終わるんでしょ、この漫画。



  【関連記事】

漫画キャラの容姿今昔(週刊少年ジャンプ編)
漫画キャラの容姿今昔(ジャンプ以外の週刊少年誌編)
漫画キャラの容姿今昔(月刊少年誌・児童誌編)
漫画キャラの容姿今昔(青年誌編)
漫画キャラの容姿今昔(少女漫画誌&その他編)
漫画キャラの容姿今昔(番外編その1)
漫画キャラの容姿今昔(番外編その3)




漫画キャラの容姿今昔(番外編その1) 

 漫画キャラの容姿今昔、これまで掲載誌のジャンル別に色々と取り上げてきました。そこで今回からは番外編として、コメント欄で指摘されて興味が湧いたもの新しく調べて発見したものマイナーなもの素で忘れていたものなどを並べてみることにします。どこまで続くやら。



『Dr.スランプ』則巻アラレ

kawarisugi_bangai1_01



kawarisugi_bangai1_02

 最初はそれなりに身長があったアラレちゃんでしたが、ギャグ漫画の宿命からは逃れられないのか頭身が縮みました。



『遊☆戯☆王』海馬瀬人&青眼の白龍

kawarisugi_bangai1_03



kawarisugi_bangai1_04

 やはり社長には神のカードなんかよりもブルーアイズの方がよく似合います。でも上のハッスル全開の画像を見ていると涙が零れそうになってくるのは何故?



『かってに改蔵』メインキャラ一同

kawarisugi_bangai1_05



kawarisugi_bangai1_06

 作者もネタにしてしまう変貌ぶり。しかしこれでも南国アイスホッケー部の場合に較べれば変化が弱いというから驚きです。絶望先生も最終回あたりに第一話を読み返して自分の顔の変わりっぷりに絶望するんでしょうか。



『ドラゴンハーフ』ミンク

kawarisugi_bangai1_07



kawarisugi_bangai1_08

 漫画家にとってオリジナリティとは確かに一つの強力な武器です。しかし時にはクセのありすぎる絵柄よりも万人受けしやすいタッチの方が好まれる場合もあるわけでして……。
 ぶっちゃけ変わらないままの方がよかった。



『代紋TAKE2』阿久津丈二

kawarisugi_bangai1_09



kawarisugi_bangai1_10

 十五年に及ぶ長期連載漫画だというのに、今では話題に上るのはゲームオチばかり。立つ鳥跡を濁してしまった不幸な作品です。



『赤ずきんチャチャ』どろしー

kawarisugi_bangai1_11



kawarisugi_bangai1_12

 作者にも「妖怪みたいだ」と言われてしまったうりずり山の魔女どろしーちゃん。後半はツンデレ入りました。



『天 天和通りの快男児』天貴史

kawarisugi_bangai1_13



kawarisugi_bangai1_14

 トンガりました。性格やセリフだけでなくて物理的に。
 しかしファンにとっては流れが悪くなっただけで絶望してしまったアカギの方がショッキングかも知れません。

kawarisugi_bangai1_15




  【関連記事】

漫画キャラの容姿今昔(週刊少年ジャンプ編)
漫画キャラの容姿今昔(ジャンプ以外の週刊少年誌編)
漫画キャラの容姿今昔(月刊少年誌・児童誌編)
漫画キャラの容姿今昔(青年誌編)
漫画キャラの容姿今昔(少女漫画誌&その他編)
漫画キャラの容姿今昔(番外編その2)
漫画キャラの容姿今昔(番外編その3)




漫画キャラの容姿今昔(少女漫画誌&その他編) 

『ベルサイユのばら』マリー・アントワネット

kawarisugi_syoujo_01



kawarisugi_syoujo_02

 歴史の大きなうねりに翻弄された二十年は、七十年代の少女漫画そのものの少女の顔をかくも変化させてしまいました。アニメの影響が強いせいか、漫画だとオスカルとアンドレが死んでからも続いていたのには驚きました。ストーリーの大筋がシュテファン・ツワイクの『マリー・アントワネット』を下敷きにしていたことも。



『パタリロ!』パタリロ・ド・マリネール8世

kawarisugi_syoujo_03



kawarisugi_syoujo_04

 少女漫画界の『こち亀』とも言うべき超長寿連載漫画なので顔が変わっているのはむしろ当然。なお三十年近く続く作品の主人公を張るのは常人では務まらないのか、パタリロは両さんクラスの守銭奴かつ超人的生命力の持ち主です。



『フルーツバスケット』草摩由希

kawarisugi_syoujo_05



kawarisugi_syoujo_06

 庶民的で親しみやすい顔になったのは結構ですが、初期の気品とか繊細さとかはどこへ消えたのでしょうか。



『BANANA FISH』アッシュ・リンクス

kawarisugi_syoujo_07



kawarisugi_syoujo_08

 大友克洋の影響を受けているらしい初期の絵の方が味があるとは思います。しかし劇中でアッシュがさんざん美形だ美形だと言われ続けるのを見ながら読了し、その後で最初から読み返すと違和感を覚えるのもまた確か。



『ゾンビ屋れい子』姫園れい子

kawarisugi_syoujo_09



kawarisugi_syoujo_10

 顔が違っているだけじゃなく、けしからん方面に身体が成長しすぎです。この作品はホラー漫画のはずなのに登場人物がほとんど恐怖におののくことなくスタンドバトルやらかすようになるので肉体にエネルギーを溜め込まなければ戦い抜けないということでしょうか。



『彼氏彼女の事情』有馬総一郎

kawarisugi_syoujo_11



kawarisugi_syoujo_12

 高校生の彼女を孕ませた鬼畜男は……色気が減った?
 全くの余談ですが、カレカノ世界では薬莢が銃弾と一緒に飛んでいきます。まゆたんワールドの世界一の殺し屋あたりにとっては住みよい環境かも知れません。

kawarisugi_syoujo_13




  【関連記事】

漫画キャラの容姿今昔(週刊少年ジャンプ編)
漫画キャラの容姿今昔(ジャンプ以外の週刊少年誌編)
漫画キャラの容姿今昔(月刊少年誌・児童誌編)
漫画キャラの容姿今昔(青年誌編)
漫画キャラの容姿今昔(番外編その1)
漫画キャラの容姿今昔(番外編その2)
漫画キャラの容姿今昔(番外編その3)




漫画キャラの容姿今昔(青年誌編) 

『ゴルゴ13』ゴルゴ13

kawarisugi_seinen_01



kawarisugi_seinen_02

 寡黙とポーカーフェイスが信条のゴルゴ13ですが、最初期は必要以上に饒舌だったしニヤニヤ笑ったりもしていました。脚本家が小池一雄先生だったからとか個性がまだ固まっていなかったからとか考えるのが普通ですが、当時のゴルゴは推定20そこそこで経験も浅く、従って後年ほどにはプロとして徹底していなかったのだとゴルゴ研究家の杉森昌武氏は見事に解釈しました。ファンとはかくありたいものです。



『美味しんぼ』栗田ゆう子

kawarisugi_seinen_03



kawarisugi_seinen_04

 二十年前のバブル期のグルメブームをずっと続けていれば、可憐な新入社員もメタボな中年婦人へと変貌するということです。皆さんも食べ過ぎには気をつけましょう。



『めぞん一刻』音無響子

kawarisugi_seinen_05



kawarisugi_seinen_06

 劇中では六年が経過しているというのに、響子さんはどんどん若返っていきました。妖艶な未亡人から年上の可愛い女性へと変わっていったのです。五代の精気を吸い取っていたのだという巷間の噂は聞かなかったことにしてください。



『蒼天航路』曹仁

kawarisugi_seinen_07



kawarisugi_seinen_08

 紅顔の美少年(というほど美形でもないか)も半世紀も経てば長い友達とサヨナラしなくてはならないのです。



『行け! 稲中卓球部』前野

kawarisugi_seinen_09



kawarisugi_seinen_10

 顔立ちはずいぶん違いますがどちらにしても不愉快なことに変わりがないというのは別の意味で大したものです。



『編集王』青梅広道

kawarisugi_seinen_11



kawarisugi_seinen_12

 若返りすぎだよヒロ兄ィ。



『HELLSING』アーカード

kawarisugi_seinen_13



kawarisugi_seinen_14

 初期のもっさり感は影を潜めて美形になりました。



『谷仮面』島リホコ

kawarisugi_seinen_15



kawarisugi_seinen_16

 顔ももちろんですが、それ以上に某所の増量具合が気になります。



『エアマスター』相川摩季

kawarisugi_seinen_17



kawarisugi_seinen_18

 初期は体操選手らしい細身の身体でしたが、ストリートファイトのために肉が増えました。『谷仮面』と同じく柴田ヨクサル先生の漫画です。『ハチワンダイバー』も連載終了時には絵が劇的に変化しているのでしょうか。見たいような見たくないような。



『逮捕しちゃうぞ』辻本夏美&小早川美幸

kawarisugi_seinen_19



kawarisugi_seinen_20

 初期は江川達也先生(藤島康介先生はこの人のアシスタント出身)の影響から脱し切れていませんでしたが、そのうち独自の画風に成長しました。



『ああっ女神さまっ』ベルダンディー

kawarisugi_seinen_21



kawarisugi_seinen_22

 俺の女神さま初体験はOVAでした。次に本屋に平積みにされていた単行本第十巻。なので第一巻を手に取ったときはなかなかにショックを受けました。



『げんしけん』春日部咲

kawarisugi_seinen_23



kawarisugi_seinen_24

 現視研の愉快な仲間たちのおかげかどうかは不明ですが険の取れた顔立ちになりました。



『プラネテス』星野八郎太

kawarisugi_seinen_25



kawarisugi_seinen_26

 髪染めた?



  【関連記事】

漫画キャラの容姿今昔(週刊少年ジャンプ編)
漫画キャラの容姿今昔(ジャンプ以外の週刊少年誌編)
漫画キャラの容姿今昔(月刊少年誌・児童誌編)
漫画キャラの容姿今昔(少女漫画誌&その他編)
漫画キャラの容姿今昔(番外編その1)
漫画キャラの容姿今昔(番外編その2)
漫画キャラの容姿今昔(番外編その3)




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ