保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー

今週のジャンプ一コマレビュー 2017年29号 

・『クロスアカウント』

hitokoma_2017_29_01.jpg

 不愉快な漫画が先週やっと終ったと思ったら入れちがいにまたもや不愉快な漫画がはじまった……
 新連載第二弾の作者は伊達恒大先生。先週号からスタートした『シューダン!』とおなじサッカー漫画でありながら正反対といっていいくらいに不快度の高かった『TOKYO WONDER BOYS』の作画を担当した人です。あの漫画の感じが悪かったのは原作のほうの責任だというのが大方の見るところだったのだけれどこのたびの新連載を読んだらじつは主犯は伊達先生だったんじゃないのかと疑わしくなってきました。それくらい今回の新連載第一話はひどかった。
 見ひらきカラーはデジタル作画のいいところが出て、よく晴れた夏の日のように透明感がありさわやかな感じです。しかし話の中身はうってかわって梅雨時の剣道部室のすみっこの防具入れの籠手の山の底の底みたいにジメジメとしてカビがはえて饐えた臭いがするような直視しがたいシロモノでした。
 俺はフツーの高校生、非リアで友だちはいないけれど巨乳で人気者でやたらスキンシップをしかけてくる幼なじみがいて、そいつがあぶない目にあったのを助けてやったらクラスメイトから絶賛されたし幼なじみとはフラグが立ったぜ、やれやれ。読んでてあまりに痛々しくて眼球がストライキを起しそうでした。高校生の気持悪い妄想をそのまま絵にしたような感じです。創作とはしょせん作者のオナニーであるとはいえ、人様に見せる以上は最低限の技術が要求されるものですぜ伊達先生。
 できれば第一話がジャンプに載るまえに下のようなやりとりが伊達先生と編集とのあいだで交されていてほしかった。

hitokoma_2017_29_02.jpg

「これは全てボツで」
「な……なんでですか!? ボツ!?」
「主人公に魅力がないからですね……
 相手がリア充だからと幼なじみを見すてようとしたのも自分本位で共感できません。
 そこに読者がノる前にカスどもを制裁されても全然スッキリしないし、こんな性格の奴に幼なじみが惚れるのもムリがあります」

「そんなぁ!! こんなカッコいいのに!!?」
(なぜか胸がしめつけられるようだ)
「で……でもこの消火器と制裁シーンは!? ジャンプといえばかっこいい必殺技……」
「魅力のないキャラを表面だけ演出しても読者は感動しません」
「!?」


 先週号の『青春兵器ナンバーワン』はすべての漫画家と編集者がいちどは目をとおすべき傑作です。
 あ、あと最後に主人公の頭を見てエマ中尉の髪型AAを思い出しました。

hitokoma_2017_29_03.jpg

           ,,. -─‐ ''"´ ̄   `ヽ
        ,. ‐'´              \
      /                  ,リ
   /                   ,.ゝ
    !                  // 〈
    |         /⌒>yヽ  fr'"'、 }
   |          , '   ´ ('´ `ー'´  l ノ
   │      /      `      レ'       今日、食堂でエマ中尉の髪型の話題で盛り上がった。
    |      (._               |        全員一致で亀頭をイメージしていたらしい。
    |       / -─- 、._      __,..ヘ!       隅の方で味噌汁を啜っていた
   |    r‐、 {  ーヮニニ`ー'  〈ゥニ'‐.|      ジャマイカンも吹き出していた。
   ヽ   | ,ゝ| !         ヽ、 |      食堂を出ると、エマが顔を真っ赤にして
     }    ヽ(、Ll           r:ン' l       青筋立ててこちらを睨み付けていた。
    { ! { { /`ーi      _,. -─‐ァ  l  ̄ ̄`! 勃起したソレをイメージしてしまい
    ,ゝト、ヽ{  {        `ー-- '   ,'    | 吹き出しそうなのを必死に堪えていたのだが、
   i(  ヽミ`ヽ  ヽ、       ー   l       横でカクリコンが腹を抱えて大笑いしていた。
.   | `'''┴-- 、.._  `''‐、       ,!、    亅 強烈なプレッシャーを感じた俺は、
   |   _____ ̄ ̄~ヽ` ー-r-‐ヘ ヽ く´  すぐさまその場から逃げ出した。
.   !  |=<>=<>=|    ト、-、r=ニ⌒ヽ.) ヽ  後ろの方で、カクリコンの 
  _,r=ゝ、  ̄ ̄ ̄     | ヽ. \ `ヽ } /   「前髪は抜かないでくれぇ」 という断末魔が聞こえた。   
      `ヽ ー-----‐‐┴、 }   ヽ レ',ノ./`ー- この日以来、誰もエマの髪型の話をする者は居なくなった。



・『シューダン!』

hitokoma_2017_29_04.jpg

 小学六年生ヒロインの七瀬晶ちゃんかわいい。ネットではなぜか男の娘説が立てられていたけれど今回の扉絵の柱にちゃんと女子選手ナナセと書かれているのでれっきとした女の子であることが確定しました。や、べつに残念とか思ってませんから。残念とか思ってませんから。

hitokoma_2017_29_05.jpg

 じつは主人公の母親と晶ちゃんの母親とは友だちで、晶ちゃんの小さいときにいっぺんだけ会ったことがあったそうです。これが『らんま1/2』だったら主人公と晶ちゃんは親どうしがきめた許嫁になってたところだぜ! ヤパパーヤパパーイーシャンテン!


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_29_06.jpg

 煉獄さんはすでに自分が助からない身と知り、ヒノカミ神楽の手がかりとして自分の生家をたずねるようすすめ、弟への遺言を託し、禰豆子が鬼殺隊の一員であることをみとめ、そして炭治郎らを激励しました。

hitokoma_2017_29_07.jpg

 煉獄さんが今わのきわに見たものは、すでに亡くなった母親の幻でした。そして自分のこれまでの生きかたを認められ、少年のように笑って死にました。その死にざまをあれこれ論ずるのはすべて蛇足でしょう。

hitokoma_2017_29_08.jpg

 煉獄さんの訃報に接した柱たちの反応はそれぞれでした。悼む者、泣く者、上弦の強さを再確認する者、信じない者、念仏をとなえる者、鬼どもへの憎悪を新たにする者。
 そしてわれらが冨岡さんのリアクションはというと。

hitokoma_2017_29_09.jpg

「そうか」

 そんなだからみんなに嫌われるんですよ。読者は冨岡さんの性格をちゃんと知っているから心のなかでは煉獄さんの死を悼んでいるだろうしあるいは『幽☆遊☆白書』で天沼が死んだあとの蔵馬みたいに内心ハラワタ煮えくりかえっているのかもしれないと察することもできるけれどモノローグも心理描写も読めない作中人物からみれば同僚が死んだのに冷淡きわまりないヤツだと軽蔑されるほかありません。そんなだからみんなに嫌われるんですよ!
 そして煉獄さんはたぶん冨岡さんが嫌いなまま逝ってしまったんだろうな……


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_29_10.jpg

 上述の『鬼滅の刃』とおなじく母親登場。わりとあっさり気味の回想で、これまで描写されたか、そこから類推できるようなものだったので、主人公の回想シーンだというのに意外なところはありませんでした。火ノ丸という男はすでに描きつくされたといっていいのでしょう。下のシーンもまたしかり。

hitokoma_2017_29_11.jpg

(初期衝動も負の感情も、期待も恩義も、みんなとの日々も、かーちゃんも全部ひっくるめて。
 相撲が好きだからワシはここにいる!!)


hitokoma_2017_29_12.jpg

「そこだ!!」
 そこに俺が大和国からもぎ取った金星が!!


 ああそんなのあったね。だいぶむかしの伏線だったのでいささか唐突に感じました。でも今の久世の格だとせっかくの薫山のアドバイスも効果がうすそうだし、火ノ丸は火ノ丸で人にたよらなくてもなんとかしそうです。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2017_29_13.jpg

「シャバババ、くが……? なんのことを言っているのだ? そんなヤツ私は知らんぞ。
 私はなぁ……いちいち過去に倒したド下等料理人のことなど覚えてはいなーい!」


hitokoma_2017_29_14.jpg

「まさか、さっき闘ったばかりの相手だろうが」
「知らぬものは知らーん!
 シャバババ、私が今までどれだけの料理人を葬ってきたと思っているのだ?
 だがどいつもこいつも歯ごたえのないヤツらばかりだった。
 私にとってそいつらはすべて名無し同然、どいつもこいつも等しく「ワン・オブ・ゼム」にすぎぬのだ!」


 ガンマンは十傑一席なんぞよりもはるかに傲岸不遜傍若無人だというのに好感度はなぜか段ちがいに上です。常時テンションMAXなのがポイント高いのかなあ。


・『ポロの留学記』

hitokoma_2017_29_15.jpg

 最終回です。毒にも薬にもならない感じだったので感想は特にありません。同時期連載で同時期打切りの『U19』は毒気たっぷりだったので忘れたくてもなかなか忘れられません。どっちがいいのやら。



火ノ丸相撲 15 (ジャンプコミックス)
火ノ丸相撲 15 (ジャンプコミックス)川田

集英社 2017-06-02
売り上げランキング : 3869

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
火ノ丸相撲 14 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 13 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 12 (ジャンプコミックス) 食戟のソーマ 25 (ジャンプコミックス) ぼくたちは勉強ができない 1 (ジャンプコミックス) ポロの留学記 1 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 11 (ジャンプコミックス) プラチナエンド 6 (ジャンプコミックス) Dr.STONE 1 (ジャンプコミックス)




今週のジャンプ一コマレビュー 2017年28号 

・『シューダン!』

hitokoma_2017_28_01.jpg

 『背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜』の横田卓馬先生の新作漫画です。えらく早い復帰だなと思って調べてみたら前作の最終回は今年のジャンプ十一号でした。四ヶ月しか間があいていないのだから実際に早い。これほどのスピード復帰は俺のおぼえているかぎりでは鳥山明先生の『Dr.スランプ』から『DRAGON BALL』までの三ヶ月で、こちらはそもそも人気絶頂の『Dr.スランプ』を鳥山先生がやめたがったために三ヶ月の猶予期間で新作を出すという条件の結果だから、横田先生のケースとはだいぶ状況を異にしています。横田先生はよほどジャンプ編集部に期待されているのか、それとも単に新連載のタマがないのか。
 新連載のジャンルはジャンプの鬼門のサッカーです。編集部はまだあきらめてないのか……しかし横田先生はジャンプのほかでも経験のあるベテランなのでさすがにソツなくまとめていました。サッカーはプレイ人数が多いのに第一話で多数の登場人物にキャラづけをし、かつ話としてもまとまっていたのはさすがのひとことです。キャラのなかではヒロインの七瀬晶ちゃんがかわいい。

hitokoma_2017_28_02.jpg

 ヒロインの七瀬晶ちゃんがかわいい。大事なことなので二回いいました。
 さて、これまでホメました。しかし連載が好調にゆくかときかれたら首をかしげざるをえません。この漫画、はっきりいって情報量が多すぎます。おおぜいの登場人物にキャラづけをしたというのは別の見方をすればみんなどんぐりの背くらべになってしまったともいえます。俺が小学生だったらキャラが多いうえに似たような連中だから区別がつかずに頭がパンクしたんじゃないでしょうか。あと主人公もその他大勢のひとりでしかないから、正直なところ誰視点で漫画を読んでゆけばいいのか子どもにはわからないんじゃないかと思います。
 漫画をたくさん読んできたオッサンには評価が高いかも知れんが小学生のアンケートはふるいそうにありません。横田先生の漫画の腕がアダになった感があります。


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_28_03.jpg

 煉獄さんは腹を穿ちぬかれても渾身の力をふりしぼって上弦の参の首を切り落そうとします。そうでなくても夜明けは近いのでこのまま時間をかせげれば鬼は死にます。しかし上弦の参はすくたれ者にござれば首に煉獄さんの刃をのこし両手をうしないながらも異様な跳躍を見せたのちに日の光をあびずにすむ林の影へとのがれようとしました。そこへ炭治郎が自分の刀をなげつけて鬼の胸板をうしろからつらぬきます。それでも敵は絶命することなく逃げの一手を取りました。

hitokoma_2017_28_04.jpg

「逃げるな卑怯者!! 逃げるなァ!!!
 いつだって鬼殺隊はお前らに有利な夜の闇の中で戦ってるんだ!!
 生身の人間がだ!! 傷だって簡単には塞がらない!! 失った手足が戻ることもない!!
 逃げるな馬鹿野郎!! 馬鹿野郎!!
 卑怯者!!」


hitokoma_2017_28_05.jpg

「俺の刀を今度は鬼にくれてやりやがってぇぇぇもう許さんぶっ殺すぅぅぅぅ」
「あんたじゃなーい」



・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_28_06.jpg

 久世の心象風景。大横綱の息子にうまれて孤独に戦ってきたのが、気がつけば好敵手たちと肩をならべて疾走していたのでした。しかし好敵手とひとくちに言ってもあつかいはそれぞれで、いちばん因縁があって今現在試合中の火ノ丸がやはりいちばん大きい。つぎは顔がかくれているけど天王寺。あとは悲しいけれど有象無象って感じです。わかりやすいようワクでかこんでみました。

hitokoma_2017_28_07.jpg

 水色のワクは大典太、紫のは沙田で、オレンジ色のはたぶんジュズマルドン。前二者は久世と対戦経験がないからしかたがないにしてもジュズマルドンはこのあいだ試合をしたばかりだというのに大典太のゴワゴワ胸毛みたいなポジションなのは哀れをとどめます。電車道で圧勝したのが印象の弱い原因か。
 でもいちばん悲惨なのが国宝なのに無視された大包平であることはうたがいありません。

hitokoma_2017_28_08.jpg

 火ノ丸の祖父母が母親の遺影とともに登場。次回はついに火ノ丸の過去回想が描かれるのでしょう。ああ、最終回が一歩一歩ちかづいてくる……


・『U19』

hitokoma_2017_28_09.jpg

「敵じゃねェ!!!
 そもそもオレに……敵なんかいねェ!!!」

「はぁ!?
 お前は社会の敵!! テロリストだろうが!!」


 言ってくれた! 俺の気持をかわりに言ってくれた! このシザーマンが主人公だったらどれほどよかったことか!
 そしてジャンプ読者の大多数から支持されていなさそうな主人公のセリフが最終回にいたってさえひどいひどい。俺に敵はいないって、オマエ谷先生をインチキ能力で気絶させたうえに変態教師の濡衣を着せて人生を破滅させたあげくにクラスメイトと大笑いしてたじゃねえか。あと戦車兵をはじめとして自衛隊員を虐殺しまくったじゃないか。あれはいったいなんだったんだ。大人党の手先はワルモノだから正当防衛した結果だとでも言いわけするつもりか? だとしてももうちょっと方法とか内面の葛藤とかがあっただろうに。

hitokoma_2017_28_10.jpg

 主人公はシザーマンとリビドーぬきの殴りあいのはてに相手をノックアウトしたあとひとりで逃げだしました。シザーマンに言わせれば敗者に情けは無用だから主人公の行動は正しいのだそうだけれど作者に言わせられている感がスゴイ。
 で、その結果どうなったかというと。

hitokoma_2017_28_11.jpg

 主人公に見すてられたシザーマンが大人党の研究の被験者となってリビドーのしくみを知られ、学園の子どもらが人為的に過度のストレスをかけられてリビドーを強制的に発現させられようとすることになりました。主人公の無駄なカッコつけが最悪の結果をまねいたよ!

hitokoma_2017_28_12.jpg

「オレたちは子供なんだ。子供らしく行こう!
 素直に!! 自分のやりたいことをやりたいと言い、そして迷わず実行に移す!! それがオレたち子供だろ?」


 最低だなコイツ。
 自分がシザーマンをつれてこなかったせいで子どもらがひどい目にあっているというのに自責の念などカケラもありません。ちょっとくらいは自分のやったことを後悔するのがフツーじゃないんですかね……ああフツーじゃないからテロリストなのか。こりゃまた一本とられたねHAHAHA!
 それはさておきコヤツは最後の最後まで子どもという妄想のなかの特権階級にしがみついて言いたいほうだいやりたいほうだいでした。自分の権利や欲求のことしか頭になく、それに附随するはずの義務や責任についてはみごとに無視する。小児的独善性の極致ともいうべき言語道断のクズです。

hitokoma_2017_28_13.jpg

 子供たちの戦いは続く。いやきっと子供の戦いに終わりはない。
 好きな人のため? よりよい人生を得るため?
 理由はなんでもいい。自分より強大な敵に挑み続ける限り……
 人はきっと永遠にU19(こども)なのだから。

 ガレキみたいなクソガキが内面はそのままで体だけ成長した大人になったらただの社会不適合者です。
 というわけでこの漫画も最終回をむかえました。だいぶまえからドベが定位置になってからの十七話打切りです。タイトルどおり十九話以下で終ったのは評価できます。
 さて総評にうつると、全体的に気持の悪い漫画でした。悪い意味でなろう小説っぽい。主人公のやることなすこと賞讃されて、それによってひきおこされた破壊や犯罪はきれいにスルーされていたのが非常に片手落ちでした。かえって悪の組織であるはずの大人党のほうがよほどマシな集団に見えたほどです。作者が主人公に自己投影しすぎ、かつ抑制がぜんぜんきいていないのが気持悪さの原因のひとつでした。

   ↓ 俺がスゴイ・シツレイに想像する木村先生像
hitokoma_2017_28_14.jpg

 そんな主人公だから読者が感情移入できるはずもありません。谷先生を唐突にゲスキャラにしたうえで主人公に倒させてもカッコイイとは思えないし、そもそもヒロインが主人公みたいな男に惚れてシザーマンになびかなかったことも釈然としません。したのキャプ画像みたいな感じです。

hitokoma_2017_28_15.jpg

 実際のところ『U19』の主人公の人間性は悪役にこそふさわしいものでした。悪のテロリストの尖兵としておのが欲望のかぎりをつくしてシザーマンに見ひらきでコナゴナにされていればよかった。したのキャプ画像みたいに。

hitokoma_2017_28_16.jpg

 なんでしょう、今週号の『青春兵器ナンバーワン』は長谷川先生の木村先生への手向けの花だったのでしょうか。



青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックス)
青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックス)長谷川 智広

集英社 2017-04-04
売り上げランキング : 40308

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
青春兵器ナンバーワン 1 (ジャンプコミックス) 青春兵器ナンバーワン 3 (ジャンプコミックス) 左門くんはサモナー 9 (ジャンプコミックス) 斉木楠雄のサイ難 21 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃 6 (ジャンプコミックス) 歪のアマルガム 3 (ジャンプコミックス) 歪のアマルガム 2 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 14 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 15 (ジャンプコミックス) 左門くんはサモナー 8 (ジャンプコミックス)




今週のジャンプ一コマレビュー 2017年27号 

・『ブラッククローバー』

hitokoma_2017_27_01.jpg

 新章開幕&テレビアニメのキービジュアル初公開ということで表紙と巻頭カラーのブラクロです。なので去年のジャンプアニメフェスタの画像とくらべてみます。

hitokoma_2017_27_02.jpg

 こいつらが……

hitokoma_2017_27_03.jpg

 こうなった。
 だいぶ原作よりに絵を変えてきました。よかったよかった。アニフェスのものとおなじキャラデザだったらとてもじゃないけれどテレビアニメを観る気がおきなかったところです。まあ観たとしてもレビューはやめときますが。


・『Dr.STONE』

hitokoma_2017_27_04.jpg

 知識はあるけど体力は人並で特に器用でもない千空があれこれ試行錯誤のすえにすこしづつ初歩的な文明の果実を手にしてゆきます。しかし千空が苦労しているのはわかるけれど話のテンポがよすぎるせいでお手軽感がただよう点はいなめません。センターカラーはもらえるし掲載順も良好なのでアンケートは好調であろうことは察せられるからここはもうちょっとじっくり描いてほしかった。俺『ロビンソン・クルーソー』もロビンソンがひとりで家を建てたりパンを焼いたり家畜をかったりして人間らしい生活を追及するくだりが好きで、逆にフライデーとかのロビンソン以外の登場人物はよけいな闖入者という感じがしてあまり好みではありません。小学生のころにこども向けの『ロビンソン・クルーソー』を読んだときからの感想です。しかし俺、小学生のころにはすでに人間がキライだったんだな。
 ところで『ロビンソン・クルーソー』の映像作品をいくつか観て、そのどれもがフライデーのあつかいが原作とはぜんぜんちがっているところと、ロビンソンが現代的人道主義者になってゆくところに制作陣の「俺は差別主義者じゃねえ! 俺は差別主義者じゃねえ!」という切なる叫びが聞えてくるようで、正直なところ笑ってしまいました。
 ダニエル・デフォーの時代は欧米では白人の優位性が自明の理として信じられ、フライデーがロビンソンの下僕になるのは当時としてはごく自然な流れでした。しかし今では通らない理窟です。もし原作に忠実なストーリーをやったらクレームがつくこと疑いありません。しかし近世ヨーロッパのメンタリティを考えればやっぱり不自然です。
 欧米人もご先祖さまのやったことで今になって苦労させられるのだから難儀なこってす。


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_27_05.jpg

 れ、煉獄さーん!
 左目はつぶれ、肋骨はくだけ、内臓は傷つき、しかし上弦の鬼にあたえた手傷はまばたきする間に治ってしまう。あきらかに勝ちめはないのに、みずからの責務をまっとうしようと煉獄さんの気迫にはいささかのかげりもありません。まさにヒーローです。これが初登場のときに禰豆子もろとも炭治郎の首を斬ろうと一点の曇りもない顔で言ってのけたのと同一人物なのだからスゴイ。この漫画のサブキャラは第一印象と実際の性格とがだいぶかけはなれています。それこそジョジョ並に。

hitokoma_2017_27_06.jpg

 煉獄さんに加勢したくても手足に力が入らない炭治郎です。しかしヘタにふたりのあいだに割ってはいっても逆に煉獄さんの足を引っぱりかねないから炭治郎は動けなくて正解なのかも知れません。
 しかしヒノカミ神楽のヒノカミとはいったい何なのか。本命、対抗、穴、大穴と四つほど思いついたので列挙してみます。

・本命:火の神。火之迦具土神である。

hitokoma_2017_27_07.jpg

・対抗:日の神。天照大御神である。

hitokoma_2017_27_08.jpg

・穴:肥の神。マミさんである。

hitokoma_2017_27_09.jpg

・大穴:卑の神。卑劣様である。


hitokoma_2017_27_10.jpg


・『BORUTO』

hitokoma_2017_27_11.jpg

 とらわれのお姫様、じゃなくてチト生意気な友だちをたすけるために颯爽とあらわれる主人公。非常にカッコよく、かつ悪役が文句なくゲス野郎であるためにスカッとする展開です。救出対象がヒロインでないところは王道からはずれていると言えなくもないけれど、ヘンにベタベタしないからこっちのほうがいいな。
 助けるべき相手が個人的に白眉だったのが黒沢明の『用心棒』で、どんな人物かというと三船敏郎に憎まれ口を叩いていたツンデレじじいです。これが当世流にそこらのアイドルでも起用されていたらあの男臭い映画は全部ぶちこわしになっていたことでしょう。


・『ぼくたちは勉強ができない』

hitokoma_2017_27_12.jpg

 ごらんのとおりセンターカラーです。表紙でいちばんあつかいが大きいのはごらんのとおりうるかです。話の中身もうるかメインです。うるかによっぽど人気があるのか、それとも初期ヒロインズがよっぽど不評なのか。まあどっちにせよ成幸はうるかとくっつけばいいと思いますけどね!


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_27_13.jpg

 体格の暴力! ただでさえガタイのいい久世が、背の低い火ノ丸の視点から容赦なくつっこんでくるのだから圧巻の迫力です。それでも火ノ丸はあきらめずまっ向勝負でとことん踏みこみ、久世の下手をとりました。

hitokoma_2017_27_14.jpg

 火ノ丸は下手、久世は上手。両者、必殺の間合い。


・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2017_27_15.jpg

 先週号の不吉なモノローグでうすうす察してはいたけれど最終回です。いきなり数年後に飛んだり、てっしーの地獄行きがとってつけたような感じだったり、三大支配者のうちルシファーとアスタロトのデザインが未登場だったりしたので、残念ながら打切りだったのでしょう。
 序盤はてっしーのかわいさだのみだったのが、しだいに左門の性格がマイルドになり、個性的なメンツもふえて連載一年くらいのころはずいぶん安定感が出ていたのだけれど、いま読みかえしてみると最後のほうはパワーダウンの印象が否めません。ネタ切れもあったのでしょう。
 沼先生おつかれさまでした。『左門くんはサモナー』は好きな漫画だったので、お早い復活を期待します。


・『U19』

hitokoma_2017_27_16.jpg

 “あの戦いから一週間がたち”

hitokoma_2017_27_17.jpg

「ガレキだァ――――!!!
 昨日の赤髪がまた来たぞォ―――――!!!」


 一週間まえのことなのか昨日のことなのか、それくらいちゃんときめてください木村先生。

hitokoma_2017_27_18.jpg

「大人党を力で倒すのは案外容易い。だがそれでは本当にテロリストだ。
 大人を説得し、味方につけ、真っ当に選挙で大人党を倒す。
 それがガレキの勝ち方だ!!」


 本当もウソも、おまえらはまぎれもなく純度100%のテロリスト集団だよ。読者からのクレームで方針転換したのかも知れないけれど政府組織の破壊、首相拉致と国会議事堂占拠の策謀、自衛隊員の虐殺などなどと前科がデカすぎるのでいまさら正道をふもうとしても手遅れです。しょせんガレキは暴力革命がおにあいです。

hitokoma_2017_27_19.jpg

 ヒロインに横恋慕した二枚目くんが主人公への嫉妬のあまりリビドーを発言させました。主人公の能力が糸であるのに対しライバルのはハサミというのはなかなかセンスがいいし、主人公とヒロインとの赤い糸を断ちきるためにこういう形になったというので説得力もあります。

hitokoma_2017_27_20.jpg

 うえのコラ画像は某所でのひろいものです。今週号で『左門くんはサモナー』が最終回をむかえ、来週号からは新連載ふたつ&ハンタ復活なので、来週号と再来週号で下弦は全滅するのでしょう。木村、権平両先生おつかれさまでした。



火ノ丸相撲 15 (ジャンプコミックス)
火ノ丸相撲 15 (ジャンプコミックス)川田

集英社 2017-06-02
売り上げランキング : 735

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
火ノ丸相撲 14 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 13 (ジャンプコミックス) ぼくたちは勉強ができない 1 (ジャンプコミックス) プラチナエンド 6 (ジャンプコミックス) 食戟のソーマ 25 (ジャンプコミックス) i・ショウジョ+ 13 (ジャンプコミックス) HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 12 (ジャンプコミックス) 鮫島、最後の十五日(13): 少年チャンピオン・コミックス




今週のジャンプ一コマレビュー 2017年26号 

・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_26_01.jpg

 連載三周年突破記念の表紙&巻頭カラーです。激突するのは火ノ丸と久世。インターハイ団体戦決勝の結びの一番であるのみならず、おそらくこの漫画そのものの千秋楽の最終戦です。もしこの一戦で終らなかったとしても、あと描くことといったらプロ入りを賭けた全日本選手権くらいものだし、そこでの戦いも久世や天王寺のような強者は出て来ないだろうから、たぶん蛇足の感じがすることでしょう。
 これが最後の試合だと思うと読むほうも気合が入ります。

hitokoma_2017_26_02.jpg

 三ヶ月前の対戦では立合いで久世にはじきとばされました。しかし桐仁に教わった平蜘蛛型仕切、そして冴ノ山との稽古で会得した揺らめく炎の心で、このたびの立合いは火ノ丸に軍配があがりました。

hitokoma_2017_26_03.jpg

 この三ヶ月で火ノ丸が吸収したのは仲間や援助者の技ばかりではありません。天王寺の下からの突上げを顎にヒットさせて久世をぐらつかせ、さらには沙田や大典太との対戦の経験を糧として、はやくも久世を土俵際においつめます。

hitokoma_2017_26_04.jpg

(ワシ一人なら……ここまで上ってこれなかった……
 でもみんながいたから、険しい道程も越えて――
 ここまで来たぞ。久世草介!!!)


hitokoma_2017_26_05.jpg

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)

hitokoma_2017_26_06.jpg

 これはひどい。
 この三ヶ月で火ノ丸が強くなったように久世もまた強くなったとはいうけれど張手一発で火ノ丸をふっとばしてラスボスそのままの貫禄でたちふさがられたらどうすりゃいいんだよって感じです。これが持てるものと持たざるものの差か。


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_26_07.jpg

 ゲゲェーッ! 上弦の参!
 前回ラストでなんかものすごい勢いで炭治郎らのところへ降ってきたのがあって、もしこれが上弦の鬼だったら話の展開からいって煉獄さんが殺されるのはまぬかれがたいと思ったので、あえてそのことは考えないようにしていたのに悪い予感が的中してしまいました。吾峠先生は登場キャラも読者も甘やかさない人です。
 で、その上弦の参は動けない炭治郎に狙いをつけて殴りかかったところを煉獄さんに沮止されました。

hitokoma_2017_26_08.jpg

「君と俺が何の話をする? 初対面だが俺はすでに君のことが嫌いだ」

hitokoma_2017_26_09.jpg

「俺は嫌われてない」

 冨岡さんはこのさい特に関係ありません。

hitokoma_2017_26_10.jpg

 煉獄さんとの会話では微妙に話がくいちがいながらも上弦の参はこれまでの鬼にくらべればすこしは話が通じそうな相手でした。とはいえもちろん比較的なレベルですが。
 その上弦の参は煉獄さんに鬼にならないかと勧誘しました。煉獄さんは言下にしりぞけます。しかし万が一に煉獄さんが鬼になることを承諾したとして、人を鬼にできるのは鬼舞辻無惨だけなのに、鬼舞辻がノーと言ったら上弦の参はどうするつもりだったのでしょう。つーか鬼舞辻のことだから「お前は私に指図した。死に値する」とかいって煉獄さんもろとも上弦の参を縊り殺しそうなんですが。それとも上弦の鬼は累みたいに鬼舞辻のお気にいりだからOK出すのかな?


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2017_26_11.jpg

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱいが!いっぱい!おっぱいが!いっぱい!
 ⊂彡


hitokoma_2017_26_12.jpg

 アネゴレオンのむかって右の乳房の水滴が乳首に見えた人は疲れています。そして俺も疲れています。


・『Dr.STONE』

hitokoma_2017_26_13.jpg

 千空が甦りそうです。なんだかなあ。

hitokoma_2017_26_14.jpg

 次回からは千空が目ざめてからのロンリーサバイバルが過去回想というかたちではじまるようです。思うに千空がたったひとりで家を建てたり食糧を採取したりして地道に文明を復活させようと奮闘するストーリーだとジャンプの主要読者にはウケが悪いからそのあたりは後回しにして第一話から大樹とコンビを組ませて話を進めようと稲垣先生が判断したのでしょう。


・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2017_26_15.jpg

 てっしー髪のばしてもかわいいね。と思ったら実はてっしーの妹の輪ちゃんが高校入学を機に髪を黒く染めたものでした。とばし読みしてたからうっかり勘違いしてしまいました。つーか俺『ニセコイ』のモブ寺さんの妹のときもにたような勘ちがいしたな。

hitokoma_2017_26_16.jpg

 いつもと変わらない風景のようで、それでも季節は流れ、時は過ぎ、私達の物語は少しずつ進んでいく。お忘れかもしれないが、これは、
 私が地獄に堕ちるまでの物語だ。


 なんか最終回が近そうで不吉なモノローグだ……


・『U19』

hitokoma_2017_26_17.jpg

 ガレキのリーダーが爆弾をのみこんで腹のなかで爆発させました。

hitokoma_2017_26_18.jpg

 ガレキのリーダーが自分の命を他者にわけあたえました。いやあまるでジャンプ黄金期の傑作漫画の名シーンを見ているようだ(ぉ

hitokoma_2017_26_19.jpg

 ほかの漫画を参考にしたっぽい場面はそれなりに読めたけれど、木村先生のオリジナリティが前面におしだされたシーンはいつもどおりに苦痛でした。
 ガレキのリーダーは骨がバラバラの状態で生れて、官僚を養成する学校で育てられ、一粒二十万もする薬を飲んで生きながらえていたけれど、ジャンプを読んで漫画の主人公にあこがれ、リビドーが発動したのでテロ活動を開始しました。なんでそうなる。最後、なんでそうなる。親に見はなされた自分を育ててくれたのも、将来のための教育をさずけてくれたのも、目が飛び出るほどに高価な薬をくれたのも、ぜんぶ大人党じゃないか。それなのに感謝の気持を一ミクロンも抱くことなくテロリストになるなんて、恩を仇で返すとはこのことです。あまりの社会福祉の充実ぶりに大人党への敬意をあらたにしたけれど、それに反比例してガレキへの絶望と不信感はさらに増大しました。
 そもそも大人党が運営して学生に大人思想を涵養させるのが目的の学園で、そこの学園長が趣味で有害図書を蒐集しているのもおかしな話だけれど、それを生徒に自由に閲覧させるにいたっては支離滅裂にもほどがあります。大人党政権はすばらしいけれど国民は主人公を筆頭にしてのきなみ頭がおかしいんだよなあ。



火ノ丸相撲 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)
火ノ丸相撲 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)川田

集英社 2017-06-02
売り上げランキング : 569

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
火ノ丸相撲 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)
HUNTER×HUNTER モノクロ版 34 (ジャンプコミックスDIGITAL)
食戟のソーマ 25 (ジャンプコミックスDIGITAL)
火ノ丸相撲 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)
火ノ丸相撲 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)
火ノ丸相撲 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)
鮫島、最後の十五日 12 (少年チャンピオン・コミックス)
火ノ丸相撲 10 (ジャンプコミックスDIGITAL)
東京喰種トーキョーグール:re 11 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)




今週のジャンプ一コマレビュー 2017年25号 

・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2017_25_01.jpg

 五周年突破記念表紙&巻頭カラーです。もう五年もつづいていたんですねこの漫画。だいぶまえからジャンプに載っていて当然という安定感だったので時の流れをあまり意識してきませんでした。
 で、ジャンプの九十年代以降の連載では二十四番目に五周年突破した作品になりました。『ぬらりひょんの孫』って単行本が二十五巻まで出たのにギリギリ五周年にとどかなかったんですね。NEXTへの島流しがきいたか。

hitokoma_2017_25_02.jpg

 ちょうど十年まえにはじまった、麻生先生の記念すべき初連載作品『ぼくのわたしの勇者学』……ときどきでいいから、思い出して下さい。『新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ』のような十三週打切り漫画があったってことを……登場人物が不愉快でなかったというただ一点だけで勇者学よりも好きな漫画だったんです。


・『Dr.STONE』

hitokoma_2017_25_03.jpg

 あーん! 千空さまが死んだ……のか?
 霊長類最強の男が殺すと断言したのだから常識的に考えれば千空の死は絶対にまぬがれないところです。しかし少年漫画には主人公の不死性というやっかいなものがあって、絶対に死んだと思われたのに実は生きていたというケースがまことに多い。大塚英志氏は『多重人格探偵サイコ』で主人公が死んだことを読者にはっきりつたえるために主人公の遺体の検死解剖シーンを描いたくらいです。
 これで千空が生きていたら全部台なしなのだけれど、稲垣先生はちゃんと殺してくれるかどうか。先生の実績をかんがえればやってくれるとは思うけれど。


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_25_04.jpg

 ごく自然に炭治郎の身を心配する伊之助です。初登場では女の子をふみつけにするわ無抵抗の善逸をボコなぐりにするわで人間の情らしきものが皆無だったころとくらべれば別人かとさえ思えます。とはいえケガ人の炭治郎を情け容赦なくゆすったり炭治郎を刺した運転手にはぜんぜん同情しなかったりと初期の伊之助らしいところはやっぱりのこっています。アイツ死んでいいと思う!!

hitokoma_2017_25_05.jpg

 魘夢、人間だったころの悲しい過去を描かれることなくさびしく退場。累のときとくらべると拍子抜けするくらいにあっけなく死にました。これは魘夢が言うとおりに手間暇かけて準備したのに人間をひとりも食えなかったせいでパワーアップできなかったのと、煉獄さんをはじめとした仲間たちの奮闘努力のおかげです。柱ひとりと隊士数人(魘夢からすればみんな相性が悪かった)があつまれば上弦に匹敵するほどの強さの鬼でも倒せるんですね。

hitokoma_2017_25_06.jpg

 そのとおり! 呼吸をきわめればハラもすかないし小便もしたいとは思わない! 痛みもやわらげられるし老化のスピードもおそくなる! なにより吸血鬼には大ダメージをくらわせられるぞ!
 いやもちろん吾峠呼先生が波紋法をパクったといいたいのでは毛頭なくて、パイオニアは偉大だということです。


・『青春兵器ナンバーワン』

hitokoma_2017_25_07.jpg

 青春を謳歌するためだったり生活費をかせぐためだったりと、それぞれの目的はちがえど、ナンバーズの一ケタ六名とおまけのエージがファミレスの一日かぎりのオープニングスタッフに雇われたものの、五と六はペットあつかいされて裏口から追いだされました。ナンバーズの二頭身体型をみれば人間でないことはまるわかりなのだからケダモノであるかどうかなど些末なことじゃないか……

hitokoma_2017_25_08.jpg

 で、その職場にナンバーズの二ケタがやってきて人質をとって零一を始末しようとしたけれどハチと九に人質をうばいかえされました。アシスタントが描いてるおかげで幼女がなかなかかわいい。

hitokoma_2017_25_09.jpg

             |   は    |         |   も  も     |    |
__          .|   ふ   /   ,-::ミミミ::|  ぐ  ぐ    /    | 廃
    \        \     / /-:::`:::::ヽ         /    .| 棄
     ヽ         `----'~~  /:::::::::/:::`-、__/     | の
  む   ヽ              /:::-//",u  ヾ:::::::::}      | ア
  し    |              /ヾl-/、,-ー;-しヾ"::/ヾ::      | ジ
  ゃ   /                .{-、  ---、 ,  ""ア`l::/        |
      /                 .|'6'〉 ( '6` , u  ' /:/        .| う
    /                  ヽ |u ,、  u`  , ' '/ヽ       | め
`ー--'                       ,.--}〈_,; / -   // / ̄`ー-、   | ェ
                      /| ヽ .`='(    // /      >、 | |
                     / |゚  ヽ ` `  /   /     /  ヽ.| |
                   .,-/、 |  ./ >――'    /      /   ヽ| |
                 ,--、ヽ_ |  .|/|ミ|`|ー>、  /| 、    /       |. !!!
                / \ヽ ヽ|   |ミ-'~/ヽ/ | l   /   __  |
               /    \ | |  〉ミ/~    ヽ  /   ,/'/   |
            _,-'~-ー、 _  `| |  |ミヽ      ヽ (  , /    |
            /     `-、 _二--ヽ|  |ミミ|  ,`ー----- X-'~ ,--'~~|
         /~           _.-|  .|ミミ|  .|       :(/ ̄~    |
       / ̄           _/~  |  |ミミミ|  .| ゴロー :../-'      |
      ./ ー、         _/~    .|  |ミミミ|  |      :(  <__   .|
    _/ニ   ヽ     ._,-'~       (___|ミミミ|_  `--、__, `〉'~ |、_   |
   _| //`ヽ_  .〉 _,--'~~ _,..-ーーー/ゝ `-、ミ|_ヽ     _,/二 `--  |
 /~~ | |/ ヽ_|/ー'    (___,-ー^`n-'~`l> ヽ| `--/ー' ̄     二-- .|
 |  {|.|/,  /        |    ̄ ̄~~  /    ~ヽ ヽ          ヽ |
. / {| <~ /         ヽ   __/     |  |            |
. ヽ |/`/~           `--<>__ ,__,--ノ __//  '           /|
  .|_//ゝ              `---、_,-ー-' ̄ ` ̄ヽー----------ー' |



・『ゆらぎ荘の幽奈さん』

hitokoma_2017_25_10.jpg

 ヒデェ絵ヅラだな! ホントにヒデェ絵ヅラだな! 支離式っていうからには女房が旦那を尻にしくための儀式だろうとは見当がついたけどリアルに尻にしくとは思わなかったよ!
 しかしホントにヒデェ絵ヅラだな!


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_25_11.jpg

 小関部長が孤軍奮闘していたダチ高相撲部に火ノ丸がやってきて、あれよあれよという間に団体戦メンバーをそろえ、地区予選から全国大会まで快進撃をつづけ、とうとう団体戦の結びの一番にまでこぎつけました。火ノ丸がいなければもちろんそんなことは夢のまた夢で、小関部長はひとりで練習して負けつづけのままだったことでしょう。しかし火ノ丸もまたダチ高相撲部に入ったおかげでこのたびの檜舞台に立てたのです。もし小関部長らのこれまでのがんばりがなければ火ノ丸は個人戦の一回戦で天王寺に負けた時点で今年のチャンスはなくなっていたはずなのですから。

hitokoma_2017_25_12.jpg

 IH最終日、結びの一番。鬼丸国綱対草薙剣。いざ……――
 発気揚々!!



・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2017_25_13.jpg

 こちらの二本ヅノのおねーさんがカス虫の母親の左門召呼さんです。むちむちばいんばいんでまことにけしからん。左門父め、死ぬれ!


・『ROBOT×LASERBEAM』

hitokoma_2017_25_14.jpg

 ブ、ブーメランスネイク!? 藤巻先生、はやくもゴルヌ路線へと舵をきろうというのかッ!?


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2017_25_15.jpg

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 ぱふぱふ!ぱふぱふ!
 ⊂彡

・『ぼくたちは勉強ができない』

hitokoma_2017_25_16.jpg

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おきがえ!おきがえ!
 ⊂彡

hitokoma_2017_25_17.jpg

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 ラッキースケベ!ラッキースケベ!
 ⊂彡


・『U19』

hitokoma_2017_25_18.jpg

 こちらのホラー漫画みたいなツラしたやつがワープつかいで、メガネは愛着のある物を刀にかえて生駒旋空をかます能力の持主。バンバゴラッソはコントローラーで機械をあやつり、寝惚け眼の女の子は夢を現実に変えられます。だれがどう見ても十週打切りの雰囲気だったのに、『ポロの留学記』とならんで不自然にながく連載がつづいているおかげで、作者ががんばって思いついたわりには既視感バリバリの能力の数々がつぎつぎとお披露目されました。これだけ描ければ本望でしょう。木村先生、もって瞑すべし。

hitokoma_2017_25_19.jpg

 大人党の軍隊を敵にまわして大活躍するガレキの姿がネットに全国配信されて子どもたちに大人への反骨心が涵養されつつあるそうな。なんというか、とってもテロリストにつごうのいい展開ですね。

hitokoma_2017_25_20.jpg

 名前からして作者の思想信条がダダ漏れしている爆弾が四季総理の命によって投下されました。ちょっと待ってくださいよォ――ッ! 四季総理アンタ前回では区への被害を考慮して大規模破壊兵器の使用を禁じたでしょうがァ――ッ!

hitokoma_2017_25_21.jpg

 なんで前回の判断をあっさり反故にしちゃうんですかァ――ッ! いくらガレキが予想外に強かったからって、もうちょっと手段をえらびましょうよォ――ッ! しかもネット中継されているんだからガレキの仕業として発表するなんて不可能にきまっているでしょォ――ッ! 知能低下もたいがいにしてくださいよ木村先生ィ――ッ!

hitokoma_2017_25_22.jpg

 半径一キロが更地になるという規模の破壊兵器を前にして、逃げることしか頭にないガレキの面々。自分らの身の安全だけが大事で周辺の被害のことを一ミクロンも考えないあたりは骨の髄までテロリスト気質です。音の能力ではねかえすなりワープ能力で別次元へほうりこむなり、いくらでも対処のしようがありそうなのに。
 あと名もなき兵隊さん、わざとらしい大人党批判を作者にしゃべらされてご苦労さま。

hitokoma_2017_25_23.jpg

「オレは大人が嫌いなわけじゃねェ……理不尽が嫌いなんだ!!」

 おまえの存在そのものが理不尽だよ。

hitokoma_2017_25_24.jpg

 で、ガレキのリーダーの能力は巨大カブキロックスになることでした。メガネによればこれが間違いなく最強のリビドーだそうです。でも最終回には主人公の能力のほうが強力になっているであろう未来に俺は花京院の魂を賭けるぜ!


・『黒子のバスケ Replace PLUS』

hitokoma_2017_25_25.jpg

 ジャンプ+で連載中の『黒子のバスケ』スピンオフ漫画です。いやまあ『火ノ丸相撲』が話題にあがっていたからとりあげただけなんですがね!



青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックス)
青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックス)長谷川 智広

集英社 2017-04-04
売り上げランキング : 19403

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
青春兵器ナンバーワン 1 (ジャンプコミックス) 左門くんはサモナー 9 (ジャンプコミックス) 斉木楠雄のサイ難 21 (ジャンプコミックス) 歪のアマルガム 3 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃 6 (ジャンプコミックス) 歪のアマルガム 2 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 14 (ジャンプコミックス) 背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 10 (ジャンプコミックス) 左門くんはサモナー 8 (ジャンプコミックス) 約束のネバーランド 3 (ジャンプコミックス)




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ