保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー

今週のジャンプ一コマレビュー 2018年36・37号 

・J美麗絵師描き下ろし!!ガールズイラストブック in Summer

hitokoma_2018_36_37_01.jpg

 『ニセコイ』の古味直志先生や『ぬらりひょんの孫』の椎橋寛先生らによる夏がテーマの女の子を描いたイラスト集です。作者連は少年ジャンプでの連載経験があり、いまは連載していないメンツなのでおおむねヒマな人たちなのだけれど山本亮平先生だけはジャンプ+で週刊連載中です。
 トップバッターは天野洋一先生。ジャンプでのみっつの連載ではピンでやっても原作つきで描いてもあっという間に打切られました。都落ちしてジャンプ+でも描いたけれどこれまたまるで話題にならずに終了。まことに失礼ながら、文字どおりタダでも読まないレベルでした。絵はいいのだけれど描きこみがすぎるし、とにかく見づらいので敬遠したくなるばかりの漫画を描く人です。でも絵はいいのでこういう一枚絵はさすがのひとこと。イラストレーターむきの人です。
 二番手は椎橋寛先生。『ぬらりひょんの孫』の墨絵みたいな絵に代表されるように白黒をうまく活かした絵が持味の人なのでカラーイラストだとずいぶん印象がちがって見えます。色づかいが淡くてベネ。
 三人目の描き手からは説明するのがめんどくさいから各自でごらんになってください(ぉ


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2018_36_37_02.jpg

 決着ゥゥ―――――ッ!! ついたのか?
 無一郎が玉壺の頸を斬り飛ばし、ダメ押しに頭を斬りきざんだので、この漫画では死ぬときは本当にあっさりと死ぬことだし、常識的に考えれば玉壺はとどめをさされたはずです。しかしいくら無一郎が日の呼吸の直系で痣ブーストが加わったとしても玉壺は上弦の伍だし、玉壺は刀鍛冶の里にあらわれてからずっとかませ犬ムードだったので、ここで斃れるよりは隠し球をのこしていそうな雰囲気があります。
 とはいえ無一郎も玉壺も戦いのさなかに必死な感じを出してこなくて、もう結末は期待しないからさっさと終れという思いだったから、ここでさらに戦いが長引いてほしいわけでもなく、要するに俺にとって無一郎対玉壺戦はこの漫画で屈指の塩試合でした。


・『HOT』

hitokoma_2018_36_37_03.jpg

 ジャンプの売れたほうの天野先生売れてないほうの天野先生は天野洋一先生こと天野明先生の新作読切りです。アイスホッケーが題材なのにタイトルがHOTなのが微妙にスベっているのが天野先生らしい。売れてないほうの天野先生ほどではないけれど絵が読みづらいし、主人公もキャプテンも非常識で好感がもてないし、敵役はみんな陳腐なワルモノだし、ベテラン作家のはずなのにダメなところがポコポコ見つかるのも天野先生らしい。実際よくリボーンでヒットを飛ばせたもんだ。ジャンプ+で連載中の『エルドライブ』もアニメ化したほどの人気作らしいのに俺は読みとばしています。


・『ぼくたちは勉強ができない』

hitokoma_2018_36_37_04.jpg

 桐須先生―ッ! 俺だーッ! 結婚してくれー!
 フリフリのエプロンをつけた桐須先生が作中で成幸も言っているように新婚さんみたいでべらぼうにかわいい。いつもどおりにケツにぱんつのラインがうきでていて破壊力は抜群だ!
 ところで桐須先生がなぜエプロンをつけているのかというと調理実習の先生が風邪でダウンしたため代打をすることになり、練習しようとしたら家にエプロンがないので成幸が買ってきたからです。なお桐須先生はいうまでもなくポンコツなのでまともな料理をつくれるはずもなく、レシピそっちのけで思いつきの料理をしたらクソまずい暗黒物質ができあがり、その件でふだんは温厚な成幸に叱られました。

hitokoma_2018_36_37_05.jpg

 成幸に叱られてなにも言いかえせず頬をふくらしてむくれる先生かわいい。


・『地獄楽』

hitokoma_2018_36_37_06.jpg

 ジャンプ+で絶賛連載中、過激なグロと戦闘描写がウリの作品がジャンプ本誌に読切り形式で掲載されました。宣伝がおもな目的なのでキャラの紹介とストーリーの説明に紙幅のほとんどがついやされて漫画そのものの面白さはなおざりにされている感があります。この作品のほんとうの魅力が知りたければジャンプ+で公開中の部分と単行本をごらんください。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2018_36_37_07.jpg

 連れこみ宿でレイナと一泊した火ノ丸を襲撃しようとする男ふたり。まるで妹に手を出した不埒な男に鉄拳制裁をくだそうとするお兄ちゃんと、自分がモテないのを逆恨みするモンゴル人のような雰囲気をかもしだしております。こいつらいったい某條誰ーマ何バトなんだ……?
 というわけで次号、わりと理由のある暴力が火ノ丸を襲う――!?



地獄楽 1 (ジャンプコミックス)
地獄楽 1 (ジャンプコミックス)賀来 ゆうじ

集英社 2018-04-04
売り上げランキング : 2231

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
地獄楽 3 (ジャンプコミックス) 地獄楽 2 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃 12 (ジャンプコミックス) 呪術廻戦 1 (ジャンプコミックス) 呪術廻戦 2 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃 11 (ジャンプコミックス) サマータイムレンダ 2 (ジャンプコミックス) ヨルの鍵 1 (ジャンプコミックス) ワンパンマン 17 (ジャンプコミックス) BLACK TORCH 5 (ジャンプコミックス)




今週のジャンプ一コマレビュー 2018年35号 

・『鬼滅の刃』

hitokoma_2018_35_01.jpg

「そう言われても君には尊敬できる所が一つも無いからなあ。見た目も喋り方もとにかく気色が悪いし」
「私のこの美しさ、気品……優雅さが理解できないのはお前が無教養の貧乏人だからだ。便所虫に本を見せても読めないのと同じ」
「君の方が何だか便所に住んでいそうだけど」
「黙れ便所虫。お前のような手足の短いちんちくりんの刃、私の頸には届かない」
「いや、さっき思いきり届いてたでしょ。そもそも君の方が手足短いし。
 ああもしかして自分に対して言ってる独り言だった? 邪魔してごめんね」


 霞柱と玉壺の壮絶なアオリ合戦。おもしろいかときかれたらおもしろいと答えるほかないのだけれど、俺がこの漫画にもとめているおもしろさとはちょっとちがいます。たとえるなら、ひさしぶりに帰省して母ちゃんの手作りカレーが食いたいといったらなぜか本格インド風カリーがでてきたようなもので、うまいことはうまいけれどコレジャナイと言いたい。
 生きるか死ぬかの瀬戸際での抱腹絶倒の会話は添えものであってこそ光るもので、こういうふうに主体になると戦闘の緊張感がうしなわれます。ただでさえこの漫画、話がすすむにつれて戦闘が冗長化して主要キャラが死ななくなってきているのに。


・『アクタージュ』

hitokoma_2018_35_02.jpg

 れ、煉獄さーん!
 『鬼滅の刃』のつぎの漫画の最初のページの一コマ目にコレはちょっとズルい。

hitokoma_2018_35_03.jpg

 なんということでしょう。きたないヤミさんが、きたなくないヤミさんに!
 さすがにキレイなという形容詞をつけられるほどではないにせよ、最初期の四方八方に不快の毒をまきちらしていたころとは格段のちがいです。夜凪やほかの俳優の演技についての解説とか夜凪へのアドバイスとかの口調がそれなりにマイルド。前回のレビューに書いた夜凪のキャラの路線転換についてもそうだけれど、ヤミさん監督も第一話からこういう方向性だったなら、もうちょっと早い時分からこの漫画を評価できていただろうし、読んでいて楽しかったはずです。
 ところでこの漫画、ちかごろ読めるようになってきて、こないだ再評価の意味もかねて第一話から読みかえしたのだけれど、夜凪と監督のあまりの性格の悪さにとちゅうでギブアップしました。覚悟していたのに、まさかあれほどだったとは……


・『DANNY’s RADIO』

hitokoma_2018_35_04.jpg

 戦時下にコメディアンが自分をつらぬいたために軍に粛清されるという読切りでした。思いっきりジャンプらしくない作風と、主人公がコメディアンなのでストーリーは悲劇でもウェットな感じがしないのがナイス。しかし漫画としておもしろいかときかれると、話にもりあがりがたりず、カタルシスもなく、エンターテイメントとしてはあまり評価できません。
 ともあれ個性的でものめずらしいことはたしかだったので、作者の次回作に期待します。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2018_35_05.jpg

 主人公と強敵がヒロインをめぐって火花をちらす!
 いや強敵がえりなと結婚しようとしているのは恋愛感情ではなくステータスが目的であり、ソーマにいたってはお察しくださいというほかないのだけれど、これをきっかけにソーマとえりなの仲が進展したり話がころがったりするかも知れないので、とりあえず今後に期待です。

hitokoma_2018_35_06.jpg

 ヤローどもが説明不足気味に自分をとりあうところへでくわして頭の処理がおいつかなくなりショートするえりなかわいい。
 いやまあ年ごろの女の子が顔を赤くしてかわいくないはずがないんだけどさ!


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2018_35_07.jpg

 レイナ……色を知る年齢か!(もうハタチすぎです)



火ノ丸相撲 21 (ジャンプコミックス)
火ノ丸相撲 21 (ジャンプコミックス)川田

集英社 2018-08-03
売り上げランキング : 799

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
火ノ丸相撲 20 (ジャンプコミックス) ブラッククローバー 17 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃 12 (ジャンプコミックス) ワンパンマン 17 (ジャンプコミックス) 斉木楠雄のサイ難 26 (ジャンプコミックス) アクタージュ act-age 3 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 19 (ジャンプコミックス) 食戟のソーマ 31 (ジャンプコミックス) ハイキュー!! 33 (ジャンプコミックス)



今週のジャンプ一コマレビュー 2018年34号 

・『呪術廻戦』

hitokoma_2018_34_01.jpg

 フタエノキワミ、アッー!
 虎杖は呪力のコントロールがまだ未熟で、打撃に呪力をこめるのは下手だけれど、逆にそれがさいわいし、弱い呪力をおびた拳でなぐったあとに本命の呪力がやってくるので、ひとつぶで二度痛い。
 ところでこの漫画の掲載順がとうとう二番目にまで浮上しました。単行本も発売して即重版がかかったそうです。新連載が元気だと雑誌全体に勢いが出てくるので、この漫画にとってもジャンプにとってもめでたい話です。


・『アクタージュ』

hitokoma_2018_34_02.jpg

 『呪術廻戦』につづき、この漫画もまた新連載なのに掲載順が良好で、単行本も重版とあいなりました。
 正直な話この漫画ははじめのころはダブル主人公の夜凪とヤミさんもどきがそろいもそろってナチュラルに性格が悪かったせいで、さっさと打切られてもいいよとさえ思っていました。それが夜凪は無知で無邪気な天才キャラへと路線変更しました。うえの画像で夜凪が『銀河鉄道の夜』の主演のひとりに抜擢されておどろいているけれど、初期型の夜凪だったら絶対にこんなかわいいリアクションはとらなかったはずです。
 そしてニセヤミさんにいたっては出番そのものが激減しました。特にヤミさん2Pは連載に昇格するまえの読切り時点からの主役キャラなので原作者としても思い入れが強いだろうから苦渋の決断だったはずです。しかしこうやって結果をだせたのだから満足するべきなのでしょう。

hitokoma_2018_34_03.jpg

 夜凪は芝居がこまかすぎるので、カメラでクローズアップしてくれる映画やCMにはむいているけれど、舞台演劇では観客にわかりづらいのでした。その短所をなおすための稽古が次回からはじまるわけだけれど、これがパチモノヤミさんだったら第一話みたいに「バカでも分かるように演じろ」とでも言うところでしょう。うん、やっぱりきたないヤミさんは永久に封印されるべきですね。それがこの漫画のためです。


・『食戟のサンジ』

hitokoma_2018_34_04.jpg

 ワンピのスピンオフ読切りです。『食戟のソーマ』のメンツが描いたので、サンジを主人公にした料理漫画になりました。ただし舞台はサンジが麦わら海賊団にはいるまえのバラティエ時代のものなので残念ながらナミもロビンも登場せずおはだけもしません。脱がされるのは性悪デブ女です(そのときはイメージ画像でやせたけれど)。
 こういう話になったのは、三十五ページというかぎられた紙幅で起承転結とカタルシスをもりこむためにわかりやすい悪役が必要だったからでしょう。ナミやロビンがサンジの料理を食っておはだけするだけの話では、ワンピファンは喜んでも単体の読切り漫画としては山もオチもなくインパクトの弱いものになっていたはずですから。
 なに? ソーマみたいな漫画にもとめられているのはストーリーではなくキャラ萌えと微エロだけ? それは言わない約束だぜ。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2018_34_05.jpg

 遠月学園にまねかれた、見るからにあやしげな臨時講師は、鈴木というモロバレの偽名をなのりました。その本名はいったい何サイバなんだ……?


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2018_34_06.jpg

 火ノ丸、敗北。

hitokoma_2018_34_07.jpg

 火ノ丸、敗北その二。
 刃皇との勝負では相手のやる気がなんか失せてそうだったから百に一つくらいは勝機が見えていたけれど結果的には大方の予想どおりに負けました。しかしその敗北をつぎの試合にまでひきずったのはさすがにどうかと思います。
 しかし数珠丸、三日目でようやく白星ひとつか……こちらはこちらでなかなか目がでません。

hitokoma_2018_34_08.jpg

 主人公がヒロインに車で拉致されて連れこみ宿につれこまれたでござるの巻。来週号のヤングジャンプから短期集中連載の『火ノ丸相撲SAGA』がはじまるよ!



呪術廻戦 1 (ジャンプコミックス)
呪術廻戦 1 (ジャンプコミックス)芥見 下々

集英社 2018-07-04
売り上げランキング : 1566

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
呪術廻戦 2 (ジャンプコミックス) アクタージュ act-age 2 (ジャンプコミックス) ノアズノーツ 1 (ジャンプコミックス) ジガ―ZIGA― 1 (ジャンプコミックス) Dr.STONE 6 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃 12 (ジャンプコミックス) アクタージュ act-age 1 (ジャンプコミックス) ぼくたちは勉強ができない 7 (ジャンプコミックス) 怪物事変 5 (ジャンプコミックス)




今週のジャンプ一コマレビュー 2018年33号 

・表紙

hitokoma_2018_33_01.jpg

 ジャンプ創刊五十周年記念の一環として現連載作家がそれぞれのフェイバリットキャラを自分の漫画の主人公のそばに描きました。とはいえみんなきれいにわかれてひとつもかぶっているキャラがいないところを見ると、作家が描くキャラは編集部あたりが優先順位をつけたか漫画家同士で相談したかの結果なのでしょう。悟空を描きたがるひとが尾田先生おひとりだけだったとはとうてい信じられません。
 そしてその尾田先生の描いた悟空がキモいキモい。尾田先生が描いたことが悪い意味でまるわかり。オリジナルの悟空にぜんぜんにていないことについて尾田先生はコラムであれこれ言いわけしているけれど、それなら最初から描かなきゃいいのに。


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2018_33_02.jpg

 無一郎にはかつて有一郎という名の双子の兄がいて、記憶をうしなうまでの無一郎の気弱でぽややんな性格とは正反対に攻撃的で、家族に対しても客人に対してもきつい言動をくりかえしていたけれど、実は弟の無一郎のことを高く評価していたのでした。記憶のないときの無一郎は兄ににていたとのこと。無一郎のこれまでのいちいちカンにさわる言動は他人由来のもので、その相手はすでに鬼に殺されていました。吾峠呼先生は新キャラの不愉快な第一印象を浄化するのがあいかわらず上手です。
 ところで無一郎はひとりでは米もまともに炊けなくて、両親もまた実生活では有能とはいいがたい人物だったようです。まあ天才的な剣の才能なんて平和な日常生活にはなんの役にも立たないからなあ。おまけに両親も無一郎も実行力がともなわないのに口ではりっぱなことを言うわけで、そりゃ有一郎が腹にすえかねるのも無理のないところです。


・『こちら葛飾区亀有公園前派出所』

hitokoma_2018_33_03.jpg

 ジャンプ創刊五十周年記念でこち亀がジャンプに帰ってきました。内容はいつものこち亀なので特に語ることはありません。
 ところでカラーの扉絵に「節目節目に現れるジャンプの不死鳥!」とあるので、今後もやはり読切りとして描かれるのでしょう。オリンピックにも復活して日暮がでてくるのはたぶん確実。


・『BURN THE WITCH』

hitokoma_2018_33_04.jpg

 秋本先生につづいて久保先生も復活しました。主人公は魔女、舞台はロンドン、敵というか対処すべき相手はドラゴンと、前作『BLEACH』とは意図的なくらいに設定を方向転換しています。全六十二ページと読切りにしては長い話なのに、読んでいるとぜんぜんそんな感じがしないのは、もちろん漫画が面白いから。キャラはみな立っているし、設定は練られているし、ストーリーも意外性があったし、ほめるところだらけでした。
 特に秀逸だったのが人間になりすましていたドラゴンの性格で、十年ものあいだ人間社会にとけこんでいただけあってちゃんと人間らしく、それまで親友を演じていた相手のこともしいて傷つけようとはせず、しかしやっぱり化物だから邪魔になるなら殺すこともためらわないと、要するにキャラクターに一本筋がとおっていて、読者の怒りを買うためだけの陳腐な悪者ムーブが一切ないというのがすばらしい。
 さて久保先生といえば反射的に思い出されるのが白すぎる背景、進まないストーリー、極限までうすめたカルピス漫画という数々の問題点なのだけれど、このたびの読切りはちゃんと細部まで描きこまれ、大ゴマがほとんどなく、絵もストーリーも密度が高かった。
 あえて難をあげるなら、主人公の新橋のえるにパンツ見せてとせまる男がいて、そいつが安直なキャラ設定といえなくもありません。

hitokoma_2018_33_05.jpg

 しかしその件で怒りつつ赤面するのえるが実にかわいかったので収支でいえば大幅なプラスなのでした。
 全体的に見て、この読切りは久保先生の長所がもりだくさんで、短所のほうはほぼ排除されていました。いますぐにでも連載に昇格してほしいというのがすなおな感想だけれど、もしそうなって『BLEACH』のダメなところが復活したらイヤだから、短期集中連載みたいなかたちになってくれれば理想的です。

hitokoma_2018_33_06.jpg

 ところで最後に魔女の機関が尸魂界の支局であることが判明したり、ラストのコマの字のスクリーントーンが貼られている部分がBLEACHになっていたりと、『BLEACH』と世界観が共通していることが示唆されました。久保先生としてはファンサービスのつもりなのでしょう。しかしこのたびの読切りが単体の漫画として文句なしの満足度だったために、個人的には前作要素の追加はよけいな夾雑物でした。『BLEACH』のことはそんなに好きな漫画でもないし。


・『BLEACHと僕』

hitokoma_2018_33_07.jpg

 秋本先生、久保先生につづいてまさかまさかの長谷川先生までジャンプに里帰り。長谷川先生が『BLEACH』の大ファンであるために、このたび実写映画の封切りにあわせてルポ漫画を描くことになったのです。漫画の中身については特に語ることはありません。『BLEACH』のことはそんなに好きな漫画でもないし(本日二度目)
 しかし今のジャンプは『トマトイプーのリコピン』がジャンプ+に移籍し、『銀魂』は中途ハンパにシリアスがまざり、純粋なギャグ漫画がほぼ壊滅状態にあるので、長谷川先生には三本目の連載をひっさげて本式にジャンプに帰ってくることを切にのぞみます。


・『Dr.STONE』

hitokoma_2018_33_08.jpg

 第一回人気投票の結果発表です。人気投票なんてやってたんだ……ぜんぜん気がつかなかった。それはさておき一位は当然のように主人公の千空で、二位は事実上のヒロインのコハクでした。

hitokoma_2018_33_09.jpg

 いっぽう連載開始時のもうひとりの主人公の大樹は十位で、これまた連載開始時のひろいんの杠にいたっては十三位でした。ラスボスの司は十二位。この漫画の読者がなにを求め、なにを求めていないかがわかるような気がします。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2018_33_10.jpg

 刃皇のウザい顔シリーズその一。

hitokoma_2018_33_11.jpg

 刃皇のウザい顔シリーズその二。
 刃皇裁判で火ノ丸の闇をはらい、執行猶予三年で釈放という判決をくだし、あとはもう指導者として世界に相撲をひろめてまわるという夢をみるだけで、火ノ丸のことをすっかり見なくなってしまった刃皇でした。あんたはそれでもいいかもしれんが火ノ丸はようやくひと皮むけて火がついたところなんだよ!

hitokoma_2018_33_12.jpg

「ええ……? もういいよ……」

 ホントにひでぇな刃皇! よくねぇよ! まだよくねぇよ! ここまで身勝手で人間くさくて、とことんフリーダムなラスボスというのは、ほかにはちょっといません。
 ところで試合の流れからすればあきらかに刃皇が優勢なのだけれど、今回刃皇が自己満足してしまったので、このあと気がぬけて意外な不覚をとり、火ノ丸がだれからもほめられないような金星をあげる可能性がわずかながらでてきました。そんなことになったら刃皇はまたマスコミとか委員会とかからたたかれるんだろうなあ。



BLEACHイラスト集 JET (愛蔵版コミックス)
BLEACHイラスト集 JET (愛蔵版コミックス)久保 帯人

集英社 2018-12-04
売り上げランキング : 66

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray] Gadgetry -ガジェットリー- 三輪士郎デザインアーカイブス ぴた!でふぉめ BLEACH アクリルキーホルダー BOX商品 1BOX=10個入り、全10種類 映画ノベライズ BLEACH (JUMP jBOOKS) BLEACH Can't Fear Your Own World 1 (JUMP j BOOKS) アトリエ ~アーランドの錬金術士1・2・3~ DX プレミアムボックス (パッケージ版特典(オリジナルサウンドトラック ダウンロードシリアルコード) 同梱) 週刊少年ジャンプ(33) 2018年 7/30 号 [雑誌] ARMORED CORE ORIGINAL SOUNDTRACK 20th ANNIVERSARY BOX BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU (JUMP j BOOKS) 化物語(2)特装版 (講談社キャラクターズA)




今週のジャンプ一コマレビュー 2018年32号 

・『ゆらぎ荘の幽奈さん』

hitokoma_2018_32_01.jpg

 第二回人気投票の結果発表です。前回とトップスリーの顔ぶれがまったく変っていません。不動の人気というべきでしょう。しかし投票数が前回よりもちょっとさがっているのはちと問題です。アニメブーストに期待。


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2018_32_02.jpg

 鋼鐵塚さんじゅうななさい、ひょっとこお面のしたは線の太い男前でした。伊之助もおなじパターンだったので意外性はないけれど、この顔で出刃庖丁をにぎりしめながら炭治郎に突撃したり八つ墓村コスプレしたり呪いの手紙を書いたり筋肉モリモリマッチョマンの変態になったりしたのか……鋼鐵塚さんこれまでにやらかしすぎィ!

hitokoma_2018_32_03.jpg

 刀を研ぐのに没頭して上弦の鬼に襲われようが体を切りきざまれようが気づきもしない鋼鐵塚さんにアーティスト気どりの玉壺は対抗心を燃やすのでした。しかしここで自分を高めようとするのではなく相手の足をひっぱろうと発想するのがいかにも鬼らしい。
 でもさ玉壺、ここは自分のチンケなプライドにこだわるよりも任務を優先しようよ。これじゃ無惨さまでなくても怒るよ。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2018_32_04.jpg

 第200番 刃皇と鬼丸国綱被告
 記念すべき連載二百回目のサブタイトルになにが悲しゅうて主人公が被告にならにゃならんのだ……領域展開刃皇裁判、サブタイにまで侵蝕してこないでくれよ!

hitokoma_2018_32_05.jpg

 結びの一番で横綱と相撲をとれることを喜べ。しかし刃皇は冷静に見るとかなり勝手なことを言っていて、火ノ丸の立場になって考えることなく自分の信じる道を教えさとし、火ノ丸が我を通そうとすると逆ギレからの百烈ビンタ。しかしこれが刃皇の個性であり魅力でもあります。それに舌先三寸の小理屈で説得するよりも問答無用の器の大きさで圧倒してしまうほうが横綱らしい。

hitokoma_2018_32_06.jpg

 刃皇の風格とレイナの声援にみちびかれて闇をぬけ、新たな相にめざめるか、火ノ丸。


・『ぼくたちは勉強ができない』

hitokoma_2018_32_07.jpg

 巨乳キャラ ネタにつまれば おっぱいネタ   字あまり


・『総合なんとか』

hitokoma_2018_32_08.jpg

 のちにタイムマシンを発明する天才美少女が登場しました。画像がちがうのはワザとです。クレオパトラもびっくりな完璧美女という肩書なのに作者が女の子を描くのがうまくないせいでとてもそうとは見えないのでセレセブ・ザ・ゾンビに代役してもらいました。
 しかしこの漫画、第一話の時点で絵が雑に感じたのが今回さらにそれが加速した気がします。おまけにストーリーまで勢いまかせの雑なものになっていました。現時点ですでに二十週打切りの未来が目に見えるこの漫画の明日はどっちだ。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2018_32_09.jpg

一席 ソーマ
二席 裸族
三席 遊戯王
四席 葉山
五席 黒木場
六席 アリス
七席 タクミ
八席 えーざん
九席 蕎麦
十席 田所ちゃん


 というわけで現遠月十席の顔ぶれがすべて判明しました。キャラ人気を優先してえらんだなという印象です。パーフェクトトレーサー美作が選にもれたのは残念しきり。あと、去年のとくらべると格落ち感あるなぁ。なんだかんだで司や竜胆先輩は強者の風格をまとっていました。
 しかしえりなが十席から学園総帥へ、裸族先輩が七席から二席へ、遊戯王先輩が八席から三席へ、えーざん先輩が九席から八席へと(薊政権のころを除外すれば)順調に席次をあげているのに、蕎麦先輩だけが六席から九席へと屈辱のランクダウンを果しています。しかし屈辱なのは当人だけで、そば屋の娘が氷点下の気温の会場で冷たいそばを出して惨敗を喫したという大マヌケを演じたのだから、読者からすれば十席に残留できただけでも大健闘したといえるよ(゚∀゚)アヒャ!

hitokoma_2018_32_10.jpg

  (´・ω・`)ごめんなさい

hitokoma_2018_32_11.jpg

   ,, ,,  
ヽ(*゚д゚)ノ < サイバー




ゆらぎ荘の幽奈さん 12巻 アニメBD同梱版: 週刊少年ジャンプ
ゆらぎ荘の幽奈さん 12巻 アニメBD同梱版: 週刊少年ジャンプミウラタダヒロ

集英社 2018-10-04
売り上げランキング : 968

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ゆらぎ荘の幽奈さん 11―アニメBD同梱版 ([特装版コミック] ジャンプコミックス) ゆらぎ荘の幽奈さん 1(完全生産限定版) [Blu-ray] ゆらぎ荘の幽奈さん 5(完全生産限定版) [Blu-ray] ゆらぎ荘の幽奈さん 4(完全生産限定版) [Blu-ray] ゆらぎ荘の幽奈さん 6(完全生産限定版) [Blu-ray] ゆらぎ荘の幽奈さん 2(完全生産限定版) [Blu-ray] ゆらぎ荘の幽奈さん 3(完全生産限定版) [Blu-ray] ゆらぎ荘の幽奈さん 3(完全生産限定版) [DVD] ゆらぎ荘の幽奈さん 4(完全生産限定版) [DVD] ゆらぎ荘の幽奈さん 2(完全生産限定版) [DVD]




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ